九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
澤田 廉士(さわだ れんし) データ更新日:2017.05.23

教授 /  工学研究院 機械工学部門 設計・生体システム


教育活動概要
 大学院では、光MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)、ナノテクノロジーならびにこれらを医工学分野や精密機器への応用を講義している。講義では動画などをふんだんに使用し学習効果の向上を図っている。学生には応用を通して、その基本、基礎知識、原理を理解、習得させるように心がけ講義を行っている。学部では日本語コミュニケーション、工学序論、G30-Introduction to Mechanical Engineeringなどの講義を行っている。また、アジアンイニシャティブプロジェクト、国際会議、シンガポールとの共同研究などを通し国内外の学生の交流に努めている。先端機関での実習なども組み込んだマイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成プロジェクトに従事し、学生のみならず社会人の育成も行った。日本工学教育協会会員(平成15年度〜),九州工学教育協会会員(平成15年度〜)
担当授業科目
2016年度・前期, 工学序論.

2016年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2016年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2016年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2016年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2015年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2015年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2015年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2015年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2015年度・後期, G30Introduction to Engineering.

2015年度・前期, 工学序論.

2015年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2015年度・通年, ナノ・マイクロ医工学講究.

2014年度・前期, 工学序論.

2014年度・後期, G30Introduction to Engineering.

2013年度・後期, G30Introduction to Engineering.

2014年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2014年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2014年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2014年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2014年度・通年, ナノ・マイクロ医工学講究.

2014年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・通年, ナノ・マイクロ医工学講究.

2013年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2013年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2013年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2013年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2013年度・前期, 工学序論.

2012年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2012年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, G30Introduction to Engineering.

2012年度・前期, 工学序論.

2012年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2012年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2011年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2010年度・前期, 工学序論.

2011年度・後期, G30Introduction to Engineering.

2011年度・後期, G30フロンティアリサーチ.

2011年度・前期, 工学序論.

2009年度・後期, ナノマイクロ医工学特論.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2011年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2011年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2011年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2010年度・後期, 学際開拓創成セミナーII.

2010年度・後期, 学際開拓創成セミナーI.

2010年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2010年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2009年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2009年度・前期, 大学院生体工学特論第一、マイクロマシンの生体工学への応用.

2009年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2008年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2008年度・前期, 大学院生体工学特論第一、マイクロマシンの生体工学への応用.

2008年度・後期, 学際開拓創成セミナI.

2008年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2008年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 大学院生体工学特論第一、マイクロマシンの生体工学への応用.

2008年度・前期, 学際開拓創成セミナII.

2007年度・前期, 大学院生体工学特論第一、マイクロマシンの生体工学への応用.

2007年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2007年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2007年度・後期, 学際開拓創成セミナI.

2006年度・前期, コアセミナー.

2006年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2006年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2006年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2006年度・後期, 学際開拓創成セミナ.

2006年度・前期, 大学院生体工学特論第一、マイクロマシンの生体工学への応用.

2005年度・前期, 工学入門.

2005年度・前期, バイオシステム集積化工学.

2005年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2005年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2005年度・後期, 大学院生体工学特論第二、マイクロマシンの生体工学への応用.

2005年度・後期, 学際開拓創成セミナ.

2004年度・後期, ナノ・マイクロ医工学特論.

2004年度・後期, 学際開拓創成セミナ.

2004年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2004年度・前期, 工学入門.

2004年度・前期, バイオシステム集積化工学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2014.03, 学科, 参加, 機械工学教育におけるルーブリック導入の試み.

2013.05, 部局, 参加, 第1回機械系FDセミナー, 科研の獲得に成功するには, 計画調書の改善点(具体例).

2012.12, 部局, 参加, 評価制度について。評価の準備作業について。.

2011.12, 部局, 参加, システム生命科学府のグローバル化について.

2011.09, 部局, 参加, 鉄鋼業における機械系出身者の活躍と育成~製鐵所を中心に~  .

2010.09, 部局, 参加, 採択率向上のための申請書作成について .

2009.07, 部局, 参加, 自己点検・評価/外部評価の結果とカリキュラム .

2009.03, 部局, 参加, 授業改善の取り組み .

2008.12, 部局, 参加, 大学院教育GPについて.

2008.03, 部局, 参加, 工学研究院の将来構想策定とその理解共有・実行に向けて -QUEST-MAPの役割と活用-.

2008.02, 部局, 参加, 研究・教育者等のキャリアパスの育成と課題について.

2007.03, 部局, 参加, システム生命科学府FD、遠隔じゅぎょうの現状報告と今後の改善案について.

2007.03, 部局, 参加, 工学部FD、授業「材料力学」じょ実施状況についてなど.

2006.11, 学科, 参加, 学力調査結果など.

2005.03, 部局, 参加, 第38回FDセミナー.

2005.03, 全学, 参加, 第4回全学FDー大学院教育の新展開ー.

2004.12, 学科, 参加, 第35回FDセミナー.

2004.12, 学科, 参加, 第34回FDセミナー.

2004.04, 全学, 参加, 平成16年度第1回全学FD—新任教員の研修—.

学生課外活動指導等
2015年度, 創造工房, 創造工房委員長.

2014年度, 創造工房, 創造工房委員長.

2013年度, 創造工房, 創造工房委員長.

2012年度, 創造工房, 創造工房委員長.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 産業技術総合研究所, 2016年度, 客員教員.

2015年度, 産業技術総合研究所, 2015年度, 客員教員.

2014年度, 産業技術総合研究所, 2014年度, 客員教員.

2013年度, 産業技術総合研究所, 2013年度, 客員教員.

2012年度, 産業技術総合研究所, 2012年度, 客員教員.

2011年度, 産業技術総合研究所, 2011年度, 客員教員.

2011年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成23年度, 兼任教員.

2011年度, 岡山大学, 前期, 非常勤講師.

2010年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成22年度, 兼任教員.

2009年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成21年度, 兼任教員.

2010年度, 岡山大学, 前期, 非常勤講師.

2010年度, 産業技術総合研究所, 2010年度, 客員教員.

2009年度, 産業技術総合研究所, 2009年度, 客員教員.

2009年度, 東京大学, 後期, 非常勤講師.

2009年度, 岡山大学, 前期, 非常勤講師.

2008年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成20年度, 兼任教員.

2007年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成19年度, 兼任教員.

2008年度, 産業総合研究所, 平成18年度, 客員教員.

2007年度, マイクロナノ量産技術と応用デバイス製造に関するイノベーション人材育成講師, 平成19年度, 兼任教員.

2007年度, 産業総合研究所, 平成18年度, 客員教員.

2006年度, 産業総合研究所, 平成18年1月5日〜平成9年3月31日, 客員教員.

2006年度, 岐阜大学, 後期, 集中講義.

2006年度, 日本大学工学部, 後期オムニバス方式, 非常勤講師.

2005年度, 産業総合研究所, 平成17年1月5日〜平成18年3月31日, 客員教員.

2005年度, 日本大学工学部, 後期オムニバス方式, 非常勤講師.

2005年度, 岐阜大学, 後期, 集中講義.

2004年度, 産業技術総合研究所, 平成16年度, 客員教員.

2004年度, 日本大学工学部大学院, 前期, 集中講義.

2004年度, 日本大学工学部, 前期オムニバス方式, 非常勤講師.

2004年度, 日本大学工学部, 後期, 非常勤講師.

2004年度, 産業総合研究所, 平成16年1月5日〜平成17年3月31日, 客員教員.

2003年度, 日本大学工学部, 後期 水曜日3次限, 非常勤講師.

国際教育イベント等への参加状況等
2012.11, マレーシアMIJJ教育交流, マレーシア、クアラルンプール, MIJJ.

その他の特筆すべき教育実績
2008.10, JTW (Japan in Today's world program)、ISP(Independent Study Project)、平成20年(2009年)10月~21年(2010年)8月.


九大関連コンテンツ