九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西田 基宏(にしだ もとひろ) データ更新日:2018.06.22

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 創薬育薬研究施設統括室


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
学会等での研究成果発表。
ホームページの更新・一般公開.
高校での出張講義・サマースクールへの参加。
一般公開講座への参加。
企業や国立研究機関との共同研究開発。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.04~2018.06, 山田科学振興財団助成金 第1次審査委員, 山田科学振興財団.

2017.10~2018.04, 国際科学技術財団若手研究者助成金 選考委員, 国際科学技術財団(JAPAN PRIZE).

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2017.09, 科学新聞、中日新聞、朝日新聞、読売新聞、日刊工業新聞、日本経済新聞、毎日新聞, 抗がん剤で心筋萎縮する仕組み解明.

2016.12, 日経産業新聞、中日新聞、朝日新聞、読売新聞、日刊工業新聞, 心臓の硬化 仕組み解明.

2016.01, 中日新聞、朝日新聞、毎日新聞、日経産業新聞, 加齢高血圧の原因タンパク質を同定.

2015.03, 読売新聞(三河版), ラボ通信「心筋と運動 関係に迫る」(西田基宏).

2012.09, 日経メディカルオンライン, シルニジピンはN型Caチャネル阻害を介しアンジオテンシンII誘発性の血管内皮障害を抑制.

2012.07, 読売新聞/Yahoo! Japanトップページ記事, 硫化水素に心不全予防効果、細胞の老化抑える.

2011.08, 九州大学薬学部ホームページ, 動脈閉塞症改善薬シロスタゾールの新たな標的分子を同定.

2011.04, 九州大学プレスリリース, 心血管病の原因となる受容体発現を低下させる機構を解明.

2009.03, 日経BPウェブサイト, TRPCチャネル選択的阻害薬の心肥大抑制効果に関する研究成果の公表.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2012.08, 心血管を若く保つ工夫, 姫路市役所健康管理部, 兵庫県姫路市.

2011.05, 心腎連関におけるCa2+チャネルの役割解析, 味の素製薬株式会社, 福岡.

2010.08, 心腎連関におけるCa2+チャネルの役割解析, 味の素製薬株式会社, 福岡.

2010.04, TRPCチャネルの生理機能と創薬標的としての可能性, 味の素製薬株式会社, 東京(川崎).

2010.03, 心不全を制御する三量体G蛋白質, 京都大学先端医工研究ユニット, 京都大学桂キャンパス.

2009.11, 心不全発症を担うG蛋白質シグナリング, 日本薬学会九州支部・九州薬科学研究教育連合, 東京(渋谷・長井記念館).

2006.09, QOL(生活の質)と薬/心不全の成因と病態, 九州大学薬学部, 九州大学コラボステーション.

初等・中等教育への貢献状況
2015.11, 岡崎市矢作中学校 出前授業.

2016.09, 岡崎市南中学校 出前授業.

2017.10, 岡崎市南中学校 出前講義.

2011.10, くすりを知る・創る・扱う, 福岡県立東筑高校.

2009.12, 九州大学薬学部への招待・最近の研究内容, 福岡県立明善高校.

2008.05, 高校生のための講義・薬学部で学ぶ生物学, 九州大学薬学部(九州薬科大学研究教育連合主催).

2007.08, サマースクール, 九州大学薬学部.

2006.10, 九州大学薬学部への招待・最近の研究内容, 福岡県立修猷館高校.

2006.08, サマースクール, 九州大学薬学部.

2006.06, 九州大学薬学部への招待・最近の研究内容, 佐賀県立鹿島高等学校.

2005.08, サマースクール, 九州大学薬学部.

その他の優れた社会貢献活動
2009年度, 京都大学大学院薬学研究科で大学院講義(1.5時間)を行った(世話人:竹島浩教授)。.

2009年度, 日本薬学会・薬理部会の次世代を担う若手の会運営委員(九州地区代表者)を担当.

2009年度, 日本薬理学会・次世代の会運営委員担当.

2008年度, 当研究室ホームページ(英語版)を作成した.
ホームページを更新し,最新の研究成果の公開を行った..

2009年度, 京滋ハートセミナー(京都)で招待講演を行った..

2007年度, 東京薬科大学・柳茂教授に招聘され,講演を行った.
.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2012.04~2014.03, FD委員会.

2011.04~2013.03, 遺伝子組換え実験安全委員会.

2010.04~2012.03, 教務委員会.

2010.04~2014.03, 動物実験委員会・薬学部動物実験委員長.

2007.04~2010.03, ネットワーク委員会.

2008.04~2012.03, 薬学部概要作成委員会.

2010.04~2014.03, ホームページ委員.

2009.04~2011.03, 遺伝子組換え実験安全委員会.

2008.12~2010.11, ヒトゲノム・遺伝子解析委員会.

2005.04~2010.03, 薬学部動物実験委員会.

2007.04~2009.03, 遺伝子組換え実験安全委員会.

2004.04~2008.03, 学生生活・修学相談員.

2004.04~2008.03, 廃棄物・毒劇物管理委員会.

2004.04~2008.03, 学生実習委員会.

2006.04~2008.03, 入試委員会委員.

2006.04~2008.03, 超高圧電子顕微鏡室運営委員.

2007.04~2008.03, 国費外国人留学生選考委員会.

2006.12~2007.05, 研究院会議準備委員会.

2005.04~2007.03, 教務委員会委員.

2006.07~2007.03, 医系遺伝子実験安全主任者会議委員.

2003.12~2004.05, 運営委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」