九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
吉嶺 嘉人(よしみね よしと) データ更新日:2019.06.27

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
レーザーを用いた根管洗浄法の開発
キーワード:根管洗浄、Er:YAGレーザー
2014.04~2018.03.
レーザー抜髄法の確立
キーワード:Er:YAGレーザー、抜髄法。蒸散作用
2011.04~2016.03.
エンド用内視鏡の開発と臨床応用
キーワード:根管内視鏡
2009.05~2016.03.
Er:YAGレーザーのエンド領域への応用
キーワード:歯内療法、Er:YAGレーザー
2006.04~2016.03.
ニッケル-チタン製ファイルの形成能の比較
キーワード:ニッケル-チタン製ファイル、形成能
2003.04~2012.03.
歯内治療領域における新規材料の生体適合性
キーワード:歯内治療、生体材料、生体適合性
2000.04~2012.03.
歯髄•根尖部歯周組織の創傷治癒メカニズムの解明と再生療法への応用
キーワード:歯髄、 歯周組織、 創傷治癒、 再生療法
2006.04~2012.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Yoshimine Y, Ono M, Akamine A , In vitro comparison of the biocompatibility of mineral trioxide aggregate, 4META/MMA-TBB resin, and intermediate restorative material as root-end-filling materials, Journal of Endodontics, 33(9): 1066-9, 2007.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Tomato Kihara, Himeka Matsumoto, Yoshito Yoshimine, Evaluation of cleaning efficacy of laser-activated irrigation in a simulated accessory canal
, 第15回国際レーザー歯学会, 2016.07, Purpose: Laser-activated irrigation (LAI) using an Er:YAG laser (Erwin AdvErl: Morita, Japan) is an irrigant agitation method. However, the ability of LAI to efficiently clean accessory canals remains unclear. This study aimed to investigate the influence of pulse energy on the cleaning efficacy of LAI in the accessory canal.
Materials and Methods:
Transparent root canal models with an accessory canal were made from acrylic resin. A 0.2-mm diameter accessory canal was made horizontally in the apical area. Accessory canals were then filled with stained biofilm-mimicking gelatin gel. A solution of 5% NaOCl was used as an irrigant. We used an Er:YAG laser, irradiated at pulse energies of 30 mJ at 20 pps, in combination with a 200um diameter cone-shaped tip, placed 10 mm from the apex, for 20 s and 40 s, respectively. Conventional syringe irrigation with a flat-end needle was used as a control.
Digital photographs were taken and subsequently analyzed to determine the distance from the accessory canal entrance to the closest gelatin-irrigant interface. Differences within each irrigation group were quantified using a Tukey-Kramer test, with p values of <0.05 considered significant.
Results:
LAI resulted in a greater depth of hydrogel removal from the artificially created accessory canal than syringe irrigation. Laser irradiation at 30 mJ for 40 s, eliminated a significant amount of hydrogel compared to that achieved at 30 mJ for 20 s (P<0.05).
Conclusions: LAI enhanced the cleaning effect of NaOCl in the accessory canal in comparison to the effect achieved with syringe irrigation.
.
2. 吉嶺嘉人, Er:YAGレーザーを応用した歯内療法の現状と展望
 〜歯内療法へのレーザー応用〜, 第14回Er:YAGレーザー臨床研究会, 2011.07.
3. 吉嶺嘉人, これからのレーザー歯学の目指すもの, 第22回日本レーザー歯学会総会・学術大会, 2010.11.
4. 吉嶺嘉人 松本妃可 坂田篤信 岩根聖二 西村己貴則 岡上吉秀, Er:YAGレーザーを使用した根管内洗浄効果, 第21回日本レーザー歯学会, 2009.11.
5. 松本妃可、吉嶺嘉人、坂田篤信、西垣奏一郎、後藤千里、牛島 寛、佐藤浩美、赤峰昭文, パルス波レーザーのキャビテーション現象を応用した根管内洗浄効果, 第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009.10.
6. Yoshimine Y, Matsumoto H, Nishigaki S, Goto C, Akamine A, Efficient Removal of the Smear Layer Using Er:YAG laser, IADR, 2008.07.
7. 吉嶺嘉人、松本妃可, Er:YAGレーザーとRチップによる根管内スミヤー層除去効果, 第19回日本レーザー歯学会, 2007.11.
学会活動
所属学会名
日本歯科保存学会
日本レーザー歯学会
日本歯内療法学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
国際歯科学会
学協会役員等への就任
2017.04~2021.03, 九州歯内療法学会, 会長.
2015.05~2018.04, 日本レーザー歯学会.
2013.04~2015.03, 日本レーザー歯学会, 教育問題検討委員会.
2013.04~2021.03, 日本レーザー歯学会, 評議員.
2013.04~2021.03, 日本歯科保存学会, 評議員.
2010.04~2012.03, 日本歯内療法学会, 研修委員会委員.
2010.04~2012.03, 日本歯内療法学会, 理事.
2002.04, 日本歯科保存学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.01.21~2018.01.21, 第二回九州歯内療法学会学術講演会, 座長.
2017.11.26~2017.11.26, Er:YAGレーザー20周年記念講演会, 座長(Chairmanship).
2016.07.17~2016.07.19, 第15回国際レーザー歯学会, 座長(Chairmanship).
2013.05.26~2013.05.28, 第9回世界歯内療法会議, 座長(Chairmanship).
2013.05.23~2013.05.26, 第9回世界歯内療法会議・第34回日本歯内療法学会学術大会•第11回日韓合同歯内療法学会学術大会, 座長(Chairmanship).
2010.11.13~2010.11.14, 第22回日本レーザー歯学会総会・学術大会, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2006.04~2010.03, 日本歯内療法学会雑誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
受賞
平成19年度日本歯内療法学会優秀論文賞, 日本歯内療法学会, 2008.05.
第22回日本レーザー歯学会優秀発表賞, 日本レーザー歯学会, 2010.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, レーザー光を用いた根尖歯周組織再生療法の開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, レーザーを応用した新しい抜髄法の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(A), 分担, MIコンセプトに基づいたレーザー歯科治療の新たな展開.
2006年度~2008年度, 基盤研究(A), 代表, 歯髄・根尖部歯周組織の創傷治癒メカニズムの解明と再生療法への応用.
2002年度~2003年度, 一般研究(C), 代表, 歯根膜組織における破骨細胞分化促進因子および抑制因子に関する分子生物学的解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2007年度~2007年度, シーズ発掘試験, 代表, レーザー照射装置と組み合わせた根管治療用歯科内視鏡の開発と応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」