九州大学 研究者情報
著書一覧
宮本 敏浩(みやもと としひろ) データ更新日:2019.07.02

准教授 /  医学研究院 臨床医学部門 九州大学大学院 医学研究院 病態修復内科学講座


著書
1. 宮本敏浩、赤司浩一, 白血病幹細胞の特性, 日本医事新報社, 2016.07.
2. 島隆宏、宮本敏浩, 造血幹細胞の定義と特性, 日本臨床社, 2016.07.
3. 宮本 敏浩, 骨髄腫幹細胞.ブラッシュアップ多発性骨髄腫, 中外医学社, 2015.05.
4. 加藤 光次, 宮本 敏浩, 分子標的治療薬の作用機序と分類 血液専門医テキスト
, 2015.05.
5. 宮本 敏浩, 造血システムと腫瘍化:骨髄性白血病の発症機構 血液専門医テキスト
, 2015.05.
6. 宮本 敏浩, 次世代シークエンサーで明らかにされた白血病のゲノム異常は? 白血病診療Q&A 一つ上を行く診療の実践
, 2015.02.
7. 宮本 敏浩, 白血病幹細胞とは 白血病診療Q&A 一つ上を行く診療の実践
, 2015.02.
8. 吉本 五一, 宮本 敏浩, 造血幹細胞移植後のウイルス感染症と対策 血液疾患最新の治療 2014-2016
, 2014.01.
9. 高瀬謙, 宮本 敏浩, 急性GVHDとは?GVHDと造血細胞移植(豊嶋崇徳 監修), 2014.01.
10. 菊繁 吉謙, 宮本 敏浩, 慢性リンパ球性白血病(CLL)の発症機構 Annual Review 血液 2013 (高久史麿ら監修), 2013.01.
11. 宮本 敏浩, 93 Lymphoma (Following Autologous Stem Cell Transplant). Surveillance Counterpoint: Japan., Humana Press, New York, , 2013.01.
12. 高嶋秀一郎、宮本敏浩, 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ血液疾患.t(8;21)(q22;q22)の染色体異常を有する再発急性骨髄性白血病の33歳女性
, 日本医事新報社 , 346-354, 2012.08.
13. 宮本敏浩, 症例とエビデンスに学ぶ造血幹細胞移植と感染症.HHV-6脊髄炎とcacineurin-inhibitor induced pain syndrome, 医薬ジャーナル, 128-131, 2011.08.
14. 菊繁吉謙、宮本敏浩,赤司浩一, Annual Review 血液 2012 TIM-3: 新しい白血病幹細胞マーカーの発見
, 2012.01.
15. 宮本敏浩,赤司浩一, 血液疾患 最新の治療2011-2013 白血病幹細胞に対する治療, 南江堂, 2010.05.
16. 宮本敏浩,長藤宏司, 血液診療エキスパート白血病.AMLにおける自家移植, 2009.12.
17. 宮本敏浩,赤司浩一, 血液診療エキスパート白血病. 白血病幹細胞, 2009.05.
18. 宮本敏浩,赤司浩一, Annual Review 血液2007.ALLにおける白血病幹細胞, 中外医学社 , 2007.12.
19. 宮本敏浩、赤司浩一, Annual Review 血液 2006.白血病幹細胞の特性, 中外医学社, pp19-41, 2006.12.
20. 宮本敏浩, 新しい造血幹細胞移植, 南江堂, 45-50, 1998.01.
21. 宮本敏浩, 末梢血幹細胞移植ー基礎から臨床までー, 南江堂, 1995.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」