九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
筑井 徹(ちくい とおる) データ更新日:2019.12.19

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 顎顔面病態学講座


教育活動概要
学部教育:1年次のアーリーエクスポージャ、4.5年生には放射線物理実習、臨床基礎実習、6年生には臨床実習、リサーチエクスポージャーなどの講師を担当。

担当授業科目
2012年度・前期, 口腔画像情報科学.

2011年度・前期, 口腔画像情報科学.

2011年度・前期, 口腔画像情報科学.

2010年度・前期, 口腔画像情報科学.

2005年度・後期, 総合歯科学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.09, 部局, 参加, 科研費申請のススメ.

2019.05, 部局, 参加, 一斉技能試験トライアル教員FD.

2015.12, 部局, 参加, 歯学教育の認証評価.

2014.10, 部局, 参加, プロフェッショナリズム教育 —特に卒前教育について、授業を紹介しながら—.

2014.09, 部局, 参加, 科研費獲得のポイント.

2013.10, 部局, 参加, PBLとチューターの役割—昭和大学の学部連携PBLの紹介—.

2013.03, 部局, 参加, TBLとはどのような教育手法か.

2011.09, 部局, 参加, 東日本大震災 歯科医療従事者派遣活動報告.

2011.09, 部局, 参加, PBLチュートリアル教育 チューター講習会  【第2回】.

2011.08, 部局, 参加, PBLチュートリアル教育 チューター講習会 【第1回】.

2011.01, 部局, 参加, 歯科保健医療対策の動向.

2011.01, 部局, 参加, 歯学教育を取り巻く環境変化と求められる対応 =歯学教育の改善・充 実に関する調査研究協力者会議を中心に= .

2010.12, 学科, 参加, 学び方を学ぶPBLチュートリアル ―高知大学での実践にもとづいて.

2010.01, 部局, 参加, 化学物質の安全管理対策.

2008.10, 部局, 参加, 個人情報の取り扱いと患者の同意.

2007.04, 全学, 参加, 「歯学研究院の将来を考えるプロジェクト設置について」.

2003.01, 部局, 参加, 卒前・卒直後臨床実習について」.

2003.01, 部局, 参加, 個人別教育業績評価について(2),個人別研究業績評価の基本原則について,任期制導入について.

2002.11, 部局, 参加, 個人別教育業績評価について・個人別臨床評価の評価項目と評価の基本原則について・歯学専門教育の新しい方向性.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2015年度, 福岡歯科大学 歯学部 放射線科, 前後期 計 15回, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡歯科大学 歯学部 放射線科, 前後期 隔週 火曜日, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡歯科大学, 11/7, 21 午後, 非常勤講師.

2012年度, 麻生リハビリテーション大学校/言語聴覚学科, 4月-6月 水曜日午後, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡歯科大学, 前期(月曜日午前中), 非常勤講師, 国内.

2011年度, 麻生リハビリテーション専門学校, 4月-6月 水曜日, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡歯科大学, 11/9, 12/7, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡歯科大学, 11/24, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡歯科大学, 1月, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡歯科大学, 1月, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡東医療センター, 4月〜12月 火曜午後, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡歯科大学 歯学部, 1月, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 福岡東医療センター , 4月〜12月 火曜午後, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2003.04, 日本歯科放射線学会教育ワークショップ, 横須賀, 日本歯科放射線学会, 30.

その他の特筆すべき教育実績
2006.11, 歯科放射線学会、口腔外科学会、口腔病理学会会員にたいしての頭頸部の超音波診断の実技研修会の運営に事務局長として関わった。.

2005.11, OSCE ワークショップの実行委員として、平成17年度第三回OSCE WSの運営、開催に参加した。.

2000.08, 日本歯科医学会 student clinician programにおいて学部5年生を指導し参加した。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」