九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
瀧本 太郎(たきもと たろう) データ更新日:2019.07.29

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 経済システム解析講座


主な研究テーマ
偏因果測度分析手法の開発とその応用
キーワード:偏因果性
2003.12.
定常・非定常時系列分析手法の開発とその応用
キーワード:定常,非定常
1999.04.
時系列分析のマクロ経済分析への応用
キーワード:応用マクロ計量経済学,財政の実証分析
2005.04.
時系列計量経済分析手法の開発とその実証分析への応用
2003.04~2004.03.
応用計量経済学
キーワード:家庭経済学,費用便益分析
2010.01~2021.12.
従事しているプロジェクト研究
非定常・非線形モデリングによるマクロ経済政策に関する研究
2014.04~2019.03, 代表者:瀧本太郎, 九州大学, 日本学術振興会.
地域のくらしを守る救急救命活動への寄与に着目した社会資本整備の評価手法の研究
2013.04~2018.03, 代表者:阪田和哉, 宇都宮大学, 日本学術振興会.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本統計学会
日本経済学会
日本応用経済学会
九州大学経済学会
九州経済学会
学協会役員等への就任
2018.06, 日本応用経済学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.09.12~2018.09.12, 統計関連学会連合大会, 座長.
2016.12.02~2016.12.02, Recent Progress in Time Series Analysis: conference in honor of Prof. Hosoya, 座長(Chairmanship).
2015.12.11~2015.12.11, Recent Progress in Time Series and Related Fields conference in honor of Prof. Yajima for his long time contributions in time series analysis, 座長(Chairmanship).
2015.12.05~2015.12.05, 九州経済学会, 座長(Chairmanship).
2015.09.06~2015.09.09, 統計関連学会連合大会, 座長(Chairmanship).
2014.10.11~2014.10.12, 日本経済学会2014年度秋季大会, 討論者.
2011.09.04~2011.09.07, 2011年度統計関連学会連合大会, 実行委員,保育室委員.
2006.11.18~2006.11.18, The 1st International Conference of Faculty of Economics, Current Economic Issues and Modern Economic Theories, Discussant.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.07, Mathematical Reviews, 国際, 評者.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度
2017年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
National Taiwan University, Taiwan, 2018.06~2018.06.
The University of Queensland, Australia, 2018.03~2018.03.
Ulm University, Germany, 2017.09~2017.09.
National Taiwan University, Taiwan, 2017.06~2017.06.
Renmin University of China, China, 2017.04~2017.04.
The University of Queensland, Australia, 2017.03~2017.03.
Renmin University of China , China, 2016.04~2016.04.
Lisbon School of Economics & Management, Portugal, 2015.08~2015.08.
Mandarin Orchard Hotel, Singapore, 2015.08~2015.08.
Renmin University of China, China, 2015.04~2015.04.
Auckland University, NewZealand, 2015.03~2015.03.
University of London, UnitedKingdom, 2013.12~2013.12.
Mandarin Orchard Hotel, Singapore, 2013.08~2013.08.
Ateneo de Manila University, Philippines, 2012.03~2012.03.
London School of Economics, UnitedKingdom, 2008.09~2010.08.
受賞
東北大学総長賞, 東北大学, 2004.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 非定常・非線形モデリングによるマクロ経済政策に関する研究.
2013年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 地域のくらしを守る救急救命活動への寄与に着目した社会資本整備の評価手法の研究.
2010年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 経済時系列分析手法の統計的推測とその応用に関する研究.
2006年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 偏因果性測度分析手法の開発とその経済分析への応用.
2003年度~2004年度, 特別研究員奨励費, 代表, 時系列計量経済分析手法の開発とその実証分析への応用.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2010年度, 海外特別研究員, 代表, 経済時系列モデルの統計的推測とその応用:因果性、非定常性、非線形性.
学内資金・基金等への採択状況
2005年度~2005年度, 重点個別研究, 代表, 偏因果測度分析手法の開発とその応用.
2006年度~2006年度, 重点個別研究, 代表, 共和分検定における小標本パフォーマンスの再検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」