九州大学 研究者情報
総説一覧
貝沼 重信(かいぬま しげのぶ) データ更新日:2019.10.11

准教授 /  工学研究院 社会基盤部門 建設設計材料工学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 柳沼安俊,城島保茂,吉岡保雄,貝沼重信, 表面SH波による十字すみ肉溶接継手のルートギャップの超音波測定, ㈱東京鐵骨橋梁技術報 No.48, 2002.11.
2. 細見直史,貝沼重信, 鋼構造部材のコンクリート境界部における経時的な腐食特性に関する研究, ㈱東京鐵骨橋梁技術報 No.52, 2006.09.
3. 貝沼重信, 目視できない鋼材の「地際腐食」を簡単に検査, ㈱東京鐵骨橋梁,日本電測機㈱ 日経コンストラクション, 2013.05.
4. 貝沼重信, 鋼部材の地際部における非破壊検査システム, ㈱東京鐵骨橋梁,日本電測機㈱ 土木施工 Vol.54 No.6 pp.59, 2013.06.
5. 細見直史, 山田隆明, 貝沼 重信, 地際腐食の非接触・非破壊検査システム バウンダリーチェッカー, 建設機械施工,Vol.66,No.7,pp.1-5, 2014.07.
6. S.KAINUMA, Current Status and Issues of Corrosion Damage in Steel Highway Bridges, Magazine of the Korea Institute for Strauctural Maintenace and Inspection, Vol.18, No.3 (Serial No.80), pp.12-17, 2014.08.
7. N. Hosomi, T. Yamada, S.KAINUMA, Contactless and Non-Destructive Insspection System of Corrosion Damage for Steel Members in Boundary with Ground, Magazine of the Korea Institute for Strauctural Maintenace and Inspection, Vol.18, No.3 (Serial No.80), pp.32-37, 2014.08.
8. 貝沼重信, 鋼構造物の腐食損傷に対する学際研究による新技術開発, 西日本腐蝕防蝕研究会, 第180回 例会会報,Vol.55,No.1, 2015.04.
9. 細見直史, 永野徹, 貝沼重信, 鋼・コンクリート境界部の腐食検査システム -バウンダリーチェッカー-, ㈱東京鐵骨橋梁技術報No.57, 2016.03.
10. 細見直史,貝沼重信, コンクリート境界部で腐食した鋼構造部材の疲労寿命評価・予測式の提案, 2016.10.
11. 貝沼重信, 井手隆幸, 木村裕幸, 加藤禎洋, 河川用ゲートにおける腐食環境評価, 日本工営㈱, こうえいフォーラム, Vol.25, No.37, 2016.12.
12. 田淵大介,佐島隆生,貝沼重信,八木伸曉,内田大介, 超硬バーを用いた傾斜面加工での切削条件が切削抵抗に及ぼす影響, 鹿児島大学工部研究報告,第 59号, 2017.12.
13. 貝沼重信, 鋼橋の腐食に対する維持管理, 公益財団法人高速道路調査会,高速道路と自動車, Vol.61,No.9, 2018.09.
14. 貝沼重信, 鋼構造物の腐食損傷に対する維持管理, 一般社団法人日本構造物診断技術協会, No.35, 2019.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」