九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大井 尚行(おおい なおゆき) データ更新日:2018.12.17

教授 /  芸術工学研究院 環境デザイン部門 構築環境デザイン


教育活動概要
 大学院芸術工学府では「デザイン心理評価法」「環境・遺産デザインプロジェクトII」「デザイン人間科学特論B」を担当し、人の住む環境をよりよく知り、人間主体の環境デザインを行なうために、設計・計画へ応用することを目標として環境心理学の手法および理論についての教育を行っている。手法としては、ニーズの把握のための環境評価の方法、心理評価実験のためのメディアの特性について採り上げる。
 芸術工学部では、1年次に環境設計の基礎を学ぶ専攻科目として「環境設計基礎II」で環境設計のプロセス,敷地サーベイの基本,エスキスの方法に関する講義を行っている。2年次の科目としては「空間デザイン実習」および「空間プロジェクト」において住宅および商業施設の空間分析指導,設計指導を行い、3年次の科目としては「環境情報論」を担当し、人の住む環境をよりよく知り、人間主体の環境デザインを行なうために、設計におけるコミュニケーション、人間環境学、環境心理学について講義・演習指導を行っている。人間による環境の評価、環境の知覚、場所の認知と記憶、行動と空間等のトピックについて事例を紹介しながら解説する。環境心理学の基礎を学び、人間を主体とする環境、設計・計画へ応用することを目標としている。4年次の「環境総合プロジェクト」では,主に環境工学の観点から日照・光環境計画および空間の心理的側面についての設計指導を行っている。
担当授業科目
2018年度・前期, 空間デザイン実習.

2018年度・前期, 空間プロジェクト.

2018年度・前期, 環境総合プロジェクト.

2018年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2018年度・前期, 卒業研究Ⅱ.

2018年度・後期, 環境設計基礎Ⅱ.

2018年度・後期, 環境情報論.

2018年度・後期, 卒業研究Ⅰ.

2018年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2018年度・前期, デザイン心理評価法.

2018年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトⅡ.

2018年度・後期, デザイン人間科学特論B.

2017年度・後期, デザイン人間科学特論B.

2017年度・前期, 卒業研究Ⅱ.

2017年度・後期, 卒業研究Ⅰ.

2017年度・後期, 卒業研究Ⅱ.

2017年度・前期, 環境・遺産デザイン特別演習Ⅰ.

2017年度・前期, 環境・遺産デザイン特別研修.

2017年度・前期, 環境・遺産デザインプロジェクト研究.

2017年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトⅡ.

2017年度・後期, 環境・遺産デザイン特別演習II.

2017年度・後期, 環境・遺産デザイン特別研修.

2017年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクト研究.

2017年度・後期, 環境・遺産デザイン特別演習Ⅲ.

2017年度・前期, 空間デザイン実習.

2017年度・後期, 環境設計基礎Ⅱ.

2017年度・後期, 環境情報論.

2017年度・前期, デザイン心理評価法.

2017年度・前期, 空間プロジェクト.

2017年度・前期, 環境総合プロジェクト.

2017年度・前期, 卒業研究Ⅰ.

2016年度・前期, デザイン心理評価法.

2016年度・後期, 卒業研究I.

2016年度・前期, 空間デザイン実習.

2016年度・前期, 空間プロジェクト.

2016年度・前期, 環境総合プロジェクト.

2016年度・前期, 卒業研究I.

2016年度・後期, 環境設計基礎II.

2016年度・後期, 環境情報論.

2016年度・後期, 卒業研究II.

2016年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2016年度・後期, デザイン人間科学特論B.

2016年度・前期, 卒業研究II.

2015年度・前期, 空間デザイン実習.

2015年度・前期, 空間プロジェクト.

2015年度・前期, 環境総合プロジェクト.

2015年度・前期, 卒業研究I.

2015年度・前期, 知覚心理学特論.

2015年度・前期, Human Perception.

2015年度・前期, デザイン心理評価法.

2015年度・後期, 環境設計基礎II.

2015年度・後期, 環境情報論.

2015年度・後期, 卒業研究II.

2015年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2014年度・前期, 空間プロジェクト.

2014年度・前期, 環境総合プロジェクト.

2014年度・前期, 卒業研究I.

2014年度・前期, 知覚心理学特論.

2014年度・前期, Human Perception.

2014年度・前期, デザイン心理評価法.

2014年度・後期, 環境設計基礎II.

2014年度・後期, 環境情報論.

2014年度・後期, 卒業研究II.

2014年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2013年度・前期, 空間プロジェクト.

2013年度・前期, 卒業研究I.

2013年度・前期, 知覚心理学特論.

2013年度・前期, Human Perception.

2013年度・前期, デザイン心理評価法.

2013年度・後期, 芸術.

2013年度・後期, 環境情報論.

2013年度・後期, 卒業研究II.

2013年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(デザイン入門).

2012年度・前期, 空間デザイン論.

2012年度・前期, 空間プロジェクト.

2012年度・前期, 卒業研究I.

2012年度・前期, 知覚心理学特論.

2012年度・前期, デザイン心理評価法.

2012年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2012年度・後期, 環境情報論.

2012年度・後期, 卒業研究II.

2012年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(デザイン入門).

2011年度・前期, 空間デザイン論.

2011年度・前期, 空間プロジェクト.

2011年度・前期, 卒業研究I.

2011年度・前期, 知覚心理学特論.

2011年度・前期, デザイン心理評価法.

2011年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2011年度・後期, 環境情報論.

2011年度・後期, 卒業研究II.

2011年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(デザイン入門).

2010年度・前期, 空間デザイン論.

2010年度・前期, 空間プロジェクト.

2010年度・前期, 卒業研究I.

2010年度・前期, 知覚心理学特論.

2010年度・前期, デザイン心理評価法.

2010年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2010年度・後期, 環境情報論.

2010年度・後期, ポートフォリオ管理.

2010年度・後期, 卒業研究II.

2010年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(デザイン入門).

2009年度・前期, 空間デザイン論.

2009年度・前期, 空間プロジェクト.

2009年度・前期, 卒業研究I.

2009年度・前期, 知覚心理学特論.

2009年度・前期, デザイン心理評価法.

2009年度・後期, 学術英語B.

2009年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2009年度・後期, 環境情報論.

2009年度・後期, ポートフォリオ管理.

2009年度・後期, 卒業研究II.

2009年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(現代建築).

2008年度・後期, 環境情報論.

2008年度・前期, 輪講.

2008年度・前期, 空間デザイン論.

2008年度・前期, 空間プロジェクト.

2008年度・前期, 知覚心理学特論.

2008年度・前期, デザイン心理評価法.

2008年度・後期, 学術英語B.

2008年度・後期, ポートフォリオ管理.

2008年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2008年度・後期, 環境・遺産デザインプロジェクトII.

2008年度・通年, 卒業計画.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 情報処理演習V.

2007年度・前期, 学術英語A.

2007年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(現代建築).

2007年度・前期, 環境情報論.

2007年度・前期, 輪講.

2007年度・前期, 環境システム特論演習I.

2007年度・前期, 環境設計方法特論.

2007年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2007年度・後期, 環境設計入門.

2007年度・後期, 知覚心理学特論.

2007年度・通年, 卒業計画.

2006年度・後期, 知覚心理学特論.

2006年度・前期, 輪講.

2006年度・後期, 環境設計入門.

2006年度・後期, 環境設計デザイン基礎演習(CAD/CG).

2006年度・前期, 環境設計方法特論.

2006年度・前期, 環境情報論.

2006年度・後期, 環境設計方法論.

2006年度・後期, 学術英語B.

2006年度・前期, 環境設計フィールド基礎演習(現代のデザイン).

2006年度・前期, 環境システム特論演習I.

2006年度・前期, コアセミナー.

2006年度・通年, 卒業計画.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.11, 全学, 参加, 全学FD(メンタルヘルス講演会).

2018.11, 部局, 参加, ハラスメント相談室オーダーメイド研修.

2018.06, 全学, 参加, 新入試QUBE説明会(第2回全学FD).

2017.10, 部局, 参加, 第22回芸術工学研究院FD研究会「デザイン教育の質保証に関する国際シンポジウム」.

2017.09, 全学, 参加, 全学FD(M2B学習システム講習会).

2017.02, 部局, 参加, 芸術工学研究院執行部主催FD「自殺防止メンタルヘルス研修会」.

2017.02, 部局, 参加, 芸術工学研究院教育制度デザイン委員会主催FD「英語で授業を行う際の注意点」.

2017.02, 部局, 参加, 芸術工学研究院学生サポート委員会主催FD「障害者支援に係るファカルティ・ディベロップメント」.

2016.02, 部局, 参加, 第20回芸術工学研究院FD研究会.

2016.02, 部局, 参加, 平成27年度九州大学大学院芸術工学研究院男女共同参画FD.

2014.12, 部局, 参加, 第19回FD研究会「ルーブリックの作成について」.

2014.03, 部局, 参加, 第18回FD研究会「グローバル化と英語による教育力」.

2012.11, 部局, 参加, 第17回FD研究会「最近の学生との関わり方」.

2011.11, 部局, 参加, 第16回FD研究会「芸術工学リテラシーと今後の基礎教育のあり方について~コアセミナーの授業内容の共有を通じて~」.

2010.10, 部局, 参加, 第15回FD研究会「活動性の高い授業づくり:協同学習のすすめ」.

2009.11, 部局, 参加, 第14回FD研究会「FDから学習支援へ」.

2009.03, 全学, 参加, キャンパス間授業支援システム(iClass)利用者説明会.

2008.12, 部局, 参加, 第13回FD研究会「伊都キャンパス移転に伴う学生のメンタル面への影響」.

2007.12, 部局, 参加, 第12回FD研究会「コアセミナー」の現状について.

2006.09, 部局, 参加, 第11回FD研究会「学術英語の現状について」.

2005.03, 全学, 参加, 平成16年度第4回全学FD「大学院教育の新展開」.

2004.11, 参加, 特色ある大学教育支援プログラム・フォーラム.

2004.10, 部局, 講演, 第9回FD研究会「視聴覚機材と教室環境」.

2004.09, 全学, 参加, 平成16年度第2回全学FD「GPA導入について」.

2004.06, 部局, 企画, 第8回FD研究会.

2004.02, 部局, 講演, 第7回FD研究会.

2003.10, 部局, その他, 芸術工学部FD WG主査(2005年3月まで).

2003.09, 部局, 企画, 第6回FD研究会「ケンブリッジ大学のカレッジ制度と入学試験」.

2003.04, 部局, その他, 芸術工学部FD WG委員(2005年3月まで).

2003.01, 部局, 参加, 第4回FD研究会.

学生のクラス指導等
2016年度, 学部, 環境設計学科4年生クラス担任.

2000年度, 学部, 環境設計学科1年生クラス担任.

2001年度, 学部, 環境設計学科2年生クラス担任.

2002年度, 学部, 環境設計学科3年生クラス担任.

2003年度, 学部, 環境設計学科4年生(環境設計系大学院生)クラス担任.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2004年度, 東和大学・建設工学科 建築学専攻, 後学期 建築環境工学II, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 東和大学・建設工学科 建築学専攻, 前学期 建築環境工学I, 非常勤講師, 国内.

2003年度, 東和大学・建設工学科 建築学専攻, 後学期 建築環境工学II, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2005.09, International Summer Workshop on Human Sensibility, Fukuoka, Japan, The 21st Century COE Program, Kyushu Univ., 22.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」