九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
島谷 幸宏(しまたに ゆきひろ) データ更新日:2016.05.23

教授 /  工学研究院 環境社会部門 水圏持続学


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名



ホームページ
https://sites.google.com/site/shimataniyukihiro/
島谷幸宏個人ホームページ .
電話番号
092-802-3419
FAX番号
092-802-3420
取得学位
河川等の水空間における水の豊かさ、清らかさに関する景観工学的研究
専門分野
河川工学、河川環境
活動概要
研究活動:河川、湖沼、湿地などの自然再生、河川景観の保全、総合的な流域管理に関する研究をしています。自然再生に関しては、自然再生の理念、計画手法、自然再生のプロセス、自然再生の技術などについて研究しています。日本における数少ない自然再生研究の研究拠点となることを目指しています。また、河川の個性がどのように形成されているかに関心があり、自然の観点、文化の観点の両方の観点から川の個性を明らかにしたいと考えています。また、いい川が形成されるためには、地域住民との合意形成は欠かせません。研究としては難しいのですが、合意形成についても研究を進めています。その他、川の歴史や生物にも関心があり、多分野の研究者と連携しながら研究を進めています。脱温暖化の地域づくりについて研究を開始しました。

教育活動:自分の力で考えることが出来る、人から信頼される人を教育することがモットーです。川は社会的なことと自然のことの両方を学ぶことが出来る面白い素材です。実際のプロジェクトと関連しながら社会との関連を持った教育を行っています。

社会活動:「いい川」の形成に向け多様な活動を展開します。全国の川の問題で困っている人を応援します。また河川環境のリーダーとして、考え方を提言すると同時に、リーダーシップを発揮し社会に働きかけます。また「福岡都市圏総合治水都市構想」など、川に関する様々な政策提言をしています。現在は「樋井川における全住民参加型流域治水」を行うためにしみ会議を開催しています。また、脱温暖化のための地域づくりの研究にも着手しました。

九大関連コンテンツ