九州大学 研究者情報
発表一覧
山本 勝(やまもと まさる) データ更新日:2019.06.11

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 大気物理分野


学会発表等
1. 山本 勝, 2013年夏の九州北部高温水塊が気象に与える影響, 2013年度海洋気象学会第2回例会, 2013.12.
2. 横山裕太郎, 山本 勝, 2008年1月下旬の二つ玉低気圧に関する感度実験, 日本気象学会, 2013.11.
3. 山本 勝, 高橋正明, 金星中層大気大循環モデルでシミュレートされた極域の渦について, 日本流体力学会年会2013, 2013.09.
4. Masaru Yamamoto, Masaaki Takahashi, Simulation of Venus' polar vortex in the presence of diurnal thermal tide, International Venus Workshop Catania, 2013.06.
5. 山本 勝, 高橋正明, 金星中層大気GCM中の極渦の形成について, 日本気象学会, 2013.05.
6. 横山裕太郎, 山本 勝, 2008年1月23-25日の急発達する二つ玉低気圧の数値シミュレーション, 日本気象学会, 2013.05.
7. 山本 勝, 高橋 正明, 金星中層大気GCM中の極渦の構造について, 第62回理論応用力学講演会, 2013.03.
8. 横山裕太郎, 山本 勝, 2008年1月21-25日の急発達する二つ玉低気圧の数値実験, 第34回日本気象学会九州支部発表会, 2013.03.
9. 山本 勝, 重力波で生じる金星大気の微細構造に関する数値実験, JAXA宇宙科学研究所・第27回大気圏シンポジウム, 2013.03.
10. 山本勝 広瀬直毅, 日本海および黄海面水温偏差が極域・亜極域の気象に与える影響:急激に発達する温帯低気圧の事例について, 第35回極域気水圏シンポジウム, 2012.11.
11. 山本 勝, 高橋正明, 金星惑星スケール波動の臨界高度形成・消滅と超回転強度遷移について, 日本気象学会, 2012.10.
12. Masaru Yamamoto, Wind structures after convective adjustment and in convective mixing near Venus' surface, EPSC2012, 2012.09.
13. Masaru Yamamoto, Naoki Hirose, Influences of the Japan-Sea Temperature Anomaly on Extratropical Cyclone and Teleconnection Pattern: A Case of a Rapidly Developing Cyclone, AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly, 2012.08.
14. Masaru Yamamoto, Microscale Simulations of Convective Mixing in the Venus Cloud Layer: Comparison with Observations, AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly, 2012.08.
15. Masaru Yamamoto, Masaaki Takahashi, Development of a middle atmosphere GCM for analyzing the Venus meteorological data, 39th COSPAR Scientific Assembly, 2012.07.
16. 山本 勝, SSTプロダクトの違いが2011年台風12号の降水に与える影響, 日本気象学会, 2012.05.
17. 山本勝, SSTプロダクトの違いが降水に与える影響:2011年9月の台風の事例について, 2011年度海洋気象学会第2回例会, 2012.01.
18. 山本勝, 金星を中心とした地球型惑星大気の力学, 国立天文台研究集会「天文学を中心とした理工学における乱流研究」, 2011.10.
19. Yamamoto, M., Atmospheric superrotation of cloud-covered terrestrial planets, Hierarchical Self-Organization of Turbulence and flows in Plasmas, Oceans and Atmospheres, 2011.10.
20. Yamamoto, M., Microscale simulations of convective adjustment and mixing in the Venusian cloud layer, EPSC-DPS Joint Meeting 2011, 2011.10.
21. S. Lebonnois, C. Lee, M. Yamamoto, J. Dawson, S. R. Lewis, J. Mendonca, P. L. Read, and H. Parish, Weakly forced atmospheric GCMs: Lessons from model comparisons, EPSC-DPS Joint Meeting 2011, 2011.10.
22. Yamamoto, M., K. Ikeda, and M. Takahashi, Recent progress of the Venus general circulation model, XXV General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics, 2011.07.
23. Yamamoto, M. and N. Hirose, Influences of the East Asian marginal sea on weather around the Arctic area, XXV General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics, 2011.06.
24. 山本勝、広瀬直毅, 日本海およびその周辺の海況が北西太平洋域の気象に与える影響, 2011年度大気海洋相互作用研究会山中湖シンポジウム, 2011.06.
25. 山本勝, 東アジア縁辺海が北西太平洋域の気象に与える影響, RIAMフォーラム2011, 2011.06.
26. Yamamoto, M., Microscale simulations of convective adjustment and mixing in the Venus atmosphere, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.05.
27. 山本勝、広瀬直毅, 東アジア縁辺海が日本海低気圧に与える影響, 日本気象学会, 2011.05.
28. Yamamoto, M. and N. Hirose, Meteorological influences of the East Asian marginal seas, Korea-Japan Joint Seminar on Physical Processes in the Ocean and the Atmosphere, 2011.05.
29. Sebastien Lebonnois, Stephen Lewis, Masaru Yamamoto, Christopher Lee, Jon Dawson, Peter Read, Joao Mendonca, and Helen Parish, A comparative analysis of Simplified General Circulation Models of Venus atmosphere, European Geosciences Union General Assembly 2011, 2011.04.
30. Yamamoto, M., Microscale simulations of convective adjustment and mixing: Application to the Venus atmosphere, European Geosciences Union General Assembly 2011, 2011.04.
31. 山本勝, 東アジア縁辺海が北西太平洋の温帯低気圧に与える影響, JAXA宇宙科学研究所・第25回大気圏シンポジウム, 2011.02.
32. N. Hirose, K. Fukudome, K. Nishimura, M. Yamamoto, Influence of a warm ocean current on regional climate in winter, AGU Fall Meeting, 2010.12.
33. 山本勝,大東忠保,坪木和久,広瀬直毅, 日本海データ同化が北西太平洋域の気象に及ぼす影響, 第33回極域気水圏シンポジウム, 2010.12.
34. 山本勝, 2001年10月9~10日の黄海・東シナ海と日本海・日本南岸の二つ玉低気圧の数値実験(その2), 日本気象学会, 2010.10.
35. 山本勝 高橋正明, 金星中層大気GCMの中の惑星スケール波と超回転, 日本気象学会, 2010.10.
36. 山本勝, 金星大気の1㎞スケール擾乱の数値実験, 日本惑星科学会, 2010.10.
37. S. R. Lewis, S. Lebonnois, C. Covey, J. Dawson, C. Lee, H. Parish, P. L. Read, G. Schubert, M. Yamamoto, L. Bengtsson, D. Grinspoon, S. Limaye, H. Schmidt, H. Svedhem and D. Titov, A comparative analysis of Simplified General CirculationModels of the atmosphere of Venus, European Planetary Science Congress 2010, 2010.09.
38. M. Yamamoto, M. Takagi, K. Ikeda, M. Takahashi, Y. Matsuda, Development of Venus GCM toward the AKATSUKI mission, 2010 VEXAG International Workshop, 2010.09.
39. M. Yamamoto & M. Takahashi, Application of GCM to the Venus middle atmosphere dynamics, International Venus Conference, Aussois, France, 2010.06.
40. M. Yamamoto & M. Takahashi, Modeling of planetary-scale waves using a Venus middle atmosphere GCM, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010.05.
41. 山本勝, 日本海上を通過する低気圧がSSTに与える影響, 日本気象学会, 2010.05.
42. Sebastien Lebonnois, Curt Covey, Christopher Lee, Stephen R. Lewis, Helen Parish, Peter L. Read, Gerald Schubert, Masaru Yamamoto and the ISSI Venus modelling working group Team, A comparative analysis of Simplified General Circulation Models of Venus atmosphere, European Geosciences Union General Assembly 2010, Vienna, Austria, 2010.05.
43. 山本勝・広瀬直毅, 日本海の微細構造が気象に与える影響, 日本海洋学会2010年度春季大会シンポジウム「東アジア海洋大気環境変化の監視と予測」, 2010.03.
44. 広瀬 直毅・西村 和也・福留 研一・山本 勝, 日本列島付近の冬季気候状態に対する対馬暖流の影響, 日本海洋学会2010年度春季大会シンポジウム「東アジア海洋大気環境変化の監視と予測」, 2010.03.
45. Masaru YAMAMOTO and Naoki HIROSE, Application of eddy-resolving OGCM data assimilation to atmosphere-ocean interaction over the Japan Sea: Meteorological impact of oceanic mesoscale eddies, Ocean Scineces Meeting 2010, 2010.02.
46. Masaru Yamamoto, Prograde and retrograde atmospheric rotation in the middle atmosphere on cloud-covered extrasolar Earth-sized planets, 第6回太陽系外惑星大研究会, 2010.01.
47. 山本勝, 金星大気低安定度層の1㎞スケール擾乱の数値実験, 日本気象学会, 2009.11.
48. 山本勝 広瀬直毅, 日本海SSTが北西太平洋域の気象に与える影響, 日本気象学会, 2009.11.
49. 山本勝, 核形成/凝縮過程のための累積個数分布を用いたセミラグランジュアン・ソルバー, 日本エアロゾル学会, 2009.08.
50. M. Yamamoto and M. Takahashi, Modeling of 4-6 day waves using a Venus middle atmosphere GCM, Asia Oceania Geosciences Society 6th Annual Meeting, 2009.08.
51. M. Yamamoto and M. Takahashi, Modeling of the Venus middle atmosphere dynamics, VEX-VCO Joint Science Meeting, ISAS, 2009.07.
52. 山本勝 高橋正明, 地形が金星大気大循環に与える影響, 第58回理論応用力学講演会, 2009.06.
53. 山本勝 広瀬直毅, 海洋データ同化SSTを用いた日本海域の気象シミュレーション, 日本気象学会, 2009.05.
54. M. Yamamoto. K. Ikeda, and M. Takahashi, Numerical experiments using CCSR/NIES GCM in ISSI intercomparison project of Venus General Circulation Models, ISSI Venus working-group meeting, International Space Science Institute, 2009.05.
55. 島田照久・大東忠保・坪木和久・広瀬直毅・山本勝・森本昭彦, 冬の対馬暖流上での気団変質, 日本海洋学会春季大会, 2009.04.
56. 山本勝 高橋正明, 金星中層大気GCMの開発, JAXA宇宙科学研究本部・第22回大気圏シンポジウム, 2009.02.
57. 前田裕子 山本勝 広瀬直毅, 冬季日本海シミュレーション:微物理スキーム依存性について, 日本海洋気象学会, 2009.02.
58. 島田照久・大東忠保・坪木和久・広瀬直毅・山本勝・森本昭彦, 東北地方に吹き込む冬季季節風の変遷過程, 九大応力研平成20年度共同利用研究集会「日本海沿岸域における海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」, 2008.12.
59. 上田亜美 山本勝 広瀬直毅, 日本海SST微細構造が極東縁辺海域の気象に及ぼす影響とその過程について, 日本気象学会, 2008.11.
60. 山本勝 栗山佳恵, 東シナ海上の寒気吹き出しの総観およびメソスケール構造, 日本気象学会, 2008.11.
61. 山本勝 大東忠保 坪木和久 広瀬直毅, 2005年12月下旬の豪雪シミュレーション-OGCMデータ同化SSTが期間平均場に与える影響-, 日本気象学会, 2008.11.
62. Masaru YAMAMOTO, Naoki HIROSE, Meteological impact of regional ocean data assimilation: benefit of eddy-resolving SST estimates, Final GODAE symposium, 2008.11.
63. 山本勝 高橋正明, 金星下層大気の加熱率に対する超回転の依存性, 日本惑星科学会, 2008.11.
64. M. Yamamoto. K. Ikeda, M. Takahashi, Venus Atmospheric Modeling based on CCSR/NIES GCM, ISSI(International Space Science Institute) Venus working-group meeting, 2008.09.
65. M. Yamamoto and M. Takahashi, Venus atmospheric modelling: sensitivity of superrotation to diabatic heating below the cloud layer , European Planetary Science Congress 2008, 2008.09.
66. Ikeda, K.; Yamamoto, M.; Takahashi, M., Venus’ superrotation simulated by an atmospheric general circulation model, European Planetary Science Congress 2008, 2008.09.
67. Masaru YAMAMOTO, Naoki HIROSE, Applications of OGCM-assimilated SST to Atmospheric Simulations in the Wintertime Japan-Sea Area for January, 2005, Asia Oceania Geosciences Society 5th Annual Meeting, 2008.06.
68. 山本勝, 冷水塊と沿岸気象, RIAMフォーラム2008, 2008.06.
69. 山本勝, 日本海衛星データ同化SSTを用いた気象シミュレーション, 研究集会 「中緯度海洋と地球気候」, 2008.05.
70. 上田亜実 山本勝 広瀬直毅, 日本海SST微細構造が極東縁辺海域の気象に及ぼす影響について, 日本気象学会, 2008.05.
71. 前田裕子 山本勝 広瀬直毅, 衛星データ同化SSTを用いた日本海域の冬季気象シミュレーション, 日本気象学会, 2008.05.
72. 広瀬直毅 西村和也 山本勝, 日本周辺の冬季気候に対する対馬暖流の影響, 日本気象学会, 2008.05.
73. 山本勝 高橋正明, 地球型惑星の中層大気における超回転と逆回転について, 日本気象学会, 2008.05.
74. Naoki HIROSE and Masaru YAMAMOTO, Data assimilation modeling of the Japan/East Sea and its impact on regional meteorology, International Workshop for Numerical Ocean Modeling and Prediction, 2008.04.
75. M. Yamamoto. K. Ikeda, M. Takahashi, The Present Status of Venus General Circulation Modeling, ISSI(International Space Science Institute) Venus expert meeting, 2008.04.
76. 山本勝 高橋正明, 惑星中層大気大循環の天文パラメーター依存性について, 九大応力研・研究集会「地球流体における波動と対流現象の力学」, 2008.03.
77. 山本勝 栗山佳恵, 東シナ海SST解像度が寒気吹き出しに及ぼす影響, JAXA宇宙科学研究本部・第21回大気圏シンポジウム, 2008.02.
78. 山本勝 広瀬直毅, 冬季寒冷縁辺海域における同化SSTの大気シミュレーションへの適用:2005年1月の日本海域の事例, 国立極地研究所・第30回極域気水圏シンポジウム, 2007.11.
79. 山本勝 高橋正明, 金星型AGCMを用いた超回転の惑星軌道要素依存性の研究, 日本気象学会, 2007.10.
80. 栗山佳恵 山本勝, 那覇における寒気吹き出し構造の分類および頻度に関する研究, 日本気象学会, 2007.10.
81. Yamamoto, M. and M. Takahashi, A Parametric Study of General Circulation of Venus-like Atmosphere, Venus dynamics workshop, IGPP/UCLA, 2007.08.
82. 池田恒平 山本勝 高橋正明, 大気大循環モデルを用いた金星大気スーパーローテーションの研究, 日本地球惑星連合学会, 2007.05.
83. 池田恒平 山本勝 高橋正明, 大気大循環モデルを用いた金星大気スーパーローテーションの研究, 日本気象学会, 2007.05.
84. 山本勝, 2001年10月9~10日の黄海・東シナ海と日本海・日本南岸の二つ玉低気圧の数値実験, 日本気象学会, 2007.05.
85. 山本勝 広瀬直毅, 衛星データ同化SSTを用いた冬季日本海域の気象シミュレーション, 日本気象学会, 2007.05.
86. 山本勝 高橋正明, 金星型惑星の超回転のパラメータ依存性に関する研究, 第56回理論応用力学講演会, 2007.03.
87. 山本勝 広瀬直毅, 衛星データ同化した日本海SSTを用いた大気シミュレーション, 第21回大気圏シンポジウム, 2007.02.
88. 山本勝 広瀬直毅, 衛星データ同化SSTを用いた日本海域の冬季低気圧の数値実験, 日本気象学会, 2006.10.
89. 池田恒平 山本勝 高橋正明, 金星大気大循環モデルの開発とシミュレーション, 日本気象学会, 2006.10.
90. 山本勝 高橋正明, 自転傾斜角が超回転に及ぼす影響, 日本流体力学会, 2006.09.
91. 山本勝 高橋正明, モーメント法を用いた金星大気エアロゾル輸送モデル, 日本エアロゾル学会, 2006.08.
92. 池田恒平 山本勝 高橋正明, 金星大気大循環モデルの開発とシミュレーション, 日本気象学会, 2006.05.
93. 山本勝 高橋正明, スーパーローテーションにおける自転傾斜角の影響, 日本気象学会, 2006.05.
94. Masaru Yamamoto and Masaaki Takahashi, Development of GCM for the Venus middle atmosphere, AGU Chapman Conference on exploring Venus as a Terrestrial Planet, 2006.02.
95. 山本勝 高橋正明, Venus-like AGCMの中の定在波, 第55回理論応用力学講演会運営委員会, 2006.01.
96. 山本勝, Recent simulations of Venus' superrotation, Asia Oceania Geosciences Society, 2004.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」