九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
清須美 匡洋(きよすみ まさひろ) データ更新日:2018.07.04

教授 /  芸術工学研究院 デザインストラテジー部門 ソーシャル・コミュニケ―ションデザイン


教育活動概要
■芸術工学府デザインストラテジー専攻/修士課程および博士課程の専任教員を担当
担当科目:「ブランドビジネスデザイン」「プロデューサー原論」「ストラテジックアーキテクトプロジェクト」「デザインコンサルタント(集中講義)」「デザインリスクマネジメント(集中講義)」など。
芸術工学部科目:「デザインストラテジー基礎」「視覚芸術基礎Ⅲ」

■統合新領域学府ユーザー感性学専攻/修士課程の専任教員を担当
担当科目:「ブランド価値創成論」「プロデュースとストラテジー」「ユーザー感性学PTL」「特別研究」など。

■理学部生物学科
担当科目:「博物館経営論」
担当授業科目
2017年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2017年度・前期, プロデューサー原論.

2017年度・前期, デザインストラテジープロジェクトA.

2017年度・前期, デザインストラテジー・リサーチ研修.

2017年度・前期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトA.

2017年度・前期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトB.

2017年度・前期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトC.

2017年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2017年度・後期, デザインコンサルタント.

2017年度・後期, デザインストラテジープロジェクトB.

2017年度・後期, 特別研究(1).

2017年度・通年, 特別研究(2).

2017年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性価値クリエーションⅠ).

2017年度・前期, ユーザー感性学PTL(感性価値クリエーションⅢ).

2017年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性価値クリエーションⅡ).

2017年度・後期, ユーザー感性学PTL(感性価値クリエーションⅣ).

2017年度・前期, ブランド価値創成論.

2017年度・前期, 感性価値クリエーション特論.

2017年度・後期, 上級PTL演習C.

2017年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2017年度・後期, デザインストラテジー・リサーチ研修.

2017年度・後期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトA.

2017年度・後期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトB.

2017年度・後期, デザインストラテジー・リサーチプロジェクトC.

2017年度・後期, 特別研究(1).

2017年度・後期, 特別研究(1)10月入学生.

2017年度・通年, 特別研究(2).

2017年度・通年, ユーザー感性学特別研究.

2017年度・前期, 視覚芸術基礎Ⅲ.

2017年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2016年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2016年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2016年度・前期, ユーザー感性学PTL(3).

2016年度・通年, インターンシップ.

2016年度・前期, ブランド価値創成論.

2016年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2016年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2016年度・前期, 視覚芸術基礎Ⅲ.

2016年度・後期, 博物館経営論.

2016年度・後期, デザインコンサルタント.

2016年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2016年度・前期, プロデューサー原論.

2015年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2015年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2015年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2015年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2015年度・通年, インターンシップ.

2015年度・前期, ブランド価値創成論.

2015年度・前期, 視覚芸術基礎Ⅲ.

2015年度・後期, 博物館経営論.

2015年度・後期, デザインコンサルタント.

2015年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2015年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2015年度・前期, プロデューサー原論.

2014年度・前期, プロデューサー原論.

2014年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2014年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2014年度・後期, デザインコンサルタント.

2014年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2014年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2014年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2014年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2014年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2014年度・通年, インターンシップ.

2014年度・前期, ブランド価値創成論.

2014年度・後期, ビジュアルコミュニケーション基礎.

2014年度・後期, 博物館経営論.

2014年度・前期, 統合新領域最先端セミナー.

2013年度・後期, デザインコンサルタント.

2013年度・前期, プロデューサー原論.

2013年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2013年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2013年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2013年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2013年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2013年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2013年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2013年度・通年, インターンシップ.

2013年度・前期, ブランド価値創成論.

2013年度・後期, ビジュアルコミュニケーション基礎.

2013年度・後期, 博物館経営論.

2012年度・前期, ブランド価値創成論.

2012年度・通年, インターンシップ.

2012年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2012年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2012年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2012年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2012年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2012年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2012年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2012年度・前期, プロデューサー原論.

2012年度・後期, デザインコンサルタント.

2012年度・後期, ビジュアルコミュニケーション基礎.

2011年度・前期, ブランド価値創成論.

2011年度・通年, インターンシップ.

2011年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2011年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2011年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2011年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2011年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2011年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2011年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2011年度・前期, プロデューサー原論.

2011年度・後期, デザインコンサルタント.

2011年度・後期, ビジュアルコミュニケーション基礎.

2010年度・前期, ブランド価値創成論.

2010年度・通年, インターンシップ.

2010年度・後期, ユーザー感性学PTL(8).

2010年度・通年, ユーザー感性学PTL(3).

2010年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2010年度・前期, デザインストラテジー基礎.

2010年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2010年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2010年度・前期, ブランドビジネスデザイン.

2010年度・前期, プロデューサー原論.

2010年度・後期, デザインコンサルタント.

2010年度・後期, ビジュアルコミュニケーション基礎.

2009年度・前期, プロデューサー原論.

2009年度・前期, ブランドデザインビジネス.

2009年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2009年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2009年度・前期, ストラテジー基礎.

2009年度・前期, 感性価値クリエーション概論.

2009年度・前期, ユーザー感性学PTL(5).

2009年度・後期, ユーザー感性学PTL(6).

2009年度・通年, インターンシップ.

2009年度・前期, ブランド価値創成論.

2008年度・後期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトB.

2008年度・前期, プロデューサー原論.

2008年度・前期, ブランドデザインビジネス.

2008年度・前期, ストラテジックアーキテクトプロジェクトA.

2007年度・後期, ブランド創成型プロジェクト.

2007年度・前期, プロデューサー原論.

2007年度・前期, ブランドデザインビジネス.

2006年度・前期, プロデューサー原論.

2006年度・前期, ブランドビジネス.

2006年度・後期, ブランド創成型プロジェクト.

2005年度, 人間生活システム.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2013年度, 武蔵野美術大学 建築学科, 5月28日, 非常勤講師.

2012年度, 武蔵野美術大学 建築学科, 5月28日, 非常勤講師.

2012年度, 武蔵野美術大学, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2005.11, 2005idc シンポジウム, 台北市, idc, 1000.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」