九州大学 研究者情報
発表一覧
馬場 英司(ばばえいし) データ更新日:2019.03.07

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 九州連携臨床腫瘍学講座(特定教育研究講座)


学会発表等
1. 馬場英司、草場仁志、赤司浩一、高石繁生,点滴反応・アナフィラキシーに対する支持療法,日本臨床腫瘍学会,2011.07.02.
2. 馬場英司,Best of ASCO Japan 2011 胃癌,日本臨床腫瘍学会/米国臨床腫瘍学会ジョイントセミナー,2011.07.09.
3. Eishi Baba,New drugs in GI cancer for future Asian trial,WJOG 4th international symposium on clinical trials,2012.04.07.
4. 馬場英司,これからの切除不能進行胃癌の臨床課題「global III相をうけて」:SOS study,第83回日本胃癌学会,2011.03.04.
5. 馬場英司,切除不能胃癌に対する化学療法Up to date 2010,長崎オンコロジー薬剤師研究会,2010.09.16.
6. 馬場英司,切除不能高度肝転移に対する化学療法-Conversion therapy-,6th Gastrointestinal Oncology Forum,2010.09.11.
7. Eishi Baba,SOS study: From Japanese Investigator,SOS study meeting,2010.08.24.
8. 馬場英司,Best of ASCO 2010 大腸癌,Best of ASCO 2010 in Japan:日本臨床腫瘍学会/ASCOジョイント教育コース,2010.07.03.
9. 馬場英司,切除不能大腸癌に対する化学療法Up to date,第95回日本消化器病学会九州支部例会,2010.06.17.
10. 馬場英司,Medical Oncologists 九州大学病院血液・腫瘍内科の取組み,財団法人大分県産業創造機構 第290回日本経済勉強会,2010.05.26.
11. 馬場英司,日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医のための症例報告の書き方,九州がんプロフェッショナル養成協議会平成22年度第1回講演会,2010.05.10.
12. Eishi Baba,SOS study: Overview of Protocol,West Japan Oncology Group SOS study Kick-Off Meeting in Japan,2010.05.08.
13. 馬場英司,アバスチン使用状況と安全性についての後方視的検討,がん化学療法セミナー in 福岡,2009.11.13.
14. Eishi Baba,Clinical Study of S-1and CDDP for Metastatic Gastric Cancer,1st International Forum of Regional and Targeting Therapies for Cancer,2009.11.07.
15. 馬場英司,消化器癌の化学療法,対馬市学術講演会,2009.09.04.
16. 馬場英司,セツキシマブの使用経験と副作用対策,大分大腸癌治療セミナー,2009.07.24.
17. 馬場英司,Best of ASCO 2009 大腸癌,Best of ASCO 2009 in Japan:日本臨床腫瘍学会/ASCOジョイント教育コース,2009.07.05.
18. 馬場英司,消化器がんの化学療法と地域連携,第4回がん地域連携研究会,2009.06.26.
19. 馬場英司,ベバシズマブ承認後の切除不能・再発大腸癌の化学療法の現況,大腸癌ガイドライン講座,2009.04.17.
20. 薦田正人、馬場英司、磯部大地、新納宏昭、在田修二、有山 寛、草場仁志、赤司浩一,Exosomeを介した細胞間 small RNA 輸送,第68回日本癌学会学術総会,2009.10.02.
21. 薦田正人、馬場英司、磯部大地、新納宏昭、在田修二、内野慶太、白川 剛、有山 寛、草場仁志、赤司浩一,癌患者末梢血中エクソソームに含まれるmiRNAの検出と機能解析,第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,2010.03.18.
22. 白川 剛、田村真吾、薦田正人、平野 元、磯部大地、内野慶太、草場仁志、馬場英司、赤司浩一,消化器がん化学療法と血栓塞栓症発症の相関関係を考える-D‐dimerは本当に有用か?,第8回日本臨床腫瘍学会学術集会,2010.03.18.
23. 藤本雄一、内野慶太、田村真吾、有山 寛、草場仁志、馬場英司、赤司浩一,巨大縦隔腫瘤として発見された悪性中皮腫の一例,第288回内科学会九州地方会,2010.01.30.
24. 白川 剛、田村真吾、薦田正人、平野 元、磯部大地、中司 元、安田潮人、小田代敬太、内野慶太、有山 寛、草場仁志、馬場英司,当科で経験した心臓悪性腫瘍4例の後方視的検討,第47回日本癌治療学会学術集会,2009.10.23.
25. K. Uchino, G. Hirano, M. Hirahashi, T. Shirakawa, H. Kusaba, M. Tsuneyoshi, E. Baba, K. Akashi; ,Human Nanog P8 promotes the proliferation of gastrointestinal cancer cells. ,34th European Society of Medical Oncology Congress,2009.09.20.
26. 田村真吾、内野慶太、有山 寛、草場仁志、馬場英司、赤司浩一,口腔扁平苔癬にて発症した大腸癌の1例,第286回日本内科学会九州地方会,2009.08.21.
27. 内野慶太、白川 剛、薦田正人、有山 寛、草場仁志、馬場英司、赤司浩一、臼杵理人、光安博志、川嵜弘詔、岸本淳司,がん化学療法患者における精神症状発現のスクリーニング法としてのHospital Anxiety And Depression Scaleの妥当性の検討,第14回日本緩和医療医療総会,2009.06.02.
28. E. Baba, K. Tsukasa, H. Ariyama, T. Esaki, K. Sakai, H. Fujishima, K. Mitsugi, H. Kusaba, K. Akashi, S. Nakano,A phase II study of sequential administration of S-1 and cisplatin (CDDP) in patients with metastatic gastric cancer (MGC).

,American Society of Clinical Oncology 2008,2008.06
http://www.asco.org/.
29. 馬場英司、藤島弘光、草場仁志、江崎泰斗、有山寛、境健爾、加藤健、田中吏佐、柴田義宏、在田修二、三ツ木健二、原田実根、中野修治,進行・再発胃癌に対するS-1+CDDP併用化学療法第I/II相試験,第4回日本臨床腫瘍学会総会,2006.03.
30. Eishi Baba, Hiromitsu Fujishima, Hitoshi Kusaba, Taito Esaki, Hiroshi Ariyama, Ken Kato, Risa Tanaka, Kenji Sakai, Mine Harada, Shuji Nakano,A phase I study of sequential administration of S-1 and cisplatin (CDDP) in patients with metastatic gastric cancer (MGC),Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2006),2006.06.
31. 柴田義宏、草場仁志、馬場英司、江崎泰斗、有山寛、藤島弘光、二見喜太郎、田中伸之介、境健爾、田中吏佐、植木隆、壬生隆一、中野修治,進行・再発大腸癌に対するCPT-11+TS-1併用第I/II相臨床試験,第44回 日本癌治療学会総会,2006.10.
32. 柴田義宏、馬場英司、瀧井康、内野慶太、牧山明資、在田修二、草場仁志、中野修治、原田実根、有山寛、江崎泰斗、土屋丹二、田中吏佐,進行・再発大腸癌に対するFOLFOX療法によるアレルギー反応の検討,第14回 日本消化器関連学会週間,2006.10.
33. 磯部大地、内野慶太、牧山明資、在田修二、柴田義宏、草場仁志、馬場英司、中野修治,CPT-11/CDDP不応性の進行・再発胃癌に対する二次療法としてのDTX/TS-1療法の実施可能性,第44回 日本癌治療学会総会,2006.10.
34. 磯部大地、柴田義宏、在田修二、内野慶太、牧山明資、瀧井康、草場仁志、馬場英司、中野修治、原田実根、居石克夫、八尾隆史 ,消化器原発進行小細胞癌に対する全身化学療法の検討,第14回 日本消化器関連学会週間 (JDDW),2006.10.
35. Arita Shuji, Baba E, Shibata Y, Niiro H, Shimoda S, Isobe T, Hirano G, Makiyama A, Uchino K, Kusaba H, Nakano S, Harada M
,Exosomal HLA released from B cells are regulated by NF-kB signaling
,第36回 日本免疫学会総会,2006.12.
36. 馬場英司、長藤宏司、宮本敏浩、福田隆浩、草場仁志、安部康信、伊藤鉄英、牟田耕一郎、,固形癌に対する骨髄非破壊的移植前治療を用いた同種末梢血幹細胞移植療法の検討,日本臨床腫瘍学会総会,2004.03.
37. 柴田義宏、馬場英司、在田修二、有山 寛、三ツ木健二、長藤宏司、中野修治、原田実根、塩原信太郎,同種末梢血幹細胞移植後の固形腫瘍患者におけるmHA反応性リンパ球の検討,日本癌学会,2004.10.
38. 馬場英司、長藤宏司、宮本敏浩、福田隆浩、三ツ木健二、安部康信、伊藤鉄英、牟田耕一郎、名和田新、中野修治、原田実根,固形癌に対する骨髄非破壊的移植前治療を用いた同種末梢血幹細胞移植療法の検討,第42回日本癌治療学会,2004.10.
39. 在田修二、馬場英司、柴田義宏、草場仁志、中野修治、原田実根,ヒト免疫細胞におけるエクソソーム産生動態の検討,第34回日本免疫学会総会・学術集会,2004.12.
40. 馬場英司、在田修二、柴田義宏、草場仁志、中野修治、原田実根,エクソゾームに集積するHLA分子の糖鎖解析,第34回日本免疫学会総会・学術集会,2004.12.
41. 馬場英司、長藤宏司、宮本敏浩、福田隆浩、草場仁志、安部康信、伊藤鉄英、牟田耕一郎、名和田新、中野修治、原田実根,難治性固形腫瘍に対する骨髄非破壊的前処置を用いた同種末梢血幹細胞移植の検討,日本臨床腫瘍学会総会,2005.03.
42. 馬場英司、藤島弘光、草場仁志、江崎泰斗、有山寛、加藤健、田中吏佐、柴田義宏、在田修二、三ツ木健二、原田実根、中野修治,進行・再発胃癌に対するS-1+CDDP併用化学療法第I/II相試験,日本消化器病学会総会,2005.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」