九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
吾郷 浩樹(あごう ひろき) データ更新日:2017.06.27



大学院(学府)担当

総合理工学府 物質理工学専攻 新エネルギー領域


電子メール
ホームページ
http://www.gic.kyushu-u.ac.jp/ago
グラフェンを代表とする二次元原子薄膜などのナノマテリアルの合成とナノテクノロジーを活用したエネルギー・デバイス・環境に関する研究開発 .
http://www.gic.kyushu-u.ac.jp/ago/next/index-next.html
最先端・次世代研究開発支援プログラムのHP
「グラフェンの成長制御と加工プロセスを通じたカーボンエレクトロニクスへの展開」 .
FAX番号
092-583-8852
取得学位
博士(工学)
専門分野
ナノテクノロジー,物理化学,分子工学,材料科学
活動概要
[研究活動]
グラフェンやカーボンナノチューブなどのナノカーボンは、その優れた電子輸送特性や機械特性、あるいは特徴的なナノ構造に基づく興味深い電子構造から大きな注目を集めている材料である。そして、近年のナノテクノロジーの発展においても重要な材料と考えられている。さらには、グラフェンの研究を契機として、近年は他の無機材料の二次元原子薄膜も大きな注目を集めている。
現在、以下に挙げる研究を中心に行っている。

【1】グラフェン薄膜の精密合成や超高品質化に関する研究
【2】グラフェンの新規加工法や化学修飾法に関する開発
【3】グラフェンナノリボンの成長制御とデバイス応用に関する研究
【4】グラフェンのフレキシブルデバイス化や歪みの影響に関する研究
【5】金属カルコゲナイドなどの新規二次元原子薄膜とそのハイブリッド構造の成長に関する研究
【6】金属カルコゲナイドなどの新規二次元原子薄膜の物性と応用に関する研究
【7】単層カーボンナノチューブの精密合成の開発

[教育活動]
大学院教育としては総合理工学府において「機能材料構造論」、「固体構造基礎論」等を担当している。
さらにこれまで東京都立大学、山口大学、京都大学の非常勤講師を兼任した。

上記の他にも、2008年度からのグローバルCOEの事業推進担当者、2012年度からリーティング大学院のプログラム担当者となっている。

九大関連コンテンツ