九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
片岡 啓(かたおか けい) データ更新日:2019.05.13

准教授 /  人文科学研究院 哲学部門 インド哲学史


主な研究テーマ
インド思想の文献学的研究
キーワード:インド哲学
2005.04.
研究業績
主要著書
1. Kei Kataoka, Kumarila on Truth, Omniscience, and Killing. Part 1: A Critical Edition of Mimamsa-Slokavarttika ad 1.1.2 (Codanasutra). Part 2: An Annotated Translation of Mimamsa-Slokavarttika ad 1.1.2 (Codanasutra). , Verlag der Osterreichischen Akademie der Wissenschaften. , 97 + 627 pages. , 2011.06, The present volumes present a critical edition and an annotated translation of the codanāsūtra section of Kumārila's Mīmāṃsā -Ślokavārttika, which is a sub-commentary on Jaiminisūtra 1.1.2. Kumārila is commonly regarded as having been one of the most brilliant brahmanical philosophers of the Classical Period in India, a thinker whose ideas influenced almost all later brahmanical thought. Of his works, the Ślokavārttika is possibly the most important. Defending the authoritativeness of the Vedic scripture, in the codanāsūtra section Kumārila discusses theories concerning truth, omniscience, and ritual killing. This section is a rich source of brahmanical thought on philosophical, religious and ethical questions during Kumārila's lifetime and before. The new edition, the first serious attempt at a text-critical study of the Ślokavārttika, is based on seven published editions and five manuscripts, as well as readings suggested in commentaries on the text, testimonia of other authors, and parallel passages in Kumārila's other writings. The volumes also include an introduction containing a survey of the conducted research, an investigation into the dates of Kumārila's floruit, his relationship with Dharmakirti and the problem of the Bṛhaṭṭikā, as well as an analysis of Kumārila's theory of truth. A separate synopsis and summary provide an overview of Kumārila's discussions. Detailed annotations present the background of the views expressed in the verses of the text, together with detailed analyses of Kumārila's ideas. Together, these two volumes provide an extremely valuable contribution to the field of Indian philosophical studies..
2. 片岡啓, 『ミーマーンサー研究序説』, 九州大学出版会, 330頁, 2011.01.
3. 片岡啓, 古典インドの祭式行為論, 山喜房, 2004.05.
主要原著論文
1. Kei Kataoka, Jayanta on Kumarila's View of Liberation, The Journal of Hindu Studies, https://doi.org/10.1093/jhs/hiz002, hiz002, 2019.04.
2. Kei Kataoka, A Critical Edition of Kasika ad Slokavarttika apoha vv. 95-176, The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia, 175, 1-60, 2019.03.
3. 片岡啓, 唯識の錯誤説に対するJayantaの批判―Nyayamanjari「認識一元論批判」和訳(続)―., 哲学年報, 78, 7-46, 2019.03.
4. 片岡啓, 有形象認識論の形象は非真実か?, 印度学仏教学研究, 67, 1, 374(147)-367(154), 2018.12.
5. Kei Kataoka, Sucaritamisra on Apoha, Journal of Indological Studies, 28&29 (2016-2017), 25-49, 2018.12.
6. 片岡啓, ディグナーガのアポーハ論, 『南アジア古典学』, 13, 207-243, 2018.07.
7. 片岡啓, ジャヤンタの錯誤論――Nyayamanjari和訳――, 哲学年報, 77, 1-69, 2018.03.
8. Kei Kataoka, A Critical Edition of the Latter Half of the Vijnanadvaitavada Section of the Nyayamanjari: Bhatta Jayanta on Asatkhyati and Atmakhyati., The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia, 173, 388(1)-332(57), 2018.03.
9. Kei Kataoka, A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari. [II: The Section on Kumarila's Refutation of the Apoha Theory & III: The Buddhist Refutation of Kumarila's Criticism of Apoha; Revised versions of Kataoka 2008 and 2009]. , Reading Bhatta Jayanta on Buddhist Nominalism, ed. Patrick McAllister, Verlag der Oesterreichischen Akademie der Wissenschaften, 3-34, 2017.12, 報告者が校訂した当該資料をもとにしたウィーンのオーストリア科学アカデミーで開催された研究会のメンバーによる研究成果として、オーストリア科学アカデミーより出版された。.
10. Kei Kataoka, Dharmottara's notion of aropita: superimposed or fabricated? , Reading Bhatta Jayanta on Buddhist Nominalism, ed. Patrick McAllister, Verlag der Oesterreichischen Akademie der Wissenschaften, 217-250, 2017.12.
11. Alex Watson, Kei Kataoka, The Apoha Section of the Nyayamanjari, Reading Bhatta Jayanta on Buddhist Nominalism, ed. Patrick McAllister, Verlag der Oesterreichischen Akademie der Wissenschaften, 35-79, 2017.12.
12. 片岡啓, ディグナーガの転義批判, 印度学仏教学研究, 66, 1, 463(30)-457(36), 2017.12.
13. 片岡啓, パラフレーズによるabhutaparikalpaの構造分析, インド論理学研究, 10, 25-41, 2017.11.
14. 片岡啓, 自己認識の生成・背景・変質, 南アジア古典学, 12, 191-214, 2017.07.
15. 片岡 啓, スチャリタミシュラのアポーハ論批判――Kasika ad Slokavarttika apoha v. 1後主張の和訳, 哲学年報, 76, 33-82, 2017.03.
16. Kei Kataoka, A Critical Edition of the Khyati Section of the Nyayamanjari: Bhatta Jayanta on Akhyati and Viparitakhyati, 171, 476-401, 171, 1-76, 2017.03.
17. 片岡 啓, ディグナーガによる不排除と包摂の意味論, 日本印度学仏教学会, 140(65/1), 395(130)-388(137), 2016.12.
18. 片岡 啓, Nyayakalika結語再考, インド論理学研究, 9, 45-61, 2016.11.
19. 片岡 啓, tadvatとapohavat――限定関係をめぐるディグナーガとクマーリラの一議論――, 南アジア古典学, 11, 49-74, 2016.07.
20. 片岡 啓, スチャリタミシュラのアポーハ論理解 ―Kasika ad Slokavarttika apoha v. 1前主張の和訳, 哲学年報, 2016.03.
21. 片岡 啓, A Critical Edition of the Pramanya Section of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari. , 東洋文化研究所紀要, 2016.03.
22. 片岡 啓, アポーハの遍充把握――ディグナーガとクマーリラ, 『印度学仏教学研究』, 64, 1, 75-81, 2015.12.
23. 片岡 啓, Nyayakalika著者問題再考, インド論理学研究, 8, 31-47, 2015.11.
24. 片岡 啓, Tattvasamgrahalaghutika--和訳と原典, 『南アジア古典学』, 10, 173-280, 2015.07.
25. Kei Kataoka, A Critical Edition of Kasika and Slokavarrttika apoha vv. 2-94, The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia, 167, 466(39)-400(105), 2015.03.
26. 片岡 啓, 仏教の普遍批判――Nyayamanjari和訳――, 哲学年報, 74, 49-117, 2015.03.
27. 片岡 啓, ダルモッタラの概念論, インド論理学研究, 7, 95-137, 2014.11.
28. Kei Kataoka, Dignaga, Kumarila and Dharmakirti on the Potential Problem of pramana and phala having Different objects. , Journal of Indian Philosophy, 42, 4, 2014.10.
29. 片岡 啓, インド哲学における反証可能性の議論, 南アジア古典学, 9, 259-290, 2014.07.
30. 片岡 啓, ジャヤンタの普遍論ーーNyayamanjari和訳ーー, 哲学年報, 73, 37-93, 2014.03.
31. Kei Kataoka, Sucaritamisra's Critique of Apoha: A Critical Edition of Kasika ad Slokavarttika apoha v.1., 東洋文化研究所紀要, 1-74, 2014.03.
32. Kei Kataoka, Dharmottara's Theory of Apoha, Journal of Indological Studies, 24&25, 115-135, 2014.03.
33. 片岡 啓, 牛の認識は何に基づくのか?ーーディグナーガのアポーハ論ーー, 日本印度学仏教学会, 81-88, 2013.12.
34. 片岡 啓, DharmottaraはApoha論で何を否定したのか?, 南アジア古典学, 8, 51-73, 2013.07.
35. 片岡 啓, 『ニヤーヤ・マンジャリー』「仏教のアポーハ論」章和訳, 哲学年報, 72, 1-45, 2013.03.
36. Kei Kataoka, A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayakalika (Part 1), The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia, 163, 236-184, 2013.03.
37. 片岡 啓, ディグナーガの意味論をめぐって――有角性による推論の位置付け――, 日本印度学仏教学会, 61, 1, 425-419, (94)-(100), 2012.12.
38. 片岡 啓, アポーハとは何か?, インド論理学研究, 5, 109-134, 2012.12.
39. Elisa Freschi, Kei Kataoka, Jayanta on the Validity of Sacred Texts (Other than the Veda), South Asian Classical Studies, 7, 1-55, 2012.07.
40. 片岡 啓, svabhavapratibandha研究の見取り図, インド論理学研究, 4, 163-204, 2012.06.
41. 片岡啓, アポーハ論批判――Nyayamanjari「クマーリラのアポーハ批判」章和訳――, 哲学年報, 71, 47-85, 2012.03.
42. 片岡啓, 自己認識と二面性――ディグナーガにおける認識の構造――, 印度学仏教学研究, 60, 2, 105-112, 2012.03.
43. Kei Kataoka, A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari: The Buddhist Refutation of jati. , 『東洋文化研究所紀要』(The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia), 160, 636(1)-594(43), 2011.12.
44. Kei Kataoka, Manu and the Buddha for Kumarila and Dharmakirti. , Religion and Logic in Buddhist Philosophical Analysis. Proceedings of the Fourth International Dharmakirti Conference. Vienna, August 23-27, 2005. Ed. Helmut Krasser, Horst Lasic, Eli Franco, Birgit Kellner. Wien. , 255-269. , 2011.07.
45. 片岡啓, Pramanasamuccayatika ad I 8cd--10和訳, 『南アジア古典学』, 6, 1-50, 2011.07.
46. 片岡啓, ダルマキールティによる『集量論』I 9の解釈――『量評釈』III 320-352の分析, 『哲学年報』(九州大学文学部) , 70, 2011.03.
47. 片岡啓, 認識手段と結果との対象の相違――クマーリラとダルマキールティ――, 『印度学仏教学研究』, 59, 1, 418(115)-412(121), 2010.12.
48. Kei Kataoka, A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari: Jayanta's View on jati and apoha., 『東洋文化研究所紀要』(The Memoirs of Institute for Advanced Studies on Asia), 158, 220(61)-168(113), 2010.12.
49. 片岡啓, 三つのアポーハ説――ダルモッタラに至るモデルの変遷――, 『南アジア古典学』, 5, 251-284. , 2010.07.
50. 片岡啓, ジャヤンタの主宰神論証──Nyayamanjari「主宰神論証」定説部の和訳──, 哲学年報(九州大学文学部), 69, 17-69, 2010.03.
51. 片岡啓, 『集量論』I 9解釈の問題点──ディグナーガとジネーンドラブッディ──, 印度学仏教学研究, 58-1, 106-112, 2009.12.
52. 片岡啓, 「印哲」は何を目指してきたのか?, 南アジア研究, 20, 2009.03.
53. Kei Kataoka, A Critical Edition of Bhatta Jayanta's Nyayamanjari: The Section on Kumarila's Refutation of the Apoha Theory, 東洋文化研究所紀要, 154, 2009.03.
54. 片岡啓, 神を否定する方法:Nyayamanjari「主宰神論証」前主張部の読解, 哲学年報(九州大学文学部), 68, 27-71, 2009.03.
主要学会発表等
1. 片岡 啓, 自己認識の生成・背景・変質, ワークショップ 知覚の比較哲学 仏教哲学×現象学×分析哲学, 2017.03.
2. 片岡 啓, ディグナーガによる不排除と包摂の意味論, 日本印度学仏教学会, 2016.09.
3. 片岡 啓, tadvat と apohavat――限定関係をめぐるディグナーガとクマーリラの一議論――, 2015.12.
4. Kei Kataoka, A Brief Sketch of Indian Theories of Error (vibhrama), 2015.11.
5. 片岡 啓, アポーハの遍充把握一ディグナーガとクマーリラ一 , 日本印度学仏教学会, 2015.09.
6. 片岡 啓, 神と世界, インドの大地が育んだ世界認識の枠組み(科研シンポジウム), 2014.11.
7. 片岡 啓, アポーハ論の史的展開, 2014.08.
8. 片岡 啓, How does one cognize a cow? A dialogue between Mādhava and Dignāga, International Dharmakirti Conference, 2014.08.
9. Kei Kataoka, Horns in Dignāga’s Theory of apoha, International Association for Buddhist Studies, 2014.09.
10. 片岡 啓, シヴァ教の存在論, 日本印度学仏教学会, 2013.09.
11. 片岡 啓, 牛の認識は何に基づくのか?――ディグナーガのアポーハ論――, 日本印度学仏教学会, 2013.08.
12. 片岡啓, svabhavapratibandha研究の見取り図, 日本印度学仏教学会第63回学術大会, 2012.07.
13. 片岡啓, シャイヴァ・オントロジー―――神・人・世界―――, ダルシャナ科研研究会:インド哲学諸派における<存在>をめぐる議論の解明, 2012.08.
14. Kei Kataoka, Adarsanamatra and Utpreksa: A Study of a Brhattika Fragment, Japan-Austria International Symposium on Transmission and Tradition: The Meaning and the Role of Fragments in Indian Philosophy, 2012.08.
15. Kei KATAOKA, Dignaga, Kumarila and Dharmakirti on the potential problem of pramana andphala having different objects, International Association of Buddhist Studies (IABS), 2011.06.
16. 片岡啓, ディグナーガの意味論をめぐって――有角性による推論の位置づけ――, 日本印度学仏教学会第63回学術大会, 2012.07.
17. 片岡啓, 自己認識と二面性――ディグナーガにおける認識の構造―― , 日本印度学仏教学会, 2011.09.
18. Kei Kataoka, Dharmottara's Theory of Apoha, インド思想史学会, 2010.12.
19. 片岡啓, 認識手段と結果との対象の相違――クマーリラとダルマキールティ――, 日本印度学仏教学会, 2010.09.
20. 片岡啓, ジャヤンタから見たアポーハ論, 西日本インド学仏教学会, 2009.08.
学会活動
所属学会名
International Association for Buddhist Studies
西日本宗教学会
西日本インド学仏教学会
日本仏教学会
インド思想史学会
南アジア学会
日本印度学仏教学会
学協会役員等への就任
2019.04~2029.03, インド思想史学会, 理事.
2010.04~2014.03, 日本南アジア学会, 理事.
2010.04~2019.03, インド思想史学会, 評議員.
2007.04~2028.03, 日本印度学仏教学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.08.26~2014.08.30, International Dharmakirti Conference, committee member.
2014.11.23~2014.11.23, インドの大地が育んだ世界認識の枠組み~東西哲学対話の再出発~, シンポジウム発表者,パネリスト.
2013.09.01~2013.09.01, 日本印度学仏教学会第64回学術大会「インド哲学における〈存在〉をめぐる議論の諸相」, パネルの発表者.
2012.07.01~2012.07.01, 日本印度学仏教学会第63回学術大会 「討論 svabhāvapratibandha―ダルマキールティ論理学の根本問題」, パネリストとして発表(「svabhāvapratibandha 研究の見取り図」).
2007.10~2007.10, 日本南アジア学会第二十回全国大会シンポジウム『南アジア・日本・世界:グローバル化と南アジア認識の変貌』, シンポジウムにおけるパネリスト(「インド学」分野の代表).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.03~2019.03, Indo Iranian Journal, 国際, 査読委員.
2013.09~2023.08, Reading Committee of the “Collection Indologie”, EFEO (École française d'Extrême-Orient), 国際, 査読委員.
2014.04~2024.05, Journal of Indian Philosophy, 国際, 編集委員.
2010.04~2014.03, International Journal of South Asian Studies, 国際, 編集委員.
2006.03~2019.12, 南アジア古典学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度    
2016年度      
2015年度    
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
OeAW IKGA Vienna, Austria, 2018.12~2018.12.
EEFO Siem Reap, Cambodia, 2019.01~2019.01.
Mahidol University, Thailand, 2019.03~2019.03.
University of British Columbia, Vancouver, Canada, 2018.07~2018.07.
Institute for the Cultural and Intellectual History of Asia (IKGA), Austrian Academy of Science, Austria, Austria, 2018.06~2018.06.
Mahidol University, Thailand, 2018.03~2018.03.
Institute for the Cultural and Intellectual History of Asia (IKGA), Austrian Academy of Science, Austria, Austria, 2017.12~2017.12.
Yale University, UnitedStatesofAmerica, 2017.05~2017.05.
Institute for the Cultural and Intellectual History of Asia (IKGA), Austrian Academy of Science, Austria, Austria, 2017.09~2017.09.
Mahidol University, Thailand, 2016.02~2016.02.
Cambridge University, UnitedKingdom, 2016.11~2016.11.
Ecole Fransais D'Extreme Orient, Pondichery, India, 2015.03~2015.03.
Renaissance Bangkok Ratchaprasong Hotel, Thailand, 2015.06~2015.07.
Mahidol University, Thailand, 2015.02~2015.02.
華梵大學東方人文思想研究所, Taiwan, 2014.06~2014.06.
Vienna University, Austria, 2014.08~2014.08.
Heidelberg University, Germany, 2014.08~2014.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.06~2019.07, 1ヶ月以上, Hamburg University, Russia, 民間・財団.
2017.08~2019.07, 1ヶ月以上, 高麗大学, Korea, 民間・財団.
2012.03~2012.03, ローマ大学サピエンツァ校, Italy, 日本学術振興会.
2009.08~2009.09, 2週間以上1ヶ月未満, ウィーン大学, UnitedKingdom, 日本学術振興会.
2008.03~2008.03, 2週間以上1ヶ月未満, Ecole Francaise d'Extreme Orient, UnitedKingdom, 日本学術振興会.
受賞
鈴木学術財団特別賞, 日本印度学仏教学会, 2015.09.
日本印度学仏教学会賞, 日本印度学仏教学会, 2010.09.
南アジア学会賞, 日本南アジア学会, 2007.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, ラトナーカラシャーンティの『般若波羅蜜多論』新出梵語テキストの研究.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, インド哲学における真理論と誤謬論の文献学的研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, インド哲学文献に見る言葉の意味をめぐる論争史.
2011年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, インド哲学諸派における<存在>をめぐる議論の解明.
2006年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 聖典解釈学を中心とするインド哲学文献の写本調査・原典批判・思想史研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2009年度~2009年度, 外国人招聘研究, ウィーン大学のポスドク研究員アレックスワトソン博士の九州大学招聘、および、サンスクリット文献の共同研究。(受け入れ責任者).
2007年度~2007年度, 外国人招聘研究, フランス極東学院ポンディシェリ校のインド学所長D。グッドール所長の九州大学招聘、および、シヴァ教神学文献の共同研究。(受け入れ責任者).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」