九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮島 郁夫(みやじま いくお) データ更新日:2019.06.11



主な研究テーマ
熱帯・亜熱帯における有用植物の保護と利用に関する研究
キーワード:熱帯・亜熱帯,有用植物,保護,利用
2004.05.
園芸作物における花色と花色素構成との関係に関する研究
キーワード:園芸作物,花色,色素
2004.05.
園芸作物の栽培と育種に関する研究
キーワード:園芸作物,栽培,育種
2004.05.
従事しているプロジェクト研究
ICTの高度活用によるBOP層農民の組織化支援
2014.02~2017.01, 代表者:緒方一夫, 九州大学, 独立行政法人国際協力機構
先にバングラデシュにおいてICT(情報通信技術)を用いた減農薬・有機肥料による野菜の栽培方法の普及と減農薬野菜の販売に取り組んでいたが,本プロジェクトではこれらの事業にかかわっている農家を生産集団化し,減農薬と有機肥料による高付加価値野菜(セミオーガニック野菜)をこれまでより大規模に生産してこれら農民の貧困脱却を目指す..
Research and breeding of azaleas originated for conservation and development in Vietnam
2013.01~2018.12, 代表者:Dao Thanh Van, Thai Nguyen University of Agriculture and Forestry, Thai Nguyen University of Agriculture and Forestry (Vietnam)
ベトナムの山間地に自生する常緑性ツツジ(Rhododendron simsii)の分布と遺伝的変異を調査するとともに,日本のツツジ園芸品種との交雑育種を行いベトナム国内で利用可能な優良なツツジ園芸品種の育成を目指す..
高精度品種鑑別法の確立-一次県産品のブランド化と生産者の保護を目指して-
2006.10~2008.09, 代表者:林葉 康彦, 九州共立大学, 柿原財団.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Dao Thi Thanh Huyen, Yuki Mizunoe, Dao Thanh Van, Ikuo Miyajima, Heat stress tolerance in Rhododendron simsii Planch., J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 63, 2, 241-247, 2018.02.
2. Dao Thi Thanh Huyen, Kenji Ureshino, Dao Thanh Van, Ikuo Miyajima, Quercetin 3-glucoside and quercetin 3-rhamnoside found in the reddish-purple blotch area of Rhododendron simsii Planch. flowers., J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 62, 1, 53-56, 2017.02.
3. Dao Thi Thanh Huyen, Kenji Ureshino, Dao Thanh Van, Ikuo Miyajima, Co-pigmentation of anthocyanin-flavonol in the blotch area of Rhododendron simsii Planch. flowers., The Horticulture Journal, 10.2503/hortj.MI-092, 85, 3, 232-237, 2016.07.
4. Dao Thi Thanh Huyen, Dao Thanh Van, Kuang-Liang Huang, Ikuo Miyajima, Distribution and composition of flavonols in the flowers of Rhododendron oldhamii Maxim., J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 61, 1, 37-40, 2016.02.
5. Kenji Ureshino, Yumi Nagahama, Takeru Itabashi, Ikuo Miyajima, Maternal nuclear genome controls paternal ptDNA ingeritance in progeny from interspecific crosses of Rhododendron spp., The Horticulture Journal, 84, 1, 52-57, 2015.01.
6. Ikuo Miyajima, Chika Takemura, Nobuo Kobayashi, Silvina Soto, Gabliera Facciuto, Flower bud initiation and development of Jacaranda mimosifolia (Bignoniaceae) in Japan., Acta Horticulturae, 1000, 71-76, 2013.07.
7. Ikuo Miyajima, Yuki Kurotani, Nobuo Kobayashi, Silvina Soto, Gabriera Facciuto, Interspecific crosses between Jacaranda mimosifolia and J. cuspidifolia (Bignoniaceae), Acta Horticulturae, 990, 253-258, 2013.06.
8. Nguyen Thi Lam Hai, Junichiro Masuda, Ikuo Miyajima, MICHIKAZU HIRAMATSU, Hiroshi OKUBO, Involvement of carotenoid cleavage dioxygenase 4 gene in tepal color change in Lilium brownii var. colchesteri, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 81, 4, 366-373, 2012.10.
9. Nguyen Thi Thu Hang, Ikuo Miyajima, Kenji Ureshino, Nobuo Kobayashi, Yuji Kurashige, Toshiro Matsui and Hiroshi Okubo, Anthocyanins of wild Rhododendron simsii Planch. flowers in Vietnam and Japan, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 80, 2, 206-213, 2011.04.
10. Nguyen Thi Thu Hang, Ikuo Miyajima, Kenji Ureshino, Jun-ichiro Masuda and Hiroshi Okubo, Comparison of morphological characteristics of Rhododendron simsii Planch distributed in Vietnam and Japan, Journal of Faculty of Agriculture Kyushu University, 55, 2, 233-237, 2010.10.
11. Mizuta, D., A. Nakatsuka, I. Miyajima, T. Ban and N. Kobayashi, Pigment composition patterns and expression analysis of flavonoid biosynthesis genes in the petals of evergreen azalea 'Oomurasaki' and its red flower sport., Plant Breeding, 129, 558, 562, 2010.04.
12. Mizuta, D., T. Ban, I. Miyajima, A. Nakatsuka and N. Kobayashi, Comparison of flower color with anthocyanin composition patterns in evergreen azalea., Scientia Horticulturae, 122, 594-602, 2009.06.
13. Nakatsuka, H., D. Mizuta, Y. Kii, I. Miyajima and N. Kobayashi, Isolation and expression analysis of flavonoid biosynthesis genes in evergreen azalea., Scientia Horticulturae, 118:314-320, 2008.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Jahidul Hassan,宮島郁夫, バングラデシュで採集したポトルの形態的および生態的特徴, 平成29年度園芸学会秋季大会, 2017.09.
2. 市川愛菜, 宮島 郁夫, 四倍体ロコトトウガラシの作出と自家授粉での着果率, 平成29年度園芸学会秋季大会, 2017.09.
3. Dao Thi Thanh Huyen, Dao Thanh Van, 水ノ江 雄輝, 宮島 郁夫, タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)の熱ストレス耐性, 平成29年度園芸学会春季大会, 2017.03.
4. Dao Thi Thanh Huyen, Dao Thanh Van, 嬉野 健次, 宮島 郁夫, タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)花弁の赤紫色のブロッチ部分にはクェルセチン 3-グルコシドとクェルセチン 3-ラムノシドが含まれる., 平成28年度園芸学会秋季大会, 2016.09.
5. 赤木 涼佳, Soto Silvina, 小林 伸雄, 宮島 郁夫, 南米原産花木ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)の種間雑種の花色および花器形態について, 平成27年度園芸学会秋季大会, 2015.09.
6. 一ノ瀬 陽, 高見 栞, 宮島 郁夫, 四倍体ロコトトウガラシの着果率と果実形態, 平成27年度園芸学会秋季大会, 2015.09.
7. Dao Thi Thanh Huyen, 宮島 郁夫, タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)花弁におけるアントシアニン-フラボノールコピグメンテーション, 平成26年度園芸学会秋季大会, 2014.09.
8. 赤木 涼佳, 宮島 郁夫, 中山真義, Soto Silvina, 小林伸雄, 南米産花木ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)とその種間雑種の花色について, 平成26年度園芸学会秋季大会, 2014.09.
9. 高見 栞, 宮島 郁夫, Fruites characteristics of colchicine-induced tetlaploid rocoto pepper (Capsicum pubescens Ruiz et Pav.), 29th International Horticultural Congress, 2014.08.
10. Dao Thi Thanh Huyen, 嬉野健次, 宮島 郁夫, キンモウツツジ(Rhododendron oldhamii Maxim.)の花弁内フラボノールの分布と構成, 平成25年度園芸学会秋季大会, 2013.09.
11. 宮島 郁夫, 桂 奈央, 赤木 涼佳, 中山真義, Soto Silvina, 小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)花弁の主要フラボンの推定構造, 平成25年度園芸学会秋季大会, 2013.09.
12. 高見 栞, 鬼木 清, 宮島 郁夫, 四倍体ロコトトウガラシの形態的特性と自家和合-不和合性, 平成25年度園芸学会秋季大会, 2013.09.
13. 高見 栞, 宮島 郁夫, Factor of the flower abscission in rocoto pepper (Capsicum pubescens Ruiz et Pav.) originated in Andes region, The 6th Korea-China-Japan graduate student forum "Agriculture, Food, Environmental and Life Sciences in Asia", 2013.09.
14. Dao Thi Thanh Huyen, 宮島 郁夫, Flower pigment of rhododendron simsii and R. oldamii distributed in subtropical Asian countries, The 6th Korea-China-Japan graduate student forum "Agriculture, Food, Environmental and Life Sciences in Asia", 2013.09.
15. 宮島 郁夫, 桂 奈央, 中山真義, Soto Silvina, 小林伸雄, ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)の花弁内主要アントシアニンの同定, 平成24年度園芸学会秋季大会, 2012.09.
16. Miyajima Ikuo, Kurotani Yuki, Kobayashi Nobuo, Soto Silvina, Facciuto Gabriela, Interspecific crosses between Jacaranda mimosifolia and J. cuspidifolia (Bignoniaceae), 2nd International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone, 2012.07, Jacaranda mimosifolia, which has beautiful, long-lasting blue flowers, is a subtropical tree native to northern Argentina that has been widely planted not only in subtropical but also temperate areas of countries such as Australia, Italy, Japan, Spain and the United States where there is no risk of frost. We are conducting a breeding program for jacaranda with dwarf and juvenile flowering characteristics that are suitable for potted plants. Interspecific crosses of jacaranda have previously been conducted among species such as J. mimosifolia, J. cuspidifolia, J. micrantha, and J. puberula, with seeds resulting from several crossings. However, there is little information about the cross-compatibility or the morphological characteristics of their progeny. J. cuspidifolia, which has reddish-purple flowers and larger leaves than J. mimosifolia and is also distributed in northern Argentina, has juvenile flowering characteristics. We attempted interspecific crossing between J. mimosifolia and J. cuspidifolia. A relatively high frequency of fruit set was observed in crosses of J. mimosifolia x J. cuspidifolia, whereas very little fruit set was observed in the reciprocal cross (J. cuspidifolia x J. mimosifolia). Based on microscopic observations, pollen tubes penetrated the style and reached the ovary in crosses of J. mimosifolia x J. cuspidifolia. On the other hand, few pollen tubes reached the ovary in the J. cuspidifolia x J. mimosifolia crosses. The germination rate of seeds obtained in crosses between J. mimosifolia x J. cuspidifolia was relatively high, whereas it was quite low in the seeds obtained from the reciprocal cross. All of the seedlings obtained from these interspecific crosses were confirmed as hybrids by isozyme analysis. Several characteristics of these hybrids and their parents were also investigated..
17. Miyajima Ikuo, Takemura Chika, Kobayashi Nobuo, Soto Silvina and Facciuto Gabriela , Flower bud differentiation of Jacaranda mimosifolia (Bignoniaceae) in Japan, International Symposium on New Floricultral Crops, 2011.11, Jacaranda mimosifolia has attractive lilac-colored flowers and is deemed one of the most beautiful flowering trees in the world. This species is principally found in parks and along streets of cities in subtropical regions of the Americas, Africa and Australia. Under natural conditions, the flowering season of this species is early summer (middle to late June in the southern part of Japan). We are conducting a breeding program for jacaranda with dwarf and juvenile flowering characteristics that are suitable for potted plants. However, there is no information on the timing of flower bud differentiation in J. mimosifolia. We observed flower bud development anatomically and investigated the effect of low temperature on flower bud differentiation. The apical meristem remained in the vegetative phase from November to late March of the following year. Broadening of the apical meristem was observed in early April and formation of floral primordia was confirmed from mid-April through early May. The differentiation of apical and lateral flower bud primordia progressed rapidly and flower clusters were observable in mid-May. Flower bud differentiation was not observed under conditions of a continuous temperature of 25°C. More than 3 months of low temperature (15°C) seemed to be required for normal anthesis, although at least 1 month of low temperature was needed for flower bud differentiation..
18. 梶原ゆき・宮島郁夫・大久保敬・中山真義・Soto Silvina・小林伸雄, ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)花弁の青紫色発色機構, 平成23年度園芸学会秋季大会, 2011.09.
19. 宮島郁夫・竹村智佳・梶原ゆき・大久保敬・Soto Silvina・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)の花弁内主要アントシアニン, 平成22年度園芸学会秋季大会, 2010.09.
20. 梶原ゆき・宮島郁夫・大久保敬・Soto Silvina・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダ属植物の花弁内フラボノイド類, 平成22年度園芸学会秋季大会, 2010.09.
21. Nguyen Thi Thu Hang・宮島郁夫・嬉野健次・大久保敬, ベトナム産タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)の花弁内アントシアニン, 平成22年度園芸学会春季大会, 2009.03.
22. Nguyen Thu Thi Hang・宮島郁夫・比良松道一・嬉野健次・大久保 敬, ベトナム産タイワンヤマツツジ(Rhododendron simsii Planch.)の遺伝的多様性と種間交雑親和性, 平成21年度園芸学会秋季大会, 2009.09.
23. 竹村智佳・宮島郁夫・尾崎行生・大久保敬・Gabriela Facciuto・小林伸雄, ジャカランダの接ぎ木株の花芽分化に及ぼす低温処理の影響, 平成20年度園芸学会秋季大会, 2008.09.
24. 立石信峰・林久美子・尾崎行生・宮島郁夫・大久保敬, ヤブツバキの葉緑体DNA変異とその地理的分布について, 平成20年度園芸学会秋季大会, 2008.09.
25. 宮島郁夫・竹村智佳・尾崎行生・大久保敬・Gabriela Facciuto・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダの花粉貯蔵法, 平成20年度園芸学会春季大会, 2008.03.
26. 宮島郁夫・竹村智佳・尾崎行生・大久保敬・Diego Mata・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダの花芽分化期について, 平成19年度園芸学会秋季大会, 2007.09.
27. 竹村智佳・石原美香・宮島郁夫・Diego Mata・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダの花粉稔性と花粉管伸長について, 平成19年度園芸学会春季大会, 2007.03.
28. 宮島郁夫・Diego Mata・小林伸雄, 熱帯性花木ジャカランダとオオバジャカランダとの種間雑種の育成, 平成17年度園芸学会春季大会, 2005.04.
29. Miyajima, I., Plant Pigments -Flavonoid Pigments in Azaleas-, 2nd Congreso Argentino de Floricultura y Plantas Ornamentales, 2004.10.
30. Miyajima, I., Kato, A., Hagiwara, J.C., Mori, M. and Facciuto, G., Promotion of immature seeds germination in Jacaranda (Bignoniaceae)., The 5th international symposium on new floricultural crops, 2003.08.
学会活動
所属学会名
国際園芸学会
園芸学会
農業生産技術管理学会
学協会役員等への就任
2018.04~2019.03, 園芸学会九州支部会, 幹事.
2018.04~2019.03, 園芸学会九州支部会, 評議員.
2017.04~2019.03, 植物色素研究会, 会長.
2014.04~2016.03, 農業生産技術管理学会, 評議員.
2008.10~2013.09, 植物色素研究会, 幹事.
2008.04~2010.03, 農業生産技術管理学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.26~2015.09.26, 園芸学会平成27年度秋季大会シンポジウム, 講演.
2014.10.03~2014.10.05, 日本熱帯農業学会116回講演会, 運営.
2012.02.17~2012.02.17, (独)国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業中間報告会「ICTを活用したBOP層農民の所得向上プロジェクト」, 運営,講演.
2009.08.10, JSPSワークショップ「インドシナ地域の農業研究教育の変容に対応する多重的フォローアップ研究」, 運営.
2008.11.22~2008.11.24, JSPSセミナー「ハイブリッドイネと農業生態系の科学」, 総括.
2007.11, JSPSセミナー「ハイブリッドイネと農業生態系の科学」, 総括.
2006.11, JSPSセミナー「ハイブリッドイネと農業生態系の科学」, 総括.
2006.11.25~2006.11.26, 第18回植物色素研究会, 運営全般.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.04~2011.03, Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2002年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
タイグェン農林大学, Vietnam, 2019.03~2019.03.
Baara Land Resort(ハノイ), Vietnam, 2018.12~2018.12.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2018.03~2018.03.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2016.06~2016.06.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2016.03~2016.03.
国立嘉義大学, Taiwan, 2015.08~2015.08.
タイバック大学, Vietnam, 2014.10~2014.11.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2014.09~2014.09.
タイグェン農林大学, ハノイ農業大学, Vietnam, 2014.03~2014.03.
KPC鉱山, Indonesia, 2013.03~2013.03.
タイグェン農林大学, ハノイ農業大学, Vietnam, 2013.03~2013.03.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2013.01~2013.02.
ゲント大学, Belgium, 2012.07~2012.07.
キングモンクット工科大学, ハノイ農業大学, タイフェン農林大学, Thailand, Vietnam, 2012.02~2012.03.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2012.01~2012.01.
アルゼンチン国立花卉研究所, Argentina, 2011.11~2011.11.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2011.07~2011.07.
江原大学, Korea, 2011.06~2011.06.
フエ大学, タイグェン農林大学, ハノイ農業大学, Vietnam, 2011.03~2011.04.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2011.02~2011.02.
タイグェン農林大学, ハノイ農業大学, Vietnam, 2010.11~2010.11.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2010.10~2010.10.
嘉義大学, Taiwan, 2010.09~2010.09.
フエ大学, Vietnam, 2010.06~2010.06.
キングモンクット工科大学, Thailand, 2010.03~2010.03.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, 国立東チモール大学, Bangladesh, East Thimor, 2010.01~2010.02.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2009.10~2009.11.
南京林業大学, 蘇州大学, China, 2009.09~2009.09.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2009.06~2009.06.
タイグェン農林大学, ハノイ大学理学部, Vietnam, 2009.05~2009.05.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2009.02~2009.02.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2008.12~2008.12.
タイグェン農林大学, Vietnam, 2008.04~2008.04.
カントー大学, タイグェン農林大学, Vietnam, 2008.02~2008.03.
アルゼンチン国立農牧技術院花卉研究所, Argentina, 2007.12~2007.12.
ハノイ農業大学, Vietnam, 2007.11~2007.11.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2007.10~2007.11.
ハノイ農業大学, タイグェン大学農学部, Vietnam, 2007.03~2007.03.
東ティモール大学農学部, , 2007.01~2007.02.
ボンガボンデゥ・シェイク・ムジブル・ラーマン農業大学, Bangladesh, 2006.11~2006.12.
アルゼンチン園芸総合試験場, Argentina, 2004.06~2004.12.
国際協力機構アルゼンチン園芸開発計画, Argentina, 2001.05~2004.04.
受賞
平成15年度年間優秀論文賞, 園芸学会, 2003.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, ツツジ亜属種におけるCCD4遺伝子の発現と常緑性黄花ツツジ育種への応用.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 九州の歴史的庭園における異文化要素について.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 日本から海外に渡ったツツジ園芸品種の遺伝的選抜と栽培環境適応に関する研究.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 熱帯産花木ジャカランダの種間交雑不和合性の解明と打破に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 農産物の高品質化と高収益生産を目指した気象資源の探索と有効利用.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 熱帯産花木ジャカランダの開花習性の解明と新規鉢物生産技術の確立.
1998年度~1999年度, 基盤研究(C), 代表, ツツジ類の遠縁交雑におけるアルビノ発現機構の解明.
1996年度~1997年度, 基盤研究(C), 代表, 三系交雑による常緑性黄色花ツツジの作出に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2013年度, 一般財団法人中村治四郎育英会 中村奨励金, 代表, 東南アジア原産の常緑性野生ツツジ類における花色素に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」