九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
白石 文秀(しらいし ふみひで) データ更新日:2019.05.29

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 バイオプロセスデザイン


主な研究テーマ
光触媒によるエチレンの分解
キーワード:光触媒、エチレン、反応器、空気浄化、農産物
2017.04~2020.03.
籾殻燻炭による水および空気の浄化
キーワード:水浄化、空気浄化、籾殻燻炭、アンモニア
2016.04~2020.03.
物質移動を伴う化学反応現象の数式モデリング法
キーワード:数式モデリング、化学反応器、物質移動
2012.04~2020.03.
水処理のための光触媒反応プロセスの開発
キーワード:光触媒、水処理、水道水、排水
2006.04~2020.03.
光触媒によるVOC含有空気の浄化
キーワード:光触媒、空気浄化、シックハウス症候群、エチレン分解、CO酸化
2005.04~2019.03.
大規模代謝反応システムの解析
キーワード:生化学システム理論、Taylor級数法、バイオインフォーマティクス
2005.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
農産物のコンテナ輸送時に発生するエチレン分解に関する研究
2018.04~2021.03, 代表者:白石 文秀, 九州大学
コンテナに保管された農産物の鮮度保持のため、果物等から放出されるエチレンを光触媒により分解する技術を開発する。.
環境変動に伴う大規模代謝反応システムの解析に必要な数式モデル構築法
2014.09~2014.10, 代表者:白石 文秀, 九州大学
スイス工科大学のRudiyanto Gunawan準教授との間で、環境変動に伴う大規模代謝反応システムの解析に必要な数式モデル構築法に関して共同研究を行う。.
環境変動に伴う大規模代謝反応システムの応答を効率よく解析するための手法の開発とその応用
2014.10~2014.11, 代表者:白石 文秀, 九州大学
Georgia Institute of TechnologyのEberhard O. Voit教授との間で、環境変動に伴う大規模代謝反応システムの応答を効率よく解析するための手法の開発とその応用について共同研究を行う。.
介護・病院現場環境改善のための小型空気浄化装置の試作開発
2015.08~2018.07, 代表者:立石憲治, アイクォーク株式会社.
高性能空気浄化装置の開発
2013.06~2014.05, 代表者:立石憲治, アイクォーク株式会社.
環境変動に伴う大規模代謝反応システムの応答を効率よく解析するための手法開発と応用
2013.04~2015.03, 代表者:白石文秀, 九州大学.
アクアソリューションスケールアップ技術の開発
2012.03~2013.03, 代表者:白石文秀, 九州大学, 宇部興産
1)超純水用アクアソリューションのシミュレーション技術の確立 2) 光触媒繊維膜の性能評価実験および理論的解析.
室内空気浄化に関する研究
2010.08~2012.03, 代表者:白石文秀, 九州大学
室内空気を光触媒反応器により迅速に浄化する方法について開発研究.
アクアソリューションスケールアップ技術の開発
2011.04~2012.03, 代表者:白石文秀, 九州大学, 宇部興産
1)超純水用アクアソリューションのシミュレーション技術の確立 2) 超純水用アクアソリューション装置設計支援実験
.
アクアソリューションスケールアップ技術の開発
2011.01~2011.03, 代表者:白石文秀, 九州大学, 宇部興産
1)超純水用アクアソリューションのシミュレーション技術の確立
2) 超純水用アクアソリューション装置設計支援実験
.
美容業界用汚染環境迅速浄化リアクタの開発
2010.09~2011.03, 代表者:立石憲治, アイクォーク株式会社
PETフィルムに固着させた活性炭粒子の表面を多孔性酸化チタン薄膜で被覆した光触媒反応管(H20年度FS枠で開発)を活用し、ネイルサロン等の室内で発生する揮発性有害有機化合物を迅速に処理可能な空気浄化器の実用化研究を行う。.
印刷工場等VOC処理のための空気浄化装置の開発
2009.02~2010.01, 代表者:立石憲治、白石文秀, (株)アイクォーク、九州大学
大気汚染防止法の施行により、大規模な印刷工場では現在VOC処理装置の導入が進行中であるが、日本の印刷企業のほとんどを占める中小零細企業ではVOC処理装置の導入がなかなか進んでいない。
VOC処理装置を導入した工場でも処理しきれなかったVOCによる作業環境内空気汚染が存在する。このため、本開発プロジェクトでは密閉空間内でVOCを確実にかつ安全に分解処理できる装置の開発を行い、作業場環境を向上させることを目的とする。
.
住空間迅速浄化光触媒反応管フィルムの開発
2008.06~2009.03, 代表者:白石文秀、立石憲治
 光触媒(酸化チタン)を使った居住空間に対する空気清浄機の実用化のキーは、光触媒活性が充分に発現する反応場環境をいかに作りあげるかにある。白石はその方策を鋭意検討し、境膜拡散抵抗の除去と単位表面積当たりの紫外線強度の増大が重要であることを見出し、最終的に並列管型光触媒反応器を開発した。また、本反応器を連続吸脱着濃縮装置と合体させ、大量の空気処理が可能な空気清浄機を開発した(Chemical Engineering Science Most Cited Paper 2003-2006 Awardを受賞)。これを受けて申請者らは、現在本機の実用化を目指している。一方、VOCにはトルエンのような結合数の多い芳香族化合物類が含まれ、これらを短時間で分解するには本反応器のさらなる性能向上が必要がある。そこで本研究では、活性炭の吸着力を利用し、連続吸脱着濃縮装置の助けを借りることなく、反応器単独で充分な処理能力を有する新たな光触媒反応管フィルムを開発する。.
水処理における光触媒反応の問題点克服と光触媒反応プロセスの実用化についての検討
2006.04~2008.03, 代表者:白石文秀, 九州大学, 文部科学省
光触媒を利用した水処理反応プロセスにおいて問題となっている光触媒薄膜の剥離の問題を克服し、かつ吸着剤を含有させることによる光触媒分解活性を高める。.
超微量汚染物質迅速処理技術の開発と空気清浄機への応用
2003.04~2006.03, 代表者:白石文秀、立石憲治, 九州大学、アイクォーク、ISIT, (財)福岡県産炭地域振興センター
産学官等連携研究開発委託事業において、光触媒反応及び連続吸脱着濃縮を併用する空気浄化装置を開発し、商品化する。.
研究業績
主要著書
1. 白石文秀, 固定化酵素反応のコンピュータ解析法:反応速度論から反応器設計法まで, 1997.01.
2. 白石文秀, バイオケミカルシステム理論とその応用:システムバイオロジー解析を効率化する, 産業図書, 2006.09.
主要原著論文
1. Atsuko Kuwakado, Soichiro Komori, Fumihide Shiraishi, A Promising Method for Calculating True Steady-State Metabolite Concentrations in Large-Scale Metabolic Reaction Network Models, IEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformatics, 30, DOI: 10.1109/TCBB.2018.2853724, 2018.07.
2. Atsuko Kuwakado, Fumihide Shiraishi, Software for drawing a network chart using steady-state sensitivity data and its application to analysis of metabolic reaction networks, Eco-Engineering, 30, 3, 73-79, 2018.06.
3. Masami Hirai, Fumihide Shiraishi, Using metabolome data for mathematical modeling of plant metabolic systems, Current Opinion in Biotechnology, 54, 138-144, 2018.07.
4. Michio Iwata, Atsuko Miyawaki-Kuwakado, Erika Yoshida, Soichiro Komori, Fumihide Shiraishi, Evaluation of an S-system root-finding method for estimating parameters in a metabolic reaction model, Mathematical Biosciences, 301, 21-31, 2018.07.
5. Shunya Taira, Fumihide Shiraishi, Low-cost preparation of ammonium ion adsorbent using carbonized rice husk, Eco-Engineering, 29, 3, 87-92, 2017.07.
6. Katsuya Kido, Rumi Chand, Fumihide Shiraishi, Photocatalytic wastewater treatment accelerated by water evaporation, Eco-Engineering, 29, 3, 81-86, 2017.07.
7. Yuta Tanoue, Fumihide Shiraishi, A simple and economical preparation of a TiO2-coating solution by hydrothermal reaction, Eco-Engineering, 29, 2, 39-44, 2017.04.
8. Masatsugu Yamada, Masashi Iwanaga, Kansuporn Sriyudthsak, Mayumi Yokota Hirai, Fumihide Shiraishi, Investigation of kinetic-order sensitivities in metabolic reaction networks, Journal of Theoretical Biology, 415, 32-40, 2017.01.
9. Fumihide Shiraishi, Daichi Maruoka, Yuta Tanoue, A better UV light and TiO2-PET sheet arrangement for enhancing photocatalytic decomposition of volatile organic compounds, Separation and Purification Technology, 175, 185-193, 2017.01.
10. Atsuko Miyawaki, Kansuporn Sriyudthsak, Masami Yokota Hirai, Fumihide Shiraishi, A new parametric method to smooth time-series data of metabolites in metabolic networks, Mathematical Biosciences, 282, 21-33, 2016.09.
11. 宮脇 温子, 山田 正嗣, 白石 文秀, S-system およびGMA-system における定常状態感度計算法の検討, Eco-Engineering, 28, 2, 37-42, 2016.05.
12. Kansuporn Sriyudthsak, Fumihide Shiraishi, Masami Y. Hirai, Mathematical modeling and dynamic simulation of metabolic reaction systems using metabolime time series data, Frontiers in Molecular Biosciences, 3, 15, 1-11, 2016.05.
13. Atsuko Miyawaki, Shunya Taira, Fumihide Shiraishi, Performance of continuous stirred-tank reactors connected in series as a photocatalytic reactor system, Journal of Chemical Engineering, 286, 594-601, 2016.01.
14. 吉田 恵梨歌, 白石 文秀, 大規模ネットワークシステムにおける固有値の効率的かつ信頼性の高い計算, Eco-Engineering, 27, 35-42, 2015.05.
15. Kansuporn Sriyudthsak, Yuji Sawada, Yukako Chiba, Yui Yamashita, Shigehiko Kanaya, Hitoshi Onouchi, Toru Fujiwara, Satoshi Naito, Eberhard O. Voit, Fumihide Shiraishi, Masami Y. Hirai, A U-system approach for predicting metabolic behaviors and responses based on an alleged metabolic reaction network, BMC Systems Biology, 8 (Suppl 5), S4, 2014.12.
16. Fumihide Shiraishi, 宮脇 温子, Rumi Chand, A mechanism of the photocatalytic decomposition of 2,4-dinitrophenol on TiO2 immobilized on a glass surface, Chemical Engineering Journal, 262, 831-838, 2015.01.
17. Kansuporn Sriyudthsak, Michio Iwata, Masami Yokota Hirai, Fumihide Shiraishi, PENDISC: A simple method for constructing a mathematical model from time-series data of metabolite concentrations, Bulletin of Mathematical Biology, 10.1007/s11538-014-9960-8, 76, 1333-1351, 2014.05.
18. Michio Iwata, Kansuporn Sriyudthsak, Masami Yokota Hirai, Fumihide Shiraishi, Estimation of kinetic parameters in an S-system equation model for a metabolic reaction system using the Newton–Raphson method, Mathematical Biosciences, 248, 11-21, 2014.01.
19. Rumi Chand, Fumihide Shiraishi, Reaction mechanism of photocatalytic decomposition of 2,4-dinitrophenol in aqueous suspension of TiO2 fine particles, Chemical Engineering Journal, 233, 369-376, 2013.08.
20. Michio Iwata, Fumihide Shiraishi, Eberhard O. Voit, Coarse but efficient identification of metabolic pathway systems, International Journal of Systems Biology, 4, 1, 57-72, 2013.08.
21. Fumihide Shiraishi, Mariko Ueno, Rumi Chand, Yuichiro Shibata, Hom Nath Luitel, Effect of silanization of titanium dioxide on photocatalytic decomposition of 2,4-dinitropheonol under irradiation with artificial UV light and sunlight, Journal of Chemical Technology and Biotechnology, 89, 81-87, 2013.04.
22. Jarin Akhter, Fumihide Shiraishi, The dynamic behavior of methionine metabolism cycle in human liver cell, International Journal of Computational and Applied Mathematics, 8, 1, 37-44, 2013.04.
23. Kansuporn Sriyudthasak, Fumihide Shiraishi, Masami Hirai, Identification of a metabolic reaction network from time-series data of metabolite concentrations, PLOS One, 8, 1, 1-9, 2013.01.
24. Fumihide Shiraishi, Masaaki Egashira, Michio Iwata, Kansporn Sriyudthsak, Kenji Hattori, Highly reliable computation of dynamic sensitivities in metabolic reaction systems by a variable-step Taylor series method, Asia-Pacific J. Chem. Eng., 7, S32-S38, 2012.05.
25. Fumihide Shiraishi, Naoya Kamikariya, Yuichiro Shibata, Photocatalytic decomposition of gaseous HCHO over a titanium dioxide film formed on a hydrophobic PET sheet, J. Chem. Technol. Biotechnol., 86, 852-857, 2011.05.
26. Fumihide Shiraishi, Masaaki Egashira, Michio Iwata, Highly accurate computation of dynamic sensitivities in metabolic reaction systems by a Taylor series method, Math. Biosci., 233, 59-67, 2011.05.
27. Xiangyu Cao, Fumihide Shiraishi, A mechanism of photocatalytic and adsorptive treatment of 2,4-dinitrophenol on
a porous thin film of TiO2 covering granular activated carbon particles, The 13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2010)
, 160, 651–659, 2010.09.
28. Fumihide Shiraishia, Michio Iwata, Masaaki Egashira, Kansuporn Sriyudthsak, and Kenji Hattori, A highly reliable computation of dynamic sensitivities in metabolic reaction systems by a Taylor series method, The 13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2010)
, 2010.10.
29. K. Sriyudthsak and F. Shiraishi, Selection of Best Indicators for Ranking and Determination of Bottleneck Enzymes in Metabolic Reaction Systems, Ind. Eng. Chem. Res., 49, 9738-9742 , 2010.05.
30. K. Sriyudthsak and F. Shiraishi, Investigation of the performance of fermentation processes using a mathematical model including effects of metabolic bottleneck and toxic product on cells, Math. Biosci., 228, 1-9, 2010.05.
31. X. Cao, Y. Oda, and F. Shiraishi, Photocatalytic and adsorptive treatment of 2,4-dinitrophenol using a TiO2 film covering activated carbon surface, Chem. Eng. J., 156, 98–105, 2010.01.
32. K. Sriyudthsak and F. Shiraishi, Identification of bottleneck enzymes with negative dynamic sensitivities: ethanol fermentation systems as case studies, J. Biotechnol., 2010.07.
33. K. Sriyudthsak and F. Shiraishi, Instantaneous and overall indicators for determination of bottleneck ranking in metabolic reaction networks, Ind. Eng. Chem. Res., 49, 2122–2129, 2010.05.
34. F. Shiraishi, K. Sriyudthsak, and Y. Suzuki, Calculation errors of time-varying flux control coefficients obtained from elasticity coefficients by means of summation and connectivity theorems in Metabolic Control Analysis, Math. Biosci., 223, 105–114, 2010.02.
35. A. A. Berrada, H. Kenji, and F. Shiraishi, Alternative physical meanings of dynamic sensitivity in steady-state metabolic reaction networks, Eco-Engineering, 22, 13-18, 2010.01.
36. F. Shiraishi, T. Tomita, M. Iwata, A. A. Berrada, and H. Hirayama, A reliable Taylor series-based computational method for the calculation of dynamic sensitivities in large-scale metabolic reaction systems: Algorithm and software evaluation, Math. Biosci., 222, 73–85, 2009.08.
37. Aziz A. Berrada, Tomofumi Tomita, Hiroshi Hirayama, Fumihide Shiraishi, Simplification of A Radical Reaction Model Based on Dynamic Sensitivity Analysis: Evaluation of SoftCADS Performance, 2009.05.
38. Fumihide Shiraishi, Takaaki Ishimatsu, Toluene removal from indoor air using a miniaturized photocatalytic air purifier including a preceding adsorption/desorption unit, Chemical Engineering Jounal, 2009.05.
39. Fumihide Shiraishi, Shotaro Ikedab, Naoya Kamikariya, Photocatalytic decompositions of gaseous HCHO over thin films of anatase titanium oxide converted from amorphous in a heated air and in an aqueous solution of hydrogen peroxide, Chemical Engineering Journal, 2008.11.
40. Fumihide Shiraishi, Yusuke Suzuki, Method for Determination of the Main Bottleneck Enzyme in a Metabolic Reaction Network by Dynamic Sensitivity Analysis, Industrial & Engineering Chemistry Research, 48, 1, 415-423, 2008.12.
41. Fumihide Shiraishi, Kenji Hattori, Hiroshi Hirayama, Comparisons of the performances of three methods for dynamic sensitivity computation, 10th International Conference on Molecular Systems Biology (ICMSB 2008)
, 2008.02.
42. Fumihide Shiraishi, Yusuke Suzuki, Determination of bottleneck enzymes in a metabolic reaction system by dynamic sensitivity analysis, 10th International Conference on Molecular Systems Biology (ICMSB 2008)
, 2008.02.
43. F. Shiraishi, T. Ishimatsu, K. Tateishi, H. Shima, H. Yamamoto, Rapid treatment of trace toluene in air with an air cleaner consisting of a continuous adsorption and desorption concentrator and photocatalytic reactor with a parallel array of nine light sources, European Congress of Chemical Engineering (ECCE-6), 2007.09.
44. F. Shiraishi, T. Itoh, Y. Oda, H. Nagayoshi, T. Higuchi, K. Tateishi, Photocatalytic reactivity of the titanium oxide loaded on a stainless steel screen by a spraying method, European Congress of Chemical Engineering (ECCE-6), 2007.09.
45. 白石文秀, 光触媒反応における反応速度低減因子の同定とこれらを除去した高性能光触媒反応システムの開発に関する研究, Eco-Engineering, 20(1), 33-36, 2007.10.
46. J. Akhter, F. Shiraishi, Scanning a clover plant population model by biochemical systems theory: 2. dynamic sensitivity analysis, Eco-Engineering, 19 (3), 159-166, 2007.05.
47. J. Akhter, F. Shiraishi, Scanning a clover plant population model by biochemical systems theory: 1. steady-state sensitivity analysis, Eco-Engineering, 19 (3), 159-166, 2007.05.
48. F. Shiraishi and Y. Hatoh, Dynamic sensitivities in chaotic dynamical systems, Appl. Math. Comput., 186, 1347–1359, 2007.03.
49. F. Shiraishi, T. Nomura, S. Yamaguchi, and Y. Ohbuchi, Rapid removal of trace HCHO from indoor air by an air purifier consisting of a continuous concentrator and photocatalytic reactor and its computer simulation, Chem. Eng. J., 12, 157–165, 2007.01.
50. Fumihide Shiraishi, Shingo Furuta, Takaaki Ishimatsu, Jarin Akhter, A simple and highly accurate numerical differentiation method
for sensitivity analysis of large-scale metabolic reaction systems, Mathematical Biosciences, 208, 590–606, 2007.05.
51. Fumihide Shiraishi, Mayumi Nagano, Shinpon Wang, Characterization of a photocatalytic reaction in a continuous-flow recirculation reactor system, J. Chem. Technol. Biotechnol., 81巻, 1039-1048頁, 2006.05.
52. Fumihide Shiraishi, Kentaro Toyoda, and Hiromitsu Miyakawa, Decomposition of gaseous formaldehyde in a photocatalytic reactor with a parallel array of light sources: 2. Reactor performance, Chem. Eng. J., 10.1016/j.cej.2005.09.008, 114, 1-3, 145-151, 114巻,145–151頁, 2005.11.
53. Fumihide Shiraishi, Daisuke Ohkubo, Kentaro Toyoda, Shunsuke Yamaguchi, Decomposition of gaseous formaldehyde in a photocatalytic reactor with a parallel array of light sources: 1. Fundamental experiment for reactor design, Chem. Eng. J., 10.1016/j.cej.2005.09.009, 114, 1-3, 153-159, 114巻, 153–159頁, 2005.11.
54. Fumihide Shiraishi, Yuji Hatoh, Toshinori Irie, An efficient method for calculation of dynamic logarithmic gains in biochemiclal systems theory, Journal of Theoretical Biology, 234巻、79-85頁, 2005.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 平井優美、白石文秀, メタボロームデータを用いた植物代謝システムの数理モデリング, 植物の生長調節(植物化学調節学会), 51巻, pp.139-145, 2018.10.
2. 白石文秀, 化学工学会年鑑2017:6. 反応工学, 6.3 活性化学種, 化学工学, 81巻, pp.539-540, 2017.10.
3. 白石 文秀, ETHの研究室紹介:水を迅速に浄化する技術, Eco-Engineering, pp.35-42, 2015.05.
4. 白石文秀, 化学工学会年鑑2014:6.1 触媒反応工学(活性化学種), 化学工学, pp.27-32, 2014.10.
5. 白石文秀、岩田通夫、シユタサ カンスポーン, 代謝反応ネットワーク解析の意義と方法, 化学と生物, 2012.02.
6. 久原哲、岡本正宏、白石文秀, 九州大学農学研究院におけるバイオインフォーマティクス研究とバイオアーキテクチャーセンターの役割, バイオアーキテクチャーセンターニュースレター, 2008.12.
7. 白石文秀, 大規模代謝反応システムの先端的解析ツール開発とその応用, バイオアーキテクチャーセンターニュースレター, 2008.05.
8. 白石文秀, 化学工学会年鑑2008 「6.反応工学:6.5 活性化学種」, 化学工学, 2008.10.
主要学会発表等
1. 桑門温子、白石文秀, ネットワークチャート作成ソフトによる複雑な反応システムの特性解析, 第62回宇宙科学技術連合講演会, 2018.10.
2. 桑門温子、白石文秀, 定常状態感度による代謝反応ネットワークチャートの作成, 日本農芸化学会西日本大会, 2018.09.
3. 白石文秀、岩永征士、古藤俊昭、秋本優一, 青果物が放出するエチレンの光触媒分解の性能評価, 日本農芸化学会西日本大会, 2018.09.
4. 野村恭平, 張 天雨, 白石文秀, 光触媒と吸着材を併用したVOC含有空気の浄化, 生態工学会年次大会, 2018.06.
5. 小森聡一郎、桑門(宮脇)温子、 白石文秀, 大規模代謝反応ネットワークモデル解法としてのTaylor級数法の有用性, 生態工学会年次大会, 2018.06.
6. 秋本優一, 古藤俊昭, 岩永征士, 田之上祐太, 白石文秀, 青果物の成熟・老化抑制のための光触媒反応利用の有効性, 生態工学会年次大会, 2018.06.
7. 桑門(宮脇)温子、白石文秀, システム感度に基づくネットワークチャート作成ソフトの開発, 生態工学会年次大会, 2018.06.
8. 宮崎郁弥、古藤俊昭、田之上祐太、白石文秀, 光触媒によるVOC分解処理における活性炭担体利用の意義, 生態工学会年次大会, 2018.06.
9. 白石文秀, 環境指針値をクリヤーできる空気浄化装置の開発とその応用, 生態工学会講演会, 2017.10.
10. Atsuko Miyawaki-Kuwakado, Soichiro Komori, Fumihide Shiraishi, Development of software for calculating metabolite concentrations and sensitivities at a steady-state efficiently and accurately, International Conference on Molecular Systems Biology 2017, 2017.07.
11. Atsuko Miyawaki-Kuwakado, Fumihide Shiraishi, A reasonable way to characterize metabolic reaction networks by connecting sensitivity values with respect to metabolite concentrations and fluxes, Eco-Engineering Symposium 2017: Application of Technology for Sustainability of Natural Resources, 2017.07.
12. Fumihide Shiraishi, Photocatalytic purifications of air contaminated with various kinds of chemical compounds, Eco-Engineering Symposium 2017: Application of Technology for Sustainability of Natural Resources, 2017.07.
13. 白石文秀、田之上祐太、岩永征士、古藤俊昭、野村恭平, 環状路並列管型光触媒反応器の空気浄化性能, 第61回宇宙科学技術連合講演会, 2017.10.
14. 桑門(宮崎)温子、白石 文秀, iCOSMOSにより計算したネットワーク感度値の利用方法, 化学工学会49回秋季大会, 2017.09.
15. 小森聡一郎、桑門(宮崎)温子、白石 文秀, 代謝反応ネットワーク解析ソフトiCOSMOSによるシステム感度の超高精度計算, 化学工学会49回秋季大会, 2017.09.
16. 白石 文秀, 田之上祐太, 岩永征士, 古藤俊昭, 環状路並列管型光触媒反応器による空気浄化とその処理性能, 化学工学会49回秋季大会, 2017.09.
17. 古藤俊昭, 岩永征士, 田之上祐太, 白石 文秀, 光触媒によるエチレン分解のための触媒調製条件の検討, 2017生態工学会年次大会, 2017.06.
18. 岩永征士, 古藤俊昭, 田之上祐太, 白石 文秀, 農産物の鮮度保持を目的とするエチレン分解装置の検討, 2017生態工学会年次大会, 2017.06.
19. 桑門(宮脇) 温子, 白石 文秀, 濃度と流束の感度の相互関係に基づく代謝反応ネットワークの特性解析, 2017生態工学会年次大会, 2017.06.
20. 宮脇 温子, 白石 文秀, 定常状態感度計算ソフトiCOSMOSの高性能化, 化学工学会秋季大会, 2016.09.
21. 城戸 克也, 白石 文秀, 水分蒸発下における光触媒分散粒子による水処理, 化学工学会秋季大会, 2016.09.
22. 平良 駿也, 白石 文秀, もみ殻燻炭によるアンモニア含有水の処理特性, 化学工学会秋季大会, 2016.09.
23. 岩永 征士, 田之上 祐太, 白石 文秀, 並列管型光触媒反応器によるエチレンの分解, 2016生態工学会年次大会, 2016.06.
24. 山田 正嗣, 岩永 征士, 白石 文秀, べき乗則型式における反応次数感度計算の問題点と解決策, 2016生態工学会年次大会, 2016.06.
25. 城戸 克也, 白石 文秀, 光触媒反応粒子分散系の水処理特性, 2016生態工学会年次大会, 2016.06.
26. 平良 駿也, 白石 文秀, もみ殻燻炭によるアンモニア含有水の処理, 2016生態工学会年次大会, 2016.06.
27. 宮脇 温子, 小森 聡一郎, 白石 文秀, 定常状態感度計算ソフトi-COSMOSの開発, 2016生態工学会年次大会, 2016.06.
28. 山田 正嗣, シユタサ カンスポーン, 平井 優美, 白石 文秀, 反応次数感度に基づく阻害および活性化の大きさの判定法, 日本農芸化学会2016年度札幌大会, 2016.03.
29. 田之上 祐太, 古藤 俊昭, 白石 文秀, 光触媒反応器による極低濃度のVOC含有空気浄化装置の開発, 日本農芸化学会2016年度札幌大会, 2016.03.
30. 田之上 祐太, 古藤 俊昭, 白石 文秀, 新規光触媒反応器によるVOC含有空気の高速浄化とその特性, 第59回宇宙科学技術連合講演会, 2015.10.
31. Kansuporn Sriyudthsak, Yuji Sawada, Yukako Chiba, Yui Yamashita, Ayuko Kuwahara, Shigehiko Kanaya, Toru Fujiwara, Hitoshi Onouchi, Satoshi Naito, Fumihide Shiraishi, Masami Hirai, A combined approach for constructing a large-scale in vivo kinetic model using a limited number of metabolite concentrations, International Symposium on Synthetic Systems Biology: Synthetic Metabolic Pathway, Mathematical System Analysis and Design of Bio-inspired System Joint 14th Symposium of Biochemical Systems Theory (BST2015), 2015.09.
32. Masatsugu Yamada, Kansuporn Sriyudthsak, Yuji Sawada, Yukako Chiba, Yui Yamashita, Hitoshi Onouchi, Satoshi Naito, Masami Hirai, Fumihide Shiraishi, Investigation of connectivity and interaction in a metabolic reaction network using metabolome data, International Symposium on Synthetic Systems Biology: Synthetic Metabolic Pathway, Mathematical System Analysis and Design of Bio-inspired System Joint 14th Symposium of Biochemical Systems Theory (BST2015), 2015.09.
33. Atsuko Miyawaki, Kansuporn Sriyudthsak, Masami Hirai, Fumihide Shiraishi, A method for smoothing time-course data of metabolite concentrations in metabolic reaction network systems, International Symposium on Synthetic Systems Biology: Synthetic Metabolic Pathway, Mathematical System Analysis and Design of Bio-inspired System Joint 14th Symposium of Biochemical Systems Theory (BST2015), 2015.09.
34. 宮脇 温子, 白石 文秀, 自然エネルギーで駆動する水処理用光触媒反応器システムの検討, 2015生態工学会年次大会, 2015.06.
35. Kansuporn SRIYUDTHSAK, 澤田有司, 千葉由佳子, 山下由衣, 金谷重彦, 尾之内均, 藤原徹, 内藤哲, Eberhard O. Voit, 白石 文秀, 平井優美, U–system approach for predicting metabolic behaviors and responses based on an alleged metabolic reaction network, GIW ISCB-ASIA 2014, 2014.12.
36. 白石 文秀, 吉田 恵梨歌, Eberhard O. Voit, ネットワークシステムの定常状態感度計算ソフトCOSMOSの開発と性能評価, 第58回宇宙科学技術連合講演会, 2014.11.
37. 吉田 恵梨歌, 白石 文秀, 反応ネットワークの超高精度感度計算における定常状態反応物濃度の効率的決定, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
38. 宮脇 温子, 白石 文秀, 光触媒反応用リアクターとしての5連直列CSTRの性能評価, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
39. 城戸 克也, 白石 文秀, TiO2微粒子分散水溶液中で起こる光触媒反応への水分蒸発の効果, 化学工学会第46回秋季大会, 2014.09.
40. Kansuporn SRIYUDTHSAK, 澤田有司, 千葉由佳子, 山下由衣, 金谷重彦, 尾之内均, 藤原徹, 内藤哲, Eberhard O. Voit, 白石 文秀, 平井優美, Prediction of the dynamic behavior of metabolite concentrations in a large-scale pathway system, Metabolomics 2014, 2014.06.
41. 白石 文秀, 宮脇 温子, Rumi Chand, 水溶液分散TiO2微粒子およびガラス面固定化TiO2によるDNPの光触媒分解機構の比較, 2014生態工学会年次大会, 2014.06.
42. 白石 文秀, 吉田 恵梨歌, Eberhard O. Voit, ネットワークシステムにおける定常状態感度の超高精度数値計算法, 2014生態工学会年次大会, 2014.06.
43. 吉田恵梨歌, 白石 文秀, 複素刻み微分法に基づくネットワークシステムの定常状態感度計算の超高精度化, 化学工学会第79年会, 2014.03.
44. 白石 文秀, 光触媒によるVOC分解における問題点とその解決策, 光触媒工業会平成25年度第1回技術研究会, 2014.03.
45. 白石 文秀, 家庭生ごみの効率的処理について, 光触媒工業会平成25年度第1回技術研究会, 2013.05.
46. 柴田祐一朗、白石文秀、境 正志, 並列管型光触媒反応器によるVOC含有空気の迅速処理, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
47. 白石 文秀、岩田 通夫、SRIYUDTHSAK Kansuporn、平井 優美、内藤 哲, 代謝反応ネットワークモデル中の速度パラメーター決定法, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
48. Fumihide Shiraishi, Michio Iwata, Masaaki Egashira, Kansuporn Sriyudthsak, Kenji Hattori, A highly reliable computation of dynamic sensitivities in metabolic reaction systems by a Taylor series method, The 13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2010), 2010.10.
49. 白石文秀、柴田祐一朗、福田孝志, 活性炭表面を被覆した酸化チタン多孔性薄膜によるVOC含有空気の処理, 第54回宇宙科学技術連合講演会, 2010.11.
50. 白石文秀、福田孝志、柴田祐一朗, 活性炭表面を被覆した酸化チタン多孔性薄膜によるイソプロパノール含有空気の処理, 2010生態工学会年次大会, 2010.05.
51. 宇野陽美、上野真梨子、白石文秀, 太陽光を光源とする反応面可動型光触媒反応器による2,4-ジニトロフェノールの分解, 化学工学会第42 回秋季大会, 2010.09.
52. 柴田祐一朗、福田孝志、白石文秀, 多孔性酸化チタン薄膜で被覆した活性炭粒子によるイソプロパノール含有空気処理, 化学工学会第42 回秋季大会, 2010.09.
53. 白石文秀、曹 翔宇, 多孔性酸化チタン薄膜で被覆した活性炭粒子による水溶解有機物処理の数式モデル, 化学工学会第42 回秋季大会, 2010.09.
54. 江頭正朗、岩田通夫、白石文秀, 動的感度の超高精度計算ソフトSoftCADSの開発, 化学工学会第42 回秋季大会, 2010.09.
55. 岩田通夫、江頭正朗、白石文秀, Taylor級数法によれば硬い微分方程式でも超高精度の数値解が得られる, 化学工学会第42 回秋季大会, 2010.09.
56. 白石文秀, 大規模代謝反応システム解析用ソフトSoftCADSの開発とその応用, バイオアーキテクチャーセンター(KBAC)講演会, 2010.03.
57. 白石文秀, 代謝反応ネットワークの特性を効率よく理解するーバイオケミカルシステム理論から動的感度解析までー
, 2010.05.
58. Kansuporn Sriyudthsak, Fumihide Shiraishi, Shigeki Furuya , A mathematical model for L-serine metabolism in human brain with and without expression of 3-phosphoglycerate dehydrogenase gene, International Conference on Molecular Systems Biology 2009, 2009.06.
59. Fumihide Shiraishi, Kansuporn Sriyudthsak, Bottleneck ranking using instantaneous and overall indicators in metabolic reaction networks, International Conference on Molecular Systems Biology 2009, 2009.06.
60. Kansuporn Sriyudthsak, Fumihide Shiraishi, Albert Sorribas, Dynamic sensitivity analysis of ethanol fermentation systems and identification of their bottlenecks, International Conference on Molecular Systems Biology 2009, 2009.06.
61. 服部賢治、白石文秀, 代謝反応システムにおける数式モデルの頑健性評価と向上の方法, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
62. Kansuporn Sriyudthasak、白石文秀, Indicators for bottleneck ranking in metabolic reaction systems, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
63. 白石文秀、福田孝志、小田康裕, シックカー症候群対策のための車内空気浄化器シミュレーション, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
64. 白石文秀、上野真梨子, 太陽光照射下の光触媒反応器による水中有機化合物の分解, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
65. 岩田通夫、白石文秀、宮川洋光, 極低濃度域における有機化合物の光触媒分解に対する反応速度解析と問題点, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
66. 福田孝志、小田康裕、白石文秀, 励起用光源を利用する酸化チタン被覆活性炭粒子の再生処理法, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
67. 曹翔宇、白石文秀, Photocatalytic decomposition of microcystin-LR on a porous thin TiO2 film covering activated carbon particles loaded on a PET film, 化学工学会第41 回秋季大会, 2009.09.
68. 白石文秀、小田康裕、福田孝志, 活性炭表面を被覆した酸化チタン多孔性薄膜によるトルエン含有空気処理の特性, 2009生態工学会年次大会, 2009.06.
69. 白石文秀、Kansuporn Sriyudthsak, 動的感度を使った代謝反応システムのボトルネック同定法, 日本農芸化学会, 2009.03.
70. 服部賢治、鈴木裕介、白石文秀, 大規模代謝反応システムに対する動的感度計算用システムの検討, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
71. Kansuporn Sriyudthsak、白石文秀, Evaluation of fermentation processes using a mathematical model for metabolic reactions including metabolic bottleneck and product inhibition on cell growth, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
72. 上野真梨子、白石文秀、永吉英昭、立石憲治 , ステンレス金網表面に溶射した酸化チタンによる有機物の光触媒分解, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
73. Cao Xiangyu、小田康裕、白石文秀, Photocatalytic decomposition of DNP by activated carbon particles coated with
titanium oxide film, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
74. 福田孝志、小田康裕、白石文秀, 表面を酸化チタン薄膜で被覆した活性炭粒子の再生処理法, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
75. 白石文秀、小田康裕、福田孝志, 表面を酸化チタン薄膜で被覆した活性炭粒子によるトルエン含有空気の処理, 化学工学会第40 回秋季大会, 2008.09.
76. 白石文秀, 家庭における簡単で確実な生ゴミ処理法, 生態工学会年次大会, 2008.06.
77. 曹 翔宇、白石文秀、小田康裕, 光触媒使用排水処理システムの性能向上, 生態工学会年次大会, 2008.06.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 白石 文秀、吉田 恵梨歌, 超高精度定常状態感度計算ソフトCOSMOS(Computationof Sensitivities in Model ODE Systems), 2014.08
代謝反応ネットワークにおける定常状態感度および固有値を超高精度で計算するソフトを開発した。自動的に定常状態値を求めるアルゴリズムの構築と数値微分値を高精度で計算するComplex-step法の導入により、計算値が丸め誤差程度の超高精度で得られる。.
2. 白石文秀、富田朋文、鈴木裕介、服部賢治、岩田通夫, 動的感度ソフトSoftCADS, 2009.06
代謝反応システムの動的感度を簡単かつ高精度で計算するソフトウエアSoftCADSを開発し、論文および国際学会で発表した。.
3. 白石文秀、福田孝志, 空気清浄機, 2010.02
VOCを含む大量の空気処理用空気清浄機を開発し、ベンチャーフェアJapan2010(東京国際フォーラム)で展示・説明を行った。.
4. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2009.02
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 nano tech 2009
● 開催日 2009年2月18日~20日
● 会場 東京ビッグサイト.
5. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2009.01
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 ベンチャーフェアJAPAN2009
● 開催日 2009年1月20日~22日
● 会場 東京国際フォーラム.
6. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2008.11
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 中小企業総合展 2008 in Tokyo
● 開催日 2008年11月26日(水)~28日(金)
● 会場 東京ビッグサイト.
7. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2008.05
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 中小企業総合展2008(大阪)
● 開催日 2008年5月28日(水)~5月30日(金)
● 会場 インテックス大阪 6号館Aゾーン .
8. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2007.10
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 ものづくりフェア2007
● 開催日 平成19年10月24日~26日
● 会場 福岡マリンメッセ.
9. 白石文秀、アイクォーク, 空気浄化装置, 2008.02
下記展示会において揮発性有機化合物を含む空気浄化装置の展示。
● 名称 ベンチャーフェアJAPAN2008
● 開催日 平成20年2月5日(火)~7日(木) 10:00~17:00
● 会場 東京国際フォーラム 展示ホール1・2
.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
その他の優れた研究業績
2017.06, 厚労省が設定した室内環境指針値をクリアできる空気浄化装置を世界で始めて開発し、実用化した。.
学会活動
所属学会名
日本農芸化学会
化学工学会
生態工学会
学協会役員等への就任
2013.03~2018.02, 日本農芸化学会 西日本支部, 支部参与.
2013.06~2019.05, 生態工学会, 副会長.
2010.06~2014.03, 化学工学会, 反応工学部会活性種化学分科会代表.
2009.06~2019.05, 生態工学会, 理事.
2007.06~2009.06, 生態工学会, 学会誌編集長.
2005.04~2007.05, 生態工学会, 学会誌編集副委員長.
2005.04~2006.03, 生態工学会, 九州支部長.
2005.04~2006.03, 生態工学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.07.12~2017.07.15, Eco-Engineering Symposium 2017: Application of Technology for Sustainability of Natural Resources, オーガナイザー.
2016.06.23~2016.06.25, 2016生態工学会年次大会, 司会.
2014.03.18~2014.03.20, 化学工学会第79年会, ポスター発表審査員.
2014.03.18~2014.03.20, 化学工学会第79年会, 司会(Moderator).
2013.09.16~2012.09.18, 化学工学会第45回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2012.09.19~2012.09.21, 化学工学会第44回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2011.09.14~2011.09.16, 化学工学会第43回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2011.11.30~2011.12.02, 第55回宇宙科学技術連合講演会, 座長(Chairmanship).
2011.09.14~2011.09.16, 化学工学会第43回秋季大会, 司会(Moderator).
2010.10.05~2010.10.08, The 13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2010), 座長(Chairmanship).
2010.09.06~2010.09.08, 化学工学会第42 回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2010.05.14~2010.05.15, 2010生態工学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2010.11.17~2008.11.19, 第54回宇宙科学技術連合講演会, 座長(Chairmanship).
2008.09.24~2008.09.26, 第40回化学工学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2008.06.19~2008.06.20, 2008年度生態工学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2006.06.01~2006.06.03, 2006年度生態工学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2006.09.01~2006.09.03, 第38回化学工学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2016.06.23~2016.06.25, 2016生態工学会年次大会, 大会委員長.
2015.09.17~2015.09.18, International Symposium on Synthetic Systems Biology: Synthetic Metabolic Pathway, Mathematical System Analysis and Design of Bio-inspired System Joint 14th Symposium of Biochemical Systems Theory (BST2015), オーガナイザー.
2014.03.19~2014.03.20, 化学工学会第79回年会反応工学部会国際シンポジウム, オーガナイザー、司会.
2013.09.16~2013.09.18, 化学工学会第45回秋季大会活性種化学分科会主催シンポジウム, オーガナイザー.
2011.05.08~2011.05.12, The XII International Congress on Molecular Systems Biology, オーガナイザー.
2011.01.13~2011.01.13, 2010環境未来国際市民大学院講座:太陽光利用の発電技術動向, 司会およびオーガナイザー.
2009.03.27~2009.03.29, 日本農芸化学会2009年度大会シンポジウム:OMICSを基盤とした生物機能の戦略的高度化と物質生産, オーガナイザー.
2006.06.01~2006.06.03, 2006年度生態工学会年次大会, オーガナイザー、実行委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.06~2019.05, 生態工学会誌, 国内, 編集顧問.
2010.06~2012.05, 生態工学会, 国内, 査読委員.
2007.06~2009.05, 生態工学会, 国内, 編集委員長.
2005.04~2007.06, 生態工学会, 国内, 編集副委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度 10 
2010年度 10  10 
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Kasetsart University, Switzerland, 2017.07~2017.07.
スイス連邦工科大学, Switzerland, 2014.09~2014.10.
Georgia Institute of Technology, UnitedStatesofAmerica, 2014.10~2014.11.
Georgia Institute of Technology, UnitedStatesofAmerica, 2013.10~2012.11.
ICC Berlin, Germany, 2013.07~2013.07.
Georgia Institute of Technology, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2012.03.
University of Lleida, Spain, 2011.05~2011.05.
Howard International House (Civil Service Development Institute), Taiwan, 2010.10~2010.10.
SIBS Campus, 江南大学, China, 2009.06~2009.06.
University of the Philippines, Philippines, 2008.02~2008.03.
Bella Center, Denmark, 2007.09~2007.09.
Ludwigs Maximilians University, Germany, 2006.08~2006.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2011.04~2013.05, 1ヶ月以上, Nepal, 日本学術振興会.
2007.03~2007.09, 1ヶ月以上, University of Newcastle upon Tyne, UnitedKingdom, 日本学術振興会.
受賞
日本農業工学会フェロー, 日本農業工学会, 2018.05.
Chemical Engineering Science Most Cited Paper 2003-2006 Award, Elsevier, 2007.10.
生態工学会賞学術賞, 生態工学会, 2007.06.
CELSS学会(生態工学会)論文賞, 生態工学会, 1996.05.
化学工学会論文賞, 化学工学会, 1990.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, 農産物のコンテナ輸送時に発生するエチレン分解に関する研究.
2013年度~2015年度, 新学術領域研究, 代表, 環境変動に伴う大規模代謝反応システムの応答を効率よく解析するための手法開発と応用.
2011年度~2013年度, 特別研究員奨励費, 代表, 疎水化処理した酸化チタンによる水の光触媒浄化に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2011年度~2012年度, 海外特別研究員, 代表, 疎水性光触媒を用いた水処理に関する研究.
2007年度~2007年度, 海外特別研究員, 代表, べき乗則型式を使った化学反応プロセスの数学的モデリング.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2009年度, 新技術財団第82回新技術開発助成, 分担, 印刷工場等VOC処理のための空気浄化装置の開発.
2008年度~2008年度, ナノテク産業化促進事業, 分担, 住空間迅速浄化光触媒反応管フィルムの開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.09~2016.06, 連携, 介護・病院現場向けに特化した高性能小型空気浄化装置の試作開発.
2013.06~2014.05, 分担, 高性能空気清浄機の開発.
2010.09~2011.03, 代表, 美容業界用汚染環境浄化リアクタの開発.
2012.04~2012.03, 代表, アクアソリューションスケールアップ技術の開発.
2011.04~2012.03, 代表, アクアソリューションスケールアップ技術の開発.
2011.01~2011.03, 代表, アクアソリューションスケールアップ技術の開発.
2008.06~2009.03, 代表, 住空間迅速浄化光触媒反応管フィルムの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」