九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古君 修(ふるきみ おさむ) データ更新日:2017.09.21

教授 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学


主な研究テーマ
温度差を必要としない組成傾斜型熱電材料の研究・開発
キーワード:クラスレート、熱電材料、組成傾斜
2014.03.
浸窒焼入れプロセスによる新たな高強度鉄鋼材料の創生
キーワード:鉄鋼材料、浸窒処理、焼入れ処理
2013.04.
鉄鋼材料の延性破壊特性支配因子に関する研究
キーワード:延性破壊、鉄鋼材料
2010.04.
鉄鋼材料の高剛性化に関する研究
キーワード:剛性、鉄鋼材料
2009.05~2014.03.
表面制御と低温窒化による金型の寿命向上に関する研究
キーワード:金型、ショット処理、低温窒化、表面形状
2006.04~2015.03.
破面解析による高強度鉄鋼材料の延性破壊機構解明
キーワード:高強度鋼板、延性破壊、破面解析
2005.12.
フェライト系ステンレス鋼の加工性、耐熱性向上に関する研究
キーワード:フェライト系ステンレス鋼、加工性、耐熱性
2000.07~2014.03.
研究業績
主要著書
1. 古君 修, 福富洋志, 自動車軽量化材料 開発から応用まで (普及版)
, シ−エムシ−出版, ステンレス鋼、鉄系焼結材料, 2012.01.
2. 古君 修, 福富洋志, 自動車軽量材料の開発技術 , シ−エムシ−出版, ステンレス鋼、鉄系焼結材料, 2006.10.
主要原著論文
1. Osamu Furukimi, Masatosi Aramaki and Naoya Yamada , Development of Long-Life Die used for High Strength Steels with Hybrid-Shot Treatment and Nitriding at Low Temperature, 4th Asian Conference on Heat Treatment and Surface Engineering (4th AHTSE), Beijing, , Proc. of the 4th Asian Conference on Heat Treatment and Surface Engineering (4th AHTSE), Beijing,, 2009.10.
2. Osamu Furukimi Kuniaki Ogura and Akira Miyajima, Three-dimensional analysis of iron powder morphology by binocular parallax, Proc. of the conference on computer-assisted materials design and process simulation (COMMP’93), Vol. No. pp.457-462, 1993.09.
3. 古君 修、斉藤 良行、槇石 規子, 部分合金化粉を用いた焼結、熱処理材料の高強度化機構, 鉄と鋼, Vol.79 No.8 pp.1003-1010, 1993.08.
4. Osamu Furukimi Keiichi Maruta Teruyoshi Abe Shigeaki Takajo and Yasuhiro Habu, Partially prealloyed steel powder containing nickel and molybdenum for ultra strength sintered materials, Powder Metallurgy, Vol.34 No.3 pp.212-214, 1991.03.
5. Osamu Furukimi and Yoshiyuki Saito, The effects of grain boundary phosphorus segregation and heat-treatment on toughness of 9%Ni steel and its welded joint, ISIJ International, Vol.30 No.5 pp.390-396, 1990.05.
6. 古君 修、中野 義文、上田 修三、田中 智夫, 9%Ni鋼の延性破壊エネルギ-に及ぼす析出オ-ステナイトの影響, 鉄と鋼, Vol.72 No.10 pp.1621-1628, 1986.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 古君 修, 延性破壊特性, 熱処理 Vol.53, No.2, pp.62-65, 2013.04.
主要学会発表等
1. Osamu Furukimi, Masatosi Aramaki, Kosuke Abe, Naoya Yamada, Improvement of die life with surface texture control and solid lubricant, Proc. of International Conference on "Heat Treatment and Surface Engineering of Tools and Dies" & European Conference on Heat Treatment "Quality in Heat Treatment" Wels, Austria, 2011.03.23.
2. 古君修, プレス金型寿命とトライボロジー, 日本熱処理技術協会, 2009.05.18.
3. 古君修, 鉄鋼材料の局部変形エネルギーに及ぼす析出物形態の影響, 日本金属学会, 2009.03.28.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  157件
その他の優れた研究業績
2015.03, NEDO「エネルギー・環境新技術先導プログラム」に応募した「未利用廃熱回収を可能とする温度差を必要としない革新的発電材料の研究開発」が採択された。期間は2015年3月から1年間で、予算は100,000千円。.
2010.11, 関東地方発明協会会長奨励賞.
2010.10, 高価なNiおよびMoを添加せず、その代替としてCrを増量した新しいステンレス鋼を研究開発し、工業化した。この功績により、平成22年度の社団法人発明協会会長奨励賞を受賞した。.
2009.10, Nbラーフェス相を活用した高温酸化特性と加工性に優れた新しいステンレス鋼を研究開発し、工業化した。この功績により、平成21年度の社団法人発明協会関東地方発明表彰千葉県知事賞を受賞した。.
2005.10, 加工性が低く複雑形状に成形することが困難であったフェライト系ステンレス鋼について、深絞り成形性を格段に向上するメタラジ−を見出す。r値は2.6であり、世界最高水準である。この業績により、日本金属学会から技術開発賞「Crによるすべり変形抑制を活用した深絞り性に優れる高強度フェライト系ステンレス鋼板」を授与された。.
学会活動
所属学会名
日本工学アカデミー
日本熱処理技術協会
日本金属学会
日本鉄鋼協会
学協会役員等への就任
2015.04~2018.03, 日本熱処理技術協会, イノベーション委員会 アドバイザー.
2015.04~2017.03, 日本熱処理技術協会, 学術研究委員会アドバイザー.
2014.02~2018.06, 日本熱処理技術協会, 協会賞選考委員会委員.
2013.05~2018.05, 日本熱処理技術協会, 副会長.
2011.06~2015.05, 日本熱処理技術協会, 学術研究委員会委員長.
2013.05~2018.05, 日本熱処理技術協会, 理事.
2012.09~2015.05, 日本熱処理技術協会, 幹事.
2011.05~2013.05, 日本熱処理技術協会, 理事.
2012.04~2014.05, 日本金属学会, 運営委員.
2010.04~2012.05, 日本金属学会, 運営委員.
2004.05~2017.03, 日本熱処理技術協会, 教育委員会委員.
2009.09~2015.03, 日本熱処理技術協会, 将来問題検討委員会.
2009.09~2011.08, 日本熱処理技術協会, 50周年記念講演大会および記念式典実行委員会.
2009.09, 日本熱処理技術協会, 協会賞・論文賞選考WG委員会.
2009.04~2011.03, 日本熱処理技術協会, ロードマップ委員会.
2006.04, 日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部, 評議員.
2007.05~2009.04, 日本熱処理技術協会, 常務委員.
2005.04~2009.04, 日本熱処理技術協会, 教育委員会委員長.
2005.05~2007.05, 日本熱処理技術協会, 理事.
1993.04~2005.05, 日本熱処理技術協会, 評議員.
1992.04~1999.03, 日本熱処理技術協会, 運営委員.
2004.04~2006.03, 日本金属学会, 評議員.
2003.03~2004.04, 日本金属学会, 運営委員.
2000.04~2003.03, 日本金属学会, 運営委員.
学会・研究会における座長等
2016.09.21~2016.09.23, 日本鉄鋼協会 春季講演大会, 運営委員.
2016.05.30~2016.05.31, 日本熱処理技術協会 春季講演大会, 座長.
2015.09.16~2015.09.18, 日本鉄鋼協会 秋季講演大会, 座長.
2015.06.04~2015.06.05, 日本熱処理技術協会 春季講演大会, 座長.
2014.11.27~2014.11.28, 日本熱処理技術協会 秋季講演大会, 座長.
2014.09.24~2014.09.26, 日本鉄鋼協会 秋季講演大会, 座長.
2014.08.24~2014.08.29, International Union of Materials Desearch Societies-The IUMRS International Conference in Asia 2014, 座長.
2014.03.21~2013.03.23, 日本鉄鋼協会 春季講演大会, 座長.
2013.09.17~2010.09.19, 日本鉄鋼協会 秋季講演大会, 座長.
2013.06.06~2013.06.07, 日本熱処理技術協会 春季講演大会, 座長.
2013.03.27~2013.03.29, 日本鉄鋼協会 春季講演大会, 座長.
2012.11.26~2012.11.27, 日本熱処理技術協会, 座長.
2012.06.14~2012.06.15, 日本熱処理技術協会, 座長.
2011.12.01~2011.12.02, 日本熱処理技術協会, 座長.
2010.09.25~2010.09.27, 日本鉄鋼協会 秋季講演大会, 座長.
2009.12.16~2009.12.17, 日本熱処理技術協会, 座長.
2009.03.28~2009.03.30, 日本金属学会, 座長.
2007.10, International symposium on ultra fine grained steels, ポスターセッションのベスト賞審査員.
2007.05, 日本熱処理技術協会第54回講演大会, 座長.
2007.03, 日本鉄鋼協会第153回講演大会, 座長.
2006.12, 日本熱処理技術協会第53回大会, 座長.
2005.09, 日本鉄鋼協会第150回大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.21~2016.09.23, 日本鉄鋼協会 平成28年度秋季講演大会, 運営委員.
2016.05.30~2016.05.31, 日本熱処理技術協会 平成28年度春季講演大会, 実行委員.
2015.09.16~2015.09.18, 日本鉄鋼協会 平成27年度秋季講演大会, 実行委員.
2015.06.04~2015.06.05, 日本熱処理技術協会 平成27年度春季講演大会, 実行委員長.
2014.11.27~2014.11.28, 日本熱処理技術協会 平成26年度秋季講演大会, 実行副委員長.
2014.08.25~2014.08.29, International Union of Materials Desearch Societies-The IUMRS International Conference in Asia 2014, Co-Organizer.
2014.06.02~2014.06.03, 日本熱処理技術協会 平成26年度春季講演大会, 実行委員長.
2013.11.28~2013.11.29, 日本熱処理技術協会 平成25年度秋季講演大会, 実行副委員長.
2013.06.06~2013.06.07, 日本熱処理技術協会 平成25年度春季講演大会, 実行委員長.
2012.11.26~2012.11.27, 日本熱処理技術協会 平成24年度秋季講演大会, 実行委員(副委員長).
2012.06.14~2012.06.15, 日本熱処理技術協会 平成24年度春季講演大会, 実行委員長.
2011.12.01~2011.12.02, 日本熱処理技術協会 平成23年度春季講演大会, 実行委員.
2011.05.17~2011.05.18, 日本熱処理技術協会 平成23年度春季講演大会, 実行委員.
2010.11.29~2009.11.30, 日本熱処理技術協会 平成22年度秋季講演大会, 実行委員.
2010.05.12~2009.12.12, 日本熱処理技術協会 平成22年度春季講演大会, 実行委員.
2009.12.16~2009.12.17, 日本熱処理技術協会 平成21年度秋季講演大会, 実行委員.
2009.06.06~2009.06.06, 日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部 平成21年度合同学術講演会, ポスター賞選考委員.
2009.05.18~2009.05.19, 日本熱処理技術協会講演大会, 実行委員.
2008.11.05~2008.11.07, 粉体粉末冶金協会, 秋季講演大会実行委員.
2008.11.05~2008.11.05, 日本粉末冶金工業会 PM研究促進展, 審査委員.
2008.05.29~2008.05.30, 日本熱処理技術協会講演大会, 実行委員.
2007.10, International Symposium on Ultra Grained Steels(ISGUS)-2007, ポスター賞選考委員.
2007.09, 日本熱処理技術協会, 実行委員.
2007.05, 日本熱処理技術協会講演大会, 実行副委員長.
2006.12, 日本熱処理技術協会, 実行副委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2012.04~2015.03, 日本金属学会/会誌・欧文誌, 編集委員.
2010.04~2012.03, 日本金属学会/会誌・欧文誌, 編集委員.
2000.04~2003.03, 鉄と鋼、ISIJ International, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度    
2014年度    
2013年度      
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度      
2008年度    
2007年度      
2006年度    
2005年度    
2003年度      
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 研究室の活動内容および戦略を紹介。, 2006.10.
受賞
平成28年度九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2016.12.
FGMs奨励賞, 傾斜機能材料研究会, 2015.09.
日本熱処理技術協会賞 学術功績賞(林賞), 日本熱処理技術協会, 2012.06.
発明協会会長奨励賞, 社団法人 発明協会, 2010.10.
関東地方発明表彰 千葉県知事賞, 社団法人 発明協会, 2009.11.
日本金属学会技術賞, 日本金属学会, 2009.03.
日本金属学会技術開発賞, 日本金属学会, 2006.09.
日本金属学会技術開発賞, 日本金属学会, 2005.09.
日本材料学会技術賞, 日本材料学会, 2005.05.
日本金属学会技術開発賞, 日本金属学会, 2003.09.
日本鉄鋼協会西山記念賞, 日本鉄鋼協会, 2003.03.
日本金属学会技術開発賞, 日本金属学会, 2001.09.
日本鉄鋼協会俵論文賞, 日本鉄鋼協会, 1999.03.
SAE Melbourne Award, SAE(The Engineering Society for Advancing Mobility Land Sea Air and Space), 1998.10.
日本金属学会技術開発賞, 日本金属学会, 1998.09.
日本金属学会金属組織写真賞A部門佳作, 日本金属学会, 1985.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 高剛性と耐破壊特性を有する材料創生研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2018年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, アセチレン添加によるガス浸炭法及び設備の開発.
2015年度~2016年度, エネルギー・環境新技術先導プログラム (NEDO), 代表, 未利用廃熱回収を可能とする温度差を必要としない革新的発電材料の研究開発.
2010年度~2012年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 温・熱間プレス成形金型寿命向上のための高温潤滑剤及び製造装置の開発.
2007年度~2009年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 低温窒化処理との複合技術による高張力鋼板用金型の長寿命化技術の開発.
1999年度~2000年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, フラクタル構造を有する超高強度線材の開発.
寄附金の受入状況
2009年度, JFEスチール, 奨学寄附金/打ち抜き疲労強度に優れた高強度熱延鋼板の開発.
2007年度, 日本鉄鋼協会, 奨学寄附金(産発プロジェクト)/マルチスケール的アプローチによる鉄鋼材料の変形限界支配因子の解明-マルチスケール解析-.
2006年度, テックサイエンス, 奨学寄附金/金属破面の三次元解析.
2006年度, エジソン熱処理, 奨学寄附金/金型の表面テクスチャ−制御.
2005年度, ニレコ, 奨学寄附金/金属組織研究への画像解析技術の適用.

九大関連コンテンツ