九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
江頭 健輔(えがしらけんすけ) データ更新日:2019.04.08

教授 /  薬学研究院


教育活動概要
大学院講義:治療的血管新生、虚血性心疾患の病態と治療 担当
学部教育:循環器内科学の講義担当
教科書分担執筆:数件/年
総説:10-15件/年
雑誌編集委員
日本学術振興会特別研究員(臼井真)の指導(平成12ー14年度)
日本学術振興会特別研究員(北本史朗)の指導(平成13ー15年度)
日本学術振興会外国人特別研究員(Ni Weihua)の指導(平成13
ー14年度)
日本学術振興会外国人特別研究員(Zhao Quingwei)の指導(平成14ー15年度)
担当授業科目
2002年度・後期,臨床医学群.

2003年度・後期,臨床医学群.

2004年度・後期,臨床医学群.

2004年度・前期,移植再生学.

2005年度・後期,臨床医学群.

2006年度・後期,臨床医学群.

2007年度・後期,臨床医学群.

2007年度・前期,病態制御学.

2007年度・前期,移植再生学.

2008年度・後期,臨床医学群.

2008年度・前期,移植再生学.

2008年度・前期,病態制御学.

2009年度・後期,臨床医学群.

2009年度・前期,病態制御学.

2009年度・前期,移植再生学.

2010年度・前期,医工連携.

2010年度・前期,病態制御学.

2010年度・前期,移植再生学.

2010年度・後期,臨床医学群.

2011年度・前期,医工連携.

2011年度・前期,病態制御学.

2011年度・前期,移植再生学.

2011年度・後期,臨床医学群.

2012年度・前期,医工連携.

2012年度・前期,病態制御学.

2012年度・前期,移植再生学.

2012年度・後期,臨床医学群.

2013年度・前期,医工連携.

2013年度・後期,臨床医学群.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2010年度,中国科学院 広東省霊長類研究開発センター,客員教員.

その他の特筆すべき教育実績
研究室所属の研究員(大学院生、研究生、学術研究員など)の受賞.

2000.10,第23回日本高血圧学会、Young Investigators Awards優秀賞(北本史朗).

2001.06,American College of Cardiology 50th Annual Scientific Session, Young Investigators Awards、First place(竹本真生).

2002.11,American Heart Association's Scientific Sessions 2002 (Chicago)、2002 Cardiopulmonary and Critical Care Travel Stipend Award(日浅謙一).

2004.03,第68回日本循環器学会学術集会、国際留学生YIA賞(趙 慶偉).

2004.07,第36回日本動脈硬化学会、若手研究者奨励賞(北本史朗).

2004.10,第27回日本高血圧学会 YIA最優秀賞(石橋美奈子).

2005.09,第28回日本高血圧学会 YIA最優秀賞(大谷規彰).

2006.03,第70回日本循環器学会Young Investigator’s Award 優秀賞(大谷規彰).

2006.11,ATVB Merit Awards for Young Investigators(AHA)(古賀純一郎).

2006.11,Finalist for the Scientific Sessions 2006 Poster Competition in Basic Science(AHA)(古賀純一郎).

2007.09,the 61st Annual High Blood Pressure Research Conference 2007 New Investigator Travel Award for Japanese Fellows (AHA)(古賀純一郎).

2007.12,第103回日本循環器学会九州地方会Young Investigator’s Award最優秀賞およびTravel grant(木村聡).

2008.03,第72回日本循環器学会総会・学術集会国際留学生 Young Investigator's Award(陳玲).

2008.11,Scientific Sessions 2008 of the American Heart Association ATVB Travel Award for Young Investigators(的場哲哉).

2008.11,Scientific Sessions 2008 of the American Heart Association News Conference(的場哲哉).

2008.11,Scientific Sessions 2008 of the American Heart Association ATVB Early Career Networking Reception(古賀純一郎).

2009.06,第106回日本循環器学会九州地方会 Young Investigator’s Award優秀賞(古賀純一郎).

2009.06,The 15th International Symposium on Atherosclerosis ISA 2009 Educational Grant(中野覚).

2009.09,第13回Molecular Cardiovascular Conference ポスタープレゼンテーション優秀賞(陳玲).

2009.10,第11回日中高血圧シンポジウム Travel Grant(陳玲).

2009.12,第107回日本循環器学会九州地方会 Young Investigator’s Award最優秀賞(小田晋一郎).

2010.02,福田記念医療技術振興財団 平成21年度論文等表彰(中野覚).

2010.11,Scientific Sessions 2010 of the American Heart Association AHA ATVB Travel Award for Young Investigators to Scientific Session(香月俊輔).

2011.08,The 9th Japan-Korea Joint Symposium on Vascular Biology, Young Investigator Award(長岡和宏).

2011.11,Scientific Sessions 2011 of the American Heart Association, Best of AHA Speciality Conference BCVS2011(長岡和宏).

2012.03,第70回日本循環器学会, Young Investigator’s Award 最優秀賞(香月俊輔).

2012.12,第113回日本循環器学会九州地方会, Young Investigator’s Award 最優秀賞(長岡和宏).

2013.06,ISHR XXI World Congress, ECI Travel Award(池田源太郎).

2013.06,ISHR XXI World Congress, Poster Competition Best of the Day(池田源太郎).

研究室所属の研究員の研究費獲得状況.

2004.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「動脈硬化病変に対する画期的血管内治療システムの創製-臨床応用を目指した基礎研究-」(趙 鋼).

2005.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「遺伝子溶出型ステントによるステント内再狭窄治療システムの創製-臨床応用を目指した基礎研究-」(日浅謙一).

2006.01,財団法人医療機器センター 外国への日本人研究者派遣事業(基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)「動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療システムの創製-霊長類モデル作製から臨床応用まで-」(中野覚).

2006.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「ナノテク・ドラッグ・デリバリーによる難治性血管病に対する画期的ナノ治療法開発」(H18~H19)(日浅謙一).

2006.04,科学研究費補助金(基盤研究(C))「ナノ・ドラッグデリバリーシステムを用いた静脈グラフト不全に対する新しい治療戦略」(H18~H19)(塩瀬明).

2006.05,財団法人医療機器センター 外国への日本人研究者派遣事業(基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)「動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療システムの創製-霊長類モデル作製から臨床応用まで-」(中野覚).

2006.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーを基盤としたドラッグ・デリバリー・システム(ナノテクDDS)によるステント内再狭窄に対する新しい治療戦略」(船越公太).

2006.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーを基盤としたドラッグ・デリバリー・システム(ナノテクDDS)による静脈グラフト不全に対する新しい治療戦略」(木村聡).

2007.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「動脈硬化プラーク破綻におけるマクロファージ・アポトーシスの役割解明と治療法」(H19~H20)(的場哲哉).

2007.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「先端技術融合の吸入ナノDDS制御技術開発に基づく重症肺高血圧症に対する革新的低侵襲吸入医療システムの創製と臨床応用」(木村聡).

2007.06,21世紀COEプログラム若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーによるドラッグデリバリーシステム(ナノテクDDS)による動脈硬化性疾患に対する画期的治療法開発」(古賀純一郎).

2008.04,木村記念循環器財団「単球ターゲッティングナノDDS技術を基盤とした新規プラーク破綻予防療法の研究開発」(的場哲哉).

2008.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「動脈硬化プラーク破綻におけるマクロファージ・アポトーシスの役割解明と治療法」(的場哲哉).

2008.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「新規ナノDDS技術を基盤とする静脈グラフト不全に対する革新的ナノ医療の創製」(木村聡).

2008.07,財団法人医療機器センター「先端技術(医・工・薬・ナノ)融合のインテリジェントナノDDS制御技術開発に基づく低侵襲血管内医療システム(分子標的医薬溶出・生体吸収性ステント etc)の創製と臨床応用」(中野覚).

2008.09,財団法人日本応用酵素協会 第3回Vascular Biology Innovation Conference「ナノ粒子を応用したDDSによるマクロファージ機能制御とプラーク破綻予防」(的場哲哉).

2008.11,木村記念循環器財団「生理活性ペプチド(アドレノメデュリン)封入ナノ粒子によるDDS技術を基盤とする革新的低侵襲血管内ナノ医療の創製」(中野覚).

2009.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「新規ナノDDS技術を基盤とする静脈グラフト不全に対する革新的ナノ医療の創製」(H21~H22)(的場哲哉).

2009.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「間欠式パルスインフュージョンDDSカテーテルを用いた低侵襲血管内ナノ医療の創製」(H21~H22)(中野覚).

2009.09,財団法人日本応用酵素協会 第4回Vascular Biology Innovation Conference「マクロファージ分化スイッチ制御による動脈硬化プラーク破綻の予防」(的場哲哉).

2009.11,財団法人先進医薬研究振興財団 平成21年度 第8回循環医学分野 萌芽研究助成金「ナノDDSパルスカテーテル技術を基盤とした動脈硬化性疾患に対する低侵襲医療の開発」(中野覚).

2010.09,財団法人日本応用酵素協会 第5回Vascular Biology Innovation Conference「酸化コレステロールによる動脈硬化促進の分子機序」(的場哲哉).

2011.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「マクロファージ分化スイッチ制御による粥状動脈硬化プラーク破綻予防療法の研究開発」(H23~H24)(的場哲哉).

2011.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「脈波衝撃投与DDSカテーテルとナノDDSの融合による新しい血管内治療の研究開発」(H23~H24)(中野覚).

2013.04,科学研究費補助金(基盤研究(C))「ナノ医薬学融合に基づくPPARγナノ医薬による難治性心血管病の革新的治療法の開発」(H25~H27)(的場哲哉).

2013.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「炎症性単球の炎症制御による粥状動脈硬化プラーク破綻予防療法の研究開発」(H25~H26)(香月俊輔).

2013.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「閉塞性動脈硬化症に対する新規ナノ医療の開発」(H25~H26)(長岡和宏).

2013.04,科学研究費補助金(若手研究(B))「ミトコンドリア選択的ナノ薬物送達による虚血ー再灌流傷害に対する革新的ナノ医療開発」(H25~H26)(江草静香).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」