九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小柳 悟(こやなぎ さとる) データ更新日:2017.05.23

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 臨床薬学講座


学部担当



電子メール
ホームページ
http://yakuzai.phar.kyushu-u.ac.jp/
睡眠覚醒のサイクルやホルモン分泌など、私たちの身体機能には様々な24時間を1周期とする概日リズム(サーガディアンリズム)が認められます。近年、これらリズムは時計遺伝子と呼ばれる一連の遺伝子群によって引き起こされることがわかってきました。時計遺伝子のはたらきによって数千種類の遺伝子の発現に概日リズムが生じますが、これら遺伝子の中には薬の輸送や感受性の制御に関わるものが数多く含まれています。また、このような遺伝子のリズムによって薬の効果や副作用は「服用する時刻」よって変化します。私たちは遺伝子発現リズムの研究を通じて、薬の効果的・効率適な使用方法の研究に取り組んでいます。 .
電話番号
092-642-6611
FAX番号
092-642-6614
取得学位
博士(薬学)
専門分野
薬剤学、時間薬理学
活動概要
研究活動
病態発症に認められる日周リズムの成因解明を通じて、時計遺伝子の働きに基づいた合理的薬物投与法の開発を行っています。また、薬物動態の日内変動に影響を与える因子について、体内時計の分子機構の側面からも解析を行っています。

教育活動
薬剤学、医療薬学の講義・実習(学部,大学院)および上記の研究活動をもとに生物物理学的観点からの薬物療法に関する教育を行っています。

九大関連コンテンツ