九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
宮本 敏浩(みやもと としひろ) データ更新日:2019.07.02

准教授 /  医学研究院 臨床医学部門 九州大学大学院 医学研究院 病態修復内科学講座


主な研究テーマ
白血病幹細胞の生物学的特性の解明
キーワード:白血病幹細胞
2013.07~2020.07.
造血幹細胞の分化と自己複製、白血病幹細胞の生物学的特性の解析、造血幹細胞移植の成績向上
キーワード:造血幹細胞、分化、自己複製
2002.10.
従事しているプロジェクト研究
白血病幹細胞の生物学的特性の解明
2018.07~2018.07.
造血幹細胞の分化と自己複製能、白血病発症機構、造血幹細胞移植の創意工夫
2001.10, 代表者:宮本敏浩, 九州大学
造血幹細胞の分化と自己複製能および白血病発症機構の解明.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 宮本敏浩, 標準リスク白血病第一寛解期の治療選択。急性骨髄性白血病に対する自家移植の位置付け, 第71回日本血液学会総会, 2009.10.
学会活動
所属学会名
日本骨髄腫学会
日本内科学会
日本血液学会
日本造血細胞移植学会
日本臨床血液学会
American Society of Hematology
日本輸血学会
学協会役員等への就任
2014.03~2017.03, 日本造血細胞移植学会, 理事.
2006.02, 日本造血細胞移植学会, 評議員.
2006.10, 日本血液学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10~2017.10.01, 日本血液学会, 座長.
2014.03.07~2014.03.09, 第36回日本造血細胞移植学会総会 , 座長(Chairmanship).
2013.03.07~2013.03.09, 第35回日本造血細胞移植学会総会, 座長(Chairmanship).
2012.10.19~2012.10.19, 第74回日本血液学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2012.02.24~2012.02.25, 日本造血細胞移植学会, 座長(Chairmanship).
2011.06.30~2012.07.02, 日本リンパ網内系学会, 座長(Chairmanship).
2010.02.19~2011.02.20, 日本造血細胞移植学会, 座長(Chairmanship).
2010.02.19~2010.02.20, 日本造血細胞移植学会, 座長(Chairmanship).
2010.01.30~2010.01.30, 日本内科学会九州地方会例会, 座長(Chairmanship).
2009.10.23~2009.10.25, 日本血液学会総会 , 座長(Chairmanship).
2009.01.24~2009.01.24, 日本内科学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2007.02.16~2007.02.17, 日本造血細胞移植学会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 日本血液学会, 座長(Chairmanship).
2007.02.16~2007.02.18, 第29回日本造血細胞移植学会「幹細胞基礎・移植免疫・GVHD」, 座長.
2006.10.06~2006.10.08, 第69回日本血液学会総会「造血・血球機能 幹細胞」, 座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度      
2013年度    
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
スタンフォード大学, UnitedStatesofAmerica, 1998.07~2001.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 骨髄性およびリンパ性白血病幹細胞に共有されるTIM-3増殖シグナル機構の解析.
2012年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 慢性リンパ性白血病モデルマウスを応用した原因遺伝子の探索.
2011年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 白血病幹細胞特異的抗原TIM-3に対する標的治療の開発.
2008年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, 抗アポトーシス遺伝子MCL-1の白血病幹細胞化における役割.
2007年度~2008年度, 萌芽研究, 代表, Bリンパ系腫瘍における腫瘍性幹細胞の同定.
2002年度~2004年度, 若手研究(A), 代表, 造血前駆細胞の同定および造血細胞の分化調節機構の解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2020年度, 科学研究費補助金 (文部科学省), 代表, 骨髄性およびリンパ性白血病幹細胞に共有されるTIM-3増殖シグナル機構の解析.
2014年度~2019年度, 科学研究費補助金 (文部科学省), 分担, 高齢者造血器腫瘍の発症基盤としてのステムセルエイジング.
2013年度~2015年度, 科学研究費補助金 (文部科学省), 代表, 慢性リンパ性白血病モデルマウスを応用した原因遺伝子の探索.
2012年度~2015年度, 科学研究費補助金 (文部科学省), 代表, 白血病幹細胞特異的抗原TIM―3に対する標的治療の開発.
2009年度~2011年度, 武田科学振興財団 医学系研究奨励継続助成 , 代表, 抗アポトーシス蛋白MCL-1の急性骨髄性白血病における病態形成の役割解明.
2007年度~2008年度, 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金, 代表, ヒト造血機構におけるFLT3の発現および機能解析.
2007年度~2009年度, 武田科学振興財団 研究助成金, 代表, 抗アポトーシス蛋白MCL-1の急性骨髄性白血病における病態形成の役割解明.
2006年度~2007年度, 小林がん学術振興会, 代表, 急性骨髄性白血病の病態形成における抗アポトーシス蛋白MCL-1の役割.
2005年度, 代表, 階層的血球分化モデルに基づく白血病発症機構の解析.
2003年度, 先進医薬研究振興財団・血液医学研究助成, 代表, 造血幹細胞移植後のサイトメガロウイルス特異的細胞傷害性T細胞の再構築に関する検討.
1999年度, 上原記念生命科学財団・研究助成金, 代表, 造血細胞の分化増殖機構の解析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」