九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山本 勝(やまもと まさる) データ更新日:2019.12.24

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 大気物理分野


主な研究テーマ
東アジア縁辺海域の気象
キーワード:大気力学
2005.09.
惑星中層大気の力学
キーワード:惑星科学
1993.04.
従事しているプロジェクト研究
東アジアから太平洋規模の海洋・大気循環に関わる素過程研究の精緻化と環境変動への応用
2017.04, 代表者:磯辺篤彦, 九大応力研, 文部科学省(日本).
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04~2017.03, 代表者:松野健, 九大応力研, 文部科学省(日本).
PLANET-C金星探査計画
2008.11, 代表者:中村正人, JAXA宇宙科学研究所, JAXA宇宙科学研究所
日本を中心とした金星気象探査計画のサイエンスチーム.
Towards understanding the climate of Venus (ISSI Venus Climate working group)
2008.04~2013.01, 代表者:Lennart Bengtsson, ISSI, Bern, ISSI(Switzerland).
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2007.04~2010.03, 代表者:柳哲雄, 九大応力研, 文部科学省(日本).
研究業績
主要原著論文
1. Masaru Yamamoto, Masaaki Takahashi, Effects of polar indirect circulation on superrotation and multiple equilibrium in long-term AGCM experiments with an idealized Venus-like forcing: sensitivity to horizontal resolution and initial condition, Journal of Geophysical Research - Planets, 123, 708-728, 2018.03.
2. Masaru Yamamoto, Masaaki Takahashi, General circulation driven by baroclinic forcing due to cloud-layer heating: significance of planetary rotation and polar eddy heat transport, Journal of Geophysical Research - Planets, 121, 558-573, 2016.04.
3. Masaru Yamamoto, Effects of a semi-enclosed ocean on extratropical cyclogenesis: the dynamical processes around the Japan Sea on 23-25 January 2008, Journal of Geophysical Research, DOI:10.1002/jgrd.50802, 118, pp.10391-10404, 2013.08.
4. Yamamoto, M. and M. Takahashi, Venusian middle-atmospheric dynamics in the presence of a strong planetary-scale 5.5-day wave, Icarus , doi:10.1016/j.icarus.2011.06.017, 217, 702-713, 2012.01.
5. Yamamoto, M. T. Ohigashi, K. Tsuboki and N. Hirose, Cloud-resolving simulation of heavy snowfalls in Japan for late December 2005: application of ocean data assimilation to a snow disaster case, Natural Hazards and Earth System Sciences, 11, 2555-2565, 2011.09.
6. Yamamoto, M. and N. Hirose, Possible modification of atmospheric circulation over the northwestern Pacific induced by a small semi-enclosed ocean, Geophysical Research Letters, doi:10.1029/2010GL046214, 38, L03804, 2011.02.
7. Yamamoto, M., Microscale simulations of Venus’ convective adjustment and mixing near the surface: thermal and material transport , Icarus , 211, 993-1006, 2011.01.
8. Yamamoto, M. and M. Takahashi, Dynamical effects of solar heating below the cloud layer in a Venus-like atmosphere, Journal of Geophysical Research -Planets, doi:10.1029/2009JE003381, 114, E12004, 2009.12.
9. Yamamoto, M. and N. Hirose, Regional atmospheric simulation of monthly precipitation using high-resolution SST obtained from an ocean assimilation model: Application to the wintertime Japan Sea, Monthly Weather Review, 137, 7, 2164–2174, 2009.07.
10. Yamamoto, M and M. Takahashi, Prograde and retrograde atmospheric rotation of cloud-covered terrestrial planets: Significance of astronomical parameters in the middle atmosphere, Astronomy and Astrophysics, Vol.490, L11-L14, 2008.11.
11. Yamamoto, M. and M. Takahashi, A parametric study of atmospheric superrotation on Venus-like planets: effects of oblique angle of planetary rotation axis, Geophysical Research Letters, Vol. 34, L16202, doi:10.1029/2007GL030220, 2007.08.
12. Yamamoto, M. and N. Hirose, Impact of SST reanalyzed using OGCM on weather simulation: A case of a developing cyclone in the Japan-Sea area, Geophys. Res. Lett., Vol. 34, L05808, doi:10.1029/2006GL028386, 2007.03.
13. Yamamoto, M. and M. Takahashi, Superrotation Maintained by Meridional Circulation and Waves in a Venus-Like AGCM, J. Atmos. Sci., Vol.63, No.12, pp.3296-3314, 2006.12.
14. Yamamoto, M. and M. Takahashi, An aerosol transport model based on a two-moment microphysical parameterization in the Venus middle atmosphere: Model description and preliminary experiments, J. Geophy. Res., Vol.111, E08002, doi:10.1029/2006JE002688, 2006.08.
15. Yamamoto, M. and M. Takahashi, Dynamics of Venus' superrotation: the eddy momentum transport processes newly found in a GCM, Geophys. Res. Lett., Vol.31, doi:10.1029/2004GL019518, 2004.05.
16. Yamamoto, M. and M. Takahashi, Superrotation and equatorial waves in a T21 Venus-like AGCM, Geophys. Res. Lett., Vol.30, doi:10.1029/2003GL016924, 2003.05.
17. Yamamoto, M. and M. Takahashi, The Fully Developed Superrotation Simulated by a General Circulation Model of a Venus-like Atmosphere, J. Atmos. Sci., Vol.60, pp.561-574, 2003.02.
18. Yamamoto, M., Blocky Markings and Planetary-Scale Waves in the Equatorial Cloud Layer of Venus, J. Atmos. Sci., Vol.58, pp.365-375, 2001.02.
19. Yamamoto, M. and H. Tanaka, The Venusian Y-shaped Cloud Pattern Based on an Aerosol-Transport Model, J. Atmos. Sci., Vol.55, pp.1400-1416, 1998.04.
20. Yamamoto, M. and H. Tanaka, Formation and Maintenance of the 4-Day Circulation in the Venus Middle Atmosphere, J. Atmos. Sci., Vol. 54, pp.1472-1489, 1997.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本気象学会
日本惑星科学会
学協会役員等への就任
2007.04~2019.03, 日本気象学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.05.14~2017.05.14, Results of Venus science with Akatsuki in orbit for 1.5 year (JpGU-AGU Joint Meeting 2017), Session's Co-convener.
2014.05.22~2014.05.22, 日本気象学会, 座長(Chairmanship).
2011.02~2011.02, JAXA宇宙科学研究本部・第25回大気圏シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2008.05.18~2008.05.19, 日本気象学会, 座長(Chairmanship).
2008.02~2008.02, JAXA宇宙科学研究本部・第22回大気圏シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2007.02~2007.02, JAXA宇宙科学研究本部・第21回大気圏シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.09~2006.09, 日本流体力学会, 座長(Chairmanship).
2006.08~2006.08, エアロゾル科学・技術研究討論会(日本エアロゾル学会), 座長(Chairmanship).
2000.10~2000.10, 日本気象学会, 座長(Chairmanship).
2014.11~2014.11, 2014年度日本気象学会秋季大会, 2014年度日本気象学会秋季大会実行委員、準備委員.
2009.11~2009.11, 2009年度日本気象学会秋季大会, 2009年度秋日本気象学会秋季大会実行委員、準備委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
受賞
山本・正野論文賞, 日本気象学会, 1999.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 浮遊微粒子で覆われた惑星大気大循環と物質循環の力学.
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 地球惑星大気における高速風を伴う双子渦の力学.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 金星大気大循環モデルの高度化に向けた微細擾乱の数値実験.
2008年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, 厚いエアロゾル雲に覆われた惑星大気大循環の研究.
2005年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, AGCMを用いた金星大気波動の数値実験と解析.
2002年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 金星大気大循環における角運動量輸送と物質輸送について.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, 大気大循環モデルを用いた金星大気力学の研究.
2019年度~2023年度, 新学術領域研究, 分担, 台風・爆弾低気圧の予測可能性とスケール間大気海洋相互作用.
2010年度~2013年度, 基盤研究(A), 分担, 2機の金星探査機による相補的観測データを用いた金星大気物質循環の解明.
2010年度~2014年度, 新学術領域研究, 分担, 気候系のhot spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04, 代表, 惑星中層大気大循環の力学.
2006.04~2016.03, 代表, 金星大気の数値シミュレーション.
2001.04~2006.03, 代表, 大気大循環モデルを用いた金星大気スーパーローテーションの研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」