九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古屋 茂樹(ふるや しげき) データ更新日:2016.05.20

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名

農学研究院附属イノベーティブバイオアーキテクチャーセンター・センター長


電子メール
ホームページ
電話番号
092-642-7604
FAX番号
092-642-7604
取得学位
理学博士
専門分野
神経科学、分子栄養学、分子生物学, システム生物学
活動概要
脳の発達と高次機能の制御におけるアミノ酸を中心とした代謝—遺伝子発現ネットワークの生理機能とその破綻による病態の分子機構を、アミノ酸生合成疾患モデル動物の解析から理解することを目指している。私たちは非必須アミノ酸であるセリンの内在的合成が発達期中枢神経系で極めて活発であり、セリン合成酵素Phgdhを不活性化したノックアウトマウスは、重度の脳形態形成異常と機能不全に陥ることを見いだした。現在、組織特異的および発現レベル改変変異マウスの作成・解析が進行中であり、これらの遺伝子改変マウスは小頭症による重篤な精神神経発達障害を呈すヒト遺伝性セリン合成不全疾患のモデル動物に相当する。セリン合成異常遺伝子改変マウスの代謝物、遺伝子、蛋白質の網羅的発現解析から、組織形態形成や高次機能を支えるネットワーク構造の実体と動的制御機構の解明が主要な研究課題である。それらの解析を通してヒト遺伝性セリン合成不全疾患や他のセリン代謝異常による病態発症の分子機序を明らかにしたい。さらにバイオアーキテクチャーセンター内外の研究グループと協力しながら遺伝子改変マウスのシステムバイオロジー的解析技法の確立も行なう。

九大関連コンテンツ