九州大学 研究者情報
総説一覧
中島 祥好(なかじま よしたか) データ更新日:2019.06.06

教授 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 知覚心理学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Yoshitaka NAKAJIMA, Kazuo UEDA, Gerard B. REMIJN, Yuko YAMASHITA, Takuya KISHIDA, How sonority appears in speech analyses, Acoustical Science and Technology, 2018.05, Sonority is a subjective or linguistic property of speech sounds closely related to syllable formation. We showed
that it was highly correlated to one of the 3 or 4 factors extracted to describe spectral changes of speech, and this factor was closely related to a frequency range around 540–1,700 Hz. The factor scores of this factor were high in vowels, lower in sonorant consonants, and even lower in obstruents in British English. Another factor related to a range above 3,300 Hz was found to be negatively correlated to sonority; the factor scores of this factor were high in obstruents, in which high-frequency components were conspicuous..
2. 中島祥好, 「私のすすめるこの一冊」「純粋理性批判 (まんがで読破)」,カント (原作),バラエティアートワークス(企画・漫画),イースト・プレス,2011
, 日本音響学会誌, 2016.12.
3. 中島祥好, 小さな国際化のすすめ, 音楽知覚認知研究, 2016.07.
4. 中島祥好, 聴覚認知の心理学, Clinical Neuroscience, 2014.02.
5. 中島祥好, 聴覚におけるリズム知覚, 月刊言語, 2009.06.
6. 浅野雅子、古根川円、中島祥好、蓮尾絵美, 音楽心理学の動向について:音楽知覚、音楽と感情、音楽療法を中心に, 芸術工学研究, 2010.03.
7. 黒田剛士、宮内良太、蓮尾絵美、中島祥好, 聴覚心理実験の押さえ所, 芸術工学研究, 2008.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」