九州大学 研究者情報
著書一覧
中島 祥好(なかじま よしたか) データ更新日:2019.06.06

教授 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 知覚心理学


著書
1. Rolf BADER (Ed.) Chapter 21: Simon GRONDIN, Emi HASUO, Tsuyoshi KURODA, Yoshitaka NAKAJIMA, "Auditory Time Perception.", Springer Handbook of Systematic Musicology, Springer, 423-452, 2018.04.
2. 箱田 裕司, 行場 次朗, 中島祥好, 多数, 認知心理学ハンドブック, 有斐閣, 「音知覚」の項を担当。, 2013.12.
3. 中島祥好, 佐々木隆之, 上田和夫, G. B. レメイン, 聴覚の文法, コロナ社, 2014.03, 「始部」「終部」「持続」「空白」の4つの音要素が簡単な文法規則によって音脈を形成するとの理論を構築した。.
4. Simon Grondin (Ed.) Chapter 5: Gert ten Hoopen, Ryota Miyauchi, & Yoshitaka Nakajima, "Time-Based Illusions in the Auditory Mode.", Psychology of Time, Emerald, 139-187, 2008.08.
5. 人工環境デザインハンドブック編集委員会(編) 編集代表:栃原裕, 人工環境デザインハンドブック, 丸善, 2007.03.
6. 音の百科事典編集委員会編, 音の百科事典, 2006.01.
7. 海保博之、楠見孝、ほか83名, 心理学総合事典, 朝倉書店, 「8.2 聴覚」を担当(160-168頁), 2006.06.
8. 中島祥好、上田和夫, 大学生の勉強マニュアル:フクロウ大学へようこそ, ナカニシヤ出版, 2006.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」