九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森田 昌嗣(もりた よしつぐ) データ更新日:2017.05.17

教授 /  芸術工学研究院 デザインストラテジー部門 ソーシャル・イノベーションデザイン


大学院(学府)担当

統合新領域学府 ユーザー感性学専攻 感性価値クリエーションコース
芸術工学府 デザインストラテジー専攻 ストラテジックアーキテクト講座

学部担当

その他の教育研究施設名

役職名

芸術工学研究院副学府長
芸術工学研究院副学部長
芸術工学研究院副研究院長
未来デザイン学センター長


電子メール
ホームページ
http://www.id.design.kyushu-u.ac.jp
研究室概要
パブリックデザイン研究室とは 街路や広場などの快適な都市環境形成のために,交通や情報などの都市装置類と人と生活空間との最適な関係をデザインする研究分野。

卒業生は,都市環境の計画・設計事務所や都市装置企業のデザイン部門,公的研究機関、製造業・インテリア業・広告代理店のデザインやプランニング部門などで活躍している。

パブリックデザインの教育・研究とは  パブリックデザイン研究室は,街路や広場,駅などの都市内公的空間を構成する諸要<人,装置,情報等>相互の最適な関係をデザインする方法に関する基礎的および実 践的研究を主題としている。

都市内の広場・街路・施設等のパブリックスペースは、さまざまな構成要素(都市環境装置:パブリックエレメント)によって、多様多彩な生活 の場をつくりだすことができる。  

都市環境装置には、施設や橋梁、地下道(構造物)などの都市基盤を構成する対象と、 街路灯、ベンチなどのアーバンエレメントや、都市をわかりやすく案内誘導するサイン 装置など、都市活動を支援する対象に大別される。
本研究室は、これら都市環境装置がパブリックスペースの機能面と景観面に果たす役 割に着目し、パブリックデザインが都市環境装置相互の関係をデザインする公的な側面からのインダストリアルデザインの一つの方法として教育・計画・研究を進めている。 .
電話番号
092-553-4533
FAX番号
092-553-4533
取得学位
博士(芸術工学)
専門分野
パブリックデザイン(公共デザイン)、生活空間デザイン、インダストリアルデザイン,デザイン評価、感性デザイン
活動概要
広場・街路・施設等の公的空間(パブリックスペース)は、利用者とさまざまな物的要素(都市環境装置、アーバンエレメント)によって生活の場が形成されている。都市環境装置には、街路本体、橋梁等の都市基盤装置と、街路灯、ベンチ等のストリートファニチュアや案内誘導のためのサインなどの都市活動支援装置に大別される。私は、大学の研究室において、これら都市環境装置がパブリックスペースの生活面と景観面に果たす役割に着目し、人と都市環境装置相互の最適な関係をデザインするパブリックデザイン方法に関する基礎的研究および具体的なプロジェクトの開発・計画・設計を進めている。また最近は、生活空間デザインに関するエレメント開発、住環境計画、商環境計画、河川・港湾環境計画、交通環境計画並びに地域産業活性化のためのデザイン支援研究などにも着手している。

九大関連コンテンツ