九州大学 研究者情報
著書一覧
津田 誠(つだ まこと) データ更新日:2019.06.06

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 ライフイノベーション分野


著書
1. 津田 誠, グリアと神経障害性痛(痛みのScience&Practice), 文光堂, 2014.05.
2. Masuda Takahiro et al., Lentiviral transduction of cultured microglia., Springer, 2013.09.
3. Masuda Takahiro et al., Intrathecal infusion of microglia cells., Springer, 2013.09.
4. 井上 和秀, 津田 誠, 神経障害性疼痛, 克誠堂出版, pp24-32「脊髄・二次ニューロンの可塑的変化と神経障害性疼痛」, 2012.10.
5. 津田誠,井上和秀, 慢性疼痛における薬剤選定と治療薬開発, 技術情報協会, 2010.06.
6. 津田誠,井上和秀, 実践行動薬理学:脊髄ミクログリアのATP受容体を介する新しい神経障害性疼痛メカニズム, 株式会社金芳堂, 2010.03.
7. Toulme E, Tsuda M, Khakh BS, Inoue K, On the role of ATP-gated P2X receptors in acute, inflammatory and neuropathic pain, CRC Press, 2009.11.
8. M. Tsuda, K. Inoue, The nociceptive membrane, Current Topics in Membrane 57, Chapter 9. P2X receptors in sensory neurons., Elsevier, pp277-310, (2006), 2006.09.
9. Inoue K, Tsuda M, Koizumi S., Chronic pain and microglia: the role of ATP., Novartis Found Symp. 261, 55-64; discussion 64-67, 149-54 (2004)., 2004.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」