九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中尾 久子(なかお ひさこ) データ更新日:2019.09.20

教授 /  医学研究院 保健学部門 看護学分野 臨床健康支援看護学


教育活動概要
学部教育では、老年看護学概論、老年看護学各論、医療倫理・看護倫理、終末期医療・ターミナルケア論、卒業研究、老年看護学実習など、医学系学府大学院修士課程では、看護学研究方法論Ⅰ、医療と生命倫理、看護組織・マネジメント論、臨床看護学特論、看護学特別研究等、博士後期課程では、ヘルスサイエンス論、健康支援ケアシステム論、保健学特別研究を主に担当している。
担当授業科目
2019年度・夏学期, 医療倫理・看護倫理.

2019年度・前期, 老年看護学各論Ⅱ.

2019年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2019年度・前期, 老年看護学実習.

2019年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2019年度・通年, 保健学特別研究(中尾教授).

2019年度・春学期, 看護学研究方法論Ⅰ.

2019年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2019年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・後期, 看護・組織マネジメント論.

2018年度・夏学期, 医療倫理・看護倫理.

2018年度・前期, 老年看護学各論Ⅱ.

2018年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2018年度・前期, 老年看護学実習.

2018年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2018年度・通年, 保健学特別研究(中尾教授).

2018年度・春学期, 看護学研究方法論Ⅰ.

2018年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2018年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・通年, 看護学特別研究(中尾教授).

2008年度・後期, 看護倫理学.

2017年度・後期, 看護・組織マネジメント論.

2008年度・前期, 臨床看護学演習.

2007年度・前期, 老年看護学Ⅰ.

2007年度・後期, 看護倫理学.

2007年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2007年度・後期, 医療と生命倫理.

2007年度・前期, 家族論.

2007年度・前期, 栄養学.

2006年度・前期, 老年看護学Ⅰ.

2006年度・前期, 老年看護学Ⅱ.

2006年度・前期, 家族論.

2007年度・後期, インフォームドコンセント応用編(医療系統合教育).

2008年度・前期, 老年看護学Ⅱ.

2008年度・前期, 老年看護学概論.

2008年度・後期, 臨床老年看護学.

2008年度・後期, 医療と生命倫理.

2008年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2008年度・前期, インフォームドコンセント(医療系統合教育).

2008年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2007年度・前期, 老年看護学Ⅱ.

2007年度・後期, 老年看護学Ⅱ.

2008年度・前期, 成人看護の対象と方法.

2008年度・後期, 慢性期看護論.

2009年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2009年度・前期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2009年度・通年, 臨床看護学特論Ⅲ(演習).

2009年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2009年度・前期, 看護倫理学.

2009年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ・セルフケア支援論.

2009年度・通年, 特別研究(修士課程).

2009年度・後期, 医療と生命倫理.

2008年度・通年, 老年看護学実習.

2007年度・通年, 老年看護学実習.

2009年度・前期, 老年看護学概論.

2009年度・後期, 臨床老年看護学.

2009年度・前期, 老年看護方法論.

2009年度・前期, 生活指導論.

2010年度・前期, 老年看護学概論.

2010年度・後期, 臨床老年看護学.

2010年度・後期, 医療と生命倫理.

2010年度・前期, 成人看護学概論.

2010年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2010年度・通年, 保健学特別研究.

2010年度・通年, 看護学特別研究.

2010年度・通年, 老年看護学実習.

2010年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2010年度・通年, 卒業研究.

2011年度・通年, 老年看護学実習.

2011年度・前期, 老年看護学概論.

2011年度・後期, 臨床老年看護学.

2011年度・前期, 成人看護学概論.

2011年度・通年, 卒業研究.

2011年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2011年度・前期, インフォームドコンセント(医療系統合教育).

2011年度・後期, 医療と生命倫理.

2011年度・通年, 看護学特別研究.

2011年度・通年, 保健学特別研究.

2011年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2011年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2011年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2011年度・後期, がん看護援助論.

2010年度・後期, がん看護援助論.

2010年度・前期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2010年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2011年度・前期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2010年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2011年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2011年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2011年度・通年, 臨床看護学特論Ⅲ.

2011年度・前期, 看護倫理.

2010年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2010年度・通年, 臨床看護学特論Ⅲ.

2010年度・後期, 健康支援ケアシステム論Ⅱ.

2010年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2010年度・前期, 看護倫理.

2010年度・通年, 総合実習.

2011年度・通年, 総合実習.

2011年度・後期, 社会学.

2012年度・通年, 総合実習.

2012年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2012年度・通年, 保健学特別研究.

2012年度・通年, 看護学特別研究.

2012年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2012年度・通年, 臨床看護学特論Ⅲ.

2012年度・後期, 医療と生命倫理.

2012年度・後期, がん看護援助論.

2012年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2012年度・前期, 看護倫理.

2012年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2012年度・前期, インフォームドコンセント(医療系統合教育).

2012年度・通年, 卒業研究.

2012年度・後期, 臨床老年看護学.

2012年度・前期, 老年看護学概論.

2012年度・前期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2012年度・通年, 老年看護学実習.

2013年度・通年, 老年看護学実習.

2013年度・前期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2013年度・前期, 老年看護学概論.

2013年度・通年, 卒業研究.

2013年度・前期, 看護研究入門.

2013年度・前期, インフォームドコンセント(医療系統合教育).

2013年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2013年度・前期, 看護倫理.

2013年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2013年度・後期, がん看護援助論.

2013年度・後期, 医療と生命倫理.

2013年度・通年, 臨床看護学特論Ⅲ.

2013年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2013年度・通年, 看護学特別研究.

2013年度・通年, 保健学特別研究.

2013年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2012年度・後期, 社会学.

2014年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2014年度・通年, 保健学特別研究.

2014年度・通年, 看護学特別研究.

2014年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2014年度・後期, 医療と生命倫理.

2014年度・後期, がん看護援助論.

2014年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2014年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2014年度・前期, インフォームドコンセント(医療系統合教育).

2014年度・前期, 看護研究入門.

2014年度・前期, 老年看護学概論.

2014年度・後期, 老年看護学各論Ⅰ.

2014年度・後期, 老年保健疾病論.

2014年度・通年, 老年看護学実習.

2014年度・後期, がん看護演習Ⅰ.

2014年度・前期, 医療倫理・終末期医療論.

2014年度・後期, 健康支援ケアシステム論Ⅱ.

2014年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2014年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2015年度・後期, 健康支援ケアシステム論Ⅱ.

2015年度・通年, 保健学特別研究.

2015年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2015年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2015年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2015年度・後期, がん看護援助論.

2015年度・後期, がん看護演習Ⅰ.

2015年度・後期, 医療と生命倫理.

2015年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2015年度・後期, 看護組織・マネジメント論.

2015年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2015年度・前期, 薬害(医療系統合教育).

2015年度・前期, 看護研究入門.

2015年度・前期, 老年看護学概論.

2015年度・後期, 老年看護学各論Ⅰ.

2015年度・前期, 老年看護学実習.

2015年度・前期, 医療倫理・終末期医療論.

2015年度・後期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2014年度・通年, 卒業研究.

2015年度・通年, 卒業研究.

2015年度・後期, 老年保健疾病論.

2016年度・通年, 保健学特別研究.

2016年度・後期, 健康支援ケアシステム論Ⅱ.

2016年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2016年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2016年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2016年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2016年度・後期, がん看護援助論.

2016年度・後期, がん看護演習Ⅰ.

2016年度・後期, 医療と生命倫理.

2016年度・後期, 臨床倫理(医療系統合教育).

2016年度・通年, 卒業研究.

2016年度・前期, 老年看護学実習.

2016年度・前期, 看護研究入門.

2016年度・後期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2016年度・前期, 医療倫理・終末期医療論.

2016年度・後期, 老年看護学各論Ⅰ.

2016年度・前期, 老年看護学各論Ⅱ.

2016年度・前期, 老年看護学概論.

2016年度・後期, 老年保健疾病論.

2016年度・通年, 看護学特別研究.

2017年度・前期, ヘルスサイエンス論.

2017年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2017年度・通年, 看護学特別研究.

2017年度・通年, 臨床看護学特論Ⅱ.

2017年度・通年, 臨床看護学特論Ⅰ.

2017年度・後期, がん看護援助論.

2017年度・後期, がん看護演習Ⅰ.

2017年度・後期, 医療と生命倫理.

2017年度・通年, 卒業研究.

2017年度・後期, 生命倫理・遺伝相談カウンセリング論.

2017年度・前期, 老年看護学実習.

2017年度・後期, 看護倫理・ターミナルケア論.

2017年度・前期, 医療倫理・終末期医療論.

2017年度・前期, 老年看護学各論Ⅱ.

2017年度・後期, 老年看護学各論Ⅰ.

2017年度・前期, 老年看護学概論.

2017年度・後期, 老年保健疾病論.

2018年度・通年, 保健学特別研究.

2018年度・後期, 健康支援ケアシステム論Ⅱ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2018.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2018.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2017.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2017.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2016.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2016.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2015.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2015.02, 部局, 講演, 看護学専攻主催FD.

2014.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2014.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2013.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2013.02, 部局, 企画, 看護学専攻主催FD.

2012.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2012.01, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2011.09, 学科, 企画, 保健学科主催FD .

2011.02, 部局, 参加, 看護学専攻主催FD.

2010.09, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2010.02, 学科, 参加, 看護学専攻主催FD.

2009.08, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2009.05, 学科, 企画, 大学院教育におけるポートフォリオを利用した学習支援について.

2009.02, 学科, 企画, 看護学専攻主催FD.

2008.03, 学科, 参加, 看護学専攻主催FD.

2007.03, 学科, 参加, 看護学専攻主催講演会.

2006.12, 学科, 参加, 保健学科主催FD .

2006.02, 学科, 参加, 看護学専攻主催講演会.

2005.11, 学科, 参加, 保健学科主催講演会.

2005.09, 学科, 参加, 保健学科主催講演会.

2005.07, 学科, 参加, 医学部保健学科FD.

2004.11, 学科, 参加, 看護学専攻主催講演会.

2004.11, 学科, 参加, 文部科学省平成16年度看護学教育ワークショップ.

2004.09, 学科, 司会, 九州大学医学部保健学科看護学教育ワークショップ.

2004.09, 学科, 参加, 九州大学医学部保健学科FD.

学生のクラス指導等
2019年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻3年生.

2018年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻2年生.

2017年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻1年生.

2010年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻4年生.

2009年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻3年生.

2008年度, 学部, 医学部保健学科看護学専攻2年生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2019年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2018年度, 福岡女学院看護大学, 後期, 非常勤講師, 国内.

2018年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2018年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 福岡女学院看護大学, 後期, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 山口大学医学研究科修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 山口大学医学研究科修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期、集中, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡県看護協会認定看護師教育教育センター, 前期・集中, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 前期, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 前期, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 高雄医学大学看護学部 護理(看護)学院 大学 , 10月, 国外.

2013年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 6-7月, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 大分県立看護科学大学/看護研究交流センター, 9月, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 5―6月, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡女学院看護大学, 10月, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 久留米大学医学研究院修士課程, 6―7月, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 大分県立看護科学大学/看護研究交流センター, 9月, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 大分県立看護科学大学/看護研究交流センター, 9月, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 久留米大学大学院医学研究科修士課程, 2010.4~2011.3
, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 大分県立看護科学大学/看護研究交流センター, 8―9月, 集中講義, 国内.

2009年度, 久留米大学大学院医学研究科修士課程, 2009.4~2010.3
, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 集中講義, 国内.

2008年度, 福岡大学/医学部看護学科, 2008.4.1~2009.3.31
, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 久留米大学/認定看護師教育教育センター, 6―7月, 集中講義, 国内.

2008年度, 久留米大学大学院医学研究科修士課程, 2008.4.1~2009.3.31
, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 大分県立看護科学大学/看護研究交流センター, 8―9月, 集中講義, 国内.

2007年度, 福岡大学医学部看護学科, 2007.04.01-2008.03.31, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 山口県立大学看護学部, 2004.04.01-2007.03.31, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 山口県立衛生看護学院 助産師課程, 2005.04..01-2007.03.31, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 山口大学医学部医学科, 2004.04.01-2005.03.31, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 筑波大学医療技術短期大学部看護学科, 2004.04..01-2005.03.31, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.11, The 13th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2018, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2017.11, The 12th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2017, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2016.11, The 11th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2016, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2015.11, The 10th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2015
, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2014.11, The 9th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2014
, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2013.11, The 8th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2013, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2012.11, The 7th International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2012
, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2011.11, The Sixth International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2011, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University, 300.

2011.03, Palliative Medicine and Supportive Oncology, The 14th International Symposium, Work Shop
, USA, Florida,, Center for Continuing Education, Cleaveland Clinic, 300.

2010.11, The Fifth International Forum of Health Sciences in Kyushu University 2010, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University , 300.

2010.07, 27th International Congress of Applied Psychology (ICAP) IAAP , Melbourne, Australia, 27th International Congress of Applied Psychology (ICAP) , 3000.

2010.03, The 16th International Conference on Cancer Nursing, USA, Atlanta, International Society of Nursing "Cancer Care", 500.

2009.11, The Forth International Forum of Health Sciencesin Kyushu University 2009, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University , 300.

2009.02, the 10th Annual Evidence-Based Practice Conference
, USA, Arizona, Center for the Advancement of Evidence-Based Practice, Academy for Continuing Education, ASU College of Nursing and Health Innovation
, 200.

2008.11, The Third International Forum of Health Sciencesin Kyushu University 2008, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University , 300.

2008.08, XXIInd EUROPEAN CONFERENCE FOR PHILOSOPHY OF MEDICINE AND HEALTH CARE

, Tartu, Estonia , Organization: European Society for Philosophy of Medicine and Healthcare (ESPMH) and the Centre for Ethics, University of Tartu. , 200.

2007.11, The Second International Forum of Health Sciencesin Kyushu University 2007 “Education and Research of Health Sciences in Asia”, Japan,Fukuoka, Department of Health Sciences Graduate School of Medical Sciences kyushu University , 300.

2007.03, The 8th Asian Bioethics Conference , Bangkok/Thailand, Main Organizer The Asian Bioethics Association
Institutional Partners Center for Ethics of Science and Technology, Chulalongkorn University Regional Unit for Science and Human Science in Asia and the Pacific (RUSHSAP), UNESCO Bangkok National Health Foundation, 200.

2006.11, The First International Forum of Health Sciences in Fukuoka 2006 “Education and practice of health sciences”
, Japan, Fukuoka, Department of Health Sciences kyushu University , 300.

2004.11, 7th World Congress of Bioethics Congress, Sydney/ AUSTRALIA, World Congress of Bioethics Congress, 500.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」