九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
荻野 洋一郎(おぎのよういちろう) データ更新日:2019.04.08

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座クラウンブリッジ補綴学分野


主な研究テーマ
顎顔面補綴患者の機能評価とQoLについて
キーワード:顎顔面補綴
2018.04~2021.03.
フルジルコニアクラウンの臨床的有益性の検討
キーワード:フルジルコニアクラウン
2016.05~2018.03.
炎症性サイトカインと骨形成タンパクの相互作用について
キーワード:炎症性サイトカイン 骨形成タンパク
2016.04~2019.03.
新規インプラントの臨床研究
キーワード:インプラント
2014.04~2018.12.
CAD/CAMハイブリッドレジンの大臼歯クラウンの臨床評価
キーワード:CAD/CAM ハイブリッドレジン 大臼歯クラウン
2015.04~2015.12.
新規骨補填材の臨床研究
キーワード:炭酸アパタイト、骨補填材、インプラント
2015.08~2015.08.
成人性大理石病に対する補綴治療
キーワード:大理石病 補綴治療
2014.04~2014.08.
チタンインプラントの表面性状の違いが細胞機能に及ぼす効果
キーワード:チタン インプラント 細胞
2014.04~2017.03.
コンビネーションシンドロームに対する補綴治療介入
キーワード:コンビネーションシンドローム、インプラント、可撤性義歯
2010.04~2013.03.
骨粗鬆症発症による歯科インプラントへの影響
キーワード:骨粗鬆症、インプラント
2010.06~2012.03.
短縮歯列への補綴介入に関するマルチセンターリサーチ
キーワード:短縮歯列(SDA)
2008.05~2011.03.
抜歯後の骨吸収抑制によるオッセオインテグレーションの獲得に関する生物学的研究
キーワード:抜歯、骨吸収抑制
2008.04~2010.03.
インプラント埋入トルク値による骨反応
キーワード:インプラント、埋入トルク値、オッセオインテグレーション
2007.04.
成長因子の臨床応用に関する研究
キーワード:成長因子
2006.04.
歯槽骨再生の分子生物学的アプローチ
キーワード:骨芽細胞、破骨細胞
2000.04~2005.12.
従事しているプロジェクト研究
インプラントの表面における細胞接着機構解析
2017.04~2020.03.
フルジルコニアクラウンの臨床的有益性の検討
2016.05~2018.03
フルジルコニアクラウンの臨床的有効性についてその予後調査を行う。.
炎症性サイトカインと骨形成タンパクの相互作用
2016.05~2019.03
骨形成における炎症性サイトカインと骨形成タンパクの相互作用の検討.
異なったインプラント表面における水熱処理の効果の比較検討
2015.08~2018.03, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント義歯補綴学分野, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント義歯補綴学分野(日本)
表面の異なったインプラントに対して水熱処理を行い、表面の物性の変化と骨誘導能の変化を検証する。.
インプラントの細胞骨格制御能に注目したオッセオインテグレーションへのアプローチ
2014.04~2017.03, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント義歯補綴学分野, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント義歯補綴学分野(日本)
歯科インプラントに用いられているチタンの表面を改変し、複数の表面性状を持ったチタンにおける細胞機能の発現を比較検討する。.
骨粗鬆症発症による歯科インプラントへの影響
2010.04~2012.03, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント・義歯補綴学分野, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座インプラント・義歯補綴学分野(日本)
高齢化社会を迎えた現在、インプラントを埋入後に骨粗鬆症を発症する患者も多くなってくることが予想される。本研究では、安定しているインプラントを保有している患者が骨粗鬆症を発症した場合、インプラント周囲骨にどのような影響を与えるか、明らかにすることを目的としている。.
抜歯後の骨吸収抑制はオッセオインテグレーションを促進するか?
2008.04, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学.
埋入トルク値に基づくインプラント補綴治療の新しいプロトコールの展開
2007.04, 代表者:木原優文, 九州大学.
インプラント周囲に発現する骨タンパクはオッセオインテグレーションを促進できるか?
2006.04, 代表者:藤野陽子, 九州大学.
ティッシュエンジニアリングの三要素を配慮した骨再生とその評価
2006.04, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学
ティッシュエンジニアリングの3要素を用いて骨再生を図り、その骨質を評価する.
歯槽骨再生への分子生物学的アプローチ
2000.04, 代表者:荻野洋一郎, 九州大学, 日本.
研究業績
主要著書
1. 荻野 洋一郎, 古谷野 潔, ITI Treatment Guide・Vol 9, 2016.09.
2. 荻野 洋一郎, 古谷野 潔, 第4回ITIコンセンサス会議議事録, クインテッセンス出版, 2010.06.
主要原著論文
1. Nishimura T, Ogino Y, Ayukawa Y, Koyano K., Influence of the wettability of different titanium surface topographies on initial cellular behavior., Dent Mater J., 2018.06.
2. Gunge H, Ogino Y, Kihara M, Tsukiyama Y, Koyano K., Retrospective clinical evaluation of posterior monolithic zirconia restorations after 1 to 3.5 years of clinical service., J Oral Sci., 24, 60, 154-158, 2018.03.
3. TOSHIO KAKU, YOICHIRO OGINO, Yasuyuki Matsushita, 古谷野 潔, Technique for identifying keratinized gingival tissue and soft tissue morphology on 3-dimensional implant-planning software images., 2016.05.
4. YOICHIRO OGINO, Ruiwei Liang, Daniela Mendonca, Gustavo Mendonca, Masako Nagasawa, kiyoshi koyano, Lyndon F. Cooper, RhoA-Mediated Functions in C3H10T1/2 Osteoprogenitors Are Substrate Topography-Dependent., J Cell Physiol, doi: 10.1002/jcp.25100., 231, 3, 568-575, 2016.03.
5. 荻野 洋一郎, 鮎川 保則, 富田陽子, 古谷野 潔, Prosthetic aspects in adult osteopetrosis., J Prosthet Dent., 2014.10, Osteopetrosis (OP) is a rare condition characterized by skeletal sclerosis caused by dysfunctional osteoclasts. Though many reports have described severe infantile-malignant autosomal recessive OP, few have described the prosthetic management of adult OP. This report discusses the prosthetic treatment of adult OP. Although prosthodontists should try to reconstruct occlusal function as much as possible, a conservative prosthodontic approach may be a reasonable and recommended treatment option for minimizing the risk of further osteomyelitis and osteonecrosis..
6. YOICHIRO OGINO, Kihara Masafumi, Junichi Yamda, Kohei Toriya, kiyoshi koyano, Implant Treatments for Edentulous Maxilla with Anterior Hyperfunction., J Oral Implantol., doi: 10.1563/AAID-JOI-D-13-00123. , 41, 6, 731-735, 2015.12.
7. Daisuke Kondo, YOICHIRO OGINO, Yasunori AYUKAWA, Shinji Sakai, KOEI KAWAKAMI, kiyoshi koyano, Bone Regeneration of Tibial Defects in Rats with Enzymatic Hydrogelation of Gelatin Derivative and Recombinant Human Platelet-Derived Growth Factor-BB Complex, INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL IMPLANTS, 28, 5, 1377-1385, 2013.09.
8. YOICHIRO OGINO, 骨格性下顎前突を伴ったEichnerC2症例(上顎無菌顎)に対する補綴治療., 日本補綴歯科学会誌, 2013.04.
9. Ogino Y. Ayukawa Y. Kukita T. Atsuta I. Koyano K. , Platelet-rich plasma suppresses osteoclastogenesis by promoting the secretion of osteoprotegerin.

, Journal of Periodontal Research, 44(2):217-24, 2009 Apr. , 2009.04.
10. Yoichiro Ogino, Kohei Toriya, Yasunori Ayukawa, Kiyoshi Koyano, Prosthetic and Surgical Managements of Peri-implantitis at the Flap Reconstruction Site., Prosthodontic Research & Practice Vol.7 No.2, 2008, Vol.7 No.2, 231-233, 2008, 2008.07.
11. Yoichiro Ogino,Yasunori Ayukawa,Toshio Kukita,Kiyoshi Koyano, The contribution of platelet-derived growth factor, transforming growth factor-β1 and insulin-like growth factor-I in platelet-rich plasma (PRP) to the proliferation of osteoblast-like cells., Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology & Endodontics., 2006.05.
12. Yoichiro Ogino, DDS, PhD,a Yasunori Ayukawa, DDS, PhD,b Yoshihiro Tsukiyama, DDS, PhD,c, The effect of platelet-rich plasma on the cellular response of rat bone
marrow cells in vitro, Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol
Endod
, 10.1016/j.tripleo.2005.03.007, 100, 3, 302-307, Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol
Endod 2005;100:302-7, 2005.10.
主要学会発表等
1. Ogino Y, Koga S, Fujikawa N, Koyano K, Advantages and disadvantages of preoperative-restored implant prostheses after oral tumor resection. , ISMR-AAMP 4th joint meeting, 2017.11.
2. 荻野洋一郎、森山泰子、鮎川保則、松下恭之、古谷野潔, コニカルコネクションとプラットフォームシフティングがインプラント周囲骨に及ぼす影響, 第47回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2017.09.
3. 荻野 洋一郎, アンテリアハイパーファンクションーその特徴と対応および予防について考えるー, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 2017.07.
4. 荻野 洋一郎, 長澤麻沙子, 古谷野潔, インプラント表面形状依存性の細胞骨格形成因子RhoAが骨分化能におよぼす影響, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 2016.07.
5. 荻野 洋一郎, 古谷野潔, 成人性大理石骨病の口腔内症状に対する補綴的対応, 一般社団法人 日本顎顔面補綴学会, 2016.06.
6. YOICHIRO OGINO, LYNDON F COOPER, 古谷野 潔, Specific acid-treated surface topography alter hydrophilicity and osteogenic cellular responses., 16th biannual meeting of International Collage of Prosthodontics, 2015.09.
7. 荻野 洋一郎, Anterior Hyperfunctionに対するインプラント治療の有益性‐Combination Syndromeの予防と対応‐ , 第44回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015.09.
8. 荻野 洋一郎, 郡英寛, 鮎川 保則, 松下 恭之, 古谷野 潔, 骨質に応じた最終ドリル径の選択がインプラントの埋入トルク値に及ぼす影響, 第44回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015.09.
9. YOICHIRO OGINO, Lyndon F. Cooper, kiyoshi koyano, Topography influences cellular responses and RhoA activity of titanium surface-adherent cells. , Congress of Asian Academy of Prosthodontincs, 2014.11.
10. YOICHIRO OGINO, Lyndon F. Cooper, kiyoshi koyano, Topography influences cellular responses and RhoA activity of titanium surface-adherent cells. , Congress of Asian Academy of Prosthodontincs, 2014.11.
11. YOICHIRO OGINO, Lyndon F. Cooper, kiyoshi koyano, Topography influences cellular functions and RhoA activity of titanium surface-adherent cells., 9th International Wrokshop on Biomaterials in Interface Science, 2014.08, Purpose: RhoA, one of Rho-family of GTPases, is known to influence cell adhesion and motility through organization of the actin cytoskeleton in response to various stimuli. The aim of this study was to investigate cellular functions and RhoA activities of the adherent cells on titanium substrates with three kinds of topography.
Materials and Methods: Three kinds of surface topography Ti disks were prepared. Smooth (S) surfaces were passivated with 30% HNO3. HCl-treated (H1) surfaces were grit-blasted with 100-μm aluminum oxide (Al2O3) particles, subsequently treated with 5N HCl and passivated with 30% HNO3. H2O2+H2SO4-treated (H2) surfaces grit-blasted with 100-μm Al2O3 particles and subsequently treated with 30% H2O2 and 2N H2SO4. These surfaces were characterized by SEM analysis and the measurement of surface roughness. To evaluate the effect of surface topography and RhoA inactivation on cellular functions, murine mesenchymal stem cells were cultured on each disk and cell morphology, RhoA activity, wound healing rates (cell migration) and osteogenic markers’ expressions were investigated with or without RhoA inhibitor (C3).
Results: Each disk showed a specific surface topography and surface roughness analysis indicated the highest roughness in H1 surfaces (H1>H2>S). Cell morphology was influenced by surface topography and C3. RhoA was activated in a surface roughness-dependent manner. The highest wound healing rate was observed on S surface. RhoA inhibition also enhanced cell migration on S and H1 surfaces, but not H2 surface. The expression of osteogenic markers was inhibited by C3 in S and H1 adherent cells, but not in H2 adherent cells.
Conclusions: Topography influences cellular functions and RhoA activity. However, the effect of RhoA inhibition on cellular functions may be in a surface topography- dependent manner.
.
12. KATHARINE AVANESYAN K, YOICHIRO OGINO, Lyndon Cooper, Monocytic Prostaglandin as a Chemotactic Agent for MSC Homing, American Association for Dental Research (AADR) Annual Meeting & Exhibition, 2014.03.
13. YOICHIRO OGINO, Ruiwei Liang, Daniela Mendonca, Gustavo Mendonca, Lyndon F Cooper, Kiyoshi Koyano, Topography and RhoA on Initial Cell Behaviors, the 91st IADR General Session & Exhibition, 2013.03.
14. 荻野洋一郎, Combination Syndrome -病態を考慮した3つのアプローチ-, 福岡県西地区第53回歯科医学会, 2011.02.
15. Ogino Y. Ayukawa Y. Toriya K. Atsuta I. Koyano K. , Three Treatment Approaches for Combination Syndrome: A Report of Three Cases


, The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, 2009.04.
16. Ogino Y, Ayukawa Y, Atsuta I, Koyano K, VEGF and bone remodeling. , European Association for Osseointegration 16th Annual Scientific Meeting, 2007.10.
17. Ogino Y, Toriya K, Ayukawa Y, Koyano K, Prosthetic and Surgical Managements of Peri-implantitis at the Flap Reconstruction Site., 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, 2007.10.
18. Ogino Y, Ayukawa Y, Atsuta I, Koyano K, Responses of osteoclast progenitors to bone morphogenetic protein-2 in the different culture systems. , The 5th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, 2007.05.
19. 加藤秀顕、鳥谷浩平、荻野洋一郎、 鮎川保則, 古谷野潔., 骨質Type 1へのインプラント埋入術式に関する臨床的, 文献的考察, 日本口腔インプラント学会第24回九州支部総会, 2006.11.
20. Ogino Y, Ayukawa Y, Kukita T, Tsukiyama Y, Atsuta I, Koyano K, The biphasic effects of platelet-rich plasma on osteoclastogenesis.

, 15th European Association for Osseointegration Annual Scientific Meeting, 2006.10.
その他の優れた研究業績
2010.11, AAO Excellent Postar Award.
2010.10, 日本再生歯科学会優秀発表賞.
2007.05, AAP Dr.Hiranuma Award.
2006.05, 日本補綴歯科学会奨励論文賞.
2006.04, JPS&KAP Joint meeting excellent oral presentation award.
2005.05, 日本歯科補綴学会課題口演優秀賞受賞.
2004.10, 日本補綴歯科学会課題口演優秀発表賞.
学会活動
所属学会名
日本老年歯科医学会
日本顎顔面補綴学会
International Association for Dental Research
International college of prosthodontists
日本口腔インプラント学会
日本補綴歯科学会
学協会役員等への就任
2015.04~2018.03, 日本口腔インプラント学会, 査読委員.
2015.06~2017.05, 日本補綴歯科学会, 幹事.
2011.04~2013.03, 日本補綴歯科学会, 幹事.
2008.04~2012.03, 日本口腔インプラント学会, 査読委員.
2007.04~2009.03, 日本補綴歯科学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.06.16~2018.06.16, 公益社団法人日本補綴歯科学会, シンポジスト.
2009.09.25~2009.09.27, 第39回日本口腔インプラント学会学術大会, 座長(Chairmanship).
2016.11.24~2016.11.27, IJP-JPS YPE workshop, コーディネーター.
2015.09~2015.09.22, 日本口腔インプラント学会, シンポジスト.
2011.02~2011.02.04, 福岡県西地区第53回歯科医学会, 招待講演.
2009.09.25~2009.09.25, 日本口腔インプラント学会, 座長.
2008.04~2011.03.31, 日本口腔インプラント学会, 抄録査読委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2010.07~2010.07, ITIコンセンサス会議翻訳集, 国際, 翻訳.
2008.04~2009.03, 歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008, 国内, 執筆者.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度     16  20 
2014年度 16  17 
2013年度     20  21 
2012年度     20  25 
2011年度     25  28 
2010年度 15  20 
2009年度    
2008年度    
2007年度      
2006年度    
2004年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2014.09~2014.10, 2週間以上1ヶ月未満, Duhitha Dental & Implantology Centre, India, 日本補綴歯科学会.
2010.09~2010.10, 1ヶ月以上, インド補綴学会, India, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
デンツプライシロナ賞, 日本口腔インプラント学会, 2017.09.
優秀発表賞, Asian Academy of Osseointegration, 2010.11.
優秀発表賞, 日本再生歯科医学会, 2010.10.
Hiranuma Award, Asian Academy of Prosthodontics, 2007.05.
日本補綴歯科学会奨励論文賞, 社団法人日本補綴歯科学会, 2006.07.
Excellent Oral Presentation Award, KAP&JPS, 2006.04.
第112回日本補綴歯科学会優秀賞, 日本補綴歯科学会, 2004.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, インプラントの細胞骨格制御能に注目したオッセオインテグレーションへのアプローチ.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 埋入トルク値に基づくインプラント補綴治療の新しいプロトコールの展開.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2016.03, 分担, 炭酸アパタイトの骨補填材の開発.
2015.04~2017.06, 分担, CAD/CAMハイブリッドレジン(セラスマート)による大臼歯クラウンの臨床評価.
2008.05~2011.03, 連携, 短縮歯列への補綴介入に関するマルチセンター・リサーチ/短縮歯列患者に対しての補綴介入の必要性を主観的、客観的に比較する。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」