九州大学 研究者情報
総説一覧
山本 勝(やまもと まさる) データ更新日:2019.06.11

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 大気物理分野


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Masaru Yamamoto, Atmospheric Circulation on Venus, Oxford Research Encyclopedia of Planetary Science, 10.1093/acrefore/9780190647926.013.117, 2019.03.
2. Lebonnois S, Lee C, Yamamoto Masaru, Coauthors, Models of Venus Atmosphere, Towards Understanding the Climate of Venus Applications of Terrestrial Models to Our Sister Planet (ISSI Scientific Report Series, Vol. 11, Springer), pp.129-156, Eds: Bengtsson, L., R.-M. Bonnet, D. Grinspoon, S. Koumoutsaris, S. Lebonnois, D. Titov , 2013.01.
3. Lewis SR, Dawson J, Lebonnois S, Yamamoto Masaru, Modeling Efforts, Towards Understanding the Climate of Venus Applications of Terrestrial Models to Our Sister Planet (ISSI Scientific Report Series, Vol. 11, Springer), pp.111-127, Eds: Bengtsson, L., R.-M. Bonnet, D. Grinspoon, S. Koumoutsaris, S. Lebonnois, D. Titov , 2013.01.
4. 山本勝、上田亜実、前田裕子、広瀬直毅, 日本海の微細構造が気象に与える影響, 月刊海洋「東アジア海洋大気環境変化の監視と予測」, 42(10), 582-586, 2010.10.
5. M. Yamamoto, Impact of mesoscale oceanic process on wintertime weather in Japan, Monitoring and prediction of marine and atmospheric environmental change in the East Asia (Ed. T. Yanagi), TERRAPUB (Tokyo), pp.303-316, 2010.03.
6. 広瀬直毅、山本勝、西村和也、福留研一, 対馬暖流と冬季降水量の関係, 気象研究ノート第216号 2005/06年 日本の寒冬・豪雪(日本気象学会) , 167~173頁, 2007.11.
7. 広瀬直毅,山本勝,西村和也,福留研一, 日本海側冬季降水量に対する対馬暖流の影響, 海と空, 第83巻第2号 59-68頁, 2007.07.
8. 山本勝, 金星中層大気における四日循環の形成と維持−1999年度山本・正野論文賞受賞記念講演−, 天気, Vol.47, pp.547-555, 2000.08.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」