九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森上 修(もりうえ おさむ) データ更新日:2017.08.25

教授 /  工学研究院 機械工学部門 燃焼科学


主な研究テーマ
燃料噴霧の蒸発,点火,燃焼
キーワード:噴霧,点火
2004.11.
微小重力環境を利用した燃焼研究
キーワード:微小重力
2007.01.
アルカン系燃料の低温酸化反応機構
キーワード:自発点火,冷炎
2004.11.
予混合気の最小点火エネルギー
キーワード:火花点火,最小点火エネルギー
2005.04~2007.03.
従事しているプロジェクト研究
燃料液滴列の自発点火限界近傍の点火挙動に関する研究チーム
2015.12, 代表者:野村 浩司, 宇宙航空研究開発機構.
液滴群燃焼ダイナミクス研究チーム
2009.04~2013.03, 代表者:菊池政雄, 宇宙航空研究開発機構.
共通微小重力実験装置を用いる高圧環境下における点火・燃焼研究チーム
2009.04~2015.03, 代表者:野村浩司, 宇宙航空研究開発機構.
音場での燃焼機構解明研究チーム
2009.04~2010.03, 代表者:田辺光昭, 宇宙航空研究開発機構.
ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現メカニズムの解明
2008.04, 代表者:三上真人, 宇宙航空研究開発機構(日本)
国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」での実験実施を前提とした燃料噴霧の燃え広がりに関する基礎研究である..
液滴群燃焼ダイナミクス研究班WG
2005.04~2009.03, 代表者:菊池政雄, 宇宙航空研究開発機構.
高圧環境下における点火・燃焼現象解明のための共通微小重力実験装置検討WG
2005.04~2009.03, 代表者:野村浩司, 宇宙航空研究開発機構.
宇宙環境利用科学ブロジェクト-予蒸発燃料液滴列の燃焼特性解明
2007.04~2010.03, 宇宙航空研究開発機構.
2次元燃料液滴群の群燃焼発現メカニズムの解明
2004.04~2007.03, 代表者:三上真人, 日本宇宙フォーラム
液滴列火炎伝播の研究成果を,落下実験,数値計算,理論解析を通して,噴霧における群燃焼発現メカニズムの解明へと接続することを目的としている.最終的に国際宇宙ステーションにおける宇宙実験を想定している..
研究業績
主要原著論文
1. Osamu Moriue, Ryosuke Takagi, Kota Yone, Hideki Hashimoto, Eiichi Murase, Kentaro Kaneko, Hiroshi Nomura, Masao Kikuchi, Observation of Spontaneous Ignition Behavior of a Fuel Droplet Pair by Interferometry, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, 12, ists29, Ph_13-Ph_17, 2014.07.
2. Eiichi Murase, Osamu Moriue, Hideki Hashimoto, Fumihiro Nakashima, Yoshinobu Komai, A study on the direct control of the start of homogeneous charge compression ignition combustion by pulsed flame jet with rapid compression expansion machine, International Journal of ENGINE RESEARCH, 2014.02.
3. 村瀬 英一, 森上 修, 橋本 英樹, 松崎 伊生, 初期燃焼速度に着目した最小点火エネルギーの当量比依存性に関する研究, 日本機械学会論文集(B編), 79, 805, 1839-1847, 1839-1847, 2013.09.
4. Osamu Moriue, Yohei NISHIYAMA, Yosuke YAMAGUCHI, Hideki Hashimoto, Eiichi Murase, Effects of Droplet Interaction on Spontaneous Ignition of an n-Decane Droplet Pair, Proceedings of the Combustion Institute, 34, pp. 1585-1592, 2013.01.
5. 森上 修, 燃料液滴群の自発点火における液滴間相互干渉の数値解析による研究, 日本マイクログラビディ応用学会誌, Vol.29, No. 1, pp. 32-39, 2012.01.
6. Osamu Moriue, Daijiro Eto, Kei Shimada, Hiroya Sahara, Eiichi Murase, Cool-Flame Behaviors of an n-Decane/Ethanol Binary-Fuel Droplet in Microgravity, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, pp. Ph_7-Ph_10, 2009.05.
7. Osamu Moriue, Keisuke Matsuo, Eiichi Murase, Stefan Schnaubelt and Christian Eigenbrod, Verification of a Numerical Simulation Model of Fuel Droplet Ignition through Microgravity Experiments and its Further Application, Journal of The Japan Society of Microgravity Application, Vol. 24, No. 3, pp. 251-254, 2007.08.
8. 森上修,三上真人,小嶋直哉,村瀬英一, 定容閉鎖空間における微小な単一燃料液滴の二段点火の数値計算, 日本機械学会論文集(B編), 72巻713号,pp. 150-155, 2006.01.
9. Moriue, O., Mikami, M., Kojima, N. and Eigenbrod, C., Numerical Simulations of the Ignition of n-Heptane Droplets in the Transition Diameter Range from Heterogeneous to Homogeneous Ignition, Proceedings of the Combustion Institute, 30, pp. 1973-1980, 2005.01.
10. Moriue, O., Eigenbrod, C., Rath, H. J., Tsue, M., Kono, M. and Sato, J., Spontaneous Ignition of n-Alkane Droplets with Various Volatility, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol. 47, No. 157, pp. 189-194, 2004.11.
11. Schnaubelt, S., Moriue, O., Eigenbrod, C. and Rath, H. J., Detailed Numerical Simulations for the Multi-Stage Self-Ignition Process of n-Decane Single Droplets with Complex Chemistry, Microgravity Science and Technology, XIII/1, pp. 20-23, 2001.01.
12. Moriue, O., Eigenbrod, C., Rath, H. J., Sato, J., Okai, K., Tsue, M. and Kono, M., Effects of Dilution by Aromatic Hydrocarbons on Staged Ignition Behavior of n-Decane Droplets, Proceedings of the Combustion Institute, 28, pp. 969-975, 2000.08.
13. Schnaubelt, S., Moriue, O., Eigenbrod, C. and Rath, H. J., Detailed Numerical Simulations of the Multi-Stage Self-Ignition Process of n-Heptane Isolated Droplets and Their Verification by Comparison with Microgravity Experiments, Proceedings of the Combustion Institute, 28, pp. 953-960, 2000.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 森上 修,田辺 光昭, 液滴の自発点火, 微粒化(日本液体微粒化学会誌), 17巻57号, pp. 22-29, 2008.03.
主要学会発表等
1. Osamu Moriue, Takeru Iwamoto, Masaoki Sugihara, Kota YONE, Hideki Hashimoto, Eiichi Murase, Hiroshi NOMURA, Effects of Droplet Interaction on Heat-Release Locations around a Fuel Droplet Pair in Hot Air in Microgravity, The 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015.07.07.
2. Yohei Nishiyama, Osamu Moriue, Hiroshi Kato, Hideki Hashimoto, Eiichi Murase, Effects of Droplet Interaction on Spontaneous Ignition of Droplet Pair in Pressurized Air, The 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011.06.10.
3. Osamu Moriue, Yoshiaki Kawaida, Hiroshi Kato, Eiichi Murase, Numerical Simulations of Spontaneous Ignition of Mono-disperse Fuel Spray in Lean Premixed Gas, The 11th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 2009.07.27.
4. 川井田 佳陽,加藤 洋史,森上 修,村瀬 英一, 希薄予混合気中に燃料噴霧が存在する系の自発点火に関する数値計算, 第46回燃焼シンポジウム, 2008.12.05.
5. Osamu Moriue, Kei SHIMADA, Daijiro ETO, Hiroya SAHARA, Fumihiro NAKASHIMA, Eiichi Murase, Cool-Flame Characteristics of n-Decane and n-Decane/Ethanol Droplets in a Hot Air, The 32nd International Symposium on Combustion, 2008.08.07.
6. Osamu MORIUE, Kei SHIMADA, Daijiro ETO and Eiichi MURASE, Cool Flame Behavior around an Isolated n-Decane Droplet in a Hot Air under Microgravity, Third International Symposium on Physical Sciences in Space (ISPS 2007), 2007.10.24.
7. Osamu Moriue and Eiichi Murase, Numerical Simulation of Fuel Spray Ignition through the Comparison to a Droplet in a Cell, 10th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 2006.08.
8. 森上修,村瀬英一,三上真人,津江光洋,河野通方,佐藤順一,Christian Eigenbrod, 微小重力実験による燃料液滴点火の数値計算モデルの検証およびその拡張, 日本機械学会2005年度年次大会, 2005.09.
9. 森上修,津江光洋,河野通方,佐藤順一, 二成分燃料液滴の蒸発および点火の数値計算, 第41回燃焼シンポジウム, 2003.12.
10. Moriue, O., Schnaubelt, S., Eigenbrod, C. and Rath, H. J., Numerical Simulation of the Ignition of a Single Fuel Droplet in an Air with Finite Volume, 9th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 2003.07.
11. Eigenbrod, C., König, J., Moriue, O., Schnaubelt, S. and Bolik, T., Experimental and Numerical Studies on the Autoignition Process of Fuel Droplets, Joint Meeting of the British, German and French Sections of The Combustion Institute, 1999.05.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本燃焼学会
日本航空宇宙学会
自動車技術会
日本液体微粒化学会
学協会役員等への就任
2016.06~2018.02, 自動車技術会, 代議員.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, エンジンシステム部門 年次大会企画委員会 委員長.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 計算力学技術者資格認定事業委員会 熱流体力学分野小委員会 ワーキンググループ委員.
2015.01~2019.12, International Institutes for Liquid Atomization and Spray Systems, Editorial board member of Atomization and Sprays.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, エンジンシステム部門 年次大会企画委員会 副委員長.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 計算力学技術者資格認定事業委員会 熱流体力学分野小委員会 ワーキンググループ委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 計算力学技術者資格認定事業委員会 熱流体力学分野小委員会 ワーキンググループ委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 2014年度校閲委員.
2013.04~2014.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究委員会 小委員長.
2013.01~2016.12, 日本液体微粒化学会, 事業部会 部会長.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 2013年度校閲委員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 熱工学部門 出版委員会 委員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 2011年度校閲委員.
2011.01~2012.12, 日本液体微粒化学会, 表彰委員会委員長.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 2010年度校閲委員.
2009.04~2010.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究委員会 小委員会委員.
2009.09~2010.12, 日本液体微粒化学会, 研究委員会委員.
2008.04~2012.03, 日本燃焼学会, 夏の学校準備委員会委員.
2008.03~2008.05, 自動車技術会, 2008・2009年度評議員選挙 選挙管理委員.
2007.04, 自動車技術会, 九州支部事務局.
2007.04~2009.03, 日本機械学会, エンジンシステム部門広報委員会 幹事.
2007.04~2009.03, 日本機械学会, エンジンシステム部門技術委員会 委員.
2007.04~2008.03, 日本機械学会, 2007年度校閲委員.
2007.01~2016.12, 日本液体微粒化学会, 理事.
2006.04, 自動車技術会, 九州支部理事.
2006.04~2011.03, 日本機会学会, エンジンシステム部門 九州先進エンジンテクノロジー研究会 幹事.
2006.04~2012.03, 日本燃焼学会, 夏の学校 幹事.
2006.04~2007.03, 日本機械学会, 2006年度校閲委員.
2006.01, 日本燃焼学会, 電子情報化委員.
2005.04~2008.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究委員会 幹事.
2005.04~2006.03, 日本機械学会, エンジンシステム部門 Journal技術委員会 幹事.
2001.04~2002.03, 日本燃焼学会, 次世代燃焼基盤技術の国際動向調査研究会 小委員会委員.
学会・研究会における座長等
2016.11.23~2016.11.25, 第54回燃焼シンポジウム, 座長.
2016.10.25~2016.10.29, 11th Asian Microgravity Symposium (AMS2016), 座長.
2015.10.14~2015.10.16, 自動車技術会2015年秋季大会, 座長.
2015.06.03~2015.06.05, 第52回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2014.12.03~2014.12.05, 第52回燃焼シンポジウム, 座長.
2014.09.20~2014.09.20, 日本機械学会九州支部大分講演会, 座長.
2013.12.19~2013.12.20, 第22回微粒化シンポジウム, 座長.
2013.12.04~2013.12.06, 第51回燃焼シンポジウム, 座長.
2013.05.29~2013.05.31, 第50回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2012.07.23~2012.07.26, The Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2012), 座長.
2012.05.30~2012.06.01, 第49回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2012.03.09~2012.03.10, 日本機械学会関東支部第18期総会講演会, 座長.
2011.12.19~2011.12.20, 第20回微粒化シンポジウム, 座長.
2011.12.05~2011.12.07, 第49回燃焼シンポジウム, 座長.
2011.09.12~2011.09.15, 日本機械学会2011年度年次大会, 座長.
2011.08.30~2011.09.02, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, 座長.
2011.03.17~2011.03.17, 日本機械学会九州支部第64期総会講演会, 座長.
2010.12.01~2010.12.03, 第48回燃焼シンポジウム, 座長.
2010.09.29~2010.10.01, 自動車技術会2010年秋季大会, 座長.
2010.09.22~2010.09.24, 8th Japan-China-Korea Workshop on Microgravity Sciences for Asian Microgravity Pre-Symposium, 座長.
2010.07.18~2010.07.25, The 38th Scientific Assembly of the Committee of Space Research (COSPAR 2010), 座長.
2009.12.17~2009.12.18, 第18回微粒化シンポジウム, 座長.
2009.09.01~2009.09.03, 第20回内燃機関シンポジウム, 座長.
2008.03.18~2008.03.18, 日本機械学会九州支部第62期総会講演会, 座長.
2008.12.18~2008.12.19, 第17回微粒化シンポジウム, 座長.
2008.12.03~2008.12.05, 第46回燃焼シンポジウム, 座長.
2008.06.03~2008.06.06, The 26th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), 座長.
2008.03.19~2008.03.19, 日本機械学会九州支部第61期総会講演会, 座長.
2007.12.05~2007.12.07, 第45回燃焼シンポジウム, 座長.
2006.10.30~2006.11.01, Drop Tower Days 2006 (8th International Workshop on Short-Term Experiments under Strongly Reduced Gravity Conditions), 座長.
2006.08.27~2006.09.01, 10th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.06.03~2015.06.05, 日本伝熱学会 第52回日本伝熱シンポジウム, OSオーガナイザ.
2014.09.20~2014.09.20, 日本機械学会九州支部大分講演会, セッションオーガナイザ.
2012.12.17~2012.12.18, 日本液体微粒化学会 第21回微粒化シンポジウム, 実行委員会幹事.
2011.12.19~2011.12.20, 日本液体微粒化学会 第20回微粒化シンポジウム, 実行委員会幹事.
2012.07.23~2012.07.26, The 8th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2012), Secretary of Local Organizing Committee.
2011.03.17~2011.03.17, 日本機会学会九州支部第64期講演会, 実行委員.
2010.12.01~2010.12.03, 日本燃焼学会 第48回燃焼シンポジウム, 実行委員会幹事.
2009.12.17~2009.12.18, 日本液体微粒化学会 第18回微粒化シンポジウム, 実行委員会幹事.
2008.12.17~2008.12.18, 12th Annual Conference of ILASS-Asia, 実行委員.
2008.12.18~2008.12.19, 日本液体微粒化学会 第17回微粒化シンポジウム, 実行委員.
2008.09.04~2008.09.05, 日本燃焼学会 夏季研究会(夏の学校2008), 主担当幹事.
2008.07.10~2008.07.11, 2nd Joint Seminar Kyushu University - Bordeaux University, 実行委員.
2006.09.13~2006.09.15, Kyushu University - KAIST Joint Seminar 2006, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2007.04~2009.03, 日本機械学会エンジンシステム部門ニュースレター, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度    
2014年度    
2013年度  
2012年度    
2011年度  
2010年度  
2009年度      
2008年度
2007年度  
2006年度  
2005年度      
2004年度      
2003年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ZARM (Center of Applied Space Technology and Microgravity), University of Bremen, Germany, 2000.04~2003.02.
受賞
平成22年度 日本燃焼学会 奨励賞, 日本燃焼学会, 2010.12.
日本航空宇宙学会 第16回(平成18年度)奨励賞, 日本航空宇宙学会, 2007.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 液体燃料分散系の燃焼開始過程における二次元不均一性の影響の解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 非平衡プラズマジェットによる予混合圧縮着火燃焼の燃焼制御.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, カーボンナノチューブを点火源とした燃焼に関する研究.
2008年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, 高圧下の燃料分散系における混合液体燃料の燃焼開始過程の解明.
2004年度~2005年度, 若手研究(B), 代表, 燃料液滴の自発点火におよぼす音場の影響.
1997年度~1999年度, 特別研究員奨励費, 代表, 高温高圧雰囲気中における単一燃料液滴の自発点火.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2009年度~2009年度, 国際学会等派遣事業, 代表, Numerical Simulations of Spontaneous Ignition of Mono-disperse Fuel Spray in Lean Premixed Gas.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2004年度~2004年度, 吉田科学技術財団 国際研究集会派遣, 代表, Numerical Simulations of the Ignition of n-Heptane Droplets in the Transition Diameter Range from Heterogeneous to Homogeneous Ignition.
2004年度~2006年度, 日本宇宙フォーラム第7回宇宙環境利用に関する地上研究 次期宇宙利用研究, 分担, 2次元燃料液滴群の群燃焼発現メカニズムの解明.
2006年度~2007年度, マツダ財団 マツダ研究助成, 代表, 炭化水素/アルコール混合燃料の不均一系での点火・燃焼特性.
2008年度~2009年度, スズキ財団 平成19年度科学技術研究助成, 代表, 高圧環境下における混合燃料液滴の自発点火現象の解明.
2014年度~2018年度, 戦略的イノベーション創造プログラム(科学技術振興機構), 分担, 乗用車用ディーゼルエンジンにおける高度燃焼制御.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.08~2015.09, 受託研究, 三菱重工業株式会社, 代表, 炭化水素燃料の蒸発・燃焼特性調査.
2003.12~2004.03, 共同研究, 石川島播磨重工株式会社, 分担, 気流噴射弁の噴霧計測に関する研究.
学内資金・基金等への採択状況
2007年度~2008年度, 工学研究院若手研究者育成研究助成, 代表, 高圧下の気液混相不均一系における多成分燃料の燃焼開始過程の解明.

九大関連コンテンツ