九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
尾本 章(おもと あきら) データ更新日:2019.04.10

教授 /  芸術工学研究院 コミュニケーションデザイン科学部門 音文化・アートマネジメント


主な研究テーマ
音場の「計測・評価・制御・再生」
キーワード:音響計測,音場の評価,音場制御,音場再生
2010.10.
従事しているプロジェクト研究
CREST 音楽を用いた創造・交流活動を支援する聴空間共有システムの開発
2010.10~2016.03, 代表者:伊勢史郎, 東京電機大学, JST
本研究は、音楽という世界共通言語を違和感なく交換できる情報通信環境の構築を行うことを目的としている。演奏、建築音響エンジニアリング、音楽教育、音楽批評などの音楽の職能をもつ人々が、遠隔環境において三次元音場を共有しながら技能を実践することができ、従来よりも創造的な音楽活動を可能とする聴空間共有システムを開発する。情報通信技術を用いた新しい形の音楽制作現場は一般市民にとっても新しいエンターテインメントとして体験可能な情報空間となる可能性を有している。.
研究業績
主要著書
1. 栃原裕 他46名, 人工環境デザインハンドブック, 丸善, 2007.12.
2. 淺見啓明,他計26名, サウンドレコーディング技術概論 2004改訂版, 兼六館出版, 第2章, 音響理論, pp.47-84, 2004.01.
主要原著論文
1. Hiroshi Kashiwazak, Akira Omoto, Sound field reproduction system using narrow directivity microphones and boundary surface control principle, Acoustical Science and Technology, 10.1250/ast.36.1, 39, 4, 2018.07, Boundary surface control (BoSC) is a useful method of reproducing the sound field physically. However, it is challenging in the case of real-time operation. This is mainly due to the calculation cost of a lot of inverse filter convolutions to obtain reproduction signals. This paper proposes a method for reducing of number of inverse filters and implements it in 24-channel narrow directivity (shotgun) microphone array and 24-channel circularly arranged loudspeaker array. Moreover, it provides an experimental evaluation of the reproduction accuracy according to measurement of reproduced wavefront. The accuracy of the reproduced wavefront by the filters, whose number was reduced to less than 1/5 by proposed method, was comparable with the case of full number of filters. Finally, a system aiming at sound field reproduction in a wide frequency range was constructed by a hybrid method of reproducing with an inverse filter in the low range and directly outputting from the speaker in the direction corresponding to the microphone in the high frequency range. We confirmed that real-time processing is possible for this hybrid method by using a convolution plug-in of digital audio workstation software..
2. Akira Omoto, Shiro Ise, Yusuke Ikeda, Kanako Ueno, Seigo Enomoto, Maori Kobayashi, Sound field reproduction and sharing system based on the boundary surface control principle , Acoustical Science and Technology, 10.1250/ast.36.1, 36, 1, 1-11, 2015.01.
3. Akira Omoto, Comment on 'A theoretical framework for quantitatively characterizing sound field diffusion based on scattering and absorption coefficient of walls', Journal of the Acoustical Society of America, 10.1121/1.4768884, 133, 1, 9-12, 2013.01.
4. Yuki Matsumoto, Akira Omoto, Application of an Auditory Filter for the Evaluation of Sounds and Sound Fields, Building Acoustics, 10.1260/1351-010X.18.1-2.175, 18, 1-2, 175-188, ISRAでのポスター発表原稿が掲載されたもの, 2011.03.
5. Yuki Matsumoto, Akira Omoto, Sound Field Evaluation by Using Auditory Filter: Application of Dynamic Compressive Gammachirp Filter, Acoustical Science and Technology, 31, 5, 368-370, 2010.09.
6. Taeko Akama, Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Distribution of selected monaural acoustical parameters in concert halls, Applied Acoustics, 10.1016/j.apacoust.2010.01.004, 71, 6, 564-577, Vol. 28, pp.84-89, 2010.06.
7. Yasuhiko Nagatomo, Namiko Hiramatsu, Genta Yamauchi, Akira Omoto, Variable reflection acoustic wall system by active sound radiation, Acoustical Science and Technology, Vol. 28, pp.84-89, 2007.03.
8. Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Kyoji Fujiwara, Treatment of boundary condition by finite difference time domain method, Acoustical Science and Technology, Vol. 28, pp.16-26, 2007.01.
9. Yoshinari Fukushima, Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Visualization of reflected sound in enclosed space by sound intensity measurement, Acoustical Science and Technology, Vol. 27, pp.187-189, 2006.05.
10. Yoko Takenouchi, Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Behavior of the practically implemented filtered reference LMS algorithm in an active noise control system, Acoustical Science and Technology, Vol. 27, pp.20-27, 2006.01.
11. Masataka Nakahara, Akira Omoto, Kyoji Fujiwara, The effect of a mixing console on the monitoring response in a mixing room, Acoustical Science and Technology, Vol. 26, pp.90-101, 2005.03.
12. Akira Omoto, Active Noise Control: Adaptive Signal Processing and Algorithm, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E85-A, No. 3
pp. 548-557, 2002.03.
13. Akira Omoto, Daisuke Morie, Kyoji Fujiwara, Behavior of adaptive algorithms in active noise control systems with moving noise sources, Acoustical Science and Technology, Vol. 23, No. 2
pp. 84-89, 2002.03.
14. 藤原恭司,尾本章,鳥原秀男,大久保朝直,金哲煥, ソフトな円筒状エッジを持つ実物大防音壁の遮音性能, 騒音制御, 第25巻6号,pp.400-406, 2001.12.
15. 松本源生, 藤原 恭司, 尾本 章, 防音壁の遮音性能に及ぼす音源指向性の影響, 日本音響学会誌, 第 57 巻 第 4 号
pp. 272-281, 2001.04.
16. Gensei Matsumoto, Kyoji Fujiwara, Akira Omoto, A study on the insertion loss of a noise barrier for a directional sound source, The Journal of the Acoustical Society of Japan (E), Vol. 20, No. 4, pp. 325-328, 1999.07.
17. Akira Omoto, S. J. Elliott, The Effect of Structured Uncertainty in the Acoustic Plant on Multichannel Feedforward Control Sysrtems, IEEE Transaction on Speech and Audio Processing, Vol. 7, No. 2, pp. 204-212, 1999.03.
18. Akira Omoto, Tohru Matsui, Kyoji Fujiwara, The behaviour of an adaptive algorithm with a moving primary source, The Journal of the Acoustical Society of Japan (E), Vol. 19, No. 3, pp. 211-221, 1998.05.
19. 尾本 章,S. J. Elliott, The Effect of Structured Uncertainty in Multichannel Feedforward Control Sysrtems, 1996 IEEE International Conference on Acoustics, Speech & Signal Processing, Volume 2, pp. 965-968, 1996.05.
20. Akira Omoto, Kyoji Fujiwara, A study of an actively controlled noise barrier, Journal of the Acoustical Society of America, Vol. 94, No. 4 pp. 2173-2180, 1993.10.
21. 尾本 章, 藤原 恭司, 防音塀エッジポテンシャルの能動消去, 日本音響学会誌, 第 47 巻 第 11 号 pp. 801-808, 1991.11.
22. 藤原 恭司, 尾本 章, 前川チャートについて, 日本音響学会誌, 第 47 巻 第 5 号 pp. 348-350, 1991.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 中村美亜,大澤寅雄,朝廣和夫,長津結一郎,高坂葉月,小森耕太,ジェームズ・ジャック,知足美加子,藤枝守,池田美奈子,尾本章, アートが生まれる場所 アートが紡ぐ時間
・アートと工学 〜音への異なるアプローチ〜
, 九州大学芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボ, 2017.03.
2. 尾本 章,中原雅考,高島和博, 音の可視化技術, 映像情報メディア学会誌, 2011.04.
3. 尾本 章, 空間の可聴化, 2010.04.
主要学会発表等
1. 高橋亨太, 岩見貴弘, 尾本章, 音場の逆フィルタ行列生成における正則化パラメータ決定法の提案 -モロゾフの不一致原理の導入-, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
2. 尾本章, 高臨場感オーディオと建築音響, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
3. 中原雅考,尾本章,長友康彦, 音響インテンシティ測定による3Dサンプリング・リバーブレータ構築の試み, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
4. 鎌本優,藤森朗穂,西川萌恵,河原一彦,尾本章, 佐藤尚,守谷健弘, 高臨場感ライブビューイングへ向けた合成拍手音伝送システムの評価, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
5. 山内源太, 尾本章, 分布を有する音源によるラウドネスの変化について, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 2018.03.
6. 西川萌恵, 河原一彦, 鎌本優, 藤森朗穂, 尾本章, 守谷健弘, ライブ・ビューイングにおける拍手音伝送を目的としたライブ音場内での拍手音抽出, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
7. 藤森朗穂, 河原一彦, 鎌本優, 西川萌恵, 尾本章, 守谷健弘, 拍手音合成のための拍手人数聞き分け評価, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
8. 河原一彦,藤森朗穂, 鎌本優, 西川萌恵,尾本章,守谷健弘, ライブビューイングにおける拍手・手拍子音フィードバックシステムの拍手検出自動化の試み, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
9. 中原雅考,尾本章, 長友康彦, 音響インテンシティ測定・解析による再現音場評価の試み, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
10. 三神貴,中原雅考,尾本章, 音響インテンシティ測定による再現音場の評価例, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
11. 佐藤大悟,尾本章, 鉄道高架橋防音壁を対象とした有限要素法による騒音低減評価, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
12. 柏﨑紘, 星加慧, 岩見貴弘,尾本章, 境界音場制御における逆フィルタ数の削減の試み, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 2017.09.
13. 後藤耕輔, 尾本 章, 複数の測定システムを用いた 音場等方性評価の比較と検討, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
14. 市原円, 尾本 章, 鋭指向性マイクロホンアレーを用いた音場等方性の評価方法に関する検討, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
15. 山内源太, 尾本 章, 音の到来方向を考慮したラウドネスの変化について, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
16. 中原雅考, 尾本 章, 長友康彦, 音響インテンシティから音源情報を抽出し可視化するための手法の検討, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03.
17. 星加慧, 尾本 章, 音場再生システムで用いる逆フィルタ生成への適応アルゴリズム導入に関する研究, 日本音響学会建築音響研究会, 2017.03.
18. 中原雅考, 三神貴, 尾本 章, 音響インテンシティー測定による音場再現性能評価の試み, 日本音響学会建築音響研究会, 2017.03.
19. 尾本 章, Sound field reproduction system with active reverberation, The 5th joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan, 2016.12.
20. 後藤耕輔, 尾本 章, 多チャンネル音響再生システムを用いた 材料のランダム入射吸音率測定の試み, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.09.
21. 中原雅考, 尾本 章, 長友康彦, 音響インテンシティを測定・分析・可視化するための音響設計支援ツール「VSV4」の開発, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.09.
22. 高橋亨太, 尾本 章, 境界音場制御を用いた音場再生システムの性能向上に関する研究, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 2016.09.
23. 齋藤悠人, 尾本 章, 3次元音場再生システムの性能向上に関する研究, 日本音響学会建築音響研究会, 2016.04.
24. 浅井拓朗, 尾本 章, 3 次元音場再生システムにおける移動音源定位評価 - MUSIC法とパーティクルフィルタの比較-, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
25. 鎌本優, 河原 一彦, 藤森朗穂, 尾本 章, 守谷健弘, 受聴環境の音場に応じた拍手音合成の基礎検討, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
26. 後藤耕輔, 尾本 章, 小規模空間に設置した材料へのランダム入射実現の試み -アクティブインピーダンス制御による進行方向制御-, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 2016.03.
27. 後藤耕輔, 河原 一彦, 尾本 章, 音場の拡散性制御の試み-小規模残響室でのモード制御と多チャンネルシステムの可能性-, 日本音響学会建築音響研究会, 2015.11.
28. 尾本 章, 音場の計測・評価・制御に関する研究, 日本音響学会建築音響研究会, 2015.10.
29. 高以良 光, 濱村 真理子, 尾本 章, 3次元音場再現システムにおける室内音響物理指標による物理的評価値と 主観的印象の関係性について, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
30. 後藤耕輔, 河原 一彦, 尾本 章, アクティブ残響箱の実現に向けた基礎的研究 -音源の寸法と配置が生成音場に与える影響の検討-, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
31. 中原雅考, 三神貴, 土倉律子, 尾本 章, オーディオ再生環境の低域設計におけるモード合成法の活用に関して, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
32. 小橋 宏紀, 小林 まおり, 上野 佳奈子, 尾本 章, 3次元音場再現の付加価値 -一般聴取者と音響専門家の比較-, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
33. 浅井拓朗, 尾本 章, 3次元音場再生システムにおける移動音源定位評価に関する基礎的検討, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
34. 齋藤悠人, 石橋敬彦, 星加慧, 尾本 章, 多チャンネル鋭指向性マイクを用いた音場情報収集センサー –スピーカーと組み合わせた簡易音場再生システムの構築–, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 2015.09.
35. 高以良 光, 尾本 章, 多チャンネル音場再生システムにおける伝達関数の周波数特性を用いた逆フィルタ安定化法の提案, 日本音響学会平成27年春季研究発表会, 2015.03.
36. 石橋 敬彦, 齋藤 悠人, 尾本 章, 河原 一彦, 音場再生装置へのイコライジング操作の導入による印象変化に関する研究, 日本音響学会平成27年春季研究発表会, 2015.03.
37. 小橋 宏紀, 小林 まおり, 上野 佳奈子, 尾本 章, 3次元音場再現が聴取体験にもたらす付加価値の検証, 日本音響学会平成27年春季研究発表会, 2015.03.
38. 浅井 拓朗, 高以良 光, 尾本 章, 3次元音場再生システムにおける移動音源定位評価に関する基礎的検討, 日本音響学会平成27年春季研究発表会, 2015.03.
39. 濱村 真理子, 市原円, 高以良 光, 櫻井赳, 浅井 拓朗, 尾本 章, 主観評価による多チャンネル3次元音場再現システムに適した再生コンテンツの選定, 日本音響学会平成27年春季研究発表会, 2015.03.
40. 尾本 章, 音響学シンポジウム ”いい音をつくる”
いい音・いい響きの工学的な再生と芸術的な創造
, 日本音響学会平成27年春季研究発表会・特別企画, 2015.03.
41. Akira Omoto, Takahiro Nishiyama, Yuki Yoshimura, Music Performance with Variable Reflection Acoustic Wall System, Forum Acusticum, 2014.09.
42. 尾本 章, 音場計測・再生の最近の研究動向, 日本音響学会平成26年秋季研究発表会, 2014.09.
43. 高橋 理明, 河原 一彦, 尾本 章, 反射率可変の音響壁面システムに関する研究 -分布モード型スピーカを用いた場合-, 日本音響学会平成26年秋季研究発表会, 2014.09.
44. 浅井 拓朗, 高以良 光, 尾本 章, 境界音場制御における逆フィルタの設計指針が音場に与える影響, 日本音響学会平成26年秋季研究発表会, 2014.09.
45. 中原雅考, 尾本 章, 音響インテンシティー測定を利用したコンサートホールの音響評価の試み -東京藝大第6ホールの改修例から-, 日本音響学会平成26年秋季研究発表会, 2014.09.
46. 鎌本 優, 河原 一彦, 尾本 章, 守谷 健弘, 音楽鑑賞時に励起される拍手音・手拍子音の低遅延伝送に向けた基礎的検討, 日本音響学会平成26年秋季研究発表会, 2014.09.
47. 古澤 宏樹,尾本 章, 非拡散音場の残響過程と室の音響特性分布の関係についての定性的検討, 日本音響学会平成26年春季研究発表会, 2014.03.
48. 吉村 祐紀,西山 貴洋,井上 さやか,尾本 章, 反射率可変の音響壁面システムを用いた実験的演奏会について, 日本音響学会平成26年春季研究発表会, 2014.03.
49. 高以良 光,浅井 拓朗,尾本 章, 境界音場制御に基づく48チャンネル音場再生システム「音積木」の提案, 日本音響学会平成26年春季研究発表会, 2014.03.
50. 圷 千尋,古澤 宏樹,尾本 章, 縮尺模型実験における音場の可視化手法に関する研究, 日本音響学会平成26年春季研究発表会, 2014.03.
51. 古澤 宏樹,尾本 章, 非拡散音場の残響過程と室の音響特性分布の関係についての定性的検討, 日本音響学会 建築音響研究会, 2013.12.
52. Akira Omoto, Kohta Sugiura, Visualization and evaluation of reflections inside an enclosed space using sound intensity measurement, International Symposium on Room Acoustics, ISRA 2013, 2013.06.
53. 西山貴洋, 吉村裕紀, 尾本 章, 山下晃生, 清原健司, 反射率可変の壁面音響システムを用いた音場情報伝送の試み, 日本音響学会平成25年春季研究発表会, 2013.03.
54. 杉浦康太, 清原健司, 尾本 章, 音場の定性的・定量的評価手法に関する研究, 日本音響学会平成25年春季研究発表会, 2013.03.
55. 吉村裕紀, 西山貴洋, 尾本 章, 山下晃生, 清原健司, 反射率可変の壁面音響システムを用いた音場情報伝送の試み, 日本音響学会建築音響研究会, 2013.02.
56. 池田 生馬, Akira Omoto, Construction of 80-channel mobile sound recording system, AES Japan Section Conference, 2012.10.
57. 阪上公博, 佐藤史明, 尾本 章, スマートフォンを利用した音環境導入教育の試み, 日本音響学会平成24年秋季研究発表会, 2012.09.
58. 池田 生馬, 尾本 章, 80 チャンネルマイクアレイ収音システムの 5.1ch サラウンド再生に向けての検討, 日本音響学会平成24年秋季研究発表会, 2012.09.
59. Kohta Sugiura, 尾本 章, Evaluation method of sound field diffusion using sound intensity measurement, Acoustics2012 Hong Kong, 2012.05.
60. Hiroyuki Ichikawa, 尾本 章, Ken'ichi Furuya, Kenji Kiyohara, A study on active noise control using multi-pole control sources, Acoustics2012 Hong Kong, 2012.05.
61. 杉浦康太, 古澤宏樹, 清原健司, 古家賢一, 尾本 章, 音響インテンシティ測定を用いた音場の拡散性の評価方法に関する研究, 日本音響学会平成24年春季研究発表会, 2012.03.
62. 尾本 章, 残響過程における散乱反射成分定量化の試み, 日本音響学会平成24年春季研究発表会, 2012.03.
63. 鈴木航輔, 尾本 章, 小規模残響箱を用いた残響室法吸音率の測定, 日本音響学会平成24年春季研究発表会, 2012.03.
64. 萩尾淳二, 尾本 章, アクティブ音響インピーダンス制御を応用した音場改善手法の提案, 日本音響学会平成24年春季研究発表会, 2012.03.
65. 八並心平, 河原 一彦, 尾本 章, コンサートホールにおける音声明瞭度向上の試み, 日本音響学会平成24年春季研究発表会, 2012.03.
66. 尾本章, Sound Field Reproduction and Creation, URCF超臨場感コミュニケーションフォーラム,音響分科会セミナー, 2011.10.
67. 岩永景一郎,尾本 章,河原一彦,古家賢一,清原健司,岡本学,羽田陽一, 反射率可変の壁面音響システムを用いた音場再生システム, 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 2011.09.
68. 羽田陽一,古家賢一,伊藤弘章,尾本章,河原一彦, 球面調和関数展開に基づく多重極音源型エンドファイヤースピーカアレー, 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 2011.09.
69. 古家賢一,羽田陽一,尾本章,河原一彦, 球面調和関数展開に基づく多重極音源を用いた任意の指向性制御, 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 2011.09.
70. 尾本 章, 騒音振動の計測・評価・制御・デザイン, 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 2011.09.
71. 尾本 章,松本悠希,鈴木正博,小串寿子, 聴覚フィルタを用いた音場評価の可能性, 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 2011.09.
72. 市川博之,永尾忠勝,尾本 章,河原一彦,岡本学,清原健司,古家賢一, 多重極音源を用いた能動騒音制御の試み, 日本騒音制御工学会秋季研究発表会, 2011.09.
73. 尾本章, 残響過程における散乱反射成分定量化の試み, 日本音響学会建築音響研究会, 2011.06.
74. 松本悠希,尾本 章, 聴覚フィルタを用いた音場評価の試み, 日本音響学会平成23年春季研究発表会, 2011.03.
75. 森 大志郎,萩尾淳二,尾本 章, アクティブ音響インピーダンス制御による有限板の透過音抑制に関する研究, 日本音響学会平成23年春季研究発表会, 2011.03.
76. 萩尾淳二,尾本 章, アクティブ音響インピーダンス制御を用いた音場等化に関する研究, 日本音響学会平成23年春季研究発表会, 2011.03.
77. 鈴木航輔,尾本 章, モード合成による矩形室内の音場解析, 日本音響学会平成23年春季研究発表会, 2011.03.
78. 森 大志郎,萩尾淳二,尾本 章, アクティブ音響インピーダンス制御による有限板の透過音抑制に関する研究, 日本音響学会騒音研究会, 2011.01.
79. 尾本章,今村怜,中原雅考,長友康彦, 室内における反射音の可視化に関する研究, 日本音響学会建築音響研究会, 2011.01.
80. 松本悠希,鈴木正博,小串寿子,尾本 章, 聴覚フィルタを用いた音・音場評価の試み, 日本音響学会建築音響研究会, 2010.10.
81. Junji Hagio, Akihiro Kakiuchi, Akira Omoto, Sound Field Equalization by Active Acoustic Impedance Control, AES 40th International Conference, 2010.10.
82. 萩尾淳二,尾本 章, 音響インピーダンス制御による音場等化に関する研究, 日本音響学会平成22年秋季研究発表会, 2010.09.
83. Yuki Matsumoto, Masahiro Suzuki, Hisako Ogushi, and Akira Omoto, Application of Auditory Filter for Evaluation of Sound and Sound Field, International Symposium on Room Acoustics, ISRA 2010, 2010.08.
84. 鈴木 正博,尾本 章, 聴覚を考慮した音場評価方法に関する研究, 日本音響学会平成22年春季研究発表会, 2010.03.
85. 尾本 章, 九州大学芸術工学部における音響設計教育について, 日本音響学会騒音振動研究会, 2009.10.
86. 松本 悠希,鈴木 正博,尾本 章, 動的圧縮型ガンマチャープフィルタを用いた音場評価法に関する検討, 日本音響学会平成21年秋季研究発表会, 2009.09.
87. 渡邉 祐子,伊勢 史郎,上野 佳奈子,尾本 章,鈴木 久晴,武岡 成人, 集団的行動によるリアリティ誘発現象における音の役割, 日本音響学会平成21年秋季研究発表会, 2009.09.
88. 尾本 章,上川和久, 仮想残響壁面 (VRAWS) による空間のリアリティ誘発の試み, 日本音響学会平成21年秋季研究発表会, 2009.09.
89. Akira Omoto, Toshiya Samejima, Methodology for Acoustic Design Education in Kyushu University, Internoise 2009, 2009.08.
90. 尾本 章,中原雅考, A Note on Modal Summation Method for Sound Field Prediction of Rectangular Enclosure, AES東京コンベンション2009, 2009.07.
91. 松本悠希,鈴木正博,尾本 章, Sound Field Evaluation by using Auditory Filter: Application of Dynamic Compressive Gammachirp Filter, AES東京コンベンション2009, 2009.07.
92. 尾本 章, 室内音響における拡散研究の流れ, 日本建築学会第65回音シンポジウム, 2009.03.
93. 尾本 章,松本鮎美, 壁面の拡散性が小規模空間に及ぼす影響に関する基礎的検討, 日本音響学会平成21年春季研究発表会, 2009.03.
94. 盛 奈緒,永尾 忠勝,尾本 章, 閉空間音場における能動制御の応用に関する研究

−閉空間での制御点の移動を考慮したグローカルコントロールの試み−, 日本音響学会平成21年春季研究発表会, 2009.03.
95. 松本 悠希,鈴木 正博,尾本 章, 動的圧縮型ガンマチャープフィルターを用いた音場評価法についての検討, 日本音響学会平成21年春季研究発表会, 2009.03.
96. 尾本 章,住友正道, 音楽録音におけるマイクロホンアレンジの特徴抽出に関する研究, 日本音響学会建築音響研究会, 2009.03.
97. 垣内 章宏,尾本 章, 音波の進行方向制御に関する研究 −インピーダンス制御器の時間領域表現−, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
98. 盛 奈緒,尾本 章, 閉空間音場における能動制御の応用に関する研究, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
99. 松本 鮎美,尾本 章, 拡散体の設置が小規模空間に与える影響についての基礎検討, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
100. 吉田 裕紀,尾本 章, 小規模残響箱における吸音率測定についての基礎的検討, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
101. 住友 正道,尾本 章, 音楽録音におけるマイクロホンアレンジの特徴抽出に関する研究, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
102. 鈴木 正博,尾本 章,中原雅考, 聴覚フィルタを用いた室内音場評価に関する研究, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
103. 尾本 章, 九州大学芸術工学部音響設計学科のカリキュラム, 日本音響学会平成20年秋季研究発表会, 2008.09.
104. 松本鮎美,山内源太,尾本 章, Effects of diffuser setting on the enclosed sound field, AESジャパンコンファレンス・大阪2008, 2008.07.
105. 鈴木正博,中原雅考,尾本 章, Evaluation of room acoustic characteristics based on auditory filters, AESジャパンコンファレンス・大阪2008, 2008.07.
106. 住友正道,鈴木久晴,入交英雄,尾本 章, Study on characteristics extraction of microphone arrangements in musical recording, AESジャパンコンファレンス・大阪2008, 2008.07.
107. Akira Omoto, Hisaharu Suzuki, Akihiro Kakiuchi, Active Sound Field Equalization, Proc. Acoustics '08, 2008.06.
108. 吉田 裕紀,鈴木 久晴,尾本 章, 小規模残響箱における吸音率測定についての基礎的研究(その2), 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
109. 鈴木久晴,吉田 裕紀,尾本 章, 小規模残響箱における吸音率測定についての基礎的検討(その1), 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
110. 田中 康信,宮越あゆみ,尾本 章,藤原 恭司, 減衰効果の周波数特性を可変としたANC システム, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
111. 赤間 大恵子,鈴木 久晴,尾本 章, 音響物理指標算出のための受音点選定に関する研究, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
112. 松本 鮎美,山内 源太,尾本 章, 拡散体の設置が小規模空間に与える影響についての基礎検討, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
113. 住友 正道,尾本 章,鈴木 久晴, 音楽録音におけるマイクロホンアレンジの特徴抽出に関する研究, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
114. 伊勢 史郎,上野 佳奈子,尾本 章,鈴木 久晴,渡邉 祐子, 音と身体動作の連関を学ぶための教育システム構築の試み, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
115. 盛 奈緒,鈴木 久晴,尾本 章, 閉空間音場における能動制御の応用に関する研究 −仮想エラーセンサ実現のための基礎検討−, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
116. 鈴木 久晴,垣内 章宏,尾本 章, 音波の進行方向制御に関する研究 −音響インピーダンス制御 vs 音響インテンシティ制御 その2−, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
117. 鈴木 久晴,垣内 章宏,尾本 章, 音波の進行方向制御に関する研究 −音響インピーダンス制御 vs 音響インテンシティ制御 その1−, 日本音響学会平成20年春季研究発表会, 2008.03.
118. 山内源太, 松本鮎美, 尾本章, 拡散体が音場に与える影響についての検討, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
119. 松本鮎美, 山内源太, 尾本章, 拡散体の設置が音場に与える影響についての基礎検討 -反射波の方向分布からの基礎検討-, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
120. 盛奈緒, 鈴木久晴, 尾本章, 閉空間音場における能動制御の応用に関する研究 −音場の事前計測による仮想エラーセンサーの実現−, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
121. 鈴木久晴,尾本 章,藤原恭司, 有限差分法における多孔質材料のモデル化手法に関する研究, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
122. 赤間大恵子,鈴木久晴,尾本 章, 音響物理指標算出のための受音点選定に関する研究, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
123. 垣内章宏,鈴木久晴,尾本 章, アクティブインピーダンス制御に関する基礎研究, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
124. 住友正道, 鈴木久晴, 尾本章, 入交英雄, サラウンド収録時の各種マイキング手法の違いに関する研究, 日本音響学会平成19年度秋季研究発表会, 2007.09.
125. Genta Yamauchi, Ayumi Matsumoto, and Akira Omoto, Variable reflection acoustic wall system by active sound radiation, AES 13th regional Convention, Tokyo 2007, 2007.07.
126. Akira OMOTO, Shiro ISE, Kanako Ueno, Hisaharu Suzuki,Yuko Watanabe, A Proposal of Interactive Sound Entertainment Space Driven by Cooperative Body Motions, Japan-China Joint Conference on Acoustics, 2007.06.
127. 盛 奈緒,鈴木 久晴,尾本 章, 仮想マイクロホンを用いた室内音場制御に関する基礎検討, 日本音響学会平成19年度春季研究発表会, 2007.03.
128. 山内 源太,松本 鮎美,尾本 章, 反射率可変の壁面システムが室内音場に与える影響について, 日本音響学会平成19年度春季研究発表会, 2007.03.
129. 鈴木久晴,垣内章宏,尾本 章,藤原恭司, アクティブ残響箱に関する研究 - 適応信号処理を用いた定式化 -, 日本音響学会平成19年度春季研究発表会, 2007.03.
130. 赤間大恵子,島田沙織,鈴木久晴,尾本 章, 音響物理指標算出のための受音点選定に関する研究, 日本音響学会平成19年度春季研究発表会, 2007.03.
131. Chiaki Koga, Akira Omoto, Masataka Nakahara, Atsuro Ikeda, Natsu Tanaka, Hiroshi Nakagawa, Estimating methods of sound arriving direction in rooms, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Japan, 2006.12.
132. Taeko Akama, Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Selection of receiving positions suitable for evaluating acoustical parameters, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Japan, 2006.12.
133. Hisaharu.Suzuki, Akira Omoto, Kyoji Fujiwara, Concept of active reverberation box, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Japan, 2006.11.
134. Genta Yamauchi, Akira Omoto, Variable reflection acoustic wall system by active sound radiation, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Japan, 2006.11.
135. Saori Shimada, Hisaharu Suzuki, Akira Omoto, Introduction of auditory filter into evaluation of characteristics of small enclosures, Fourth Joint Meeting of Acoustical Society of America and Japan, 2006.11.
136. 古賀千晶,尾本 章,池田篤郎,中原雅考,田中菜津,中川博, 異なる環境のサラウンドスタジオにおける音源方向測定, AESジャパンコンファレンス・福岡2006, 2006.07.
137. 赤間大恵子,鈴木久晴,尾本章, 音響物理指標算出のための受音点選定に関する研究, AESジャパンコンファレンス・福岡2006, 2006.07.
138. 山内源太,長友康彦,尾本章, 反射率を可変とする音響壁面システムの提案, AESジャパンコンファレンス・福岡2006, 2006.07.
139. 島田沙織,鈴木久晴,尾本章, 小空間音場評価への聴覚モデル導入の試み, AESジャパンコンファレンス・福岡2006, 2006.07.
140. 長友 康彦,山内 源太,尾本 章, 音の放射により反射率を可変する音響材料の提案 −プロトタイプの作成−, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
141. 赤間 大恵子,鈴木 久晴,尾本 章, 音響物理指標算出のための受音点選定に関する基礎研究, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
142. 島田 沙織,鈴木 久晴,尾本 章, 小空間音場評価への聴覚モデル導入の試み, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
143. 古賀 千晶,鈴木 久晴,福島 欣尚,庄村 真智子,尾本 章, 音響インテンシティを用いた閉空間音場の評価手法に関する検討 −仮想音源検出方法に関する比較検討−, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
144. 鈴木久晴,尾本 章,藤原恭司, アクティブ残響箱の数値解析による性能評価, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
145. 鈴木久晴,尾本 章,藤原恭司, FDTD 法における多孔質材料の簡易モデル, 日本音響学会平成18年春研究発表会, 2006.03.
特許出願・取得
特許出願件数  3件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
日本音響学会
日本騒音制御工学会
Audio Engineering Society
学協会役員等への就任
2016.12~2018.09, 九州大学出版会, 理事.
2016.04~2018.03, 日本音響学会, 建築音響研究委員会・委員長.
2000.05~2014.04, 日本音楽スタジオ協会, 理事.
2004.05~2006.04, 日本騒音制御工学会, 評議員.
2007.06~2009.05, 日本音響学会, 理事.
2008.05~2014.04, 日本騒音制御工学会, 理事.
2008.04~2010.03, 日本音響学会九州支部, 評議員.
2009.09~2011.09, Audio Engineering Society Japan Section, 理事.
2009.05~2011.04, 日本音響学会, 理事.
2011.05~2013.04, 日本音響学会, 評議員.
2005.05, 日本音響学会, 代議員.
2012.03~2014.03, 日本音響学会九州支部, 副支部長.
2012.05~2014.04, 日本騒音制御工学会, 副会長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.03.15~2017.03.17, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2016.09.14~2016.09.16, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2016.03.09~2016.03.11, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2015.09.16~2015.09.18, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2015.03.16~2015.03.18, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2013.04.23~2013.04.23, 日本騒音制御工学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.13~2013.03.15, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2012.09.19~2012.09.21, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.13~2012.03.15, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2011.09.20~2011.09.22, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2011.03.01~2011.03.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2010.09.01~2010.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2010.03.01~2010.03.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2009.09.01~2009.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2009.09.01~2009.09.01, AES東京コンベンション2009, 座長(Chairmanship).
2009.03.01~2009.03.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2008.09.01~2008.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2007.09.01~2007.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2007.03.01~2007.03.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2006.11.01~2006.11.01, Fourth Joint Meeting Acoustical Society of America and Japan, 座長(Chairmanship).
2006.09.01~2006.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2006.09.01~2006.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2005.09.01~2005.09.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2005.03.01~2005.03.01, 日本音響学会, 座長(Chairmanship).
2004.09.01~2004.09.01, 日本音響学会, 副座長.
2003.09.01~2003.09.01, 日本音響学会, 副座長.
2003.03.01~2003.03.01, 日本音響学会, 副座長.
2006.07.21~2006.07.22, AES Japan Section Conference in Fukuoka, 2006, Conference Chair.
2007.01.27~2007.01.27, Kyushu Youngnam Joint Conference on Acoustics (KYJCA2007), Secretary General.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2003.05~2007.04, 日本音響学会誌, 国内, 論文委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度    
2016年度    
2015年度      
2014年度      
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2004年度      
2005年度    
2006年度    
2010年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Institute of Sound and Vibration Research, University of Southampton, UnitedKingdom, 1995.02~1995.11.
受賞
環境音響研究賞, 日本音響学会, 2015.03.
AESジャパンアウォード, AES 日本支部, 2003.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(A), 代表, 超臨場感実現のための音響環境総合シミュレーションシステム開発.
2016年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, 伝統芸能文楽の技をヒューマンロボットインタラクション技術へ適応させるデザイン研究.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 音場再生システム性能評価の一般化による臨場感向上に関する研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, 音場再生における工学的手法と芸術的手法の合理的融合に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, 大学を活用した文化芸術推進事業(文化庁), 代表, 新しい交流の場を切りひらく創造的なアート実践を企画運営できる人材の育成事業
ー九州沖縄地域のアートマネジメント人材育成ネットワークの構築ー.
2016年度~2016年度, 大学を活用した文化芸術推進事業(文化庁), 代表, 新しい交流の場を切りひらく創造的なアート実践を企画運営できる人材の育成事業
ー九州沖縄地域のアートマネジメント人材育成ネットワークの構築ー.
2015年度~2015年度, 大学を活用した文化芸術推進事業(文化庁), 代表, 新しい交流の場を切りひらく創造的なアート実践を企画運営できる人材の育成事業
ー九州沖縄地域のアートマネジメント人材育成ネットワークの構築ー.
2013年度~2013年度, 大学を活用した文化芸術推進事業(文化庁), 代表, ホールマネジメントエンジニア養成講座.
2010年度~2015年度, CREST, 分担, 音楽を用いた創造・交流活動を支援す聴空間共有システムの開発.
2005年度~2005年度, 科学技術振興機構技術移転事業, 代表, 音の放射により吸音率を可変する音響システム.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 分担, 楽器音以外の要素が音楽コンテンツの臨場感に与える影響の研究.
2015.06~2016.04, 代表, 商業施設における居心地の良い空間に関する共同研究.
2015.04~2016.03, 分担, 楽器音以外の要素が音楽コンテンツの臨場感に与える影響の研究.
2014.08~2015.09, 代表, 音響作品に関する効果的呈示手法に関する研究.
2012.07~2013.02, 代表, 高臨場感環境のためのロスレス音響伝送と蓄積に関する研究.
2012.07~2013.03, 代表, 高臨場感ライブ配信ビジネスの事業化検討.
2012.06~2013.02, 代表, ホール・劇場のネットワーク伝送における高臨場感再現に必要な音響・映像情報の研究.
2011.07~2012.02, 代表, 高臨場感環境のためのロスレス音響伝送と蓄積に関する研究.
2011.06~2012.02, 代表, ホール・劇場のネットワーク伝送における高臨場感再現に必要な音響・映像情報の研究.
2011.04~2012.03, 代表, ODSにおける高臨場感環境及び劇場音響・映像設計に関する研究開発.
2010.10~2011.02, 代表, 高臨場感環境のためのロスレス音響伝送と処理に関する研究.
2010.06~2011.02, 代表, ホール・劇場のネットワーク伝送における高臨場感再現に必要な音響・映像情報の研究.
2010.01~2011.03, 代表, ODSにおける高臨場感環境及び劇場音響・映像設計に関する研究開発.
2006.09~2007.01, 代表, 音の放射により吸音率を可変とする音響システム.
2005.09~2006.02, 代表, 音の放射により吸音率を可変する音響システム.
寄附金の受入状況
2012年度, 西日本電信電話株式会社, 芸術工学研究資金.
2010年度, 四元音響設計事務所, 芸術工学研究資金.
2010年度, 西日本電信電話株式会社, 芸術工学研究資金.
2009年度, 西日本電信電話株式会社, 芸術工学研究資金.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)
, 代表, 地域の音楽文化創成のための文理融合的視点による持続可能なコンテンツの提案.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」