九州大学 研究者情報
発表一覧
永野 純(ながの じゆん) データ更新日:2019.06.09

教授 /  キャンパスライフ・健康支援センター


学会発表等
1. 永野 純, オートノミートレーニング:慢性疾患の予防と治療を目指す心理療法, 第55回日本心身医学会九州地方会, 2016.01.
2. 永野 純, がん、心血管病や認知症の予防と治療を目指すオートノミートレーニング研究会の取り組み, 第56回日本心身医学会総会, 2015.06.
3. 永野 純, 心理療法によってがん、心血管病や認知症の予防と治療を目指すオートノミートレーニング研究会の取り組み, 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2015.06.
4. 永野 純, オートノミートレーニング:がん、心血管病や認知症の予防と治療を目指す心理療法, 第54回日本心身医学会九州地方会, 2015.01.
5. 永野 純, The Japan Autonomy Training Association (JATA) as a novel attempt to contribute to the prevention of chronic diseases, 第25回日本疫学会学術総会, 2015.01.
6. 永野 純, 心理療法“オートノミートレーニング”による慢性疾患一次予防の試み―ハイデルベルク研究―第2報, 第55回日本心身医学会総会, 2014.06.
7. 永野 純, 心理療法「オートノミートレーニング」による慢性疾患一次予防の試み―ハイデルベルク研究―第2報, 第24回日本疫学会, 2014.01.
8. 永野 純, 心理療法「オートノミー・トレーニング」による生活習慣一次予防の試み―ハイデルベルク研究―, 第54回日本心身医学会, 2013.06.
9. 永野 純, 心理療法「オートノミー・トレーニング」による慢性疾患一次予防の試み―ハイデルベルク研究―, 第23回日本疫学会, 2013.01.
10. Nagano J, Epidemiological studies in Japan based on the Grossarth-Maticek principle/theory, Seminar zum Autonomietraining, 2012.03.
11. 永野 純, 子供の喘息の経過と関連する母親のストレスや養育態度について, 第48回日本小児アレルギー学会, 2011.10.
12. 永野 純, The parenting attitudes and the stress of mothers predict the asthmatic severity of their children: a prospective study, 第52回日本心身医学会, 2011.06.
13. 永野 純, 母親のストレス、養育態度と子供の喘息の経過との関連について, 第26回日本ストレス学会, 2010.11.
14. 永野 純, 生活習慣病の心身医学における疫学研究の意義, 第48回日本心身医学会, 2007.05.
15. 永野 純、古野純典、豊村研吾、溝上哲也, パーソナリティと大腸がんリスク:福岡大腸がん研究, 第16回日本疫学会, 2006.01.
16. Nagano J, Toyomura K, Yin G, Mizoue T, Kono S, Stress, personality and colorectal cancer: The Fukuoka Colorectal Cancer Study, 18th World Congress on Psychosomatic Medicine, 2005.08.
17. 永野 純, がんの危険因子としてのパーソナリティについての研究の動向, 第63回日本癌学会学術総会, 2004.10.
18. Nagano J, Ichinose Y, Sudo N, Kubo C, Stress, personality, and survival in lung cancer patients, 8th International Congress of Behavioral Medicine, 2004.08.
19. Nagano J, A thought on stress, health, and quality of life, RERF-NCI Workshop on Mail Survey, 2003.07.
20. 永野 純,須藤信行,久保千春, ストレス、パーソナリティと肺癌患者の予後, 第44回日本心身医学会学術総会, 2003.05.
21. Nagano J, Past and ongoing RERF studies using mail survey data and new study ideas: Psychological factors, RERF-NCI Workshop on Mail Survey, 2003.05.
22. 永野 純,馬淵清彦,児玉和紀, 生活習慣と甲状腺癌についての症例対照研究, 第13回日本疫学会学術総会, 2003.01.
23. Nagano J, Nagase S, Psyhcosocial stress, personality, and the severity of chronic hepatitis C, 7th International Congress of Behavioral Medicine, 2002.08.
24. 永野 純,永瀬章二, C型慢性肝炎の重症度と心理社会的ストレス, 第99回日本内科学会総会, 2002.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」