九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古田 弘幸(ふるた ひろゆき) データ更新日:2018.06.11

教授 /  工学研究院 応用化学部門 応用精密化学大講座


主な研究テーマ
(3) ポルフィリン類縁体を用いた機能組織化
キーワード:ポルフィリン・ピロール・自己組織化
2002.10.
(2) 新しいポルフィリン類縁体の創成— 多重混乱型・拡張型N-混乱ポルフィリン
キーワード:ポルフィリン・ピロール・混乱ポルフィリン
2002.10.
(1) N-混乱ポルフィリンの基本的性質— NH-互変異性に伴う多様な錯化挙動
キーワード:ポルフィリン・ピロール・互変異性・大環状化合物
2002.10.
従事しているプロジェクト研究
さきがけ研究21「組織化と機能」
1999.10~2002.09, 代表者:古田弘幸, 京都大学大学院理学研究科, 科学技術事業団(日本).
さきがけ研究21「合成と制御」
2003.10~2007.03, 代表者:古田 弘幸, 九州大学大学院工学研究院, 科学技術振興機構(日本)
異種ポルフィリノイドの創製.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
有機合成化学協会
日本化学会
アメリカ化学会
ポルフィリン-フタロシアニン学会
学協会役員等への就任
2018.01~2019.03, 日本化学会 九州支部, 副支部長.
2018.01~2022.12, 有機合成化学協会 九州山口支部 , 監事.
2015.01~2017.12, 有機合成化学協会 九州山口支部 , 相談役.
2013.02~2014.02, 有機合成化学協会 九州山口支部, 支部長.
2012.01~2012.12, 有機合成化学協会 九州山口支部 , 副支部長.
2005.01~2006.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 会計、庶務幹事.
2008.01~2022.03, 万有福岡シンポジウム, 組織委員会委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.12~2018.05.12, 第28回万有福岡シンポジウム, オーガナイザー.
2017.09.07~2017.09.09, 第28回基礎有機化学討論会, 実行委員長.
2016.11.17~2016.11.21, 有機合成化学協会九州山口支部 平成28年 秋季講演会, 座長(Chairmanship).
2016.04.17~2016.04.21, The 70th Fujihara Seminar—New Development of Physical Organic Chemistry: Construction of Chemical Principles Determining Structures, Reactions, and Properties, 座長(Chairmanship).
2014.09.17~2014.09.19, 第31回 有機合成化学セミナー, 座長(Chairmanship).
2013.03.23~2013.03.25, 日本化学会第93春季年会, 座長(Chairmanship).
2012.09.19~2012.09.21, 第23回 基礎有機化学討論会, 座長(Chairmanship).
2011.05.23~2011.05.23, 第21回万有福岡シンポジウム, オーガナイザー.
2010.06.05~2010.06.10, 第5回 ISMSC2010, 組織委員会委員.
2006.10, 第18回基礎有機化学連合討論会, 実行委員会委員.
2006.07, The International Conference on the Porphyrins ans Phthalocyanines(4th), 座長(Chairmanship).
2006.05, 第16回福岡シンポジウム, コーオーガナイザー.
2005.01, Lehnシンポジウム, オーガナイザー.
2004.09, 超分子科学・技術国際会議, プログラム委員.
2004.07, 第4回ポルフィリン・フタロシアニン国際会議(2004), シンポジウムオーガナイザー.
2004.07, The International Conference on the Porphyrins ans Phthalocyanines(3th), 座長(Chairmanship).
2002.01, 第2回ポルフィリン・フタロシアニン国際会議(2002), シンポジウムオーガナイザー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.12, Macrohetero cycles, 国際, International Advisory Board.
2008.01~2010.12, Chemical Society Reviews, 国際, International Advisory Board.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 20  20 
2016年度 20  20 
2015年度 20  20 
2009年度 20  20 
2008年度 20  20 
2007年度 26  26 
2006年度 26  26 
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2018.01~2018.02, 2週間以上1ヶ月未満, JSPS, Israel, 日本学術振興会.
2015.12~2016.05, 1ヶ月以上, 九州大学, China.
2015.07~2015.08, 1ヶ月以上, Department of Chemistry Inha University(仁荷大学校), Korea, 日本学術振興会.
2014.03~2016.03, 1ヶ月以上, 九州大学, India.
2011.03~2011.04, JSPS, UnitedKingdom, .
2010.09~2012.03, 1ヶ月以上, グローバルCOE, India, グローバルCOE.
2009.04~2012.03, 1ヶ月以上, グローバルCOE, India, グローバルCOE.
2007.10~2008.03, 1ヶ月以上, グローバルCOE, Poland, .
2007.06~2007.08, 1ヶ月以上, 日本学術振興会, India.
2006.03~2006.05, 1ヶ月以上, 日本学術振興会, France, 日本学術振興会.
2005.04~2006.12, 1ヶ月以上, 科学技術振興機構, India.
2004.04~2006.07, 1ヶ月以上, 科学技術振興機構, China.
2004.04~2004.12, 1ヶ月以上, 科学技術振興機構, India.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, テトラピロールを基盤とするN−混乱ポルフィリノイドの合成と機能探索.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」