九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
廣島 文生(ひろしま ふみお) データ更新日:2019.05.08



主な研究テーマ
Feynman-Kac 公式
キーワード:Schrodinger 作用素, 相対論的Schrodinger 作用素, スピンを持ったSchrodinger 作用素, スピンを持った相対論的Schrodinger 作用素, PFモデル, Nelson モデル,スピンボゾンモデル
2018.06~2018.06.
ギブス測度
キーワード:ギブス測度, 基底状態, UVくりこみ理論, 指数減衰性
2008.10~2017.03.
時間作用素
キーワード:時間作用素, CCR
2010.10~2017.03.
格子上のシュレディンガ−作用素のスペクトル解析
キーワード:格子、スペクトル
2012.04~2015.11.
スペクトルゼータ関数
キーワード:ラビ模型, 非可換調和振動子, 離散固有値
2013.10~2014.10.
場の量子論におけるスペクトル解析
キーワード:場の量子論,スペクトル解析,フォック空間, 半群,埋蔵固有値,基底状態,スペクトル散乱理論,擬リーマン多様体, 共鳴現象,くりこみ群,汎関数積分,ギブス測度,ファインマン・カッツの公式,2重ポテンシャル
1998.10.
研究業績
主要著書
1. Fumio Hiroshima, Ground States of Quantum Field Models, Springer, 出版予定, 2018.04.
2. Fumio Hiroshima, Jozsef Lorinczi, Volker Betz, Feynman-Kac-Type Theorems and Gibbs Measures on Path Space, Feynman-Kac-Type Formulae and Gibbs Measures, 2nd Edition, Volume 1, 2, Walter de Gruyter, 出版予定, 2017.10.
3. 廣島 文生, 河東泰之, 原 隆, 新井朝雄, 量子場の数理, 数学書房, 2016.07.
4. Fumio Hiroshima, Jozsef Lorinczi, Volker Betz, Feynman-Kac type theorems and Gibbs measures on path space. With applications into rigorous quantum field theory, Walter de Gruyter, Studies in Mathematics 34 , 2011.09, Feynman-Kac 公式をシュレディンガー作用素(相対論的な場合、スピンのある場合、相対論的でスピンのある場合、さらにその抽象的な一般化)や場の量子論の模型のスペクトル解析に応用した包括的な著書。.
主要原著論文
1. Fumio Hiroshima, Functional integral approach of semi-relativistic Pauli-Fierz models, Advances in Mathematics, 269, 784-840, 2014.04.
2. F.Hiroshima, M.Gubinelli, J.Lorinczi, Ultraviolet renormalization of the Nelson Hamiltonian through functional integration,, J.Funct.Anal., 267, 3125-3153, 2014.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Fumio Hiroshima, Itaru Sasaki, Herbert Spohn and Akito Suzuki, Enhanced binding in quantum field theory, COE Lecture Note 38 (Math-for-Industry), 2012.02.
2. 廣島文生, 場の理論における埋蔵固有値の摂動問題, 数学,日本数学会, 57, 70-92, 2005.01.
主要学会発表等
1. 廣島 文生, Time operator associated with Schroedinger operators, QUTIS, 2016.09.
2. 廣島 文生, 確率解析的場の量子論, 日本数学会, 2015.09, 最近の確率解析的手法による場の量子論のスペクトル解析について日本数学会特別講演で招待講演した。.
3. 廣島 文生, Analysis of ground state of quantum field theory by Gibbs measures, International Congress of Mathematical Physics(ICMP) 2015, 2015.08.
4. 廣島 文生, Spectrum of semi-relativistic QED by a Gibbs measure, The 51 winter school of theoretical physics(Karpacz Winter Schools in Theoretical Physics), 2015.02.
5. Fumio Hiroshima, Functional integral approach to mathematically rigorous quantum field theory, TJASSST2013, 2013.11.
6. Fumio Hiroshima, Gibbs measure approach to spin-boson model , International conference on stochastic analysis and applications, 2013.10.
7. 廣島 文生, 非相対論的場の量子論とギブス測度, 2013数理物理サマースクール, 2013.09.
8. Fumio Hiroshima , Spectral analysis of QFT by functional integrals with jump processes
, SPA , 2010.09.
9. Fumio Hiroshima, Functional integrations in quantum field theory, The 24th Max Born symposium, Wroclaw大学 ポーランド, 2008.09.
10. Fumio Hiroshima, Feynman-Kac formula, Mini-course on Feynman-Kac formulas and their applications, ウィーン大学(集中講義), 2006.03, [URL].
11. 廣島文生, Spectral analysis of Schrodinger operators coupled to a qunatm field, 日本数学会秋季総合分科会 函数解析分科会 特別講演, 2004.09.
学会活動
所属学会名
日本数学会
学協会役員等への就任
2017.04~2018.03, 日本数学会函数解析分科会, 評議員.
2012.04~2013.03, 日本数学会, 九州支部評議員代表.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2010.09.01~2010.09.01, Stochastic Process and their Applications 2010, 座長(Chairmanship).
2009.11~2009.11, 数学的場の量子論と統計力学, 座長(Chairmanship).
2007.09, 日本数学会, 座長(Chairmanship).
2006.09, 厳密統計力学と数学的場の量子論, 座長(Chairmanship).
2005.09, くりこみ群の数理科学への応用, 座長(Chairmanship).
2016.06~2016.06, 量子場の数理とその周辺, 副代表、世話人.
2015.10~2015.10, 量子場の数理とその周辺, 副代表.
2014.10~2014.10, 量子場の数理とその周辺, 副代表.
2013.10~2013.10, 量子場の数理とその周辺, 副代表.
2012.11.26~2012.11.27, 非可換調和振動子のスペクトルと量子デバイスの数理, 研究代表者.
2012.11.14~2012.11.16, 量子場の数理とその周辺, 副代表.
2012.07.25~2012.07.31, Study Group Workshop, moderator .
2012.03.07~2012.03.09, Avoided? crossing of eigenvalue curves, non-commutative harmonic oscillator, special function and number theory, 研究代表者.
2011.12.14~2011.12.17, スペクトル散乱理論とその周辺, 研究代表者.
2010.03.09~2010.03.10, 非線形シュレディンガー方程式の基底状態, 共同主催.
2009.11.14~2009.11.14, 九州確率論研究会, 研究代表者.
2007.09, くりこみ群の数理科学への応用, 副代表.
2006.09, 厳密統計力学と数学的場の量子論, 主催.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04~2017.03, 九大 IMI Lecture Note, 国際, 編集委員長.
2016.04~2016.03, 数理研講究録2010, 国内, 編集委員長.
2015.04~2016.03, 数理研講究録1961, 国内, 編集委員.
2014.04~2015.04, 数理研講究録1921, 国内, 編集委員.
2013.04~2014.03, 数理研講究録1859, 国内, 編集委員.
2011.04~2012.03, COE Lecture Note 30 (Kyushu University), 国際, 編集委員.
2012.04~2013.03, 別冊講究録, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2004年度      
2005年度      
2002年度      
1999年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Aarhus大学, Denmark, 2016.02~2016.02.
Basque 大学, Spain, 2016.09~2016.09.
ICMP 2015, Chile, 2015.09~2015.09.
Karpacz Winter Schools in Theoretical Physics, Poland, 2015.02~2015.02.
Rennes I Univesity, France, 2014.03~2014.04.
Marseille, Rennes, France, 2013.03~2013.03.
Mittag-Leffler 研究所, Sweden, 2013.07~2013.08.
Bologna大学, Italy, 2013.09~2013.09.
Hammamet(Tunisia), , 2013.10~2013.10.
Hammamet Yasmine (Tunisia), , 2013.11~2013.11.
Orsay 大学, France, 2012.03~2012.03.
Edinburgh 大学, UnitedKingdom, 2011.09~2011.10.
Loughborough 大学, UnitedKingdom, 2010.09~2010.09.
Orsay 大学, France, 2010.11~2010.11.
Berlin大学, Germany, 2009.02~2009.02.
Laughboroug 大学, Wroclaw 大学, UnitedKingdom, Poland, 2008.09~2008.09.
IHES及びOrsay大学, France, 2008.10~2008.11.
Warwick 大学, UnitedKingdom, 2007.02~2007.03.
Schroedinger Institute, Austria, 2007.03~2007.03.
Wien 大学 Pauli Institute , Austria, 2006.03~2006.03.
Schroedinger Institute, Austria, 2005.03~2005.03.
Muenchen 工科大学, Germany, 2003.02~2003.04.
Muenchen 工科大学, Germany, 2001.02~2001.04.
Muenchen 工科大学, Germany, 2001.08~2001.09.
Munchen 工科大学, Germany, 1999.02~2000.02.
Bonn 大学応用数学研究所, Germany, 1998.02~1999.01.
Ruhr 大学, Germany, 1997.09~1998.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.11~2016.11, 2週間未満, Poland.
2016.10~2016.10, Denmark.
2016.06~2016.06, 2週間未満, France.
2016.06~2016.06, Italy.
2016.06~2016.06, Germany.
2014.02~2014.02, 2週間未満, Tunis Univesity, Tunisia, 日本学術振興会.
2012.07~2014.06, 1ヶ月以上, Germany, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2011.02~2011.02, 2週間未満, Orsay大学(パリ11大学), France, 日本学術振興会.
2010.09~2010.10, 2週間以上1ヶ月未満, Loughborough大学, Holland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.10~2010.01, 1ヶ月以上, Munchen 工科大学, Germany, 学内資金.
2009.04~2009.04, 2週間以上1ヶ月未満, Loughborough大学, Holland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.06~2007.06, 2週間未満, Princeton 大学, Switzerland.
2007.05~2007.06, 2週間以上1ヶ月未満, Munchen 工科大学, Netherlands.
2006.08~2006.09, 2週間以上1ヶ月未満, Warwick 大学, Germany.
2005.09~2005.09, 2週間未満, Wien 大学, Netherlands, 文部科学省.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 非可換調和振動子及びRabi模型のスペクトル曲線の代数的性質.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 無限自由度量子系の確率解析的手法による非摂動的スペクトル解析.
2010年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 汎関数積分による場の量子論のスペクトル解析.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 量子場相互作用系の非摂動的スペクトル解析.
2005年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, 量子場と結合したシュレディンガー作用素のスペクトルと有効質量の研究.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表.
2001年度~2002年度, 奨励研究(A), 代表.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2011年度~2011年度, Research-in-Group, ICMS Edinburgh, 分担, Functional integral method for non-local operators .
2001年度~2001年度, Graduiertenkolleg "Mathematik in ihrer Wechselbzeihung zur Physik", Mathematical Physics and probability theory .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」