九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
増田 俊彦(ますだ としひこ) データ更新日:2019.06.12



教育活動概要
2010年度には全学教育での線型代数の講義, 大学院での関数解析の講義
及び工学部でのフーリエ解析の講義を行った.
線型代数では, 最初は連立方程式の解法や, 行列式の計算を中心に講義をし、その後抽象的な線型代数の
講義をした.
関数解析ではヒルベルト空間の一般論とコンパクト作用素のスペクトル分解を講義した。
フーリエ解析では、具体的な計算例及び微分方程式への応用について講義をした。
担当授業科目
2019年度・前期, 数学概論Ⅰ・演習.

2019年度・後期, 解析学Ⅲ.

2019年度・前期, 数理科学特論5.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習Ⅰ.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習Ⅰ.

2019年度・後期, 微分積分学・同演習Ⅱ.

2019年度・後期, 微分積分学・同演習Ⅱ.

2019年度・前期, 数理科学特別講義Ⅴ.

2016年度・前期, 関数解析.

2018年度・後期, 関数解析の基礎.

2018年度・後期, 関数解析.

2018年度・後期, 関数解析の基礎.

2016年度・後期, 線形代数学同演習B.

2016年度・後期, 微分積分学同演習B.

2016年度・前期, 線形代数学同演習A.

2016年度・前期, 微分積分学.

2016年度・前期, 微分積分学同演習A.

2018年度・前期, 数学概論Ⅰ・演習.

2018年度・前期, MMA講究C.

2018年度・前期, 微分積分学・同演習Ⅲ.

2018年度・後期, 微分積分学・同演習B.

2018年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2018年度・後期, 解析学Ⅲ.

2017年度・後期, 解析学Ⅲ.

2017年度・秋学期, 微分積分学・同演習Ⅱ.

2017年度・冬学期, 微分積分学・同演習Ⅲ.

2017年度・前期, 微分積分学・同演習Ⅰ.

2017年度・前期, MMA講究C.

2015年度・後期, 線形代数学同演習B.

2015年度・前期, 線形代数学同演習A.

2015年度・後期, 微分積分学同演習B.

2015年度・前期, 微分積分学同演習A.

2015年度・前期, 数学概論II.

2014年度・前期, 作用素環基礎演習.

2014年度・前期, 数学展望.

2014年度・後期, 線形代数学同演習B.

2014年度・前期, 線形代数学同演習A.

2014年度・後期, 微分積分学同演習II.

2014年度・前期, 微分積分学同演習I.

2013年度・前期, 線形代数学同演習A.

2013年度・後期, 線形代数学同演習B.

2013年度・前期, 解析学I.

2013年度・後期, 数学IIA.

2012年度・前期, 数学基礎演習III.

2012年度・後期, 微分積分学同演習B.

2012年度・後期, 数学IIA.

2012年度・前期, 微分積分学同演習A.

2012年度・前期, 解析学I.

2011年度・後期, 微分積分学同演習B.

2011年度・前期, 微分積分学同演習A.

2011年度・前期, 作用素環論大意.

2011年度・後期, 数学IIA.

2010年度・後期, 数学IIA.

2010年度・後期, 線形代数学同演習B.

2010年度・前期, 作用素環論大意.

2010年度・前期, 線形代数学同演習A.

2009年度・後期, 線形代数学同演習B.

2009年度・前期, 微分積分学同演習A.

2009年度・後期, 数学IIA.

2009年度・後期, 微分積分学同演習B.

2009年度・前期, 線形代数学同演習A.

2008年度・前期, 線形代数同演習A.

2008年度・後期, 線形代数同演習B.

2008年度・後期, 数学IIA.

2008年度・後期, 微分積分学同演習B.

2007年度・前期, 数学IA.

2007年度・前期, 微分積分学同演習A.

2006年度・後期, 作用素環論基礎・演習.

2006年度・前期, 基礎数学演習III.

2006年度・後期, 微分積分学・同演習B.

2006年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2005年度・前期, 作用素環論基礎・演習.

2005年度・前期, 数学基礎演習Ⅲ.

2004年度・前期, 微分積分A.

2004年度・前期, 微分積分続論.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 東京大学数理科学研究院, 7/4-7/8, 集中講義, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」