九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡部 行男(わたなべ  ゆきお) データ更新日:2019.06.20

教授 /  理学研究院 物理学部門 物性物理学


教育活動概要
2019年度 講義科目 計6.1コマ (院1科目学部3科目全学3科目)
30年度 講義科目 計6.1コマ (院1科目学部3科目全学3科目)
29年度 講義科目 計6.1コマ (院1科目学部3科目全学3科目)
28年度 講義科目 計7.1コマ (院1科目学部3科目全学3科目; 2教科で延べ4回、事前予告無しの授業参観を受ける:物学科他教員の10倍の頻度) 他学科他学部の受講者多い
27年度 講義科目 計6.1コマ (学部4科目全学3科目; 4教科で事前予告無しの授業参観,1教科で事前予告有の授業参観を受ける:物学科他教員の10倍の頻度)
26年度 講義科目 計6コマ (院1科目学部3科目全学2科目; 3教科で延べ4人から事前予告無しの授業参観を受ける)
25年度 講義科目 計8.6コマ (院1科目学部3.1科目全学4. 5科目,3教科で延べ6人から事前予告無しの授業参観を受ける)
24年度 講義科目 計6.6コマ (院1科目学部3.1科目全学2.5科目, 4教科で延べ8人から授業参観を受ける)
23年度 講義科目 計6.6コマ (院1科目学部3.1科目全学2.5科目, 2教科で延べ4人から授業参観を受ける)
22年度 講義科目 計6.6コマ (院2科目学部2.1科目全学2.5科目,1教科で3人から授業参観を受ける)
21年度 講義科目 計4.6コマ (院1科目学部3.1科目全学0.5科目)
20年度 講義科目 計5 コマ (院1科目学部4科目)
19年度 講義科目 計4.25コマ(院1科目学部3科目+0.25)
18年度 講義科目 計4コマ (院1科目学部3科目)
17年度 講義科目 計5コマ (学部4科目(一般教育0.5x2))
16年度 講義科目 計4コマ (院1科目学部3科目)
15年度 講義科目 計5コマ (院1科目学部4科目)
14年度 講義科目 計4コマ (院1科目学部3科目)
13年度後期 計2コマ (院1学部1,(8月着任))
担当授業科目
2019年度・前期, 半導体物理学.

2019年度・前期, 電磁気学II.

2019年度・前期, 物性物理III.

2019年度・前期, 基幹物理学 IA(全学教育科目).

2019年度・前期, 基幹物理学 II(全学教育科目).

2019年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2018年度・後期, 基幹物理学 IB.

2018年度・前期, 基幹物理学 IA(全学教育科目).

2018年度・前期, 基幹物理学 II(全学教育科目).

2018年度・前期, 物性物理III.

2018年度・前期, 半導体物理学.

2018年度・前期, 電磁気学II.

2018年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2017年度・後期, 基幹物理学 IB.

2017年度・前期, 電磁気学II.

2017年度・前期, 半導体物理学.

2017年度・前期, 物性物理III.

2017年度・前期, 基幹物理学 II(全学教育科目).

2017年度・前期, 基幹物理学 IA(全学教育科目).

2017年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2016年度・前期, 基幹物理学 IA(全学教育科目).

2016年度・前期, 基幹物理学 II(全学教育科目).

2016年度・後期, 基幹物理学 IB.

2016年度・前期, 物性物理III.

2016年度・前期, 電磁気学II.

2016年度・前期, 半導体物理学.

2016年度・後期, 原子分子の物理.

2016年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2015年度・後期, 基幹物理学 IB.

2015年度・後期, 原子分子の物理.

2015年度・前期, 電磁気学II.

2015年度・前期, 基幹物理学 II(全学教育科目).

2015年度・前期, 物性物理III.

2015年度・前期, 基幹物理学 IA(全学教育科目).

2015年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2014年度・後期, 基幹物理学 IB.

2014年度・後期, 原子分子の物理.

2014年度・前期, 基幹物理学 IA.

2014年度・前期, 物性物理III.

2014年度・前期, 電磁気学II.

2014年度・前期, 半導体物理学.

2013年度・後期, 原子分子の物理.

2013年度・後期, 現代物理学入門(理学部) (全学教育科目).

2013年度・後期, 現代物理学入門(工学部) (全学教育科目).

2013年度・後期, 物理学(全学コア科目)(1/4分担).

2013年度・前期, 力学基礎同演習 (全学コア科目).

2013年度・前期, 自然科学概論(高年次教養)(1/4分担).

2013年度・前期, 物性物理III.

2013年度・前期, 電磁気学II.

2013年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2013年度・前期, 半導体物理学.

2012年度・後期, 物理学(全学コア科目)(1/4分担).

2012年度・前期, 物理学(全学コア科目)(1/4分担).

2012年度・後期, 現代物理学入門(工学部) (全学教育科目).

2012年度・後期, 現代物理学入門(理学部) (全学教育科目).

2012年度・前期, 半導体物理学.

2012年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2012年度・後期, 原子分子の物理.

2012年度・前期, 物性物理III.

2012年度・前期, 電磁気学II.

2011年度・前期, 電磁気学II.

2011年度・前期, 物性物理III.

2011年度・後期, 原子分子の物理.

2011年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2011年度・前期, 半導体物理学.

2011年度・後期, 現代物理学入門 (全学教育科目).

2011年度・後期, 現代物理学入門 (全学教育科目).

2011年度・前期, 物理学(全学コア科目).

2011年度・後期, 物理学(全学コア科目).

2010年度・後期, 現代物理学入門 (全学教育科目).

2010年度・後期, 現代物理学入門 (全学教育科目).

2010年度・前期, 物理学(全学コア科目).

2010年度・後期, 物理学(全学コア科目).

2010年度・後期, 素励起物理.

2010年度・前期, 半導体物理学.

2010年度・前期, 物性物理III.

2010年度・後期, 原子分子の物理.

2010年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2009年度・後期, 物理学(全学コア科目).

2009年度・前期, 物理学(全学コア科目).

2009年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2009年度・後期, 物理学ゼミナール.

2009年度・後期, 原子分子の物理.

2009年度・前期, 物性物理III.

2009年度・前期, 半導体物理学.

2008年度・前期, 電磁気学II.

2008年度・前期, 半導体物理学.

2008年度・前期, 物性物理III.

2008年度・後期, 原子分子の物理.

2008年度・後期, 物理学ゼミナール.

2008年度・前期, 物理学特別講義A最前線分担 (1回担当).

2007年度・後期, 原子分子の物理.

2007年度・前期, 物性物理III.

2007年度・後期, 物理学ゼミナール.

2007年度・前期, 物理学特別講義 I (3回担当).

2007年度・前期, 物理学特別講義A 最前線 (1回担当).

2007年度・前期, 半導体物理学.

2006年度・前期, 物理学特別講義A 最前線 (1回=0.1分).

2006年度・前期, 半導体物理学.

2006年度・後期, 原子分子の物理.

2006年度・後期, 電磁気学II.

2006年度・前期, 物性物理III.

2005年度・前期, 最先端 (1回=0.1).

2005年度・前期, 物理数学I.

2005年度・前期, 物質の世界.

2005年度・前期, 物質の世界.

2005年度・前期, 物性物理III.

2004年度・前期, 物理数学I.

2004年度・前期, 物性物理III.

2004年度・後期, 電磁気学II.

2004年度・後期, 素励起物理.

2003年度・前期, 物理数学I.

2003年度・後期, 物理学ゼミナール.

2003年度・前期, 物性物理III.

2003年度・後期, 素励起物理.

2003年度・後期, 電磁気学II.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.12, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(グループワークによる授業の活性化).

2017.12, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(アクティブラーン二ング).

2016.10, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(大学院組織への学生参加と大学院教育について).

2016.01, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(コペンハーゲン大の教育システム).

2015.01, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(コペンハーゲン大の教育システム).

2015.01, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(ノートルダム大 interactive自習型教育).

2014.12, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント.

2014.01, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(大学院講義).

2013.12, 学科, 参加, 物理ファカルティディベロップメント(講義とナノ Canadaから).

2013.03, 部局, 参加, 理学部ファカルティディベロップメント(アカハラ).

2013.03, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント(後編 大学院教育、どう学習時間を確保させるか).

2013.01, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント(アクティブラーニング:Bohr Inst).

2012.10, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント(学生にどう勉強時間を確保させるか).

2012.03, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント.

2011.11, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント.

2010.11, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント.

2009.11, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント.

2008.12, 学科, 参加, 物理部門ファカルティディベロップメント.

2007.11, 部局, 参加, 理学研究院FD(数理、工学、FR/AS).

2007.11, 学科, 参加, 学部学生の学力の現状と分析.

2007.03, 部局, 参加, ハラスメント.

2006.11, 学科, その他, 企画補助.

2005.11, 学科, 参加.

2004.12, 学科, 参加.

2003.12, 学科, 参加.

2002.07, 全学, 参加.

2001.12, 学科, 参加.

学生課外活動指導等
2009年度, 量子微小物性, 中国旧帝都遺跡セミナー.

2009年度, 量子微小物性, 研究室サポートによる東京名所セミナー.

2008年度, 量子微小物性, 研究室サポートによる宮古セミナー.

2008年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), 研究室サポートによる大阪及び通天閣セミナー.

2007年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), 研究室サポートによる桜島セミナー.

2006年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), 研究室サポートによる宇和島セミナー.

2005年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), 研究室サポートによる古都セミナー.

2005年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), 研究室サポートによるディズニーランドセミナー.

2006年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), Janssen教授(王立賞)を囲んでの研究室セミナー.

2006年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), Cambridge大学長を囲んでの研究室大宰府セミナー(Prof. Salje).

2004年度, 量子物性科学I(現量子微小物性), ノーベル物理受賞者を囲んでの研究室大宰府セミナー(Dr. Bednorz).

2001年度, 九重合宿(物理学科2年生), 引率者 講演者.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 福岡教育大学, 集中, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡教育大学, 集中, 非常勤講師, 国内.

2001年度, 東京工業大学, 集中, 非常勤講師, 国内.

2000年度, IBM Zurich Lab. (客員教授), 3ヶ月 (Dr. Bednorz(87年ノーベル物理学賞)との共同研究), 客員教員, 国外.

1998年度, Bell 研 Murray Hill 物理部 (客員研究者, Consultant), 3ヶ月(Dr. G.Thomas, Dr. S. Cheongと共同研究), 客員教員, 国外.

1987年度, Princeton U. (客員研究者), 2年1ヶ月 Tsui教授(98年ノーベル物理学賞)に師事, 客員教員, 国外.

国際教育イベント等への参加状況等
2012.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2011.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2010.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2009.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2008.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2007.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2006.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2005.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2005.09, Einstein 祭, 福岡, 物理学科.

2004.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2003.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2002.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

2001.12, Newton祭, 福岡, 物理学科.

その他の特筆すべき教育実績
2010.03, 博士学生就職 博士課程3年在籍直後(4月)から東京工業大学助教(任期無し).

2010.03, 博士学生就職 博士課程3年在籍直後(4月)から日立製作所中央研究所研究員.

2006.03, 修士学生就職 修士課程2年在籍直後(4月)から日立製作所中央研究所研究員
.

2008.04, 指導博士課程2年が日本学術振興会特別研究員(DC2)に採択 期間2008.4-2010.3.

2007.04, 指導博士課程1年が日本学術振興会特別研究員(DC1)に採択 期間2007.4-2010.3
.

2006.09, Cambridge大学長Salje 教授による研究室学生の直接指導を主催.

2006.09, Nijmegen大 Janssen 教授(王立アカデミー賞受賞)による研究室学生の直接指導を主催.

2006.08, Princeton大Ong 教授による研究室学生の直接指導を主催
.

2004.10, Bednorz博士(ノーベル賞受賞)による研究室学生の直接指導を主催
.

2009.04, 名大石橋名誉教授(誘電体の権威)を特任教授としてお迎えし、博士指導にご協力頂く(2年間).

2006.09, Cambridge大学長Salje 教授公開セミナー (量子物性I(現量子微小物性)と理学部共催).

2006.09, Nijmegen大 Janssen 教授(王立アカデミー賞受賞)公開セミナー (量子物性I(現量子微小物性)と理学部共催).

2010.06, Nebraska大 Gruverman 教授 セミナーを主催
.

2010.08, 博士課程修了生 大学院の研究で世界的に著名な学会ICPS口頭発表のため日立から派遣される(韓国).

2009.08, 大学院生(7名)中国での誘電体最大の国際会議で発表;博士課程2名は夫々口頭発表.

2008.08, 大学院生(3名)韓国の国際会議で発表; 博士課程1名は口頭発表.

2007.08, 博士課程全2名 ヨーロッパ最大の誘電体会議で口頭発表.

2006.12, 博士課程1名修士課程1名共同で研究会で受賞.

2006.06, 修士課程2名 国際会議で発表(当年度2回目).

2006.05, 修士課程全員(3名) 国際会議で口頭発表;且つ 全員2件づつ発表.

2005.09, 修士課程1名 誘電体最大の国際会議で口頭発表; 修士課程4名全員発表.

2004.08, 修士課程全員(2名) 韓国の国際学会で発表
.

2009.09, 大学院生 企業実習 ルネサス 1名.

2008.08, 大学院生 企業実習 東芝 1名.

2006.08, 大学院生 企業実習派遣(デンソウ)1名.

2002.08, 大学院生 企業実習派遣 日立 1名.

2005.07, 大学院生 企業実習派遣(3名) ルネサス 1名 東芝 1名 デンソウ 1名
.

2010.12, 指導学生のみによる国際雑誌への論文発表 
H.Nakahara(修士1年), S.Kaku(博士3年),T.Minakuchi(修士1年), and D.Matsumoto(博士3年)
Ferroelectrics 401, 192-195 (2010).

2011.01, 指導学生のみによる国際雑誌への論文発表 
H. Tsuda(修士1年), M. Kuraoka(修士1年) and D. Matsumoto(博士3年)
Ferroelectrics 411, 58 - 61 (2011).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」