九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
前畑 京介(まえはた けいすけ) データ更新日:2017.09.19

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 原子核・量子線工学


大学院(学府)担当

工学府 エネルギー量子工学専攻 原子核・量子線工学

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
電話番号
092-802-3481
FAX番号
092-802-3483
取得学位
博士(工学)
専門分野
原子力学、放射線物理・計測学、低温工学
活動概要
研究活動
放射線検出器、加速器等の原子核・放射線機器に対して、極低温及び超伝導現象の応用による機器の高性能化を研究している。現在取り組んでいる研究課題は以下の通りである。
1.超伝導相転移端温度計型マイクロカロリーメーターを用いた高性能X線検出システムに関する研究((独)日本原子力研究開発機構、(独)物質・材料研究機構、(独)宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所、(独)産業技術総合研究所等と協力)
2.極低温における量子常誘電体の静電容量温度依存性を利用した新しい形式の次世代型高性能X線検出器の開発((独)産業技術総合研究所、(独)宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所等と協力)
3.極低温におけるシンチレーション現象の観測とその応用に関する研究
4.超低温動作型検出器用新型冷凍システムの開発

教育活動
学生が研究者や技術者として社会で活躍できるように、研究に必要な設計・実験・データ解析の中から適当な課題を選択して、教育指導を行っている。
大学院においては量子線計測学を中心に、また、学部においては量子力学等の現代物理学への導入を中心に講義を行っている。

社会活動
高校生に最先端の科学技術に興味を抱き、エネルギー・環境問題について関心を高めてもらうために出前講義を行っている。
小学生高学年から高校生までを対象として放射線について正しく理解してもらうための放射線教室を行っている。

九大関連コンテンツ