九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
新藤 充(しんどう みつる) データ更新日:2019.06.20

教授 /  先導物質化学研究所 物質基盤化学部門 総合理工学府物質理工学専攻


主な研究テーマ
イプチセンの合成と機能
キーワード:トリプチセン、イプチセン、イノラート、アライン、歪み化合物、二次軌道相互作用、トリプル付加反応
2015.04.
触媒的酸化カップリング反応
キーワード:触媒、C-H活性化、カップリング反応、空気酸化
2013.09.
抗ガン活性化合物の合成とケミカルバイオロジー研究
キーワード:合成、ケミカルバイオロジー、抗ガン活性、天然有機化合物
2009.04~2014.05.
生物活性アルカロイドの全合成
キーワード:全合成、生物活性、ステモナアルカロイド、イノラート
2009.04.
生体低分子解析のためのMALDI-MS用新規マトリックスの開発
キーワード:質量分析、マトリックス
2010.10.
アレロケミカルを起源とする植物生長調整剤の開発
キーワード:アレロパシー、全合成、ケミカルバイオロジー、天然有機化合物、構造活性相関、バイオプローブ、植物生長調整剤、除草剤、農薬、重力屈性
2000.04.
新規ジアニオン炭素反応種の創製と連続反応
キーワード:ジアニオン、連続反応、電子環状反応
2008.04.
触媒的ナザロフ反応の開発と生体作用分子の合成
キーワード:ナザロフ反応、酸触媒、生体作用分子、全合成、不斉反応
2007.04~2012.03.
触媒的ウィッティッヒラクトン化反応の開発
キーワード:金属触媒、アシル化、リンイリド、ウィティッヒ反応、ラクトン化
2008.04~2016.03.
アポトーシス阻害剤の設計と合成
キーワード:生物活性化合物、アポトーシス、全合成、構造活性相関、ケミカルバイオロジー、創薬、アルツハイマー
1998.04.
イノラートの化学
キーワード:イノラート、炭素陰イオン種、極性転換型マルチ反応プロセス
1996.08.
流れ場での有機反応
キーワード:フローリアクター、マイクロリアクター、反応時空間制御
2006.10.
超原子価化合物の創製と反応
キーワード:超原子価、ケイ素、ゲルマニウム、カップリング反応
2003.04~2012.03.
従事しているプロジェクト研究
重力屈性に影響を及ぼす生理活性物質の開発と農林業への利用
2013.10~2016.03, 代表者:藤井義晴, 東京農工大学, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業委託事業
重力屈性に影響を及ぼす生理活性物質を見出し、除草剤等の農薬開発へつなげる。.
先端融合医療レドックスナビ メタボリック・プロファイリンググループ
2010.04~2017.03, 代表者:割石 博之, 九州大学 大学院 農学研究院, 九州大学
MALDIMSマトリックスの新規開発を行い、生体内小分子の迅速一斉解析に供する。.
インテリジェント人工核酸を搭載したナノDDSによる革新的分子標的治療薬の研究
2009.05~2014.03, 代表者:佐々木茂貴, 九州大学, 九州大学
核酸医薬を開発しナノ分子標的薬を創製する.
アポトーシス阻害剤の開発と作用機構
2005.04, 代表者:新藤充, 九州大学, 九州大学
ミトコンドリアに作用するアポトーシス阻害剤を設計、合成し、その作用機構を解析するとともに、難治疾患治療薬の開発を進める。研究所内共同研究(アポトーシス阻害)および徳島大(ミトコンドリア呼吸鎖阻害)、愛知学院大学(動物試験)との共同研究。.
アレロケミカルの探索と新規生理活性物質の開発
2008.10~2012.10, 代表者:藤井義晴, (独)農業環境技術研究所, (独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター
植物が持つ防御反応であるアレロパシー作用を示す化合物を天然から探索し、これを活用して新たな植物生長制御剤を開発する。.
大学間連携研究「物質合成機関連携事業」
2005.10~2010.03, 代表者:成田吉徳, 九州大学, 九州大学
3大学の研究組織が連携し、世界を先導する新しい物質合成を進めることを目的とする。.
戦略的創造研究推進事業「さきがけ研究21」
2000.10~2003.09, 代表者:新藤充, 徳島大学薬学部, 科学技術振興機構
環境調和型のエネルギー・物質変換プロセスを目指して「機能性炭素反応種を用いた合成反応」の開発研究を行う。.
研究業績
主要著書
1. Mitsuru Shindo, Kenji Matsumoto, Metal catalyzed synthetic reactions via aerobic oxidation as a key step, Springer Singapore, 10.1007/978-981-10-3421-3_2, 11-27, 2017.01, [URL], New aerobic oxidative metal catalyzed synthetic reactions are described: The Cu(II) complex catalyzed the acylation of thioester in Wittig lactonization under neutral conditions and the dissymmetrization of symmetric dithiomalonates via selective monoacylation. The key step in this reaction was the formation of an acylketene, the stability of which would contribute to selectivity. The aerobic Rh/C-catalyzed oxidative homo- and cross-coupling of aryl amines was developed. The coupling reactions afforded symmetrical and nonsymmetrical biaryl amines in excellent yields. These reactions provide a mild, operationally simple, and efficient approach for the synthesis of biaryls which are important to pharmaceutical and materials chemistry..
2. 新藤 充, シス桂皮酸類縁体の合成と構造活性相関研究
【特集】アレロケミカルの産業利用に向けて―植物-生物間相互作用に学ぶ―月刊ファインケミカル 2015年3月号
, シーエムシー出版, 2015.03.
3. 新藤 充, 松本 健司,
Stereoselective Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes via Torquoselectivity-Controlled Olefination of Carbonyl Cmpounds with Ynolates,in Top. Curr. Chem.
, Springer, 327, 1-32 , 2012.01.
4. Mitsuru Shindo, The chemistry of metal ynolates (in The Chemistry of Metal Enolates, Patai series), John Wiley & Sons, Chapter 13, 2009.08.
5. 宍戸宏造、新藤充(編), 創薬をめざす有機合成戦略, 化学同人, 化学フロンティア19, 2007.07.
主要原著論文
1. Takayuki Iwata, Taishi Tomiyama, Satoshi Fujita, Mitsuru Shindo, First Asymmetric Total Synthesis Of (−)-Isostemonamine And Kinetic Analysis Of Its Isomerizations, Heterocycles, 10.3987/COM-18-S(T)71, 97, 2, 712-718, 2018.04.
2. Satoshi Fujita, Keisuke Nishikawa, Takayuki Iwata, Taishi Tomiyama, Hiroshi Ikenaga, Kenji Matsumoto, Mitsuru Shindo, Asymmetric Total Synthesis of (−)-Stemonamine and Its Stereochemical Stability, Chemistry - A European Journal, 10.1002/chem.201706057, 24, 7, 1539-1543, 2018.02, [URL], The first asymmetric total synthesis of (−)-stemonamine is described. The key reactions included intramolecular acylation to construct the seven-membered ring and a tandem [2+2] cycloaddition-Dieckmann condensation reaction using an ynolate to form the fully substituted cyclopentenone moiety. Racemization and epimerization of the natural product were first experimentally demonstrated..
3. Satoshi Fujita, Masaki Suyama, Kenji Matsumoto, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Yuka Hiroshima, Takayuki Iwata, Arihiro Kano, Yasuo Shinohara, Mitsuru Shindo, Synthesis and evaluation of simplified functionalized bongkrekic acid analogs, Tetrahedron, 10.1016/j.tet.2018.01.018, 74, 9, 962-969, 2018.03, [URL], Bongkrekic acid (BKA) is a strong inhibitor of adenine nucleotide translocase (ANT), inducing inhibition of adenosine triphosphate synthesis. We designed and synthesized simplified benzene-ring-containing BKA analogs. The key reaction is the one-pot double Sonogashira reaction, which forms the main skeleton. The analogs were efficiently synthesized in 8–10 longest linear sequence steps. This synthetic method can be applied for the preparation of other analogs having different combinations of carbon chain lengths. Furthermore, the allyloxy group on the benzene ring can be easily replaced by other functional groups. Our preliminary biological evaluation based on mitochondrial inhibitory effects revealed the high potency of the analogs bearing the same carbon chain length as that of BKA. In particular, the prefunctionalized analogs are potential ANT inhibitors..
4. Kenji Matsumoto, Naoyuki Mizushina, Masahiro Yoshida, Mitsuru Shindo, Stereocontrolled Synthesis of Multisubstituted 1,3-Dienes via an Allene-Claisen Rearrangement, Synlett, 10.1055/s-0036-1590970, 28, 17, 2340-2344, 2017.10, [URL], We herein developed a stereoselective synthetic method for the preparation of multisubstituted 1,3-dienes via an allene-Claisen rearrangement. The Claisen rearrangement of anti -allenyl alcohols provided (1 E,3 Z)-1,3-dienes, which are essential components of bongkrekic acid, in high stereoselectivities. To demonstrate the synthetic utility of the resulting 1,3-dienes, further functional transformations and Diels-Alder reactions are described..
5. Kenji Matsumoto, Shohei Tachikawa, Noriko Hashimoto, Rina Nakano, Masahiro Yoshida, Mitsuru Shindo, Aerobic C-H Oxidation of Arenes Using a Recyclable, Heterogeneous Rhodium Catalyst, Journal of Organic Chemistry, 10.1021/acs.joc.7b00300, 82, 8, 4305-4316, 2017.04, [URL], A novel, practical protocol for the aerobic direct C-H acetoxylation of arenes, employing a recyclable heterogeneous rhodium catalyst, is reported herein. The trifluoroacetoxylation of 2-amido-substituted anthracenes proceeded at the 9-position with exclusive regioselectivity. The oxidation of variously substituted anthracenes and other polycyclic aromatics with molecular oxygen as a terminal oxidant proceeded under mild conditions, providing products in good to excellent yields..
6. 新藤 充, Shigenobu Fujimoto, kenji matsumoto, Aerobic oxidative homocoupling reaction of anilides using heterogeneous metal catalysts, TETRAHEDRON LETTERS, 10.1016/j.tetlet.2017.01.075, 58, 10, 973-976, 2017.03.
7. Hisashi Wauke, Kazumasa Matsuo, kenji matsumoto, 新藤 充, Synthesis of Dissymmetric Malonic Acid Monoamides from Symmetric Dithiomalonates,, ChemistrySelect , 1, 21, 6830-6833, 2017.01.
8. Satoshi Umezu, Gomes, Gabriel dos Passos, Tatsuro Yoshinaga, Mikei Sakae, kenji matsumoto, Takayuki IWATA, Igor Alabugin, 新藤 充, Regioselective One-Pot Synthesis of Triptycenes via Triple-Cycloadditions of Arynes to Ynolates, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 10.1002/anie.201609111, 56, 5, 1298-1302, 2017.01, We developed the novel one-pot synthetic method of substituted triptycenes by the reaction of ynolates and arynes. This four-step process involves three cycloadditions and electrocyclic ring opening of the strained Dewar anthracene. Each of the three related but structurally distinct classes of nucleophiles (ynolate, enolate and anthracenolate) reacts with o-benzyne in the same predictable manner controlled by chelation and negative hyperconjugation. The resulting functionalized C3-symmetrical triptycenes hold promise in the design of functional materials..
9. 福田洋, 西川 慶祐, 福永 幸裕, 児玉梢, kenji matsumoto, 奥田 勝博, Arihiro Kano, 新藤 充, Synthesis of Fluorescent Molecular Probes Based on cis-Cinnamic acid and Molecular Imaging of Lettuce Roots, Tetrahedron, 印刷中, 2016.09.
10. 藤本茂伸, kenji matsumoto, 新藤 充, Aerobic Oxidative Intramolecular Aromatic Coupling via Heterogeneous Metal Catalysts,, Advanced Synthesis & Catalysis, 印刷中, 2016.07.
11. 松本 健司, 吉田まさひろ, 新藤 充, Heterogeneous Rhodium−Catalyzed Aerobic Oxidative Dehydrogenative Cross−Coupling Affording Nonsymmetrical Biaryl Amines, Angew. Chem. Int. Ed., 55, 17, 5272-5276, 2016.02, The first heterogeneously catalyzed oxidative C–H/C–H cross-coupling of aryl amines is reported herein. 2-Naphthyl amine analogs were reacted with various electron-rich arenes using a heterogeneous Rh/C catalyst under aerobic conditions, affording nonsymmetrical biaryl amines in excellent yields with high selectivities. This reaction provides a mild, operationally simple, and efficient approaches for the synthesis of biaryls that important to pharmaceutical and materials chemistry..
12. Yamamoto, Atsushi, はすいけいすけ, まつろひろし, 奥田 勝博, 安部真人, 松本 健司, はらだかずき, よしむらゆうや, 山本武範, おおくらかずと, 新藤 充, 篠原康雄, Bongkrekic Acid Analogue, Lacking One of the Carboxylic Groups of its Parent Compound, Shows Moderate but pH-insensitive Inhibitory Effects on the Mitochondrial ADP/ATP Carrier, CHEMICAL BIOLOGY & DRUG DESIGN, 10.1111/cbdd.12594, 86, 5, 1304-1322, 2015.11.
13. 松本 健司, 堂籠健斗, 太刀川祥平, 石井孝典, 新藤 充, Aerobic Oxidative Homocoupling of Aryl Amines Using Heterogeneous Rhodium Catalysts, , Org. Lett. 16, 4754-4757 (2014)., 16, 4754-4757, 2014.10.
14. 吉岩俊也, 梅津智, 渡慶次学, 馬場義信, 新藤 充, Synthesis and Reactions of Ynolates via a Stop-Flow Method with a Flow Microreactor, J. Flow Chemistry, 180-184, 4, 2014.10.
15. 奥田 勝博, 福田洋, 西川 慶祐, 新藤 充, cis-Cinnamic acid selective suppressors distinct from auxin inhibitors., Chem. Pharm. Bull., in press, 2014.06.
16. 梅津智, 吉岩俊也, 渡慶次学, 新藤 充, Generation of Ynolates via Reductive Lithiation Using Flow Microreactors, Tetrahedron Lett., http://dx.doi.org/10.1016/j.tetlet.2014.01.147, 55, 1822-1825, 2014.01.
17. 西川 慶祐, 福田洋, 安倍真人, 中西一成, 谷口智也, 野村隆, 平館俊太郎, 藤井義晴, 奥田勝博, 新藤 充, Substituent effects of cis-cinnamic acid analogues as plant growh inhibitors, PHYTOCHEMISTRY, 10.1016/j.phytochem.2013.08.013, 96, 132-147, 2013.12.
18. 梅津智, 新藤 充, alpha-Substituent Effect on Olefination of Ester Carbonyl Groups with Ynolates, Tetrahedron Lett , http://dx.doi.org/10.1016/j.tetlet.2013.10.027, 54, 6871-6873, 2013.11.
19. 新藤 充, 松本 健司, Synthesis of Xanthanolides Including New Acylations and Their Synthetic Applications, J. Syn. Org. Chem. Japan, 71, 1152-1162, 2013.11.
20. 西川 慶祐, 福田洋, 安倍真人, 中西一成, 田澤雄太, 平館俊太郎, 藤井義晴, 奥田 勝博, 新藤 充, Design and Synthesis of Conformationally Constrained Analogues of cis-Cinnamic Acid and Evaluation of Their Plant Growth Inhibitory Activity, Phytochemistry, http://dx.doi.org/10.1016/j.phytochem.2013.10.001, 96, 223-234, 2013.10.
21. 松本 健司, 小谷内邦吉, 新藤充, Asymmetric total syntheses of xanthatin and 11,13-dihydroxanthatin using a stereocontrolled conjugate allylation to gamma-butenolide, TETRAHEDRON, 10.1016/j.tet.2012.11.077, 69, 3, 1043-1049, 2013.01.
22. 安倍真人, 西川 慶祐, 福田洋, 中西一成, 平館俊太郎, 藤井義晴, 奥田 勝博, 新藤 充, Key structural features of cis-cinnamic acid as an allelochemical, PHYTOCHEMISTRY, 10.1016/j.phytochem.2012.08.001, 84, 56-67, 2012.12.
23. 奥田 勝博, Keisuke Hasui, 松本 健司, Mitsuru Shindo, Molecular Design, Synthesis, and Evaluation of Novel Potent Apoptosis Inhibitors Inspired from Bongkrekic Acid, CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 10.1021/tx300315h, 25, 10, 2253-2260, 2012.10.
24. 松本 健司, 新藤充, Palladium-Catalyzed Fluoride-Free Cross Coupling of Intramolecularly Activated Alkenylsilanes and Alkenylgermanes: Synthesis of Tamoxifen as a Synthetic Application,
, Adv. Synth. Catal., 354, 642-650 , 2012.01.
25. 松尾和真、西川慶介、新藤 充, Stereoselective synthesis of beta-glycosyl esters of cis-cinnamic acid and its derivatives using unprotected glycosyl donors, Tetrahedron Letters, in press, 2011.09.
26. 松尾和真、新藤 充, Efficient Synthesis of Dissymmetric Malonic Acid S,O-Esters via Mono-alcoholysis of Symmetric Dithiomalonates under Neutral Conditions, Organic Letters, 13, 4406-4409, 2011.09.
27. Kazumasa Matsuo, Mitsuru Shindo, Efficient Synthesis of Karrikinolide via Cu(II)-Catalyzed Lactonization, Tetrahedron, 10.1016/j.tet.2010.11.108, 67, 971-975, 2011.01.
28. Kentaro Yaji, Mitsuru Shindo, Total Synthesis of (±)-Xanthocidin using FeCl3-Mediated Nazarov Reaction, Tetrahedron, 66, 9808-9813, 2010.12.
29. Kazumasa Matsuo, Mitsuru Shindo, Cu(II)-Catalyzed Acylation by Thiol Esters Under Neutral Conditions: Tandem Acylation-Wittig Reaction Leading to a One-Pot Synthesis of Butenolides, Organic letters, 12, 5346-5349, 2010.11.
30. Kazumasa Matsuo, Keiko Ohtsuki, Takashi Yoshikawa, Kozo Shishido, Kaori Yokotani-Tomita, Mitsuru Shindo, Total Synthesis of Xanthanolides, Tetrahedron, 10.1016/j.tet.2010.08.061, 66, 8407-8419, 2010.09.
31. Kentaro Yaji, Mitsuru Shindo, Construction of a fully substituted cyclopentenone as the core skeleton of stemonamide via a Nazarov cyclization, Tetrahedron Letters, 10.1016/j.tetlet.2010.08.032, 51, 5469-5472, 2010.08.
32. 吉川孝, 新藤充, Stereoselective Synthesis of (E)-2-en-4-ynoic acids with Ynolates. Catalytic Conversion to Tetronic acids and 2-Pyrones, Organic letters, 11, 23, 5378-5381, 2009.11.
33. T. Yosikawa, S. Mori, M. Shindo , The Effects of C-S and C-Se bonds on torquoselectivity: stereoselective olefination of alpha-thio- and alpha-selenoketones with ynolates, Tetrahedron, http://dx.doi.org/10.1016/j.tet.2009.08.060, 65, 8832-8838 , 2009.10.
34. K. Yaji, M. Shindo,, Chiral Acid-Catalyzed Asymmetric Nazarov Reaction. Nucleophilic Construction of a Quaternary Asymmetric Center at the a-Position of the Keto Function, Synlett, 2524-2528, 2009.08.
35. 佐藤幸子, 麻生祥文, 新藤充, Efficient synthesis of bongkrekic acid. Three component convergent strategy, Tetrahedron Lett., 50 , 4164-4166, 2009.06.
36. M. Shindo,Y. Yamamoto, K. Yamada, K. Tomioka, Asymmetric construction of binaphthyl by the chiral diether-mediated conjugate addition of naphthyllithium to naphthalenecarboxylic acid BHA ester, Chem. Pharm. Bull., 57, 752-754, 2009.05.
37. T. Yoshikawa, S. Mori, M. Shindo, The Effect of Alkynyl Groups on Torquoselectivity. Highly Stereoselective Olefination of Alkynyl Ketones with Ynolates, Journal of the American Chemical Society, 131, 2092–2093, 2009.01.
38. Kazumasa Matsuo, Hiromasa Yokoe, Kozo Shishido, Mitsuru Shindo, Synthesis of Diversifolide and Structure Revision, Tetrahedron Lett., 49, 4279-4281, 2008.05.
39. K. Ohtsuki, K. Matsuo, T. Yoshikawa, C. Moriya, K. Yokotani, K. Shishido, M. Shindo, Total Synthesis of (+) and (-)-Sundiversifolide and Determination of the Absolute Cnfiguration, Organic Letters, 10, 1247-1250, 2008.04.
40. M. Shindo, Y. Yoshimura, M. Hayashi, H. SOejima, T. Yoshikawa, K. Matsumoto, K. Shishido, Synthesis of Multisubstituted Furans, Pyrroles, and Thioophenes via Ynolates, Organic Letters, 9, 1963-1966, 2007.05.
41. Mitsuru Shindo, Kentaro Yaji, Taisuke Kita, Kozo Shishido, Acid-Catalyzed Nazarov Reaction Controlled by -Alkoxy Groups, Synlett, 1096, 2007.04.
42. Mitsuru Shindo, Kenji Matsumoto, Kozo Shishido,, Hyperconjugative Effect of C-Ge Bonds: Synthesis of Multisubstituted Alkenylgermanes via Torquoselective Olefination of Acylgermanes with Ynolates, Tetrahedron, 63, 4271-4277, 2007.04.
43. Mitsuru Shindo, Kenji Matsumoto, Kozo Shishido, Generation of Ynolate and Z-Selective Olefination of Acylsilanes: (Z)-2-Methyl-3-Trimethylsilyl-2-butenoic acid, Organic Synthesis, 84, 11-21, 2007.01.
44. Mitsuru Shindo,*† Taisuke Kita, Toshihiro Kumagai, Kenji Matsumoto, Kozo Shishido, Synthesis of Tetrasubstituted and Functionalized Enol Ethers by E-Selective Olefination of Esters with Ynolates, J. Am. Chem. Soc., 128, 1062-1063, 2006.01.
45. Mitsuru Shindo,* Takashi Yoshikawa, Yasuaki Itou, Seiji Mori, Takeshi Nishii, Kozo Shishido, Heteroatom-Guided Torquoselective Olefination of alpha-Oxy and alpha-Amino Ketones via Ynolates, Chemistry-Europian Journal, 10.1002/chem.200500574, 12, 2, 524-536, 2005.10.
46. Mitsuru Shindo,* Keiko Ohtsuki, Kozo Shishido,, Asymmetric inverse electron-demand 1,3-dipolar cycloaddition of ynolates with a chiral nitrone derived from L-serine leading to beta-amino acid derivatives,, Tetrahedron: Asymmetry,, 10.1016/j.tetasy.2005.07.023, 16, 16, 2821-2831, 2005.07.
47. Mitsuru Shindo, Kenji Matsumoto and Kozo Shishido, A synthesis of multisubstituted vinylsilanes via ynolates: stereoselective formation of -silyl--lactones followed by decarboxylation, Chem. Commun., 2477, 2005.05.
48. M. Shindo, K. Matsumoto, K. Shishido, Intramolecularly Activated Vinylsilanes: Fluoride-free Cross-Coupling of (Z)-β-(Trialkylsilyl)acrylic Acids, Synlett, 176-178, 2005.01.
49. T. Yoshimura, T. Bando, M. Shindo, K. Shishido,, Diastereoselective Synthesis of the 19-epi-C18-C25 Segment of (+)-Lasonolide A and an Unusual Inversion at C19,, Tetrahedron Letters,, 45, 9241-9244, 2004.10.
50. Mitsuru Shindo,* Tomoyuki Sugioka, Kozo Shishido,, Electronic effect on the regioselectivity in the ring opening of para-substituted phenyloxiranes by acetylides,, Tetrahedron Lett., 45, 9265-9268, 2004.10.
51. S. Mori, M. Shindo,, Hyperconjugative Effects in the Stereoselective Ring Opening Reactions of Oxetenoxides, Org. Lett., 22, 3945-3948, 2004.06.
52. Y. Fukuda, M. Shindo, K. Shishido,, A formal total synthesis of (-)-limaspermine,, Heterocycles, 62, 787-792, 2004.02.
53. M. Shindo, Y. Sato, T. Yoshikawa, R. Koretsune, K. Shishido,, Stereoselective Olefination of Unfunctionalized Ketones via Ynolates, J. Org. Chem, 69, 3912-3916, 2004.01.
54. M. Shindo, Y. Sato, R. Koretsune, T. Yoshikawa, K. Matsumoto, K. Itoh, K. Shishido,, Synthesis of -Dibromo Esters as Precursors of Ynolates, Chem. Pharm. Bull.,, 51, 477-478, 2003.02.
55. M. Shindo. K. Itoh, K. Ohtsuki, C. Tsuchiya, K. Shishido,, Diastereoselective 1,3-Dipolar Cycloaddition of Ynolates with Chiral Nitrones, Synthesis, 1441-1445, 2003.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Takayuki Iwata, Mitsuru Shindo, Synthesis, Stereochemical Stability, and Biological Activity of Stemonamine and Its Related Stemona Alkaloids, Heterocycles, 10.3987/REV-19-902, 98 (3), 349-377 (2019). , 2019.03.
2. 岩田隆幸、新藤充, 電荷で決まる?歪で決まる?それとも??-ベンザインの反応位置を予測できるか, 化学, 2017.07.
3. Mitsuru Shindo, kenji matsumoto, Shindo, M. and Matsumoto, K. (2016) 'Recent Advances in the Chemistry of Metal Ynolates' in Patai's Chemistry of Functional Groups. 1–31., edited by J. Zabicky. , John Wiley & Sons, Ltd: Chichester, UK., 2015.05, Recent adavances on ynolate chemistry was reviewed..
4. 新藤充、篠原康雄, ミトコンドリアをターゲットとするアポトーシス阻害剤, 化学と生物, 2010.12.
5. Mitsuru Shindo, Seiji Mori,, Torquoselective Olefination of Caronyl Compounds via Ynolates. Highly Efficient Stereoselective Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes, Synlett, 2231-2243, 2008.09.
6. 新藤充、森聖治, イノラートによる回転選択的オレフィン化反応, 有機合成化学協会誌, 2008.01.
7. 新藤充, Synthetic uses of Ynolates, Tetrahedron, 63, 10-16, 2007.01.
主要学会発表等
1. Mitsuru Shindo, Takayuki Iwata, Arihiro Kano, Yoshiharu Fujii,, Studies on Plant Root Gravitropism Inhibitors Derived from Allelochemical,, The 1st International Symposium on Chemical Communication (ISCC2019),, 2019.01.
2. #吉永達郎、#藤原匠、岩田隆幸、新藤充, イノラートを用いた歪みを有するシリルトリプチセンの合成と反応、, 第114回有機合成シンポジウム, 2018.11.
3. 岩田隆幸、藤田聡、#富山泰至、@松本健司、新藤充、, ステモナアルカロイドの不斉全合成とその異性化解析, 第44回反応と合成の進歩シンポジウム, 2018.11.
4. #Furusawa、Y., #, Sun, J., Iwata, T., Shindo, M.,, Synthesis of Molecular Probes of Cis-Cinnamic Acid Analog with Antigravitropic Activity, , , 4th International Conference of Asian Allelopathy Society, 2018.09, アレロパシー活性化合物の分子イメージング実験から得られた結果を元に、新規植物重力屈性阻害化合物の開発に成功し、さらにその分子蛍光プローブを合成し、その分子イメージング実験により局在部位に関する情報を得た。.
5. #深見拓人, 岩田隆幸、新藤充, ワンポットトリプチセン合成法を利用したイプチセンの合成研究, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
6. 新藤充, イノラートとベンザインとのトリプル環化反応によるトリプチセンの合成, 日本プロセス化学会ウィンターシンポジウム, 2017.12.
7. M. Shindo, Regioselective One-pot Synthesis of Triptycenes via Triple Cycloaddition of Arynes to Ynolates,, The 12th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-12), 2017.11.
8. 藤田聡, 富山泰至, 岩田隆幸, 松本健司, 新藤充, ステモナアルカロイドの不斉全合成とその異性化解析, 第47回複素環化学討論会, 2017.10.
9. 藤田聡, 富山泰至, 岩田隆幸, 松本健司, 新藤充, (-)-Stemonamineの全合成およびその光学的安定性, 第59回天然有機化合物討論会, 2017.09.
10. 新藤充, ココナッツ発酵食品の食中毒菌が産生するボンクレキン酸に関する話題提供, 第44回日本毒性学会学術年会シンポジウム, 2017.07.
11. 藤原匠、岩田隆幸、新藤充, イノラートと種々の置換基を持つベンザインを用いたトリプチセンの合成, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
12. 新藤 充, イノラートの特性を利用した混雑多環化合物の合成, 九州工業大学工学部応用化学科講演会, 2016.12.
13. 新藤 充, 植物の重力屈性を阻害する化合物の創製, ダイナミックアライアンスG3・ニコンイメージングセンター公開シンポジウム, 2016.12.
14. 新藤 充, 混雑多環化合物の合成, 大阪市立大学大学院理学研究科物質分子系専攻談話会, 2016.09.
15. 新藤 充, アレロケミカルから重力屈性阻害剤へー有機合成化学者の関わり方―、、2016.3.11、つくば市文科省研究交流センター, 関東雑草研究会講演会, 2016.03.
16. 新藤 充, アレロパシー活性化合物の合成と展開、、2016.1.7, 京都大学大学院薬学研究科講演会, 2016.01.
17. 新藤 充, 和宇慶久, 松尾和真, 松本 健司, Cu(II)-catalyzed Dissymmetrization of Dithiomalonates, Pacifichem2015, 2015.12.
18. 新藤 充, 植物と科学の力で環境調和型農薬へ, 九大総理工公開講座, 2015.08.
19. 新藤 充, イノラートを起点とする合成反応, 創薬懇話会2015 in徳島, 2015.07.
20. 藤田 聡, 松本 健司, 陶山 正樹, 福永 幸裕, 奥田 勝博, 狩野 有宏, 新藤 充, ボンクレキン酸合成法の改良と誘導体の合成研究, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
21. 牧川早希, 松本 健司, 児玉梢, 福永 幸裕, 和佐野直也, 藤井義晴, 狩野 有宏, 新藤 充, 植物に対する重力屈性阻害剤の開発, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
22. 松本 健司, 酒井 健太郎, 新藤 充, 芳香族アミン類の触媒的酸化カップリングによるビアリール化合物の簡便合成, 日本薬学会第135年会, 2015.03.
23. 藤田 聡, 松本 健司, 陶山 正樹, 森脇 拓也, 福永 幸裕, 奥田 勝博, 安部 真人, 狩野 有宏, 新藤 充, ボンクレキン酸に基づいた新規アポトーシス阻害剤の合成, 第31回日本薬学会九州支部大会, 2014.12.
24. 藤田 聡, 松本 健司, 新藤 充, ボンクレキン酸誘導体の合成、, 有機合成化学セミナー, 2014.09.
25. 松本 健司, 堂籠 健斗, 新藤 充, 不均一系触媒を用いた芳香族アミン類の空気酸化型脱水素カップリング, 日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム, 2014.07.
26. 松本 健司, 堂籠 健斗, 新藤 充, Heterogeneous Rh-catalyzed Oxidative Coupling of Arylamines, XXVI International Conference on Organometallic Chemistry, ICOMC2014, 2014.07.
27. 榮心勁, 梅津 智, 松本 健司, 新藤 充, イノラートとベンザインとの環化付加によるトリプチセンの合成研究, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
28. 梅津智, 榮心勁, 新藤 充, 多置換トリプチセンの合成, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
29. 石井孝典, 堂籠健斗, 松本 健司, 三浦 大典, 藤村 由紀, 割石 博之, 新藤 充, アミノ酸の微量検出に有効な負イオンモード用MALDI-MSマトリックスの開発、石井孝典,堂籠健斗,行平大地,三浦大典,藤村由紀,割石博之,松本健司,新藤充、, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
30. 堂籠健斗, 石井孝典, 松本 健司, 新藤 充, 不均一系触媒を用いた芳香族アミン類の酸化的二量化反応, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
31. 新藤 充, アシル化を鍵反応とする有機合成, 帝京大学薬学部講演会, 2014.01, 銅触媒によるWittig ラクトン化、分子内アシル化やマロン酸の非対称化など、アシル化をテーマにいくつかの有機合成反応について解説した。.
32. 新藤 充, Total Synthesis of Stemonamine, ISIS-8, 2013.11.
33. 新藤 充, イノラートの反応と展開, 第3回大塚有機合成シンポジウム, 2013.11, イノラートの生成、物性、反応、合成化学的応用について概説した.
34. 松本 健司, 佐々木剛, 横地敬太, 新藤 充, gem-ジアニオンの創製と新規連続反応の開発, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013.11.
35. 新藤 充, アレロパシ―のケミカルバイオロジー研究, 東北大学大学院薬学研究科講演会, 2013.10, ユキヤナギ由来のシス桂皮酸に関する最近のケミカルバイオロジー研究の成果について講演した。.
36. 新藤 充, 堂籠健斗, 石井孝典, 寺井康了, 松本 健司, 行平大地, 三浦 大典, 藤村 由紀, 割石 博之, 小分子測定用MALDI-MSマトリックスの開発, 第8回メタボロームシンポジウム, 2013.10.
37. 新藤 充, Reactions of Ynolates and Synthetic Applications, 10th International Symposium on Carbanion Chemistry, 2013.09, イノラートの生成と合成的応用について講演した.
38. 松本 健司, 陶山正樹, 森脇拓也, 蓮井啓祐, 奥田 勝博, 安倍真人, 新藤 充, ボンクレキン酸を起点とするアポトーシス阻害剤の設計と活性評価, 第55回天然有機化合物討論会, 2013.09.
39. 福永 幸裕, 福田洋, 西川 慶祐, 奥田 勝博, 新藤 充, cis-桂皮酸の分子プローブを用いた蛍光イメージングと標的タンパク質の探索, 日本ケミカルバイオロジー学会 第8回年会, 2013.06.
40. 新藤 充, Olefination Controlled by Torquoselectivity, Nang Young Technological University organic chemistry symposium, 2013.01.
41. 新藤 充, イノラートの化学, 第一三共株式会社講演会, 2012.11, イノラートの生成、物性、反応、合成化学的応用について概説した.
42. 新藤 充, アシル化をキーワードとする合成, 日本薬学会九州支部 特別講演会, 2012.11.
43. 新藤 充, Total Synthesis of Stemonamine, Cambodian Maleysian Chemical Congress, 2012.10.
44. 西川 慶祐, 池永大, 崔香花, 八道健太郎, 松本 健司, 新藤 充, イノラートを用いたstemonaアルカロイド類の合成研究, 第54回天然有機化合物討論会, 2012.09.
45. 新藤 充, 寺井やすあき, 行平大地, 三浦 大典, 藤村 由紀, 松本 健司, 割石 博之, Design and synthesis of new efficient MALDI-MS matrices for low molecular weight metabolites in negative ionization mode, 19th International Mass Specrometry Conference (IMSC2012, 2012.09.
46. 新藤 充, アシル化をキーワードとする合成と展開, 日本薬学会北陸支部特別講演会、, 2012.07.
47. 新藤 充, チオエステルによる触媒的アシル化反応とその展開, 徳島大学大学院薬科学教育部創薬先端合成化学特論, 2012.06.
48. 新藤 充, 機能性炭素反応剤を用いた有機合成化学, 製薬プロセス化学, 2012.06.
49. 西川 慶祐, 福田洋, 福永 幸裕, 奥田 勝博, 新藤 充, アレロパシー活性を示すcis-桂皮酸の蛍光及び赤色プローブの合成と分子イメージング, 日本ケミカルバイオロジー学会 第7回年会, 2012.06.
50. 新藤充、, イノラートの反応とその展開、, 第10回次世代を担う有機化学シンポジウム、2012.5.11、, 2012.05.
51. 新藤充、, 細胞の生死を制御する有機小分子の合成と生物活性、, 日本薬学会第132年会シンポジウム「ミトコンドリアへの薬物の作用と創薬について考える」, 2012.03.
52. 新藤充, 徳島産化学とその展開, 有機合成薬学シンポジウム, 2012.03.
53. Mitsuru Shindo, Electrocyclic Reactions Controlled by Torquoselectivity,, The 4th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry, 2012.03.
54. 新藤充、, イノラートによる精密有機合成、, 日本プロセス化学会2011ウィンターシンポジウム, 2011.12.
55. 新藤充、, チオエステルによる中性条件下での触媒的アシル化反応, 2011年日本化学会西日本大会、, 2011.11.
56. Mitsuru Shindo, Olefination of Carbonyl Compounds with Ynolates, 14th Asian Chemical Congress 2011, 2011.09.
57. 梅津 智、新藤 充, Efficient Olefination of Esters with Ynolates, The 2nd International Symposium on Process Chemistry, 2011.08.
58. 森脇 拓也、蓮井 啓佑、奥田 勝博、松本健司、新藤 充, 細胞死を制御するボンクレキン酸の構造活性相関研究, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
59. 崔 香花、八道 健太郎、新藤 充, ステモナアルカロイドの合成研究、, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
60. 中村 信仁、西川 慶祐、新藤 充, イノラートの反応を用いたCassiolの全合成研究, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
61. 寺井 康了、行平 大地、三浦 大典、藤村 由紀、割石 博之、新藤 充, 生体低分子のMALDI-MS測定に有効なマトリックスの開発, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
62. 梅津 智、吉岩 俊也、新藤 充, フローリアクターを用いたイノラートの生成と反応, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
63. 新藤 充, 二次軌道相互作用により制御されるカルボニルのオレフィン化反応, 第99回有機合成シンポジウム, 2011.06.
64. 西川 慶祐, 新藤 充、, 強いアレロパシー活性をもつシス桂皮酸誘導体の芳香環置換基効果、, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
65. 蓮井 啓佑, 松本 健司, 新藤 充, 抗腫瘍活性を示すボンクレキン酸部分構造の構造活性相関研究、, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
66. 松本 健司, 新藤 充, α-アレニルアルコールのClaisen転位による多置換共役ジエンの合成、, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
67. 八道 健太郎, , 新藤 充, 高速ナザロフ反応を利用したα-exo-メチレンシクロペンテノンの新規合成法と(±)-xanthocidinの全合成、, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
68. 松尾 和真, 新藤 充, 銅触媒を用いる対称マロン酸ジチオエステルの非対称化反応の開発, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
69. 梅津 智, 新藤 充, イノラートによるエステルのオレフィン化 -カルボニルα位の置換基効果-, 日本薬学会第131年会、, 2011.03.
70. 中西 一成, 安倍 真人, 新藤 充、, 強いアレロパシー活性を示すシス桂皮酸の構造活性相関研究, 、○日本薬学会第131年会、, 2011.03.
71. M. Shindo, Torquoselective Olefination with Ynolates,, Pacifichem2010, 2010.12.
72. 梅津智、新藤充, イノラートを用いたエステルのオレフィン化におけるカルボニルα位の置換基効果, 第22回若手研究者のためのセミナー, 2010.11.
73. M. Shindo, Cu(II)-Catalyzed Acylation by Thiol Esters Under Neutral Conditions. Tandem Acylation-Wittig Reaction Leading to a One-Pot Synthesis of Butenolides, The 5th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-5),, 2010.11.
74. 八道健太郎、新藤 充, 酸触媒高速ナザロフ反応の開発と生理活性天然物の合成研究, 第52回天然有機化合物討論会, 2010.09.
75. 松尾和真、新藤 充, 多機能性銅触媒アシル化反応を鍵とするワンポットラクトン化反応の開発, 日本プロセス化学会2010サマーシンポジウム, 2010.07.
76. 蓮井啓祐、松尾啓史、麻生祥史、安部真人、新藤充, 細胞毒性を有するボンクレキン酸部分構造の構造活性相関, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
77. 室下敏、新藤充, アポトーシス阻害活性を示すボンクレキン酸の大量合成と構造活性相関, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
78. 中西一成、新藤充, シス桂皮酸を基点とするアレロパシー活性化合物の合成と植物生長阻害活性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
79. 中西一成、新藤充, シス桂皮酸を基点とするアレロパシー活性化合物の合成と植物生長阻害活性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
80. 梅津智、新藤充, エステルのオレフィン化におけるカルボニルα位の置換基効果, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
81. 八道健太郎、新藤充, 酸触媒高速ナザロフ反応の開発とStemonamideの合成研究, 第20回万有福岡シンポジウム, 2010.05.
82. 八道健太郎、新藤 充, Stemonamideの合成研究, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
83. 松尾和真、新藤 充, タンデムアシル化Wittig-ラクトン化反応を利用した生体作用分子の合成, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
84. 新藤 充, ミトコンドリアに作用して細胞の生死を操る有機小分子, 有機合成のニュートレンド2010, 2010.02.
85. 松尾和真、新藤 充, Tandem Cu(II)-Catalyzed Acylation Wittig-lactonization Reaction, The 3rd International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, 2010.01.
86. 八道健太郎、新藤充, 酸触媒高速ナザロフ反応を利用したstemonamideの合成研究, 第21回若手研究者のためのセミナー, 2009.12.
87. 吉川孝、新藤充, トルク選択的オレフィン化反応を利用したテトロン酸の合成, 第21回若手研究者のためのセミナー, 2009.12.
88. 松尾和真、新藤充, xanthanolideの合成, 第21回若手研究者のためのセミナー, 2009.12.
89. 新藤 充, マイクロリアクターを用いたカルバニオンの反応, 第44回フローマイクロ合成研究会講演会, 2009.12.
90. 吉川孝、新藤充, 回転選択的オレフィン化反応を利用した5-アルキリデンテトロン酸の新規合成法, 第28回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2009.11.
91. 新藤 充、安部真人, アポトーシスを制御する有機小分子, 第五回物質合成シンポジウム, 2009.11.
92. 松尾和真、新藤充, Tandem Cu(II)-Catalyzed Acylation Wittig-lactonization Reaction, The 11th International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry (IKCOC11), 2009.11.
93. 松尾和真、新藤充, 銅触媒エステル交換をかぎ反応とするタンデム型Wittigラクトン化反応, 第96回有機合成シンポジウム, 2009.11.
94. 新藤 充, Torquoselective Olefination with Ynolates, the 5th Sino-Japanese Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists, 2009.10.
95. 吉川孝、新藤充, テトロン酸およびピロンの選択的合成ー回転選択敵オレフィン化反応からの展開ー, ユビキタス情報化社会を支える光利用有機・高分子化学学生Workshop, 2009.09.
96. 松尾和真、新藤充, エステル交換反応を鍵とするタンデム型Witti-ラクトン化反応の開発と天然物合成への応用, ユビキタス情報化社会を支える光利用有機・高分子化学学生Workshop, 2009.09.
97. 横地敬太、新藤充, タンデム型芳香族求核置換ー6πアザ電子環状反応によるベンゾイソキノリンのワンポット合成, ユビキタス情報化社会を支える光利用有機・高分子化学学生Workshop, 2009.09.
98. 横地敬太、新藤充, タンデム型芳香族求核置換6πアザ電子環状反応によるベンゾイソキノリンの合成, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
99. 松尾和真、新藤充, 207. 銅(II)触媒によるタンデムアシル化ーWittigラクトン化反応の開発, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
100. 吉川孝、新藤充, 回転選択的オレフィン化反応を利用したテトロン酸およびピロンの選択的合成, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
101. 吉川孝、新藤充, イノラートによるアルキン酸エステルの回転選択的オレフィン化反応と生体作用分子の合成への応用, 第19回万有福岡シンポジウム, 2009.05.
102. 安部 真人、佐藤 幸子、松尾 啓史、狩野 有宏、丸山 厚、新藤 充, ボンクレキン酸の抗アポトーシス作用と細胞毒性, 日本ケミカルバイオロジー学会第4回年会, 2009.05.
103. 佐藤 幸子・安倍 真人・狩野 有宏・丸山 厚・新藤 充, ボンクレキン酸及び誘導体の効率的合成とアポトーシス阻害活性, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
104. 田澤 優太、安部 真人1、平舘 俊太郎2、藤井 義晴2、新藤 充, cis-桂皮酸の構造活性相関研究 (2) -芳香環と共役オレフィンの効果-, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
105. 谷口 智哉、安部 真人、平舘 俊太郎、藤井 義晴、新藤 充, cis-桂皮酸の構造活性相関研究(1) -オレフィンと芳香環上の置換基の効果-, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
106. 安部 真人、佐藤 幸子、松尾 啓史、狩野 有宏、丸山 厚、新藤 充, ボンクレキン酸のアポトーシス阻害効果に関する構造活性相関研究, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
107. 吉川 孝,新藤 充, イノラートによるアルキニルエステルの回転選択的オレフィン化とその応用, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
108. 横地 敬太,八道 健太郎,新藤 充, 新規炭素活性種α,α-アミドジアニオンの創製と反応, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
109. 松尾 和真・新藤 充, 銅(II)触媒によるエステル交換反応を鍵反応とするアシロインのWittig-ラクトン化反応, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
110. 松尾 啓史,安部 真人,狩野 有宏,丸山 厚,新藤 充, ANT阻害剤ボンクレキン酸の誘導体合成と構造活性相関, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
111. 吉川孝、新藤充, イノラートによるアルキニルケトンおよびアルキニルエステルの回転選択的オレフィン化反応, 第4回物質合成シンポジウム, 2009.01.
112. Mitsuru Shindo, Organic Synthesis of Potent Allelochemicals, Novel Allelochemicals in Asia, NIAES Open Seminar, 2009.01.
113. 新藤充, Torquoselective olefination with ynolates, Second Japan-Singapore Bilateral Symposium on Catalysis, 2009.01.
114. 新藤充, イノラートの有機合成反応ートルク選択的オレフィン化反応とその展開ー, 有機合成と天然物化学の手法による医薬品素材の開発、第1回研究発表会, 2008.12.
115. 新藤充, Stereoselective Olefination of Carbonyl Compounds Controlled by Torquoselectivity, Chemistry of Organic & Polymer Materials for Ubiquitous ICT, 2008.12.
116. 佐藤幸子、安部真人、狩野有宏、丸山厚、新藤充, アポトーシス阻害剤ボンクレキン酸およびその 誘 導体の収束型効率合成, 第20回若手研究者のためのセミナー, 2008.12.
117. 新藤充, トルク選択的オレフィン化反応, 熊本大学理学部プロジェクトセミナー, 2008.11.
118. 八道健太郎、新藤充, 酸触媒拘束ナザロフ反応の開発とその立体制御, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, 2008.11.
119. 新藤充, 回転選択性の制御によるカルボニルの高度オレフィン化反応とその展開, 平成20年度化学系学協会東北大会, 2008.10.
120. 新藤充, 炭素反応活性種の特性を利用した有機合成反応, 東北大学大学院薬学研究科GCOEセミナー, 2008.10.
121. 松尾和真、大槻恵子、新藤充, Xanthanolideの全合成, 第50回天然有機化合物討論会, 2008.09.
122. 吉川孝、伊藤康昭、森聖治、新藤充, イノラートによるケトンの高立体選択的オレフィン化反応ーα位置換基の立体電子効果による回転選択性の制御, 第6回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2008.05.
123. 八道健太郎、新藤充, Catalitic Asymmetric Nazarov Cyclization, Third International Conference on Advanced Organic Synthesis Directed toward the Ultimate Efficiency and Practicability, 2008.05.
124. 佐藤幸子、新藤充, Practical Synthesis of Bongkrekic acid as an Apoptosis Inhibitor, 第12回日韓ドラッグデザインシンポジウム, 2008.05.
125. 新藤充, イノラートの機能, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
126. 門田慧史・麻生祥史・吉村勇哉・篠原康雄・山本武範・新藤充, ボンクレキン酸誘導体の合成とATP 産生阻害活性, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
127. 松尾和真・大槻恵子・富田-横谷香織・新藤充, Xanthanolide 類の合成と立体化学, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
128. 佐藤幸子、新藤充, ボンクレキン酸の第二世代全合成, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
129. 八道健太郎、新藤充, 触媒的不斉ナザロフ環化反応, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
130. 吉川孝、新藤充, イノラートによるアルキニルケトンの回転選択的オレフィン化反応, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
131. 吉岩俊也・新藤充・渡慶次学・馬場嘉信, マイクロチューブリアクターを用いた室温化でのイノラート合成と反応, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
132. 吉岩俊也、新藤充, マイクロチューブリアクターによるイノラートの時空間制御合成, 第3回物質合成シンポジウム, 2008.03.
133. 新藤充, Design and Synthesis of Apoptosis Inhibitor Targeting Mitochondrial Membrane Protein,, IMCE Kyushu University-UK-IMRAM Tohoku University 2nd Joint Workshop, 2008.03.
134. Mitsuru Shindo, Ynolates: Efficient Reactive Species for Torquoselective Olefination, the 2007 International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals (C&FC2007), 2007.12.
135. 新藤充, イノラートを起点とする多置換環状分子の短工程合成, 特定領域研究公開シンポジウム「炭素資源の高度分子変換」(日本プロセス化学会合同シンポジウム), 2007.12.
136. Mitsuru Shindo, Torquoselective Olefination of Carbonyl Compounds with Ynolates, The Fourth International Synposium on Integrated Synthesis, 2007.09.
137. Kentaro Yaji, Mitsuru Shindo, Acid-catalyzed Nazarov Reaction COntrolled by beta-Alkoxy Group, International Conference on Asymmetric Organocatalysis, 2007.05.
138. 松尾和真、大槻恵子、冨田香織、宍戸宏造、新藤充, Sundiversifolideの両エナンチオマーの合成とアレロパシー活性, 第17階萬有福岡シンポジウム, 2007.05.
139. 吉岩俊也・新藤充, 176. アルキルエステルの連続脱プロトン化を利用したイノラートの新規合成法, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
140. 松尾 和真・新藤 充・大槻 恵子・宍戸 宏造・富田-横谷 香織, Sundiversifolide の両エナンチオマーの全合成とアレロパシー活性, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
141. 新藤充,麻生祥史,篠原康雄,山本武範,吉村勇哉,宍戸宏造, BongkrekicAcid誘導体の合成とATP-ADP輸送担体阻害活性, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
142. 副島廣恵,新藤充, イノラートを用いた多置換チオフェンの合成, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
143. 八道健太郎,新藤充, ブレンステッド酸触媒によるナザロフ環化反応, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
144. 八道健太郎,新藤充, ブレンステッド酸触媒によるナザロフ環化反応, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
145. 兼松誠,新藤充,吉田昌裕,宍戸宏造, Bongkrekicacidの合成研究, 日本薬学会第127年会, 2007.03.
146. 八道健太郎,新藤充, A Novel Effect of β-Alkoxy Group in Catalytic Nazarov Cyclization, The Tenth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ( IKCOC 10), 2006.12.
147. M. Shindo, Torquoselecitve Olefination with Ynolates, Special Lecture, University of Illinois, Urbana-Champaign, 2006.06.
148. M. Shindo, Torquoselecitve Olefination with Ynolates, Lecture in Department of Chemistry, University of Illinois, Chicago, 2006.06.
149. M. Shindo, Torquoselecitve Olefination with Ynolates, Seminar in Department of Chemistry, University of Chicago, 2006.06.
150. M. Shindo, Torquoselecitve Olefination with Ynolates, Seminar in Emory University, 2006.06.
151. 新藤充, 触媒的ナザロフ反応, 有機分子構築法夏の学校, 2006.06.
152. 新藤充, 回転選択的オレフィン化反応, 有機合成化学講演会, 2006.05.
153. Y. Yoshimura, K. Matsumoto, M. Shindo, Synthesis of Multisubstituted Pyrroles with Ynolates, the 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, 2006.05.
154. M. Shindo, M. Hayashi, K. Shishido, One-pot synthesis of multisubstituted furans via ynolates,, PACIFICHEM2005, 2005.12.
155. M. Shindo, Ynolates as ketene precursors, Pacifichem2005, 2005.12.
156. 新藤充、大槻恵子、吉川孝 守谷千洋 宍戸宏造, サンディバシフォリドの合成研究, 第49回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2005.11.
157. 新藤充、松本健司、宍戸宏造, 分子内高配位による反応活性化を利用するトリアルキルビニルシランおよびビニルゲルマンのカップリング反応, 第52回有機金属化学討論会, 2005.09.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  4件
学会活動
所属学会名
フロンティア生命化学研究会
日本ケミカルバイオロジー学会
日本農芸化学会
日本薬学会
日本化学会
有機合成化学協会
アメリカ化学会
日本プロセス化学会
ケイ素化学協会
学協会役員等への就任
2018.01~2019.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 副支部長.
2009.01~2009.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2005.04~2010.03, 日本薬学会, 化学系部会役員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.25~2019.05.25, 第29回万有福岡シンポジウム, オーガナイザー.
2018.09.08~2018.09.10, the Fourth Asian Allelopathy Conference, 運営委員.
2018.09.26~2018.09.28, 第60回天然有機化合物討論会, 実行委員長.
2018.05.12~2018.05.12, 第28回万有福岡シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2017.09.20~2017.09.22, 天然有機化合物討論会, 座長(Chairmanship).
2016.04.23~2016.04.23, 福岡シンポジウム, 組織委員.
2016.04.23~2016.04.23, 第26回万有福岡シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.05.16~2015.05.16, 福岡シンポジウム, co-organizer.
2014.06.07, 福岡シンポジウム, 組織委員.
2013.11.05~2013.11.06, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 組織委員.
2013.09.24~2013.09.28, 第10回カルボアニオン化学国際会議 ISCC-10, 組織委員.
2013.05, 福岡シンポジウム, 組織委員.
2012.11.29~2012.11.29, 有機合成化学協会九州山口支部平成24年度第2回講演会, 座長(Chairmanship).
2012.09.18~2012.09.20, 天然有機化合物討論会, 座長(Chairmanship).
2012.05, 福岡シンポジウム, 組織委員.
2011.08.27~2011.08.27, 第23回若手研究者のためのセミナー, 座長(Chairmanship).
2011.08.10~2011.08.11, 第2回国際プロセス化学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2011.03.28~2011.03.31, 日本薬学会年会 プロセス化学シンポジウム, オーガナイザー.
2010.12.09~2010.12.09, 有機合成化学協会九州山口支部平成22年度第2回講演会, 司会(Moderator).
2010.11.13~2010.11.13, 第22回若手研究者のためのセミナー, 座長(Chairmanship).
2010.09.29~2010.10.01, 天然有機化合物討論会, 座長(Chairmanship).
2010.07.10~2010.07.10, 第47回化学関連支部合同九州大会, 世話人代表.
2010.07.10~2010.07.10, 第47回化学関連支部合同九州大会, 世話人代表.
2010.05.21~2010.05.21, 有機合成化学協会九州山口支部平成22年度第1回講演会, 司会(Moderator).
2010.03.28~2010.03.30, 日本薬学会第130年会, 座長(Chairmanship).
2009.12.19~2009.12.19, 第21回若手研究者のためのセミナー, 世話人代表.
2009.12.19~2009.12.19, 第21回若手研究者のためのセミナー, 司会(Moderator).
2009.03.27, 日本化学会第89春季年会, 座長(Chairmanship).
2008.12.20~2008.12.20, Chemistry of Organic & Polymer Materials for Ubiquitous ICT , 座長(Chairmanship).
2008.12.13~2008.12.13, 有機合成化学協会九州山口支部若手セミナー, 座長(Chairmanship).
2008.09.29~2008.10.01, 第50回天然有機化合物討論会, 準備委員会委員.
2008.05, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, 組織委員.
2007.03, 日本化学会第87春季年会, 座長(Chairmanship).
2006.07, The Fukuoka Symposium, 座長(Chairmanship).
2006.05, The 11th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, 組織委員.
2006.05, 福岡シンポジウム, 組織委員.
2006.05, the 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, 座長(Chairmanship).
2006.03, 日本薬学会年会, 座長(Chairmanship).
2005.06, 第8回有機分子構築法夏の学校, 実行委員長.
2005.06, 有機合成シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2005.05, 第3回次世代を担う有機化学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2004.06, 第7回有機分子構築法夏の学校, 実行委員.
2004.04, The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, 組織委員.
2003.06, 第55回パネル討論会「生物活性天然物の合成戦略」, 実行委員.
2003.05, 第1回次世代を担う有機化学シンポジウム, 実行委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2006.08~2007.08, 創薬をめざす有機合成戦略, 国内, 編集委員.
2007.02~2009.01, 有機合成化学協会誌, 国内, 編集協力委員.
1998.04~2000.03, 有機合成化学協会誌, 国内, 編集協力委員.
1997.04~1999.03, ファルマシア(日本薬学会), 国内, トピックス専門小委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 11  20  31 
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度 10      10  20 
2012年度
2011年度 10  10 
2010年度 10  10 
2009年度 10  10 
2008年度 11  10  21 
2007年度 10  10 
2006年度 11  11 
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
上海交通大学, China, 2014.08~2014.08.
2015環太平洋国際化学会議, UnitedStatesofAmerica, 2015.12~2015.12.
台湾academia sinica, Taiwan, 2013.10~2013.10.
Nunynag Technological Unviersity , Singapore National University, Singapore, 2013.01~2013.02.
Cambodian Malaysian Chemical Conference , Cambodia, 2012.10~2012.10.
14th Asian Chemical Congress, Thailand, 2011.09~2011.09.
2010環太平洋国際化学会議, UnitedStatesofAmerica, 2010.12~2010.12.
台湾清華大学, Taiwan, 2010.10~2010.10.
Nunynag Technological Unviersity , Singapore, 2007.12~2007.12.
University of Chicago, Emory University, University of Illinois, UnitedStatesofAmerica, 2006.05~2006.06.
Hilton Hotel, UnitedStatesofAmerica, 2005.12~2005.12.
Alicante Univesity, Spain, 2004.07~2004.07.
Florida State University, UnitedStatesofAmerica, 1992.04~1994.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.03~2019.03, 2週間未満, the University of Arizona, Iceland, 日本学術振興会.
2018.11~2018.11, 2週間未満, Dortmund University of Technology, Germany, .
2017.08~2017.08, 国立台湾師範大学, Taiwan, 学内資金.
2014.04~2014.04, 2週間未満, Florida State University, UnitedStatesofAmerica.
2013.09~2013.10, 2週間未満, Brown University, UnitedStatesofAmerica.
2010.11~2010.11, 2週間未満, オレゴン州立大学, UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
2009.11~2009.11, 2週間未満, Dortmund University of Technology, Germany, .
2008.03~2008.03, 2週間未満, France, 大阪大学.
2007.07~2007.07, 2週間未満, ピッツバーグ大学, UnitedStatesofAmerica, .
2006.09~2006.09, 2週間未満, University of Chicago, Russia, 民間・財団.
受賞
有機合成化学協会 第一三共創薬有機化学賞, 有機合成化学協会, 2011.02.
九州大学研究・産学官連携活動表彰, 九州大学, 2009.05.
日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 2000.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, アレロパシーの理解に向けた植物間コミュニケーションツール分子の開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 剛直な1,8,9,13-4置換トリプチセンを土台とする有機分子の精密構築.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, ミトコンドリアを標的とする抗がん活性中分子の創製.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 代表, ミトコンドリアに作用する中分子の合成と機能.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, トリプチセンを単位構造とする剛直な有機ハニカム分子の創製.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, イノラートを用いた機能性多環化合物の精密有機合成.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 新規MALDI-MSマトリックスの分子設計、合成、分子論.
2012年度~2013年度, 新学術領域研究, 代表, 機能性炭素反応剤を用いた集積型反応の高度複合化.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 機能性炭素反応種を用いた生体作用分子の実践的合成.
2010年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 生体膜ー膜タンパク質相互作用を利用した生物機能性分子の創製.
2010年度~2011年度, 新学術領域研究, 代表, 機能性炭素反応剤と用いた集積化反応の高度複合化研究.
2007年度~2008年度, 特定領域研究, 代表, イノラートによる多置換複素環状化合物の効率合成.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 回転選択的オレフィン化反応を起点とする高度置換有機分子の短工程精密構築.
2006年度~2006年度, 特定領域研究, 代表, イノラートによる多置換複素環状化合物のワンポット合成.
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, イノラートによる高度オレフィン化反応.
2004年度~2006年度, 基盤研究(A), 分担, 天然アレロケミカルを範とする環境調和型農薬及び新規医薬品シーズの開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表, イノラートの特性を生かした高効率結合形成反応.
2001年度~2004年度, 特定領域研究, 代表, イノラートを用いる活性多元素中間体の創製と反応.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2018年度, 積水化学研究助成, 代表, 植物に学ぶ重力屈性阻害に基づく蔓性雑草防御剤の開発.
2013年度~2015年度, 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業委託事業, 分担, 重力屈性に影響を及ぼす生理活性物質の開発と農林業への利用.
2009年度~2009年度, 上原記念生命科学財団研究助成金, 代表, ミトコンドリアに作用するアポトーシス誘導阻害剤の設計と合成.
2008年度~2012年度, イノベーション創出基礎研究推進事業(生研センター), 分担, 検討課題「アレロケミカルの探索と新規生理活性物質の開発」
中課題(分担課題)「アレロケミカルの構造活性相関とプローブ分子の合成」.
2008年度~2008年度, 武田科学振興財団, 代表, アポトーシスの制御を指向した膜タンパク質多点認識型リン資質コンジュゲートの開発.
2008年度~2008年度, 積水化学研究助成, 代表, 植物の自己防衛システムに学ぶ植物生長制御分子の創製と機能.
2008年度~2008年度, 科学技術振興機構「シーズ発掘試験」, 代表, アデニンヌクレオチド透過担体に作用するアポトーシス阻害剤の開発.
2007年度~2008年度, 住友財団基礎科学研究助成, 代表, 超反応性集積多価アニオン炭素反応種の合成反応.
2007年度~2007年度, 科学技術振興機構「シーズ発掘試験」, 代表, ミトコンドリアを標的とするアポトーシス阻害剤の開発研究.
2000年度~2003年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, 機能性炭素反応種を用いた合成反応.
2000年度~2002年度, 財)サントリー生物有機科学研究所, 代表, 「ボンクレキン酸の合成とアポトーシス分子機構へのアプローチ」.
寄附金の受入状況
2011年度, エーザイ(株), アカデミックアフェアー.
2010年度, エーザイ(株), アカデミックアフェアー.
2009年度, エーザイ(株), アカデミックアフェアー.
2002年度, (財)サントリー生物有機科学研究所, 「ボンクレキン酸の合成とアポトーシス分子機構へのアプローチ」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」