九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
入江 正洋(いりえ まさひろ) データ更新日:2019.06.10



主な研究テーマ
違法薬物に関する大学生の意識と実態
キーワード:違法薬物、大学生
2012.04.
パワー・ハラスメントの標準的チェックリストの作成とその応用に関する研究
キーワード:パワー・ハラスメント、チェックリスト、ストレスマネジメント
2012.04.
唾液中アミラーゼを指標としたストレス評価とストレスマネジメントへの応用
キーワード:唾液、アミラーゼ、ストレス
2008.04.
職業性ストレス、ライフスタイルと免疫機能に関する研究
キーワード:職業性ストレス、ライフスタイル、免疫機能
2003.04.
労働者の健康管理、メンタルヘルス、および健康増進に関する研究
キーワード:健康管理、メンタルヘルス、健康増進
1992.06.
心理的ストレス、ライフスタイルと酸化的DNA損傷に関する研究
キーワード:心理的ストレス、ライフスタイル、酸化的DNA損傷、8-hydroxydeoxyguanosine
1998.04.
ストレスマネジメントスキルとその効果に関する研究
キーワード:ストレス、マネージメント、自律訓練法、筋弛緩法
1992.06.
24時間風呂によるレジオネラ感染リスクに関する研究
キーワード:24時間風呂、レジオネラ、血清抗体価
1997.04.
アレルギー反応に及ぼす心理社会的要因に関する研究
キーワード:アレルギー、気管支喘息、ヒスタミン、古典的条件づけ、生体リズム、中枢神経系
1986.06~2003.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本内科学会
日本心身医学会
日本産業衛生学会
日本産業ストレス学会
日本公衆衛生学会
日本衛生学会
日本健康支援学会
学協会役員等への就任
2007.04, NIOSH(The National Institute for Occupational Safety and Health)/APA(American Psychological Association) , 運営委員.
2004.06, 日本心身医学会, 代議員.
2003.04, 九州心理相談員会, 会長.
2002.10~2007.03, 日本産業ストレス学会, 理事.
2002.05~2003.03, 心理相談員会中部支部, 副支部長.
2001.07~2003.03, 愛知心身医学研究会, 運営委員.
2001.07~2003.03, 職場ストレス研究会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2011.02.18~2011.02.20, 第12回日本健康支援学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2009.11.27~2009.11.29, 第17回日本産業ストレス学会, 座長(Chairmanship).
2009.02.20~2009.02.21, 第10回日本健康支援学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2008.02.08~2008.02.09, 第47回日本心身医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2008.02, 第9回日本健康支援学会学術集会, 司会(Moderator).
2007.10, 第45回全国大学保健管理研究集会, 座長(Chairmanship).
2007.05, 第48回日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2006.02, 第7回日本健康支援学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2005.08, 第35回九州地区保健管理研究協議会, 司会(Moderator).
2005.02, 第6回日本健康支援学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2004.06, 第45回日本心身医学会総会, 座長(Chairmanship).
2003.04, 第76回日本産業衛生学会, 座長(Chairmanship).
2001.03, 第7回日本行動医学会, 座長(Chairmanship).
2010.03.17~2010.03.18, 第12回フィジカル・ヘルスフォーラム, 組織委員.
2009.11.27~2009.11.29, 第17回日本産業ストレス学会, 組織委員.
2005.08, The Second International ICOH Conference on Psychosocial Factors at Work, 組織委員.
2004.06, 第45回日本心身医学会総会, 組織委員.
2001.03, 第7回日本行動医学会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.03, International Journal of Psychology and Counselling, 国際, 編集委員.
2014.01, Austin Journal of Psychiatry and Behavioral Sciences, 国際, 編集委員.
2009.01, The European Journal of Psychiatry, 国際, 査読委員.
2005.08, Medical Science Monitor, 国際, 査読委員.
2002.04, Journal of Psychosomatic Research, 国際, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2013年度 10        10 
2012年度      
2011年度    
2010年度    
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度      
2005年度    
2004年度    
2003年度    
2002年度      
2000年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Auckland University, NewZealand, 2007.03~2007.03.
受賞
功労賞, 全国THP推進協議会, 2013.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2012年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, パワー・ハラスメントに関する標準的チェックリストの作成とその応用に関する研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 対人援助職の実践力養成プロセスの分析とバーンアウト予防の学際的研究.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 青年期の生体内酸化ストレスと脂肪細胞分化誘導能およびライフスタイルの縦断的解析.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 唾液中アミラーゼを指標としたストレス評価とストレスマネジメントへの応用.
2006年度~2007年度, 萌芽的研究, 分担, 初任者教員のストレスに関する研究-大学教職課程・初任者研修改善を視野に入れて-.
2004年度~2007年度, 基盤研究(A), 分担, 心理社会的ストレス度ストレス耐性低下度と機能的潜在性低下に関する生理人類学的研究.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, 心理的および労働ストレスと酸化的DNA損傷による発癌リス.
1995年度~1995年度, 奨励研究, 代表, 気道アレルギー反応に及ぼす睡眠および日内リズムの影響.
1994年度~1994年度, 奨励研究, 代表, 気管支肺組織での好酸球浸潤およびICAM-1発現に関する神経ペプチド類の関与.
1993年度~1994年度, 一般研究(C), 分担, 気道反応に対する中枢神経系の関与.
1993年度~1993年度, 奨励研究, 代表, 抗原誘発時の気道への好酸球浸潤およびICAM-1発現に関する中枢神経系の役割.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2005年度~2005年度, メンタルヘルス岡本記念財団研究助成, 代表, 勤労者を対象とした心理相談活動の実態と心理相談員のメンタルヘルスに関する調査.
2002年度~2002年度, 平成14年度財団法人ヘルス・サイエンス・センター研究助成, 代表, 心理的ストレス及びライフスタイルと関連した健康障害の評価指標としての酸化的ストレスと免疫機能に関する研究.
2002年度~2002年度, 第27回 (平成14年度) がんその他の悪性新生物研究助成 (財団法人愛知県がん研究振興会), 代表, 紫外線暴露による酸化的DNA損傷を介する発癌リスクとサンスクリーン剤の防止効果.
2001年度~2001年度, 厚生労働省平成13年度委託研究「認定要件設定等のための調査研究」, 分担, 心身症の特徴および労災認定に当たっての医学的留意事項.
2001年度~2001年度, 第26回 (平成13年度) がんその他の悪性新生物研究助成 (財団法人愛知県がん研究振興会), 代表, 平成12-13年度産業医学振興財団研究助成.
2000年度~2001年度, 平成12-13年度産業医学振興財団研究助成, 代表, 経済変革期における労働者の努力、報酬と健康に関する研究.
2000年度~2000年度, 平成12年度総合健康推進財団研究助成, 代表, 24時間風呂使用者と未使用者におけるレジオネラ感染リスクのFollow-up study.
2000年度~2000年度, 平成12年度産業医学重点研究, 代表, 人員削減後における継続勤務労働者の包括的健康度に関する研究.
1998年度~1998年度, 平成10年度総合健康推進財団研究助成, 代表, レジオネラ感染についてのBio-psycho-socio-ecological study -24時間風呂使用者と未使用者を対象として-.
1998年度~1998年度, 平成10年度労働問題リサーチセンター研究助成, 代表, 職業性ストレスと発癌リスク.
1997年度~1999年度, 平成9-11年度産業生態科学研究所特別研究, 代表, 労働者の心理的、生物学的ストレス反応に関する研究.
1996年度~1996年度, 平成8年度産業医学重点研究, 代表, 古典的条件づけによるヒスタミン遊離に及ぼす無意識、不安、および対処行動の影響.
1995年度~1995年度, 平成7年度産業医学重点研究, 代表, 気道アレルギー反応に及ぼす睡眠、日内リズム、およびShift workの影響.
1994年度~1996年度, 平成6-8年度産業生態科学研究所特別研究, 代表, 健診結果の記憶及びその改善に関する心理社会的研究.
1993年度~1993年度, 平成5年度産業医学重点研究, 代表, 職場の健康診断に関する心理社会的検討.
学内資金・基金等への採択状況
2010年度~2011年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 発達障害など対人関係に問題をかかえる児童及び青年期の学生の生涯発達と支援に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」