九州大学 研究者情報
総説一覧
伊良皆 啓治(いらみな けいじ) データ更新日:2019.06.24

教授 /  システム情報科学研究院 情報学部門 知能科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 伊良皆 啓治, 脳神経刺激(tDCS, TMS, DBS)の現状と課題, 計測と制御, 2015.02.
2. 伊良皆 啓治, 向き合う, まぐね, 2013.08.
3. 伊良皆啓治, 経頭蓋磁気刺激法(TMS)の基礎と応用, ヒューマンインターフェイス学会誌, Vol.11, No.3, 197-202, 2009.08.
4. 伊良皆啓治, 脳機能イメージングの拡がり -磁気を用いた脳機能イメージング, システム/制御/情報 Vol.53, No.4, pp.125-130, 2009.04.
5. 伊良皆啓治, 磁気による脳機能計測 -過去・現在・未来-, 日本磁気学会誌 まぐね, 2008.02.
6. 上野照剛,伊良皆啓治, ヒトの脳磁界計測と磁気刺激, 電子情報通信学会誌, Vol.87,No.4, pp.252-257, 2004.04.
7. 上野照剛,伊良皆啓治, TMSを用いた脳機能計測, Vol.42 No.5,pp.408-412, 2003.05.
8. 伊良皆啓治,亀井裕孟,上野照剛, fMRIによる脳機能計測の基礎と問題点−, 計測と制御, Vol.42 No.5,pp.363-367, 2003.05.
9. 伊良皆啓治,上野照剛, 脳磁図イメージング−その特徴と問題点−, Medical Imaging Technology, Vol.12 No.3,pp.168-173, 2000.03.
10. 上野照剛,伊良皆啓治, 脳磁図の電源推定における問題点, 臨床脳波, 第40巻,第10号,621-625, 1998.10.
11. 伊良皆啓治,上野照剛, MEG研究の最前線−脳機能に迫る−, 日本応用磁気学会誌, 第22巻,第5号,pp.994-997, 1998.05.
12. 上野照剛,伊良皆啓治, 脳磁図計測による脳機能の解明, 精密工学会誌, 第62巻,第11号, pp.1545-1548, 1996.11.
13. 上野照剛,伊良皆啓治, 脳磁図(MEG)の原理と記録法, 神経内科, 40巻,第4号,pp.321-328, 1994.04.
14. 上野照剛,伊良皆啓治, 睡眠時MEG, Clinical Neuroscience, Vol.11,No.2,pp.206-208, 1993.02.
15. 上野照剛 伊良皆啓治, 脳磁図計測と脳内電源モデル, 日本エム・イー学会誌 BME, 第6巻 第4号,pp.18-27, 1992.04.
16. 上野照剛 伊良皆啓治, 脳磁図の進歩, 神経眼科, 第8卷,第1号,pp.35-42, 1991.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」