九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
矢向 正人(やこう まさと) データ更新日:2016.06.08

教授 /  芸術工学研究院 コミュニケーションデザイン科学部門 音文化・アートマネジメント


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
電話番号
092-553-4549
取得学位
学術博士(東京工業大学)
専門分野
音楽学、音楽美学
活動概要
1. XMLを用いた伝統音楽の楽譜データベースシステムに関する研究
伝統音楽の楽譜をXMLを用いて記述するデータ形式に関する研究を行っている。平成18年には,中国の伝統的声楽曲の楽譜、韓国の楽譜、未解読楽譜を認識し記述する方法を考案した。対応するアプリケーションとして,楽譜を編集するソフト,楽曲のヴァリアンテの情報を合理的に記述するソフト、MusicXML、標準MIDIファイルとのデータ変換ソフトなどを作成した。
2. ウィトゲンシュタインの後期哲学による音楽美学の再構築
ヴィトゲンシュタインの後期哲学を手がかりに音楽美学理論を構築した。音楽の美の成否は客観的に確かめられない。それゆえ,音楽美を認識するためには、美のブラックボックスを仮定した上で,音楽にたずさわる当事者の確信の中に不確かな美の振る舞いを透かし見る方法が有効となる。この構想に基づき、音楽と美の基本モデルを構築し、音楽美のさまざまな様態を記述するための理論を展開した。

九大関連コンテンツ