九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
瀧本 太郎(たきもと たろう) データ更新日:2019.01.07

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 経済システム解析講座


教育活動概要
学部,大学院で計量経済学,マクロ経済学関連科目を中心に担当.
学部:経済情報処理基礎,英語経済,経済工学基本演習,計量経済学I,II,マクロ経済学,上級計量経済学,応用計量経済学,上級マクロ経済学,経済工学特論
大学院:計量分析,マクロ経済学,マクロ数量分析特研I,II, Econometrics I,II (G30), Advanced Econometrics (G30), Macroeconomic Theory I (G30), Topics in Economics (G30), Mathematical Methods for Economic Analysis I,II (G30)
担当授業科目
2018年度・通年, 経済工学演習.

2017年度・通年, 経済工学演習.

2017年度・後期, Topics in Economics (G30).

2017年度・前期, マクロ数量分析特研II.

2017年度・後期, Econometrics I (G30).

2017年度・前期, Topics in Economics (G30).

2017年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2017年度・前期, Econometrics II (G30).

2017年度・前期, 計量経済学I.

2016年度・通年, 経済工学演習.

2016年度・後期, Topics in Economics (G30).

2016年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2016年度・後期, Econometrics I (G30).

2016年度・前期, Topics in Economics (G30).

2016年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2016年度・前期, Econometrics II (G30).

2016年度・前期, 応用計量経済学.

2016年度・前期, 計量経済学I.

2015年度・通年, 経済工学演習.

2015年度・後期, Topics in Economics (G30).

2015年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2015年度・後期, Macroeconomic Theory I (G30).

2015年度・後期, Econometrics I (G30).

2015年度・後期, Mathematical Methods for Economic Analysis I (G30).

2015年度・前期, Topics in Economics (G30).

2015年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2015年度・前期, Econometrics II (G30).

2015年度・前期, 計量経済学I.

2014年度・通年, 経済工学演習.

2014年度・後期, Topics in Economics (G30).

2014年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2014年度・後期, Macroeconomic Theory I (G30).

2014年度・後期, Econometrics I (G30).

2014年度・前期, Topics in Economics (G30).

2014年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2014年度・前期, Econometrics II (G30).

2014年度・前期, 応用計量経済学.

2014年度・前期, 計量経済学I.

2013年度・通年, Research Workshop (G30).

2013年度・通年, リサーチワークショップ I.

2013年度・通年, 経済工学演習.

2013年度・後期, マクロ数量分析特研 II.

2013年度・後期, Topics in Economics (G30).

2013年度・後期, Macroeconomic Theory I (G30).

2013年度・前期, マクロ数量分析特研 I.

2013年度・前期, Topics in Economics (G30).

2013年度・前期, Mathematical Methods for Economic Analysis II (G30).

2013年度・前期, Econometrics II (G30).

2013年度・前期, 計量経済学 I.

2012年度・通年, 経済工学演習.

2012年度・後期, 経済工学特論.

2012年度・後期, Advanced Econometrics (G30).

2012年度・後期, Econometrics I (G30).

2012年度・後期, Mathematical Methods for Economic Analysis I (G30).

2012年度・後期, 応用計量経済学.

2012年度・前期, Econometrics II (G30).

2012年度・前期, 計量経済学I.

2011年度・後期, Modern Japanese Economy (G30).

2011年度・通年, 経済工学演習.

2011年度・後期, 経済工学特論.

2011年度・後期, Topics in Economics (Applied Econometric Time Series) (G30).

2011年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2011年度・前期, 計量分析.

2011年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2011年度・前期, 計量経済学I.

2011年度・前期, 経済工学特別演習.

2010年度・後期, Mathematical Methods for Economic Analysis I (G30).

2010年度・後期, マクロ数量分析特研I.

2010年度・後期, 応用計量経済学.

2010年度・後期, 計量経済学II.

2008年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2008年度・前期, 経済工学演習.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 応用計量経済学.

2008年度・前期, 計量経済学I.

2007年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2007年度・後期, 経済工学基本演習.

2007年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2007年度・前期, 英語経済.

2007年度・前期, 計量経済学I.

2007年度・通年, 経済工学演習.

2006年度・後期, 経済工学基本演習.

2006年度・後期, マクロ数量分析研究II.

2006年度・前期, マクロ数量分析研究I.

2006年度・前期, 計量分析.

2006年度・前期, マクロ経済学入門.

2006年度・通年, 経済工学演習.

2005年度・後期, マクロ数量分析特研II.

2005年度・後期, マクロ数量分析研究II.

2005年度・後期, 経済情報処理基礎.

2005年度・前期, 英語経済.

2005年度・前期, マクロ数量分析研究I.

2005年度・前期, マクロ数量分析特研I.

2005年度・通年, 経済工学演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.06, 部局, 参加, FD研修会.

2017.06, 部局, 参加, FD研修会.

2016.11, 全学, 参加, FD研修会.

2016.10, 部局, 参加, FD研修会.

2016.06, 部局, 参加, FD研修会.

2015.06, 部局, 参加, FD研修会.

2014.10, 部局, 参加, FD研修会.

2013.10, 部局, 参加, FD研修会.

2013.06, 部局, 参加, FD研修会.

2012.07, 部局, 参加, FD研修会.

2012.03, 全学, 参加, 「英語による教授能力」向上のための研修プログラム.

2011.11, 部局, 参加, FD研修会.

2011.09, 全学, 参加, 「英語による教授能力」向上のためのワークショップ.

2011.06, 部局, 参加, FD研修会.

2008.07, 部局, 参加, 第1回FD研修会.

2007.11, 部局, 参加, 第2回FD研修会.

2007.06, 部局, 参加, 第1回FD研修会.

2007.03, 部局, 参加, 経済学研究院第2回FD研修会.

2006.06, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2005.04, 全学, 参加, 全学FD.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 西南学院大学, 前期, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2013.03, トルコ・イスタンブールでの留学フェア, トルコ・イスタンブール, 同志社大学(共催:在イスタンブール総領事館,PASIAD (Association of SOcial and Economic Solidarity with Pacific Countries), 300.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」