九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
村田 昌之(むらた まさゆき) データ更新日:2019.02.13

講師 /  九州大学病院 総合診療科 感染制御医学




就職実績-他大学
就職実績有, 2003年8月〜9月京都大学医学部附属病院
就職実績-民間機関等
就職実績有, 平成8年 (1996) 5月 15日 原三信病院(内科医)
平成9年 (1997) 5月 14日 同上 辞職
平成10年 (1998) 4月 1日 国立療養所田川新生病院(内科医、厚生技官)
平成11年 (1999) 3月 31日 同上 辞職
平成12年 (2000) 3月 16日 原土井病院(内科医)
平成12年 (2000) 6月 30日 同上 辞職
平成15年 (2003) 10月 1日 聖マリア病院(総合診療部)
平成15年(2004)3月31日同上辞職
取得学位
医学博士
専門分野
総合診療、感染症、病院感染対策、HIV/AIDS、ウイルス肝炎、臨床免疫、生活習慣病
活動概要
病院では総合診療科で初診外来を担当し、不明熱など未診断患者の診療を行っている。専門領域としては、HIV感染症やC型、B型慢性肝炎などの慢性ウイルス感染症の診療を行い、これら疾患の病態について、免疫学的および疫学的手法を用いて研究を行っている。グローバル感染症センターのメンバーとして病院感染対策に従事し、敗血症など血流感染をきたした患者さんへの抗菌薬使用などについての診療支援や、MRSAなど病院感染対策上重要な菌のサーベイランスを定期的に行い薬剤耐性菌のアウトブレイクの有無について監視している。教育は、総合診療・プライマリーケア、感染症・病院感染対策を担当し、住民検診で上部消化管内視鏡検査、腹部エコー検査・頚動脈エコー検査等を行い、地域保健事業を通して社会活動を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」