九州大学 研究者情報
発表一覧
平井 康之(ひらい やすゆき) データ更新日:2018.06.07

教授 /  芸術工学研究院 デザインストラテジー部門 ソーシャル・イノベーションデザイン


学会発表等
1. @平井康之, インクルーシブデザインとケア, 医看工芸連携シンポジウム, 2017.09.
2. 平井康之, ユニバーサルミュージアムとサイエンスコミュニケーション, 全国科学博物館協議会,平成29年度第2回総会基調講演, 2018.02.
3. @平井康之, Science Communication Program the Fukuoka City Science Museum, 第7回国際科学博物館シンポジウム, 2017.11.
4. @平井康之、@高安礼士, 「福岡市科学館におけるデザイン思考に基づくサイエンスコミュニケーションの展開」, 日本サイエンスコミュニケーション協会2016年度第5回年会, 2016.12.
5. Yasuyuki Hirai, インクルーシブデザインと倫理, 日本機械学会, 2016.09.
6. Yasuyuki Hirai, Inclusive Design research in Japan, 2016 SYMPOSIUM ON INCLUSIVE DESIGN &INDUSTRIAL ENGINEERING ASSOCIATION SPRING FORUM, 2016.04.
7. 平井 康之, 世界的デザイン教育・研究拠点, 芸術工学会, 2015.11, 芸術工学研究院では、デザイン思考のアプローチをエンジンとした「世界的デザイン教育・研究拠点」を進めている。その目的は:
1.教育の国際化推進  (世界トップレベルのデザイン教育研究機関との連携)
2.科学技術イノベーション人材育成 (共同教育プログラムの開発、デザイン教育の質的保証)
3.デザイン思考によるイノベーション創出 (研究シーズ発掘、国際学会誌発刊)
の3 つで、拠点が中心となって国際、地域、学内の3つのレベルで、部局内、部局外を結ぶ「領域横断的教育研究活動」を推進している。.
8. 平井 康之, 「インクルーシブデザイン」
, 公益社団法人日本工学教育協会 九州工学教育協会 第63回年次大会 「イノベーションを牽引する工学教育の国際化」, 2015.09.
9. 平井 康之, 「インクルーシブデザイン: インクルーシブな社会をつくるためのアート/デザイン教育の役割」, 平成27年度 美術科教育リサーチフォーラム インクルーシブ美術教育研究部会, 2015.05.
10. 平井 康之, Study on the Evaluatoin of Universal Museum, Museum2015実行委員会, 2015.01.
11. 平井 康之, ユーザー中心デザイン デザイン思考によりイノベーション創出, 九州大学テクノロジーフォーラム, 2014.12.
12. 平井 康之, 竹綱章浩, ネットを利用したフォーカスグループによる商品開発の研究, 日本デザイン学会第5支部研究発表会, 2013.10.
13. 平井 康之, 藤川基, 自転車の短時間利用のための小規模駐輪スペースのデザイン研究, 日本デザイン学会第5支部研究発表会, 2013.10.
14. 平井 康之, 朱琳, 博物館の触地図デザインに関する研究, 日本デザイン学会第5支部研究発表会, 2013.10.
15. 平井 康之, 秋田 直繁, 三島 美佐子, 松本 隆史, 大学博物館移転計画をもとにしたデザイン教育, 大学博物館等協議会・博物科学会, 2013.05.
16. 平井 康之, イノベーション教育学会パネルディスカッション, イノベーション教育学会, 2013.03.
17. 平井 康之, 「障害のある人と一緒に展覧会をたのしむワークショップ」企画・運営, 奈良県障害者芸術祭「HAPPY SPOT NARA2011-2012」, 2013.02.
18. 平井 康之, Inclusive Design for Ageing and Climate Change

, International Symposium 'Promoting environmental and inclusive design in relation to the impact of climate change of older persons health and wellbeing ' , 2012.12.
19. 平井 康之, 高齢化と環境変動にむけてのインクルーシブ・デザイン, 第7回 北九州アジア太平洋アクティブ・エイジング会議2012 Active Aging Consortium Asia-Pacific (ACAP), 2012.11.
20. 平井 康之, 黄莉涵, 幼児の自然遊びに関するデザイン研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2012.10.
21. 平井 康之, 太田好泰, 岡崎智美, 半田 こづえ, 梅田 亜由美, 松浦 昇, ライラ・カセム, みんなの美術館プロジェクト, 第4回ユニバーサル都市 セミナー, 2012.10.
22. 平井 康之, みんなのまちづくりプロジェクトとは, みんなのまちづくりプロジェクト/ユニバーサルデザインシンポジウム, 2012.10.
23. 平井 康之, インクルーシブデザイン, 第4回ユニバーサル都市 セミナー, 2012.10.
24. 平井 康之, ユーザー参加型デザインからのアプローチ
, みんなのまちづくりプロジェクト/福岡市博物館ユニバーサルデザイン・シンポジウム, 2012.10.
25. 平井 康之, インクルーシブデザインワークショップ, ヒューマンインターフェイス学会, 2012.09.
26. 平井 康之, 三島 美佐子, 藤 智亮, 野林 厚志, 真鍋 徹, 博物館空間におけるユーザー視点からの展示評価の実践的研究, 大学博物館等協議会2012年度大会・第7回博物科学会, 2012.06.
27. 平井康之, 「多様な世代が参加するイノベーション(革新)ーインクルーシブ社会にむけての挑戦ー」, 明石高専医工連携公開セミナー , 2012.03.
28. 平井康之、水野大二郎, オープンi.school2012 Day-6 「インクルーシブデザインによるユーザーイノベーション:展示空間からの発想」ワークショップ企画・運営, オープンi.school, 2012.02.
29. 平井康之他, 「インクルーシブデザインナウ2012東京」展企画・運営, インクルーシブデザインナウ2012東京, 2012.02.
30. 平井康之, 「障害のある人と一緒に展覧会をたのしむワークショップ」企画・運営, 奈良県障害者芸術祭「HAPPY SPOT NARA2011-2012」, 2012.01.
31. 平井康之, Miles Pennington, 「英国流イノベーションを学ぶ × 震災を考えるワークショップ〜気仙沼リレープロジェクト〜」企画・運営, 「英国流イノベーションを学ぶ × 震災を考えるワークショップ〜気仙沼リレープロジェクト〜」, 2011.12.
32. 平井康之、塩瀬隆之, 「展覧会をインクルーシブするワークショップ」企画・運営, インクルーシブデザインナウ2011, 2011.11.
33. 平井康之他, 「インクルーシブデザインナウ2011」展企画・運営, インクルーシブデザインナウ2011, 2011.11.
34. 花牟禮瑠美子、平井康之, 幼児の「創造性」を育てる教育に関する研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2011.11.
35. 真辺 大介、平井康之, エモーションをキーワードとしたデザインの研究ー高齢者女性の杖をケーススタディとして , 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2011.11.
36. 安藤晴之、平井康之, 地域の健康づくりの効果的運営に関する研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2011.11.
37. Nermin Elokla, Yasuyuki Hirai, New Methods for Evaluating Emotional Experience in the Product Design Process, 4TH WORLD CONFERENCE ON DESIGN RESEARCH (IASDR2011), 2011.11.
38. 平井康之, インクルーシブデザインとイノベーション, amu セミナー「共感するイノベーションとは?」, 2011.10, [URL].
39. 平井康之, Laila Cassim, Julia Cassim, 『共感するイノベーション インクルーシブデザインー10年の歩み』展企画・運営, 『共感するイノベーション インクルーシブデザインー10年の歩み』, 2011.10, [URL].
40. 平井康之, ユニバーサルシティ福岡ーインクルーシブデザインからの取り組みー, 福岡市主催第9回アジアのリーダー都市ふくおかプロジェクトリレーフォーラム 「誰もが思いやりを持ち、 すべての人に優しいまち ユニバーサルシティ福岡 」, 2011.08, [URL].
41. Nermin Elokla and Yasuyuki Hirai and Yoshitsugu Morita, Evaluation of UCD Methods from Japanese People's Perspectives, INCLUDE2011 conference, 2011.04.
42. Yasuyuki Hirai, Kensuke Yamada, Nermin Elokla, Morio Nakamura , New Medicine Diary Design for Children in Japan, INCLUDE2011 conference, 2011.04.
43. Yasuyuki Hirai, Nermin Elokla, Tetsuya Okamoto, Atsushi Nobayashi, Study on Inclusive Museum Design -Case Study: The National Museum of Ethnology in Japan , INCLUDE2011 conference, 2011.04.
44. 平井康之, デザイン思考とミュージアム, 2010年度北海道大学教育GPシンポジウム「大学博物館から拓く学生教育の未来3」, 2010.12, [URL].
45. Nermin Elokla, Yasuyuki Hirai, Design Methods’s Evaluations from Japanese Cultural Context, DesignEd Asia Conference 2010, 2010.12.
46. 平井康之, インクルーシブ・デザインとイノベーション, amu セミナー, 2010.11, [URL].
47. 平井康之, イノベーションをおこすインクルーシブデザイン, 九州経済連合会, 2010.11, [URL].
48. Rika Kojima, Nermin Elokla, Yasuyuki Hirai, Study on Promoting Mental Side of HCD "Inclusive Mind"— Educational Design Workshops as Case Studies, The 3rd International Conference for Universal Design, IAUD2010, 2010.11, [URL].
49. Nermin Elokla, Yasuyuki Hirai, Evaluation of Universal Design Methods from People’s perspectives, The 3rd International Conference for Universal Design, IAUD2010, 2010.10, [URL].
50. Yasuyuki Hirai, Nermin Elokla, User Experience and Innovative Product Design Process, The 3rd International Conference for Universal Design, IAUD2010, 2010.10, [URL].
51. Shunpei Fujitani, Yasuyuki Hirai, Study on product development for the older people and their needs-Silver Car as a case study, 第5回アジア太平洋アクティブ・エイジング会議(FukuokaACAP2010), 2010.10, [URL].
52. 藤谷俊平、平井康之, 高齢者向け商品開発とユーザーニーズに関する研究—シルバーカーをケーススタディとして, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2010.10.
53. 平井康之、三島美佐子、藤智亮、真鍋 徹, 大学博物館を利用したデザインプロジェクト授業, 大学博物館等協議会2010 年度大会, 2010.06, [URL].
54. 三島美佐子、後小路雅弘、平井康之、藤 智亮、大鶴憲吾、豊田直子, 感性的展示の効用―特別展示「光が泳ぐ場所」の事例から―, 大学博物館等協議会2010 年度大会, 2010.06, [URL].
55. 岡本哲弥、平井康之, 研究課題名 博物館における来館者の自律的な観覧を目指した展示システムに関する研究-国立民族学博物館をケーススタディーとして-, パブリック・ヒューマニティーズ研究会, 2009.11.
56. 池田妙子, QOL 向上を目的とした高齢者と装いの研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
57. 山下麻里, 読書行動へのアクセンシビティに関わるブックデザインについての研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
58. 児島理華, 人間中心デザインのこころの取り組みについての研究-デザイン教育ワークショップを事例として-, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
59. 林祐太朗, オルタプログラムの効果的運営に関する研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
60. 岡本哲弥, 博物館における来館者の自律的な観覧を目指した展示システムに関する研究-国立民族学博物館をケーススタディとして-, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
61. 藤谷俊平、平井康之, 高齢者向け商品開発とユーザーニーズに関する研究—シルバーカーをケーススタディとして, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2009.10.
62. Yasuyuki Hirai, Nermin Elokla and Yoshitsugu Morita, Usability and Emotions: Product Design Development, INCLUDE 2009, Designing with People, International Conference on Inclusive Design, the Helen Hamlyn Centre, the Royal College of Art, UK., 2009.04.
63. 平井康之, インクルーシブデザインとミュージアムデザイン, パブリック・ヒューマニティーズ研究会, 2009.01.
64. Nermin Elokla、森田昌嗣、平井康之, USING THE PHILOSOPHY OF KANSEI:
HAPPINESS WITH
UNIVERSAL DESIGN PRODUCT, DesignEd Asia Conference 2008. Hong Kong, 2008.12.
65. 平井康之、森田昌嗣、 Nermin Elokla、小川純一、岡部啓一, Innovative Product Design Process
-A Workshop for the Design of a Multi-Function Printer (MFP), International Service Innovation Design Conference 2008, 2008.10.
66. Nermin Elokla、森田昌嗣、平井康之, Exploring Innovative Product Design
Based on Users’ Perspectives
-Case Study: Universal Design Vehicle in Japan, International Service Innovation Design Conference 2008, 2008.10.
67. 平井康之、森田昌嗣 、Nermin ELOKLA, A Study of Usability Methodologies, 2nd International Symposium on Design of Artificial Environments, 2007.12.
68. Nermin ELOKLA、森田昌嗣 、平井康之、大島彩, Developing Universal Design Product from Users’ Perspectives- Case Study: A Vehicle Design in Japan, 2nd International Symposium on Design of Artificial Environments, 2007.12.
69. 松本健一、平井康之, 高齢者集合住宅における付加サービスに関する研究, 第46回ヒューマンインタフェース学会研究会, 2007.12.
70. 平井康之、森田昌嗣 、Nermin ELOKLA, STUDY ON USABILITY METHODOLOGIES IN THE UNIVERSAL DESIGN PROCESS, International Association of Societies of Design Research 2007, Hong Kong, 2007.11.
71. 大島彩、平井康之, ユーザー参加型デザインワークショップの効果と役割, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2007.10.
72. 高比良祐子、平井康之, 親子のコミュニケーションを促す場創りの方法の研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2007.10.
73. 佐々木伸明、平井康之, 大学図書館閲覧スペースのデザインに関する研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2007.10.
74. 梅田祐介、平井康之, 「家づくりにおける施主と建築家のコミュニケーションに関する研究—「建築家の家づくりに対する考え」を理解するための指標の提案—」, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2007.10.
75. 塚原 啓介、佐木邦夫、平井康之, 小学校理科における教材の研究, 日本デザイン学会第5支部 研究発表会, 2007.10.
76. Yasuyuki Hirai,Yoshitsugu Morita,Nermin Elokla, EVALUATION OF USABILITY METHODOLOGIES IN THE UNIVERSAL DESIGN PROCESS, INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENGINEERING DESIGN,ICED07 CITE DES SCIENCES ET DE LINDUSTRIE,PARIS,FRANCE, 2007.08.
77. Nermin ELOKLA、森田昌嗣、平井康之, A STUDY FOR UNIVERSAL DESIGN DEFINITION, The 2nd International Conference on Technology and Aging (ICTA) Festival of International Conferences on Caregiving, Disability, Aging and Technology , Toronto, Canada(FICCDAT)., 2007.06.
78. 平井康之、大貫 宏一郎、竹岡篤永、北村真吾、Rama Gheerawo, Evaluation of Qualitative Design Tool - Case Study: Image Card, INCLUDE 2007, Designing with People, International Conference on Inclusive Design, the Helen Hamlyn Centre, the Royal College of Art, UK. , 2007.04.
79. Nermin Elokla, Morita Yoshitsugu, Yasuyuki Hirai , Usability Assessment Methodologies throughout the Universal Design Process, INCLUDE 2007, Designing with People, International Conference on Inclusive Design, the Helen Hamlyn Centre, the Royal College of Art, UK., 2007.04.
80. Yasuyuki Hirai, Toshimitsu Sadamura, Yukiko Kanemoto, Creating Inclusive Design Community in Kyushu, Japan , INCLUDE 2007, Designing with People, International Conference on Inclusive Design, the Helen Hamlyn Centre, the Royal College of Art, UK., 2007.04.
81. Yasuyuki Hirai, Future Work: Japanese experience , INCLUDE 2007, Designing with People, International Conference on Inclusive Design, the Helen Hamlyn Centre, the Royal College of Art, UK., 2007.04.
82. 平井康之・冨本浩一郎・Rama Gheerawo , Study of qualitative methodology, 第2回国際ユニヴァーサルデザイン会議、International Association for Universal Design (IAUD)., 2006.10.
83. 酒井浩次、平井康之, インクルーシブデザインによる点字を用いた玩具の研究. Study on Braille Toy Design by Inclusive Design Approach, 第2回国際ユニヴァーサルデザイン会議、International Association for Universal Design (IAUD),, 2006.10.
84. ネルミン・エロクラ、森田昌嗣、平井康之, The Concept of Universal Design through Overseas Institutions and Japanese Manufacturers’ Perspectives, 第2回国際ユニヴァーサルデザイン会議、International Association for Universal Design (IAUD),, 2006.10.
85. 椋本敏行、岩田憲明、平井康之、西脇佑、于那、玉野智之, 災害弱者のためのトイレ環境. Study on Restroom Environment for Refugee Who Needs Special Care, 第2回国際ユニヴァーサルデザイン会議、International Association for Universal Design (IAUD), , 2006.10.
86. Nermin ELOKLA、森田昌嗣、平井康之, Understanding of the Concept of Universal Design Among Overseas and Japanese Institutions and Manufacturers, International Conference, Knowlton School of Architecture, the Ohio Sate University, USA,, 2006.07.
87. 木床康人、平井康之, 高齢者の為の就職支援施設の空間構成に関する研究
−就職支援のワンストップサービスを展開する施設におけるケーススタディ, 芸術工学会, 2004.10.
88. 小堂佐和子、平井康之, 優先席のあり方についての研究, 芸術工学会, 2004.10.
89. 伊藤将、平井康之, 下肢障害者のためのワークプレイス研究, 日本インテリア学会, 2003.10.
90. 播磨晶子、平井康之, 幼児園における幼児用椅子に関する研究, 日本インテリア学会, 2003.10.
91. 迫坪知広、平井康之, 大学における個人研究スペースに関する研究, 日本インテリア学会, 2003.10.
92. Nermin ELOKURA、森田昌嗣、平井康之, Find out the Problems of Storage System within the Japanese Workplace-Study on the Storage System Organization in the Japanese Workplace, Asian Design International Conference, 2003.10.
93. 入江洋介、平井康之, 大学内における情報掲示装置の調査・研究, 芸術工学会, 2002.12.
94. 鹿子嶋菜帆、平井康之, SOHOワーカー向けパソコンデスクに関する研究, 芸術工学会, 2002.12.
95. 木村咲子、平井康之, リビングにおける子供のアクティビティ・スペース家具の研究, 芸術工学会, 2002.12.
96. 田頭章徳、平井康之, ワークショップのための家具のデザイン研究, 芸術工学会, 2002.12.
97. 太田摩耶、平井康之, ロビー空間を中心とした美術館デザインについての研究, 芸術工学会, 2001.11.

九大関連コンテンツ