九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
笹木 圭子(ささき けいこ) データ更新日:2020.02.21

教授 /  工学研究院 地球資源システム工学部門 資源システム工学


教育活動概要
 博士課程・修士課程の大学院生および学部の卒業研究生に対する指導を行っている。学部の授業では「地球環境修復工学」、「資源システム工学実験第一」を担当している。大学院の授業では,「資源処理工学特論第二」を担当している。学生実験では,実験テキスト(全40ページ)の編集を毎年行い、学生の視点に立ってきめ細かい指導を行っている。
 学生に対して学術・研究分野だけでなく安全面や倫理・道徳面での指導も行っている。「安全のてびき(全43ページ)」の執筆編集をおこない、毎年室内実験に伴う安全教育を実施している。研究室では,「実験のてびき(全70ページ)」の編集をし、研究室構成員の基本的実験の指南書として用いている。留学生,大学院生および卒業研究生に対して毎週個別の研究打合せ,実験の指導,ゼミおよび検討会を行っている。卒業論文及び大学院論文等の研究指導を積極的に行い,大学院生については国内外での学会発表および投稿論文の執筆を奨励している。
 平成18年度入学の学生担当として,クラス指導及び生活相談を行った。特に,単位取得の低い学生や出席率の悪い学生に対しては,個別の面談を行っている。
 全学および部局のFDに毎年参加し,教育改善及び教育方法の向上を図っている。


大学院教育
資源処理工学特論実験
地球資源システム工学演習第二
地球資源システム工学特論第二
地球環境工学研究企画
産学連携研究

学部教育
地球環境工学演習
地球環境工学入門1
資源処理工学第二
資源システム工学実験第二
資源工学インターンシップ
地球環境工学卒業研究
担当授業科目
2018年度・通年, 修士論文.

2018年度・通年, 卒業論文.

2018年度・前期, 入門I.

2018年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2018年度・後期, 地球環境化学.

2018年度・前期, 地球環境修復工学.

2017年度・通年, 修士論文.

2017年度・通年, 卒業論文.

2017年度・前期, 入門I.

2017年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2017年度・後期, 地球環境化学.

2017年度・前期, 地球環境修復工学.

2016年度・前期, 資源処理工学特論第二.

2016年度・前期, 地球環境修復工学.

2016年度・後期, 地球環境化学.

2016年度・前期, 入門I.

2016年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2016年度・前期, 地球資源システム工学インターンシップ.

2016年度・前期, 卒業論文.

2016年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2016年度・前期, 産学連携研究.

2015年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2015年度・通年, 卒業論文.

2015年度・通年, 修士論文.

2015年度・前期, 地球資源システム工学インターンシップ.

2015年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2015年度・前期, 入門I.

2015年度・後期, 地球環境化学.

2015年度・前期, 地球環境修復工学.

2014年度・前期, 入門I.

2014年度・後期, 地球環境化学.

2014年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2014年度・後期, 地球環境修復工学.

2015年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2014年度・前期, 地球資源システム工学インターンシップ.

2015年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2015年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2015年度・前期, 資源処理工学実験第二.

2014年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2014年度・前期, 産学連携研究.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2013年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2013年度・後期, 地球環境修復工学.

2013年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2013年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2013年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2013年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2013年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2013年度・前期, 産学連携研究.

2013年度・後期, 地球環境化学.

2013年度・前期, 入門1.

2012年度・前期, 入門I.

2012年度・後期, 地球環境化学.

2012年度・前期, 産学連携研究.

2012年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2012年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2012年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2012年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2012年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2012年度・後期, 地球環境修復工学.

2012年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2012年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2011年度・前期, 入門I.

2011年度・後期, 地球環境化学.

2011年度・前期, 産学連携研究.

2011年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2011年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2011年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2011年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2011年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2011年度・後期, 地球環境修復工学.

2011年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2011年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2011年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 産学連携研究.

2010年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2010年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2010年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2010年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2010年度・前期, 資源システム工学実験第一.

2010年度・後期, 地球環境修復工学.

2010年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2010年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2010年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 産学連携研究.

2009年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2009年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2009年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2009年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2009年度・後期, 資源システム工学実験第一.

2009年度・後期, 地球環境修復工学.

2009年度・後期, 資源処理工学特論第二.

2009年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2009年度・前期, 地球環境工学入門I.

2009年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2009年度・前期, 全学教育実験(コアセミナー科目).

2009年度・後期, 環境システム国際特別コース.

2006年度・前期, 産学連携研究.

2006年度・後期, 地球環境工学研究企画.

2006年度・後期, 地球資源システム工学演習第二.

2006年度・前期, 資源処理工学特論実験第二.

2006年度・前期, 資源処理工学特論実験第一.

2006年度・後期, 資源処理工学第二特論.

2006年度・後期, 資源システム工学実験第二.

2006年度・後期, 地球環境修復工学.

2006年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2006年度・前期, 地球環境工学入門I.

2006年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2006年度・前期, 全学教育実験(コアセミナー科目).

2006年度・後期, 環境システム国際特別コース.

2005年度・後期, 資源システム工学実験第二.

2005年度・後期, 資源処理工学第二.

2005年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2005年度・前期, 地球環境工学入門I.

2005年度・前期, 全学教育実験(コアセミナー科目).

2005年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2005年度・後期, 資源処理工学第二特論.

2004年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2004年度・前期, 地球環境工学入門I.

2004年度・前期, 全学教育実験(コアセミナー科目).

2004年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2004年度・後期, 資源システム工学実験第二.

2004年度・後期, 資源処理工学第二.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.11, 全学, 参加, メンタルヘルス講演会.

2017.05, 部局, 参加, 工学府改革に関する講演(東北大学大学院工学研究科長).

2015.04, 全学, 参加, MICEの活動.

2014.07, 全学, 参加, 新GPAについて.

2013.06, 全学, 参加, 基幹教育と基幹教育カリキュラム.

2012.04, 全学, 参加, 女性教員メンター説明会.

2011.04, 全学, 参加, 女性教員メンター説明会.

2010.05, 部局, 参加, 工学教育FD国際戦略.

2010.02, 全学, 参加, 女性のキャリアと研究開発.

2006.06, 全学, 参加, メンタルヘルスケア講演会.

2004.04, 全学, 参加, 九州大学FD.

学生のクラス指導等
2009年度, 学部, 工学府学務委員.

2009年度, 学部, 工学部学務委員.

2006年度, 全学, 工学部地球環境工学科22クラス.

2004年度, 学部, 資源システム工学実験第二.

2004年度, 学部, 資源処理工学第二.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 東北大学多元物質科学研究所 客員教授, H31.4.1-H32.3.31, 客員教員, 国内.

2018年度, 北海道大学触媒科学研究所共同研究フェロー, H30.4.1-H31.3.31, 客員教員, 国内.

2016年度, India , 学位論文 副査, 国外.

2016年度, 岡山大学大学院自然科学研究科, 前期 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2013年度, Charles Sturt University, NSW Australia, 学位論文 副査, 客員教員, 国外.

2011年度, Central South University, China, 集中講義, 国外.

2009年度, カンボジア工科大学, 非常勤講師, 国外.

2008年度, 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門, 前期、後期, 兼任教員, 国内.

2008年度, 金沢大学理学部, 前期, 集中講義, 国内.

2007年度, 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門, 前期、後期, 兼任教員, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2014.03, invited lecture, State Colleage, Pennsylvania State University, 50.

2013.03, 海外連携大学へのリーディングプログラム案内, Bandung, Indonesia, Kyushu University, 30.

2013.01, 博士課程リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」海外研修, シンガポール・シンガポール, 博士課程リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」, 30.

2013.01, 博士課程リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」キックオフミーティング, 福岡, 九州大学 博士課程リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」, 150.

2012.06, Invited Lecture, State College, USA, Pennsylvania State University, 30.

2011.09, Invited Lecture, Changsha, China, Central South University, 100.

2010.02, 2nd Regional Conference on Biotechnology: Research and Development on Food Biotechnology, Cambodia, AUN-SEED/Net, JICA and ASEAN Foundation, 100.

2009.12, CINEST 2009, Fukuoka, CINEST, 136.

2009.12, 4th G-COE symposium, Shanghai, CINEST, 200.

2009.03, International Symposium of Earth Science and Technology 2009, Bandung, Indonesia, International Symposium of Earth Science and Technology.

2008.12, International Symposium of Earth Science and Technology 2008, Fukuoka, CINEST, 120.

2006.10, JBIC, 日本・福岡, 九州大学, 8.

その他の特筆すべき教育実績
2019.11, 台北科技大学においてバイオハイドロメタラジーに関する特別講義をおこなった。.

2019.04, 東北大学多元物質化学研究所 客員教授.

2019.01, National Institute of Technology (NIT) Rourkela (India)の博士学位論文審査
.

2018.08, 中国地質大学の学生受入.

2018.04, 早稲田大学 非常勤講師.

2017.07, 岡山大学 非常勤講師.

2012.10, JSPS 博士課程リーディングプログラム「グリーンアジア国際戦略プログラム」(2012-2019)副プログラムコーディネーター.

2009.04, 本学グローバルCOE「新炭素資源学」の博士後期課程「新炭素資源学研究I」、「新炭素資源学研究I」、「新炭素資源学研究II」、「新炭素資源学演習I」、「新炭素資源学演習II」、「新炭素資源学国際演習」について講師として参画.

2008.07, 金沢大学理学部 集中講義 非常勤講師.

2008.07, グローバルCOE「新炭素資源学」の事業担当協力者として活動.

2008.08, 長崎県立大村高等学校への出前講義.

2007.04, 理学府地球惑星科学部門 副指導教員.

2007.04, 部局内安全教育に関するテキストの作成と講義.

2006.12, 21世紀人材育成推進事業にて講義
タイトル「地下資源開発技術および地下環境修復技術への微生物の活用」.

2006.04, 部局内安全教育に関するテキストの作成と講義.

2005.10, 島根県立松江東高等学校への出前講義
タイトル「地下水を浄化する微生物」.

2005.04, 部局内安全教育に関するテキストの作成と講義.

2004.07, 福岡市内高等学校(中村学園)への出前講義
タイトル「リサイクルと環境」.

2004.05, 部局内安全教育に関するテキストの作成と講義.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」