九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中島 祥好(なかじま よしたか) データ更新日:2019.06.06

教授 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 知覚心理学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
中学生、高校生に対する科学教育に力を入れている。芸術工学研究院応用知覚科学研究センターを拠点として、海外研究者との共同研究、国際学会開催、海外学生の招待などを進めている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2008.10~2020.09, 連携会員、23期「心理学教育プログラム分科会」幹事、第24期「社会のための心理学分科会」委員長, 日本学術会議.

2004.04~2015.06, Vice President および President, Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music.

2000.04, 審査員, Human Frontier Science Program.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2018.04~2019.03, 科学研究費補助金審査員, 日本学術振興会.

2018.04~2019.03, 国際科研費委員会, 日本学術振興会.

2017.04~2018.03, 科学研究費補助金審査員, 日本学術振興会.

2016.04~2017.03, 科学研究費補助金審査員, 日本学術振興会.

2015.10~2017.03, 国立大学教育研究評価委員会専門委員, 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構.

2012.04~2014.03, 科学研究費補助金審査員, 日本学術振興会.

2008.04~2010.03, 研究者養成事業審査員(特別研究員-PD), 日本学術振興会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2008.11, NHK, 「解体新ショー」という番組において、視聴覚に関わる錯覚現象のデモンストレーションを作成し、解説を行った。.

2008.04, フジテレビ, 「百識」という番組の制作に際して、聴覚における錯覚現象に関するテーマの取材に協力した。.

2006.03, NHK, 「ラジオ夕刊」という番組のインタビューを受け、大学教育、大学のありかたについて、思うところを述べた。.

2003.04, Pour la Science, 聴覚における錯覚現象に関する解説記事において、当グループが発見し、研究の対象とした「空隙転移錯覚」が紹介された。この雑誌はフランス語圏の読者を対象とする通俗科学雑誌である。.

2005.01, Suedwestrundfunk, 当研究グループが発見した聴覚の錯覚現象を含むホームページの内容が、デモンストレーションとともに、ドイツの聴取者に紹介された。.

2003.11, De Psychonoom, オランダの心理学会員に対して、研究内容の紹介についてのインタビューに応えた。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.09, ワークショップ「声を操る!」, 日本心理学会, 久留米シティプラザ.

2011.12, 聴覚認知の仕組みと音響分析と音の加工について、専門外の聴衆に向けた解説を行なった。, 日本教育オーディオロジー研究協議会, 九州大学大橋キャンパス.

2011.01, 音楽について、知覚心理学、脳科学、音楽療法の面から考察し、一般向けに解りやすく説明するようなフォーラムを企画した。, 日本基礎心理学会・九州大学応用知覚研究センター, 九州大学大橋キャンパス.

2010.02, Q cafe 2009脳シリーズ:脳を考える男,必死に耳を傾ける:音とコトバの美しき聴覚心理学の世界, 九州大学, 西鉄イン福岡.

2004.08, 音響実験, 九州大学, 大橋キャンパス.

初等・中等教育への貢献状況
2014.11, 「音と聴覚」に関する出前講義, 東筑高校.

2012.03, スプリング・サイエンス・キャンプ:2013年3月24-26日,テーマ:「音」を科学する:音声の分析と合成を体験してみよう, 九州大学芸術工学部音響設計学科.

2013.03, スプリング・サイエンス・キャンプ:2013年3月23-25日,テーマ:「音」を科学する:音声の分析と合成を体験してみよう, 九州大学芸術工学部音響設計学科.

2011.03, スプリング・サイエンス・キャンプ:2011年3月26-28日,テーマ:「音」を科学する:音声の分析と合成を体験してみよう, 九州大学芸術工学部音響設計学科.

2010.03, スプリング・サイエンス・キャンプ:2010年3月27-29日,テーマ:「音」を科学する:音声の分析と合成を体験してみよう, 九州大学芸術工学部音響設計学科.

2007.11, 「音と聴覚」に関する講義, 芸術工学・東京サイト.

2007.11, 「音と聴覚」に関する出前講義, 伊万里高校.

2006.10, スーパー・サイエンス・ハイスクール講師, 修猷館高校.

2005.10, スーパー・サイエンス・ハイスクール講師, 修猷館高校.

2004.10, スーパー・サイエンス・ハイスクール講師, 修猷館高校.

2003.07, 「聴覚心理学」に関する出前講義, 中村学園高校.

2003.01, スーパー・サイエンス・ハイスクール講師, 修猷館高校.

その他の優れた社会貢献活動
2013年度, 九州大学芸術工学研究院応用知覚科学研究センターを設立し、九州大学、アイルランド国立大学ゴールウェイ校、ブリティッシュ・コロンビア大学、理化学研究所、シドニー大学、トロント大学、ストラスブール大学、ダルムシュタット工科大学、首都師範大学、北京大学、ウーロンゴン大学、ヨーク大学(カナダ)にまたがる共同プロジェクトを計画している。.

2010年度, 九州大学応用知覚研究センターを設立し、九州大学、アイルランド国立大学ゴールウェイ校、ブリティッシュ・コロンビア大学、理化学研究所にまたがる共同プロジェクトを計画している。.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2019.04~2020.03, 音響設計学科長.

2016.04~2018.03, 芸術工学研究院紀要副編集委員長、芸術工学研究院紀要編集WG長.

2014.04~2016.03, 21世紀プログラム専門委員会.

2014.04~2016.03, 大学評価専門委員会.

2013.04~2020.03, 応用知覚科学研究センター長.

2012.04~2014.03, 広報部会.

2012.04~2016.03, 計画・評価委員.

2010.05~2012.04, 入試実施委員.

2010.09~2012.03, 応用知覚研究センター長.

2010.04~2012.03, 学務委員.

2006.04~2008.03, 評議員.

2005.10~2009.09, 副研究院長.

2002.04~2003.03, 音響設計学科長.

2003.04~2004.03, 学務委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」