九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
一瀬 博文(いちのせ ひろふみ) データ更新日:2017.05.24

准教授 /  農学研究院 環境農学部門 サスティナブル資源科学講座


主な研究テーマ
担子菌を用いたバイオテクノロジー
キーワード:担子菌, シトクロム P450
1996.04.
研究業績
主要原著論文
1. Hatakeyama Mayumi, Ichinose Hirofumi, Takuya Kitaoka, Heterologous expression of fungal cytochromes P450 (CYP5136A1 and CYP5136A3) from the white-rot basidiomycete Phanerochaete chrysosporium: functionalization with cytochrome b5 in Escherichia coli, 89, 2, 7-14, 2015.09.
2. 一瀬博文, 畠山真由美, 山内幸代, Sequence modifications and heterologous expression of eukaryotic cytochromes P450 in Escherichia coli, 120, 2, 268-274, 2015.09.
3. Hirofumi Ichinose, Hiroyuki Wariishi, High-level heterologous expression of fungal cytochrome P450s in Escherichia coli, Biochem Biophys Res Commun, 438, 289-294, 2013.09.
4. Nakamura T, Ichinose H, Wariishi H., Flavin-containing monooxygenases from Phanerochaete chrysosporium responsible for fungal metabolism of phenolic compounds., Biodegradation, 23, 343-350, 2012.04.
5. Ide M, Ichinose H, Wariishi H., Molecular identification and functional characterization of cytochrome P450 monooxygenases from the brown-rot basidiomycete Postia placenta, Arch Microbiol, 194, 243-253, 2012.04.
6. Ichinose H, Wariishi H., Heterologous expression and mechanistic investigation of a fungal cytochrome P450 (CYP5150A2): Involvement of alternative redox partners., Arch Biochem Biophys, 518, 8-15, 2012.01.
7. Nazmul Hussain Nazir KHM, Ichinose H, Wariishi H., Construction and Application of a Functional Library of Cytochrome P450 Monooxygenases from the Filamentous Fungus Aspergillus oryzae, Appl Environ Microbiol, 77, 3147-3150, 2011.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Hirofumi Ichinose, Cytochrome P450 of wood-rotting basidiomycetes and biotechnological applications, Biotechnology and Applied Biochemistry. 2013;60:71-81., 2013.01.
2. Ichinose Hirofumi, Molecular and functional diversity of fungal cytochrome P450s, Biol Pharm Bull. 2012;35(6):833-7., 2012.06.
主要学会発表等
1. Hirofumi Ichinose, Functional diversity and applications of fungal cytochromes P450, Korea-Japan smart biodesign workshop: technology exchange for green biotechnology, 2014.01.20.
2. 畠山真由美, 一瀬 博文, 割石 博之, 真核微生物由来シトクロムP450の大腸菌における過剰発現, 日本生物工学会 65回大会, 2013.09.18.
3. Mayumi Hatakeyama, Hirofumi Ichinose, Hiroyuki Wariishi, Overexpression of multifunctional cytochrome P450s (CYP5136A1 & CYP5136A3) from white-rot fungi, 18th International conference on cytochrome P450, Biochemistry, Biophysics and Biotechnology, 2013.06.20.
4. Hirofumi Ichinose, A large-scale screening of heterologous expression of fungal cytochrome P450, 18th International conference on cytochrome P450, Biochemistry, Biophysics and Biotechnology, 2013.06.20.
5. 一瀬 博文, 大腸菌を宿主とする真核微生物シトクロムP450の異種発現, 第13回日本蛋白質科学会年会, 2013.06.13.
6. Yuuki Sanada, Hirofumi Ichinose, Hiroyuki Wariishi, Functional library of fungal cytochrome P450, 50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka , 2012.12.02.
7. Hirofumi Ichinose, Molecular and functional diversity of fungal cytochrome P450, 50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka , 2012.12.02.
8. Mayumi Hatakeyama, Hirofumi Ichinose, Hiroyuki Wariishi, Functional screening of cytochrome P450s for production of bioactive flavonoids , 50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka , 2012.12.02.
9. 眞田有規, 一瀬 博文, 割石 博之, 真核微生物シトクロム P450 の機能ライブラリー, 日本生物工学会 64回大会, 2012.10.24.
10. 畠山真由美, 一瀬 博文, 割石 博之, 生理活性フラボノイドの産生へ向けたシトクロム P450 機能の探索, 日本生物工学会 64回大会, 2012.10.24.
11. 一瀬博文, Catalytic Potentials and Applications of Fungal Cytochrome P450 for Biotechnology , 11th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and biotechnology, 2012.06.25.
12. 一瀬博文, KHM ナズムル フサイン ナジル, 割石博之, Aspergillus oryzae のシトクロム P450 モノオキシゲナーゼ多様性, 日本生物工学会 61回大会, 2009.09.
特許出願・取得
特許出願件数  7件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本生物工学会
日本化学会
日本分析化学会
学会・研究会における座長等
2008.03, 第58回 日本木材学会大会, 座長.
2002.09, 日本生物工学会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.03.17~2017.03.19, 第67回日本木材学会大会, 実行委員(総務).
2013.12.02~2013.12.03, 50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2012年度 10       
2011年度      
2009年度      
2008年度      
受賞
日本生物工学会 第14回論文賞, 日本生物工学会, 2006.09.
日本生物工学会 第12回論文賞, 日本生物工学会, 2004.09.
日本化学会 第76春季年会ポスター賞, 日本化学会, 1999.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 魅力あるトリテルペノイドの戦略的合成を可能にする担子菌シトクロムP450.
2012年度~2014年度, 若手研究(A), 代表, 真核微生物P450の高機能化とタンパク質ライブラリの構築.
2009年度~2011年度, 若手研究(A), 代表, 木材腐朽担子菌が有するシトクロムP450の網羅的機能探索と高度利用.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2017年度, 第27回加藤記念研究助成, 代表, 糸状菌シトクロムP450の多様性が可能とするテルペノイドのコンビナトリアル生合成.
2016年度~2017年度, 公益財団法人発酵研究所平成28年度(2016年度)一般研究助成, 代表, 糸状菌テルペノイドのコンビナトリアル生合成.
2011年度~2014年度, 先端的低炭素化技術開発(ALCA - 科学技術振興機構), 分担, デザイナー生体触媒による超高効率バイオマス糖化.
2009年度~2009年度, 2009年度 野田産研研究助成, 代表, 麹菌が有するシトクロムP450の網羅的機能探索.
2007年度~2007年度, 科学技術振興機構 シーズ発掘試験研究, 代表, 新規バイオプロセスの実用化に向けたシトクロムP450活用システムの開発.

九大関連コンテンツ