九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田上 健一(たのうえ けんいち) データ更新日:2019.06.20

教授 /  芸術工学研究院 環境デザイン部門 構築環境デザイン


主な研究テーマ
次世代型建築計画(居住・教育・医療等の地域施設)
キーワード:建築計画、住宅計画
1996.04.
住宅・住宅地のデザインとマネジメント
キーワード:住宅計画、住宅デザイン、住宅地マネジメント、自律的更新、管理運営
1996.04.
ユーザー参加型の建築設計方法(建築ワークショップ手法)
キーワード:建築計画、住宅計画
1996.04.
歴史的市街地および住宅地の景観デザイン
キーワード:景観デザイン
2008.04.
プログラムの連動性に着目した地域施設計画
キーワード:地域施設、プログラム、連動性
1996.04.
アジア地域における居住空間の近代化過程の検証
キーワード:住空間の近代化、アジア
1996.04.
開発途上国における都市住宅問題
キーワード:インフォーマル市街地、スラム改善、アジア
1996.04.
従事しているプロジェクト研究
BOP手法を用いたデザインイノベーション
1996.04, 代表者:田上健一.
住宅・住宅地の再生デザイン
1996.04, 代表者:田上健一.
グリーンアーバニズムによる地域デザイン
2010.04~2013.03, 代表者:田上健一, 芸術工学研究院.
次世代教育空間に関する研究
2006.04~2013.03, 代表者:田上健一, 芸術工学研究院.
公共教育施設の実態及び有効活用に関する研究
2005.04~2013.03, 代表者:田上健一, 芸術工学研究院.
アジア地域における米式住宅に関する研究
1999.04, 代表者:田上健一, 米式住宅研究会, 日本.
研究業績
主要著書
1. 田上 健一, 土居 義岳, 絆の環境設計 ―21世紀のヒューマニズムをもとめて, 九州大学出版会, 2014.03.
2. 田上 健一, フィールドに出かけよう 住まいと暮らしのフィールドワーク, 風響社, 2012.04.
3. 日本建築学会建築計画委員会, 建築設計のための行く/見る/測る/考える
発見・発想・試行のフィールドとデザイン
, 鹿島出版会, 2011.12.
4. EEP, デザイン教育のススメ
体験・実践型コミュニケーションを学ぶ
, 花書房, 2011.12.
5. 田上健一+田上研究室, 津屋崎千軒のマチとイエ Ver.2, 九州大学田上研究室, 2010.12.
6. 田上健一+田上研究室, REIZEN PROJECT 冷泉まちなみ演出プロジェクト・プロジェクトブック, 九州大学田上研究室, 2010.12.
7. 田上健一+田上研究室, 津屋崎千軒のマチとイエ Ver.1, 九州大学田上研究室, 2009.10.
8. 田上健一(共著), 循環建築・都市デザイン, 技法堂出版, 2008.01.
9. 田上健一, 拡張する住宅, 三省堂書店, 2004.08.
主要原著論文
1. 白石レイ, 田上 健一, 参加型社会住宅政策「People's Plan」が目指す価値
フィリピン・メトロマニラにおけるインフォーマル居住家族(ISFs)向け再定住事業, 日本建築学会計画系論文集, 755, 1, 2019.01.
2. 範 懿, 田上 健一, 中国農村部における希望学校の計画・建設プロセス, 日本建築学会計画系論文集, 736, 1413, 2017.06.
3. 範 懿, 田上 健一, 台湾のニューキャンパス運動により計画された学校と地域の連携に関する研究, 日本建築学会技術報告集, 56号, 301, 2018.02.
4. 佐倉浩之, 田上 健一, 集会施設の建設費助成制度の活用と建築計画, 芸術工学研究25, 2016.10.
5. 範懿, 田上 健一, A Study on the Investigation of the Creative SchoolA rchitecture in RuralA rea of China:
for Closing Gap of Education and Reconstructing Post-earthquake, DESIGNCOl\1MUNITY", China Architecture & Building Press, NO.069,2015/05, pp28・43, in October 2015, 2015.05.
6. 松永一朗, 田上 健一, Simpsonの多様度指数を用いた街路景観の定量分析, 日本建築学会計画系論文集 714号, 2015.08.
7. fan Yi, Kenichi TANOUE, A Study on School Architecture in China from the View of Users and Designers, International Symposium on Architectural Interchange in Asia, 2015.10.
8. 佐倉浩之, 田上 健一, 建設費助成制度にみる集会施設の実態と建替えの事業背景, 芸術工学研究23, 2015.10.
9. 田上 健一, 宗像市立日の里中学校, 九州建築選2013, 2014.03.
10. 田上 健一, 癒しと秩序の医療環境の構築, 日本新生児看護学会学術講演集, 2012.11.
11. 田上 健一, David Leonides YAP, Studies on coastal dwelling
Islamic Communities in Taluksangay, Zamboanga City, Philippines, Journal of Philippine Architecture and Allied Arts, April, 2012, 2012.04.
12. 直方伝統的建造物群保存対策調査委員会, 直方市直方伝統的建造物群保存対策調査報告書, 2012.03.
13. 田上健一, メトロマニラの低所得者用住宅地におけるコミュニティによる共同建設マネジメント, トステム財団2011年度研究報告, 2011.03.
14. 田上健一, 分界稜の家, 芸術工学研究, 2011.03.
15. Kenichi TANOUE, Green Architecture and its Systematization in Japan, Seminar on Addressing Climate Change Challenges Thru Green Urbanism, 2010.09.
16. 田上健一・大西陽子・David Yap・Faith Varona, デラコスタプロジェクトにおけるコミュニティ・エンパワーメント, 住宅総合研究財団研究年報第36号, 2010.03.
17. 稲盛智章、大西陽子、田上健一, デラコスタホームのサイトプランニング技術 IRRBP220を指標として, 日本建築学会第4回住宅系研究報告会, 2009.12.
18. 江副友美、田上健一, 経年変化からみる環境共生型住宅団地の持続的運営管理 下関・一の宮県営住宅を事例として, 日本建築学会第4回住宅系研究報告会, 2009.12.
19. 田上健一・藤田桃子, 博多区冷泉町における地域協働型まちなみ演出 のれんプロジェクトとばんがさプロジェクト, 住まい・まち学習実践報告・論文集10, 2009.09.
20. 田上健一, 回折の家, 芸術工学研究, 2009.03.
21. 田上健一, 緒方消化器内科
ホスピタル・エッジを溶解する, 芸術工学研究, 2008.03.
22. 田上健一, 沖縄における米式住宅の非住居機能への転用に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, 2004.12.
23. 田上健一, 拡張型RC造独立住宅の増改築プロセスに関する研究, 日本建築学会論文報告集計画系, 540号, 2001.02.
24. 田上健一, 住要求及び居住実態から見たピロティ型戸建住宅の空間特性, 日本建築学会論文報告集計画系, 522号, 1999.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 田上 健一, 第31回福岡県美しいまちづくり建築賞 作品集 総評および各作品講評, 第31回福岡県美しいまちづくり建築賞 作品集, 2019.02.
2. 田上 健一, 熊本地震・災害後初動避難の特徴, 日本建築学会大会・研究協議会, 2017.09.
3. 田上 健一, 建築計画からNICUの個室化を考える, 小児看護2014年11月号, 2014.11.
4. 田上 健一, 津屋崎千軒まちなみガイドライン, 2013.03.
5. 直方伝統的建造物群保存対策調査委員会, 直方市直方伝統的建造物群保存対策調査報告書, 2012.03.
6. 田上健一+田上研究室, 宗像市立玄海小学校建築基本設計報告書, 2010.06.
7. 田上健一 ST環境設計研究所 福岡県建設技術情報センター, 空き教室等の実態把握と活用に関する調査研究報告書, 2011.03.
8. 田上健一+University of the Philippines, Studies on Implementing Strategies of Community Based Tourism at the Local Level 住友財団助成研究報告書, 2009.06.
主要学会発表等
1. 福田健, 田上 健一, 中山間地域におけるみなし仮設住宅居住者の近隣交流に関する研究
熊本地震後の南阿蘇村を対象として
, 日本建築学会九州支部研究報告, 2019.03.
2. 福田健, 田上 健一, 中山間被災地域における住民の自主移転意思決定プロセス
熊本地震後の南阿蘇村長野地区を対象として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2018.08.
3. 有馬駿, 田上 健一, 避難空間としての美術館シャドウプラン, 日本建築学会大会学術梗概集, 2018.08.
4. 中原有里, 田上 健一, 福祉避難所の想定と災害時要配慮者への対応の課題 熊本地震における南阿蘇村を事例として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2018.08.
5. 山中雄登, 田上 健一, 災害発生後の屋外避難行動と空地属性の関連, 日本建築学会大会学術梗概集, 2018.08.
6. 白石レイ, Jennifer DUYNE BARENSTEIN, 田上 健一, 日本における「コーポラティブ住宅」の術語的特異性 定義の国際比較, 日本建築学会大会学術梗概集, 2018.08.
7. 磯上千尋, 田上 健一, 被災園舎の災害後対応と保護者評価, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
8. 野添脩斗, 田上 健一, 避難所利用実態に基づく建築シャドウプラン策定方法, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
9. 河合恵美, 田上 健一, 小規模集落居住者の近隣交流実態と住宅再建意向 - 熊本地震後の南阿蘇村・長野地区を対象として -, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
10. 田中精耕, 田上 健一, 豊村酒造の保存・活用に向けた基礎的研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
11. 福田健, 田上 健一, 熊本地震で被災した小規模集落居住者の住宅再建意向 南阿蘇村の仮設住宅居住者を対象として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2017.07.
12. 谷 正和, 熊坂 歩美, 井上 朝雄, 田上 健一, 岸 泰子, 土屋 潤, 矢野 温子, The Archaeology of Steel Beams for Dating Historical Buildings in the Developing Countries of Former British Colonies, Part 3, 日本建築学会大会学術梗概集, 2017.07.
13. 松吉大地, 田上 健一, 熊本地震後の拠点避難所における運営・利用実態~建築シャドウプランに関する基礎的研究~
, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
14. 松岡彩果, 田上 健一, 別府市における共同温泉併設型公民館の建築計画的課題, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
15. 小黒雄一朗, 田上 健一, 重要文化財改修中の一般公開空間の計画課題, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
16. 堀江壮, 田上 健一, 住民参画による建築プログラムの変容プロセス 福岡県那珂川町南畑地区移住促進事業を事例として
, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
17. 村山叡, 田上 健一, 街区構成パタンに基づくシビックコア形成, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
18. 杉岡世邦, 田上 健一, 板倉建築による熊本地震復興プロジェクト, 日本建築学会九州支部研究報告, 2017.03.
19. 矢野 温子 井上 朝雄 谷 正和 田上 健一 岸 泰子 土屋 潤 熊坂 歩美, 鉄骨考古学によるイギリス植民地時代の建築年代特定に関する研究 その1 イギリスから東南アジア植民地への人と物の流れ, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
20. 矢野 温子 井上 朝雄 谷 正和 田上 健一 岸 泰子 土屋 潤 熊坂 歩美, 鉄骨考古学によるイギリス植民地時代の建築年代特定に関する研究 その2 鉄骨と鉄製建築部材の意匠的特徴に関する考察, 日本建築学会九州支部研究報告, 2018.03.
21. 田上 健一, 谷 正和, 岸 泰子, 井上 朝雄, ラカイン住宅居住者の遺産創造意識  バングラデシュにおける伝統的建築の評価と保存方法に関する基礎的研究(その3), 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
22. 井上 朝雄, 田上 健一, 谷 正和, 岸 泰子, チッタゴンの歴史的建造物の現状 バングラデシュにおける歴史的建造物の評価と保存方法に関する基礎的研究(その1), 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
23. 土屋 潤, 井上 朝雄, 田上 健一, 谷 正和, 岸 泰子, チッタゴンの歴史的建造物の外装仕上材料の劣化状況  バングラデシュにおける歴史的建造物の評価と保存方法に関する基礎的研究(その2), 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
24. 野添 脩斗, 田上 健一, 公営住宅の機能複合に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
25. 田中 精耕, 田上 健一, People's Plan Primerの構成的特徴, 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
26. 磯上 千尋, 田上 健一, 地域子育て拠点のネットワーク構築に関する研究 福岡県那珂川町を事例として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
27. 佐倉 浩之, 田上 健一, 福岡市の集会施設の立地と外観, 日本建築学会大会学術梗概集, 2016.09.
28. 田上 健一, 谷 正和, 岸 泰子, 井上 朝雄, ラカイン住宅の建築的特徴  バングラデシュにおける伝統的建築の評価と保存方法に関する基礎的研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2015.09.
29. 井佐子恵也, 田上 健一, 建築家の言説にみる公営住宅の計画手法, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
30. 江口昇汰, 田上 健一, 転入促進を目的とした郊外戸建住宅地の魅力向上に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
31. 白石レイ, 田上 健一, ISFのための参加型住宅地計画「People's Plan」, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
32. 陳曄庭, 田上 健一, 台湾のニューキャンパス運動により計画された小学校に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
33. 木村茉那美, 田上 健一, 新生児集中治療病棟ガイドラインの国際比較, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
34. 小黒 雄一朗, 田上 健一, ソーシャルスペースとしての地方都市ギャラリーの可能性, 日本建築学会大会学術梗概集, 2015.09.
35. 松岡彩果, 田上 健一, 別府市の地域活動空間としての共同温泉に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2015.09.
36. 堀江壮, 田上 健一, 大学のラーニング・コモンズが有する空間的課題, 日本建築学会大会学術梗概集, 2015.09.
37. 大園咲子, 田上 健一, 新生児集中治療病棟(NICU)の環境改善に向けた検討, 日本建築学会九州支部研究報告, 2015.03.
38. 熊井順一, 田上 健一, メトロマニラにおける低所得者用中層住宅の設計手法 
SHEC Housing Projectを事例として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2015.03.
39. 島本春花, 田上 健一, ラーニング・コモンズの計画課題
 大学におけるラーニング・コモンズの建築計画 その1, 日本建築学会九州支部研究報告, 2015.03.
40. 島本春花, 田上 健一, ラーニング・コモンズの空間特性 
大学におけるラーニング・コモンズの建築計画 その2, 日本建築学会九州支部研究報告, 2015.03.
41. 佐倉浩之, 田上 健一, 建設費助成制度からみた福岡市の集会施設の建替え・修繕の事業背景, 日本建築学会九州支部研究報告, 2015.03.
42. 木村茉那美, 田上 健一, 教師視点による学校統廃合における空間的課題  広島県江田島市を事例として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2014.09.
43. 小田部維, 田上 健一, 中国の建築設計者が考える素質教育空間, 日本建築学会大会学術梗概集, 2014.09.
44. 白石レイ, 田上 健一, メトロマニラの不法定住地改善事業におけるPeople’s Plan NGOによる建築ワークショップを通して, 日本建築学会大会学術梗概集, 2014.09.
45. 藤田彩香, 田上 健一, 朝廣 和夫, 大井 尚行, 谷 正和, 井上 朝雄, 人口減少地域における住宅のレジリエンスに関する基礎的研究 : スペイン・アラゴン州ウエスカ県エンブンにおけるケーススタディ, 日本建築学会九州支部研究報告, 2014.03.
46. 濱谷洋次, 田上 健一, スエットエクエティによる低所得者用住宅供給手法 : フィリピンのGawad Kalingaの住宅供給事業を対象として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2014.03.
47. 鎮西武, 田上 健一, マイクロファイナンスによる低所得者用住宅改善の課題 : フィリピン・KASAGANA-KAを対象として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2014.03.
48. 範 懿, 田上 健一, 教師および建築設計者が考える中国都市部の学校建築の課題 : 「素質教育」を中心として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2014.03.
49. 大園咲子, 田上 健一, NICUにおける家族の居場所に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2013.09.
50. 島本春花, 田上 健一, 医商連携による地域コモンに関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2013.09.
51. 中島彰子, 田上 健一, 建築設計過程における環境移行の想定 公立保育所民営化・建替計画を事例として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
52. 河浩湊, 田上 健一, 韓国の地域文化に適した小規模高齢者福祉の事業モデルに関する基礎的研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
53. 木下直美, 田上 健一, 景観まちづくりのためのまちなみガイドラインの策定課題, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
54. 斎藤香菜, 田上 健一, 廃校の活用者選定方式に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
55. 桑山直子, 田上 健一, フランスの2000年以降の社会住宅の設計意図分析
「vers de nouveaux logements sociaux,2」を通して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
56. 佐藤章, 田上 健一, 保育所におけるお迎え時の交流の場に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2013.03.
57. 濱谷洋次, 田上 健一, メトロマニラにおける低所得者用中層集合住宅の住環境更新プロセス, 日本建築学会大会学術梗概集, 2012.09.
58. 鎮西武, 田上 健一, Arkitekturang Filipinoに論考されるVernacular, 日本建築学会大会学術梗概集, 2012.09.
59. 藤田彩香, 田上 健一, 保育施設におけるコーナー保育の活動空間, 日本建築学会大会学術梗概集, 2012.09.
60. 谷 正和, 井上 朝雄, 朝廣 和夫, 大井 尚行, 田上 健一, 縮小社会における生活環境圏デザインのための中山間地集落の研究その1 福岡県における調査概要, 日本建築学会大会学術梗概集, 2012.09.
61. 井上 朝雄, 谷 正和, 朝廣 和夫, 大井 尚行, 田上 健一, 縮小社会における生活環境圏デザインのための中山間地集落の研究その2 スペイン・アラゴン州ピレネー山地における調査概要, 日本建築学会大会学術梗概集, 2012.09.
62. 玉城力・田上健一, 直方の伝統的住宅における空間構成の変遷
直方市新町一丁目・殿町・古町を事例として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
63. 堤啓介・田上健一, 保育所民営化に伴う建替え計画におけるガバナンスの形成, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
64. 佐倉浩之・田上健一, 小学校の教室廻りの空間配列1, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
65. 佐倉浩之・田上健一, 小学校の教室廻りの空間配列2, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
66. 竹下あゆみ・田上健一, 津屋崎千軒まちなみガイドライン作成のための基礎研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
67. 松吉大地・田上健一, 避難場所としての学校施設のシャドウプランに関 する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2012.03.
68. 木下直美・田上健一, 既存校舎利用型小中一貫教育校の建築計画に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2011.09.
69. 稲盛智章・田上健一, メトロマニラの低所得者用中層住宅供給事業における居住実態と価値形成マネジメント
Pasayのオンサイトリロケーション事業を対象として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
70. 大場奈帆子・田上健一, 既存校舎一体型小中一貫教育校の空間構成と運営実態
既存校舎一体型小中一貫教育校に関する研究(その1), 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
71. 大場奈帆子・田上健一, 基本設計を通してみた既存校舎一体型小中一貫教育校の建築計画的課題
既存校舎一体型小中一貫教育校に関する研究(その2), 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
72. 江副友美・田上健一, 成熟都市における地域連携型デザイン活動の実践研究
冷泉まちなみ演出プロジェクトを通して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
73. 柴田りつ・田上健一, 学校跡地の計画策定プロセスにおける住民参加の課題
博多区旧冷泉小学校跡地を事例として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
74. 林秋月・田上健一, 中国の環境友好型集合住宅における居住者意識に関する研究
遼寧省大連市の大有恬園1期を事例として, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
75. 二木真希・田上健一, 尾道の文化住宅群に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
76. 平林拓朗・田上健一, 住商一体型居住による住宅地再整備計画論
津屋崎千軒の事例を通して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2011.03.
77. 玉城力・田上健一, 沖縄における一般ユーザー向け地域建築メディアに関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2010.09.
78. 堤啓介・田上健一, 生活領域としての教室まわり小規模付随空間に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2010.09.
79. 竹下あゆみ・田上健一, 地域共生ステーションの生活空間に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2010.09.
80. 伊藤綾子 ・竹下あゆみ・田上健一, 地域共生ステーションの空間特性 共生ケアを行う宅老所の建築計画(その1), 日本建築学会九州支部研究報告, 2010.03.
81. 伊藤綾子 ・竹下あゆみ・田上健一, 施設基準からみる宅老所の空間と共生ケアの地域展開 共生ケアを行う宅老所の建築計画(その2), 日本建築学会九州支部研究報告, 2010.03.
82. 木村隆志・田上健一, 調査報告メディア発信とまちづくり意識の考察, 日本建築学会九州支部研究報告, 2010.03.
83. 藤田桃子・田上健一, 建築ワークショップの実践研究 小学校設計プロセスにおける設計者のファシリテーターとしての関わり方を通して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2010.03.
84. 城戸貴行・田上健一, 設計コンセプトに基づく教育空間活用ガイドラインに関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2010.03.
85. 稲盛智章・田上健一, デラコスタホームのサイトプランニング技術 IRRBP220を指標としての考察, 日本建築学会大会学術梗概集, 2009.09.
86. 江副友美・田上健一, 経年変化からみる環境共生住宅型団地の持続的運営管理 下関・一の宮県営住宅を事例として, 日本建築学会大会学術梗概集, 2009.09.
87. 大場奈帆子・田上健一, 津屋崎千軒における住環境再構築のための基礎研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2009.09.
88. 竹下将史・田上健一, 都市空間における地域協働型環境演出, 日本建築学会大会学術梗概集, 2009.09.
89. 大西陽子・田上健一, 制限規約書と居住者の自律的つくりこみ メトロマニラの低中所得者用住宅供給事業における協調的住環境マネジメント その2, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
90. 大西陽子・田上健一, 協議録からみるHOAの住環境形成プロセス メトロマニラの低中所得者用住宅供給事業における協調的住環境マネジメント その1, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
91. 中西由美子・田上健一, 津屋崎千軒における居住空間構成の変容 その1 街区と街路の変容と現状, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
92. 中西由美子・田上健一, 津屋崎千軒における居住空間構成の変容 その2 住宅の空間構成, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
93. 藤阿紀江・田上健一, 幼保連携への移行に伴う認定こども園の運営形態と空間構成(その1) 施設基準に着目して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
94. 藤阿紀江・田上健一, 幼保連携への移行に伴う認定こども園の運営形態と空間構成(その2) 運営基準に着目して, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
95. 松井大祐・田上健一, 自動車を設計条件とする住空間構成手法, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
96. 犬山翔吾・田上健一, 高齢者専用賃貸住宅の管理運営手法に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2009.03.
97. 田上健一・大西陽子, デラコスタ住宅改善事業におけるコミュニティ・エンパワーメント その1 公益建設会社による住環境マネジメント, 日本建築学会大会学術梗概集, 2008.09.
98. 大西陽子・田上健一, デラコスタ住宅改善事業におけるコミュニティ・エンパワーメント その2 デラコスタ5の住環境マネジメント, 日本建築学会大会学術梗概集, 2008.09.
99. 伊藤綾子・田上健一, 戦前期端島RCアパートメントの住戸ユニット分析 戦前期RCアパートメントとの比較分析をとおして, 日本建築学会大会学術梗概集, 2008.09.
100. 木村隆志・田上健一, 漁業集落丸木町の40年間 埋立地造成による居住空間・近隣関係の変容, 日本建築学会大会学術梗概集, 2008.09.
101. 藤田桃子・田上健一, 冷泉のれんプロジェクトを通してみたまち運営, 日本建築学会大会学術梗概集, 2008.09.
102. 岡田祐介・田上健一, 公立中学校の改築基本設計における合意形成プロセス, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
103. 井田岳志・田上健一, ホームシェアリングを利用する高齢者の地域生活に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
104. 日野孝彦・田上健一, 公営住宅団地におけるグループホーム設置による新たな居住コミュニティ, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
105. 熊沢智広・田上健一, 端島立体高密度環境における設計手法 その1 成立過程にみる設計手法, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
106. 熊沢智広・田上健一, 端島立体高密度環境における設計手法 その2 閉山時にみる設計手法, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
107. 加藤智子・田上健一, 地域施設と連動した子育て支援ネットワークの構築に関する研究 その1 地域施設を利用した子育てサロンの活動実態, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
108. 加藤智子・田上健一, 地域施設と連動した子育て支援ネットワークの構築に関する研究 その2 地域社会における子育て支援ネットワークの構築の可能性, 日本建築学会九州支部研究報告、2008.3 , 2007.08.
109. 荻内康雄・古賀靖子・三浦佳世・田上健一, 街並みの景観構成要素と印象評価との関係, 日本建築学会大会学術梗概集2007,D-1,p.127-128 , 2007.08.
110. 原口純平・田上健一, 集落・居住空間における境界構造 バングラデシュ・デルタ地域の集落と住居に関する研究 その8, 日本建築学会大会学術梗概集2007,E-2 p.47-48 , 2007.08.
111. 加藤智子・田上健一, 運営・支援体制の構築過程からみた子育て支援施設に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集2007E-1 p.179-180 , 2007.08.
112. 中西由美子・田上健一, 端島の高密立体街区空間の再検証, 日本建築学会大会学術梗概集2007E-2 p.251-252 , 2007.08.
113. 松井大祐・田上健一, 立の小中一貫教育校にみる異学年交流の学習空間に関する研究 広島県呉市の小中一貫教育校を事例として, 日本建築学会大会学術梗概集2007E-1 p.485-486 , 2007.08.
114. 加藤智子・田上健一, 学校施設を利用した世代間交流の活動空間に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2007.03.
115. 森大志・田上健一, 公営住宅団地の建替プロセスにおける居住の継承性に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2007.03.
116. 野原春花・田上健一, 再生プロセスからみた廃校の住宅化に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2007.03.
117. 藤田悠・田上健一, 芦屋町における米式住宅の地域化に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2007.03.
118. 湯谷紘介・田上健一, 現代スイスにおける公立小中学校の空間構成に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2007.03.
119. 田上健一・原口純平, BARIの建設プロセス
バングラデシュ・デルタ地域の集落と住居に関する研究 その6, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
120. 原口純平・田上健一, BARIにおける女性の日常生活空間
バングラデシュ・デルタ地域の集落と住居に関する研究 その7, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
121. 森大志・田上健一, 公営住宅団地の居住者による共同管理組織の形態と住環境維持に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
122. 野原春花・田上健一, 利用案決定プロセスから見た廃校転用に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
123. 岡田祐介・田上健一, 公共集合住宅団地における非住居機能との複合化に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
124. 熊澤智宏・田上健一, 端島アパートメントにおける住戸ユニット計画の変遷に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
125. 加藤智子・田上健一, 教科センター方式中学校における学級集団の帰属空間に関する研究, 日本建築学会大会学術梗概集, 2006.09.
126. 田上健一, 米式住宅の住みこなしにみる適応と不適応, 日本建築学会九州支部研究報告, 2003.03.
127. 田上健一・谷正和, デルタ立地集落の地下水砒素汚染
バングラディシュ・デルタ地域の集落と住居に関する研究 その1, 日本建築学会大会学術梗概集, 2003.08.
128. 谷正和、田上健一, デルタ立地集落
マルア村の集落概要、バングラディシュ・デルタ地域の集落と住居に関する研究 その2, 日本建築学会大会学術梗概集, 2003.08.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 田上健一, 那珂川町移住交流促進センター SUMITSUKE, 2017.04.
2. 田上健一, 福岡県弁護士会館設計プロポーザル応募作品, 2015.10.
3. 田上健一, 福智町立図書館・歴史資料館設計業務者選定プロポーザルプロポーザル応募作品, 2015.02.
4. 田上健一+田上研究室, 水上村定住促進住宅プロポーザル 最終3選, 2013.09.
5. 田上健一+(株)日本設計, 日向市新庁舎建設設計プロポーザル 最終5選, 2013.09.
6. 田上健一+田上研究室, 健軍商店街アーケードデザインコンペティション入選作品, 2012.11.
7. 田上健一+田上研究室, 福間保育所(基本設計), 2012.03.
8. 田上健一, 宮城県七ヶ浜町遠山保育所プロポーザル案, 2011.10.
9. 田上健一+田上研究室, 宗像市立玄海小学校(基本設計), 2010.07.
10. 田上健一, 分界稜の家, 2010.03.
11. 田上健一, 新宿区立大久保公園デザインプロポーザル案, 2009.06.
12. 田上健一, 回折の家, 2008.05.
13. 田上健一, 熊本市医師会館プロポーザル応募案, 2009.03.
14. 田上健一, 緒方消化器内科, 2007.05.
15. 田上健一+田上研究室, 宗像市立日の里中学校(基本設計), 2007.03.
16. 田上健一, KOKUEIKANプロポーザルコンペティション 最終20選, 2006.12.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本建築学会
日本都市計画学会
日本技術士会
学協会役員等への就任
2009.05, 日本建築学会, 九州支部常議員.
2004.04, 日本技術士会, 九州支部第7部会副部会長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.09~2019.06.11, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2017.09.01~2017.09.01, 日本建築学会研究協議会.
2014.03.01~2014.03.01, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2013.09~2013.09, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2013.03.01~2013.03.01, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2012.11.30~2012.11.30, 第35回全国町並みゼミ.
2012.11.25~2012.10.25, 第22回日本新生児看護学会学術集会.
2012.09~2012.09, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2012.03.01~2012.03.01, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2011.03~2011.03, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2010.09~2010.09, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2010.03~2010.03, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2009.09~2009.09, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2009.03~2009.03, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2008.09~2008.09, 日本建築学会大会, 司会(Moderator).
2008.03~2008.03, 日本建築学会支部研究発表会, 司会(Moderator).
2007.09~2007.09, 日本建築学会支大会, 司会(Moderator).
2006.09~2006.09, 日本建築学会, 司会(Moderator).
2005.09~2005.09, 日本建築学会, 司会(Moderator).
2014.02.08~2014.02.08, ふくつ景観まちづくりシンポジウム, パネリスト.
2011.10.18~2011.10.20, International Conference on Green Urbanism, Planning Greener Cities, 共同主催.
2010.09.10~2011.09.12, Seminar on Addressing Climate Change Challenges Thru Green Urbanism, 共同主催.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.12~2011.04, Important Building, An architectural research on buildings that we recognize to be relevant to us, 国際, .
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度  
2017年度  
2016年度    
2015年度  
2014年度   13 
2013年度     10 
2012年度  
2011年度    
2010年度  
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度    
2005年度    
2004年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Philippines, Philippines, 2018.11~2018.11.
University of New South Wales, Australia, 2017.12~2017.12.
University of Philippines, Philippines, 2013.11~2013.11.
Illinois Institute of Technology, UnitedStatesofAmerica, 2012.12~2012.12.
University of Zaragoza, Spain, 2011.10~2011.10.
University of Philippines, Philippines, 2011.10~2011.10.
University of Philippines, Philippines, 2010.08~2010.09.
Kookmin University, Korea, 2011.03~2011.03.
Academia Di Architectulla, Swizzerland, Switzerland, 2009.12~2009.12.
Kookmin University, Korea, 2009.12~2009.12.
ETH, Switzerland, 2009.03~2009.03.
University of Philippines, Philippines, 2008.08~2008.09.
Kookmin University, Korea, 2007.08~2007.08.
University of Philippines, Philippines, 2004.03~2004.03.
University of Manchester, UnitedKingdom, 1992.04~1994.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.04~2027.01, 1ヶ月以上, UNSW, Australia, 学内資金.
2018.04~2027.01, 1ヶ月以上, UNSW, Australia, 学内資金.
2018.04~2027.01, 1ヶ月以上, UNSW, Australia, 学内資金.
2018.04~2027.01, 1ヶ月以上, UNSW, Australia, 学内資金.
2018.04~2027.01, 1ヶ月以上, UNSW, Australia, 学内資金.
2017.01~2027.01, 2週間以上1ヶ月未満, 中国・中央美術学院, China, 学内資金.
2016.05~2016.05, 2週間以上1ヶ月未満, 台湾・明傳大学, Taiwan, 学内資金.
2015.10~2015.10, 2週間以上1ヶ月未満, 香港中文大学, Hong Kong , 学内資金.
2011.08~2011.08, 2週間以上1ヶ月未満, University of the Philippines, Philippines, 民間・財団.
2008.09~2004.09, 2週間以上1ヶ月未満, University of the Philippines, Philippines, 民間・財団.
2007.05~2007.05, 2週間以上1ヶ月未満, Kookmin University, Korea, 民間・財団.
2007.03~2007.03, 2週間以上1ヶ月未満, Tainan Science University, Taiwan, 民間・財団.
2004.09~2004.10, 2週間以上1ヶ月未満, University of the Philippines, Philippines, 民間・財団.
受賞
九州建築賞・佳作作品賞(那珂川町移住交流促進センター SUMITSUKE), 日本建築学会, 2018.03.
九州建築賞・奨励作品賞(宗像市立日の里中学校), 日本建築学会九州支部, 2014.03.
健軍商店街ピアクレスアーケードデザインコンペティション・入選, 健軍商店街, 2012.11.
第28回住まいのリフォームコンクール・優秀賞(分界稜の家), 公益財団法住宅リフォーム紛争処理支援センター, 2012.01.
グッドデザイン賞2009, 日本産業デザイン振興会, 2009.11.
九州建築賞・奨励作品賞(回折の家), 日本建築学会九州支部, 2009.05.
豊の国木造建築賞, 大分県, 2008.10.
九州建築賞・奨励作品賞(緒方消化器内科), 日本建築学会九州支部, 2008.05.
熊本鉄骨建築作品賞, 熊本県鉄骨業組合, 2008.05.
日本建築学会奨励賞(論文), 日本建築学会, 2006.04.
別大国道拠点デザインコンペ, 国土交通省, 2002.10.
港川漁港関連施設設計競技, 沖縄県具志頭村, 2000.11.
熊本アートポリス清和文楽村公衆トイレ建築設計競技, 熊本県清和村, 2000.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 東日本大震災を踏まえた応急仮設住宅「熊本型デフォルト」の検証.
2017年度~2019年度, 萌芽研究, 分担, 鉄骨考古学による途上国デザイン史構築のための方法論の研究.
2014年度~2015年度, 萌芽研究, 分担, 発展途上国における歴環境設計の可能性に関する研究.
2012年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 開発途上国におけるBOPモデルによる低所得者用住宅供給の可能性.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 中国における低炭素発展を支える風土適応型ライフスタイルの再生に関する調査研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, 端島高層アパートメントの生活史記録と現地公開方法論に関する研究.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, 米式住宅の再生・転用の実態と歴史文化財的保存活用に関する研究.
2000年度~2003年度, 基盤研究(C), 分担, 首里城城下町の復元的研究.
1999年度~2000年度, 奨励研究(A), 代表, 沖縄における地域工務店の木造住宅生産構造に関する研究.
1998年度~1999年度, 若手研究(A), 代表, ピロティ型住宅の社会的成立プロセス及び居住者の住意識に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, 第一生命財団, 代表, すべての公共施設を避難施設として活用するためのシャドウプラン研究.
2017年度~2021年度, JICA, 代表, 草の根技術協力支援事業.
2011年度~2012年度, トステム建材産業振興財団, 代表, BOPモデルによるメトロマニラの低所得者用住宅事業展開の可能性.
2010年度~2012年度, トヨタ財団, 分担, Studies on ways to factor in green urbanism guidelines in planning future human settlements as a strategy to address climate change. .
2009年度~2010年度, トステム建材産業振興財団, 代表, メトロマニラの低所得者用住宅地におけるコミュニティによる共同建設マネジメント.
2009年度~2011年度, トヨタ財団, 分担, 気候変動対策としての人間の定住計画にグリーンアーバニズムを織り込む手法.
2008年度~2009年度, 住宅総合研究財団, 代表, デラコスタプロジェクトにおけるコミュニティ・エンパワーメント.
2008年度~2009年度, Sumitomo Foundation, 分担, Studies on Implementing Strategies of Community-Based Tourism at the Local Level: The Case of Capul Island, Northern Samar, Philippines and Taketomi Island, Okinawa, Japan.
2001年度~2002年度, 住宅総合研究財団, 代表, 米式住宅の再生の実体と居住者評価に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.10~2019.03, 代表, 公営住宅PPP/PFI導入可能性事業.
2015.10~2017.03, 代表, ワークショップ形式による南畑地区移住促進拠点施設の設計に係る研究.
2015.07~2016.07, 代表, シビックゾーン整備計画策定支援業務に関する共同研究.
2015.07~2016.07, 代表, 公営住宅PPP/PFI導入推進事業に関する共同研究.
2015.07~2016.03, 分担, 那珂川町総合戦略及び人口ビジョン策定に関する研究.
2013.10~2014.03, 分担, QOL向上と行動科学の観点からスマートメーターを活用したエネルギー社会システムデザインに関する研究.
2011.06~2013.03, 代表, まちなみ崩壊を防ぐための建築・空間資源の再生と活用に関する研究.
2012.11~2013.03, 分担, トータルエネルギーマネジメントの観点から観た住宅・地域・社会のシステムに関する研究.
2011.06~2012.07, 代表, 福間保育所施設整備計画策定に関する共同研究.
2010.09~2012.03, 代表, 直方市直方地区伝統的建造物群保存地区保存調査.
2010.07~2011.03, 代表, 公共教育施設の有効利活用に関する調査研究.
2010.09~2011.03, 分担, スマートグリッド時代における次世代ライフラインサービス.
2009.07~2010.07, 代表, 玄海小学校改築基本計画プロジェクト.
2009.07~2010.03, 代表, 公共教育施設の有効利活用に関する調査研究研究.
2008.07~2009.03, 代表, 公立学校における空き教室の実態と有効活用に関する調査研究.
2008.06~2009.10, 代表, デラコスタハウジングプロジェクトにおけるコミュニティエンパワーメント.
2008.06~2009.03, 代表, 自然素材活用型住宅設計手法に関する研究.
2008.07~2009.03, 分担, 福津ブランド策定に関わる調査研究.
2007.04~2008.03, 代表, 次世代移動空間プロジェクト.
2007.04~2008.03, 代表, 日の里中学校実施設計プロジェクト.
2006.04~2007.03, 代表, 日の里中学校改築プロジェクト(宗像市立日の里中学校改築基本設計).
2005.08~2005.03, 代表, 公立学校の廃校の実態及び利活用に関する研究.
寄附金の受入状況
2018年度, インヴィクタス, 建築計画研究にたいする寄附.
2009年度, インヴィクタス, 建築計画研究にたいする寄附.
2009年度, トステム建材振興財団, メトロマニラの低所得者用住宅地におけるコミュニティによる共同建設マネジメント.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2019年度, 世界トップレベル研究者招へいプログラム, 代表, 高齢社会における永住型都市集住環境の再構築に関する研究ユニット.
2014年度~2014年度, 社会連携事業, 代表, 津屋崎千軒の建築文化継承に関わる地域連携.
2013年度~2013年度, 社会連携事業, 代表, 津屋崎千軒の建築文化継承に関わる地域連携.
2011年度~2012年度, 社会連携事業, 代表, 津屋崎千軒の建築文化継承に関わる地域連携.
2011年度~2011年度, 芸術工学研究院プロジェクト研究助成, 代表, 縮小社会の生活環境圏デザインの研究.
2010年度~2011年度, 平成22-23年度教育の質向上支援(EEP)プログラム, 分担, デザイン教育における体験・実践型コミュニケーションの手法開発.
2010年度~2010年度, 社会連携事業, 代表, 博多冷泉まちづくり資源創生プロジェクト.
2009年度~2009年度, 社会連携事業, 代表, 博多冷泉まち・みちデザインプロジェクト.
2008年度~2008年度, 社会連携事業, 代表, 博多冷泉地区公共空間デザインプロジェクト.
2007年度~2007年度, 社会連携事業, 代表, 博多冷泉地区景観演出プロジェクト.
2005年度~2006年度, 芸術工学研究院特定プロジェクト研究, 代表, 国際標準の6年一貫デザイン教育カリキュラムに関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」