九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
長田 博文(おさだ ひろふみ) データ更新日:2017.07.19



主な研究テーマ
確率論


キーワード:確率論 確率解析 拡散過程の均質化 フラクタル上の拡散過程 無限粒子系 干渉ブラウン運動 ランダム行列
1980.04.
従事しているプロジェクト研究
日本学術振興会 日独二国間共同研究
2012.04~2014.03, 代表者:竹田雅好, 日本.
日本学術振興会 日独二国間共同研究
2007.04~2009.03, 代表者:重川一郎, 日本.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Hirofumi Osada, Hideki Tanemura, Strong Markov property of determinantal processes with extended kernels., Stochastic Processes and their Applications, 126, 186-208, 2016.01.
2. Hirofumi Osada, Tomoyuki Shirai, Absolutely continuity and singularity of Palm measures of the Ginibre point process, Probability Theory and Related Fields, published on line (46 pages), 2015.07.
3. Hirofumi Osada, Interacting Brownian motions in infinite dimensions with logarithmic interaction potentialsII: Airy random point field., Stochastic Processes and their Applications, 123, 3, 813-838, 2013.03.
4. Hirofumi Osada, Interacting Brownian motions in infinite dimensions with logarithmic interaction potentials, Annals of Probability, 41, 1-49, 2013.01.
5. Hirofumi Osada, Infinite-dimensional stochastic differential equations related to random matrices, Probability theory and related fields, 153 , no. 3-4, 471–509, 471-509, 2012.03.
6. Hirofumi Osada, Tagged particle processes and their non-explosion criteria, Journal of the mathematical society of Japan, 62, 3, 867-894, 867-894, 2010.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Hirofumi Osada, Infinite-dimensional stochastic differential equations related to random matrices, 2012.03.20.
2. Hirofumi Osada, Interacting Brownian motions related to random matrices, Stochastic Processes and their applications, 2007.08.
学会活動
所属学会名
日本数学会
学協会役員等への就任
2012.01~2013.12, ベルヌイ協会, the Committee for Conferences on Stochastic Processesの委員.
2007.04, 日本数学会, 受賞候補者推薦委員.
学会・研究会における座長等
2011.12.05~2011.12.07, Stochastic Analysis on Large Scale Interacting Systems, 座長.
2011.07.11~2011.07.15, the Conference in Honor of the 70th Birthday of S. R. Srinivasa Varadhan., 司会.
2009.07.27~2009.07.31, SPA Berlin 2009: 33rd Conference on Stochastic Processes and their applications, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2011.12.05~2011.12.07, Stochastic Analysis on large Scale interacting Systems, オーガナイザー.
2010.09.06~2010.09.10, SPA 2010 (Stochastic Processes and its Applicatins 2010), Scientific Program Committee 委員長.
2008.09.08~2008.09.12, Stochastic Analysis and Applications 2008 (日独シンポジウム), Organizing Committee 委員.
2006.10, Stochastic Analysis on large Scale interacting Systems, オーガナイザー.
2006.08, 確率論サマースクール2006, organizer.
2006.07, 大規模相互作用系の確率解析, organizer.
2005.10, 大規模相互作用系の確率解析, organizer.
2004.10, 大規模相互作用系の確率解析, organizer.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.01~2015.03, Electric Journal of Probability , 編集委員.
2012.01~2015.03, Electric Communications of Probability , 編集委員.
2002.07~2003.07, Advanced Studies in Pure Mathematics 39, Stochastic Analysis on Large Scale Interacting Systems, 編集者.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度 21        21 
2014年度 14        14 
2013年度 16        16 
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度    
2006年度      
2005年度      
2004年度 13        13 
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 基盤研究A 「2次元クーロンポテンシャルによって相互作用する無限粒子系の確率幾何と確率力学」, 2015.03.
ホームページ, 科研基盤研究B「ランダム行列、統計物理に動機づけられた無限次元確率力学系」のホームページ。, 2011.01.
研究報告書.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ポアンカレ研究所, France, 2009.01~2009.01.
ベルリン工科大学, Germany, 2009.08~2009.08.
Cornell大学, United States of America, 2008.06~2008.06.
イリノイ大学, United States of America, 2007.08~2007.08.
台湾大学, Taiwan, 2006.06~2006.06.
外国人研究者等の受入れ状況
2012.05~2012.07, ENSTA ParisTech, , .
受賞
解析学賞, 日本数学会, 2014.09.
Itô Prize , Elsevier, 2013.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, ランダム行列、統計物理に動機づけられた無限次元確率力学系.
2005年度~2008年度, 基盤研究(A), 代表, 統計力学に動機付けを持つ諸問題の確率解析による総合的かつ統合的研究.

九大関連コンテンツ