九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古君 修(ふるきみ おさむ) データ更新日:2017.09.08

教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学


教育活動概要
学内の専門教育においては、材料加工工学の講座を担当し、材料工学部門をはじめオートモーティブ専攻も含め多くの分野の学生に対し、延性破壊の基礎およびその応用である成形性に及ぼす材料組織の影響に関する教育を行っている。また、学外においては、熱処理技術者を対象としたセミナ−を多数企画し、日本の基幹産業の技術力向上に努めている。
担当授業科目
2017年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2017年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2017年度・前期, 材料変形および加工学.

2017年度・通年, 物質科学工学概論第一および第二.

2016年度・後期, 基幹物理学ⅠB.

2016年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2016年度・前期, 材料変形および加工学.

2016年度・通年, 物質科学工学概論第一および第二.

2016年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2015年度・後期, 基幹物理学ⅠB.

2015年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2015年度・通年, 物質科学工学概論第一および第二.

2015年度・前期, 材料変形および加工学.

2015年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2014年度・後期, Deformation and fracture mechanics.

2014年度・後期, 基幹物理学ⅠB.

2014年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2014年度・通年, 物質科学工学概論第一および第二.

2014年度・前期, 材料変形および加工学.

2014年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2013年度・後期, 基礎物理化学第一および演習.

2013年度・前期, 物理学Ⅱ.

2013年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2013年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2013年度・前期, 材料変形および加工学.

2013年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2013年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, 基礎物理化学第一および演習.

2012年度・前期, 物理学Ⅱ.

2012年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2012年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2012年度・前期, 材料変形および加工学.

2012年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2011年度・前期, 材料変形および加工学.

2011年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2011年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2011年度・前期, 物理学Ⅱ.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2010年度・前期, 材料変形および加工学.

2010年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2010年度・前期, 物理学Ⅱ.

2010年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 物質科学工学概論第一.

2009年度・前期, 材料変形および加工学.

2009年度・前期, オートモーティブ先端材料科学概論.

2009年度・前期, 物理学Ⅱ.

2009年度・前期, 自動車用鉄鋼材料学.

2008年度・前期, 材料変形および加工学.

2008年度・通年, 物質プロセス工学特論第二B.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・通年, 物質科学情報集約演習.

2008年度・通年, 物質プロセス工学演習第二B.

2007年度・前期, コアセミナー.

2008年度・通年, 物質科学工学卒業研究.

2007年度・前期, 材料変形および加工学.

2007年度・通年, 物質プロセス工学演習第二B.

2007年度・通年, 物質プロセス工学演習第二A.

2007年度・通年, 物質科学工学卒業研究.

2006年度・前期, 材料変形および加工学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.01, 部局, 参加, 研究費の適切使用について.

2016.06, 部局, 参加, ハラスメントの基礎知識、防止の心構え、具体的事例.

2016.03, 学科, 参加, 安全に関する講習.

2015.03, 学科, 参加, 平成27年度以後の学生実験について.

2014.07, 全学, 参加, 新GPA制度実施に向けたFDについて.

2014.03, 学科, 参加, 部門の行動.

2013.03, 学科, 参加, 学内情勢について.

2012.03, 学科, 参加, 科研費申請資料の作成方法.

2011.03, 学科, 参加, 学内情勢について.

2010.05, 学科, 参加, 安全について.

2010.03, 学科, 参加, 学内情勢について.

2009.03, 学科, 企画, 学内の情勢について.

2008.07, 全学, 参加, 平成20年度第1回教育改革研究会.

2007.09, 全学, 参加, 第2回全学FD.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 神戸製鋼所, 2016年9月12日, 集中講義.

2016年度, 山陽特殊製鋼, 2016年9月6日, 集中講義.

2006年度, 日本鉄鋼協会アドバンスセミナ−講師, 10月30日〜11月1日, 集中講義.

国際教育イベント等への参加状況等
2014.08, IUMRS-ICAS2014 Co-organizer, Japan/Fukuoka, The Materials Research Society of Japan(MRS-J).

2014.05, 21st International Federation for Heat Treatment and Surface Engineering(IHTSF)に日本熱処理技術協会副会長として参加, ミュンヘン, 日本熱処理技術協会.

2013.04, European Heat Treatment Conference 2013調査団の団長, Lucern, 日本熱処理技術協会.

2011.10, 19th International Federation for Heat Treatment and Surface Engineering(IHTSF)調査団の副団長, グラスゴー, 日本熱処理技術協会.

2007.10, International Symposium on ultra fine grained steelsのCommitte menber, 北九州市, 日本鉄鋼協会.

2006.09, 15th International Federation for Heat Treatment and Surface Engineering(IHTSF)調査団の副団長, ウィ−ン, 日本熱処理技術協会.


九大関連コンテンツ